ラッキーブルーベアーの休憩室

アクセスカウンタ

zoom RSS 保険料を超低金利でどう殖やすか?生保の運用を知る収益確保へ外債の運用拡大

<<   作成日時 : 2014/12/20 21:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 生命保険は契約者が支払った保険料を保険会社が運用し、死亡や病気の際に保険金や給付金として支払う仕組みとなっていますが、足元では歴史的な低金利が続いており生保各社はどう資産運用していて、保険会社の健全性や将来性をどのように見極めれば良いのかという記事が日本経済新聞に掲載されていた。
 現在、生命保険会社を取り巻く環境が変化するなかで契約者も積極的に会社について学ぶ必要があり、経営の健全性を図る上で参考にできる指標のひとつが「ソルベンシーマージン比率」なのですが、これは保険会社のリスクに対する支払い余力を示すもので、企業でいう自己資本比率にあたるものとなっています。
 そして、保険各社は経営の健全化を示すものとしてこれを開示する義務付がされており、大手生保4社の平均は2014年9月末で約900%と基準の200%を大幅に上回っています。


保険料、超低金利でどう殖やす 生保の運用を知る収益確保へ外債の運用拡大
( 日本経済新聞2014/12/7 7:00 )
 生命保険は契約者が支払う保険料を保険会社が運用し、死亡や病気の際に保険金や給付金をもらうしくみだ。
足元では歴史的な低金利が続くものの、生保各社はどう資産運用しているのだろう。
保険会社の健全性や将来性をどう見極めればいいのか。
ヒントを探った。

 生保会社を取り巻く環境が変化するなか、契約者も積極的に会社について学ぶ必要がある。
経営の健全性を図る上で参考にできる指標のひとつが「ソルベンシーマージン比率」だ。
保険会社のリスクに対する支払い余力を示し、企業でいう自己資本比率にあたる。
保険各社は開示を義務付けられており、大手生保4社の平均は2014年9月末で約900%と基準の200%を大幅に上回る。


予定利率、2%確保が目標
 次に注目したいのは、生保会社の保険料収入だ。契約者から払われた保険料を契約期間中に平均して支払うと仮定している年換算保険料が継続的に増えていれば、安定した収入があるとの目安となる。
過去の保有契約と新契約を合わせた額でみると、日本生命保険が3兆円超、第一生命保険が約2兆6000億円と続く。
本業のもうけを示す基礎利益も大事な指標だ。
収益基盤が安定していることを意味し、生保会社の経営の健全性を図る上で重要となる。


画像


 では実際、生保各社は契約者から預かった保険料をどのように運用しているのだろう。
生保会社は将来の保険金支払いに備えて、保険料の一部を「責任準備金」として積み立てている。
生保業界全体の責任準備金は13年度末時点で、300兆円を超えた。
これがいざというときの保険金の支払い分に充てられる。

 生保会社はまず契約者と運用利回りを取り決める。これを予定利率といい、この利率を下回らないように運用して保険金の支払いや配当などに充てる。
現在の予定利率は平均2%程度。おおまかにいえば、各社は足元で2%程度の運用利回りを確保する必要がある。
 ただ新規の契約分でみると予定利率は下がっている。
予定利率を決める際の基準となる標準利率(基準保険料率)を金融庁が定めているが、13年4月には過去最低の1%に下がった。
 標準利率は期間10年の国債利回りを基にして決まるが、10年債金利は足元で0.4%台と極めて低い水準で推移しているためだ。
標準利率が下がれば生保は原則として予定利率を下げる。
予定利率が下がれば、同じ保険金を得るために必要な保険料が増えるため保険料は上がる仕組みだ。


資産運用に3原則
 生命保険の契約は20〜30年と長期だ。資産の運用も長期にわたって損失を出さないような基準が求められる。
かつては運用利率が予定利率に追いつかない「逆ざや」による収益圧迫で、経営破綻する生保会社もあっただけに、現在は厳密な運用が求められている。
 生保の運用基準のうち最も重要なのは「安全性」だ。
将来、保険金を確実に支払うためには、少なくとも運用損失を回避して元本を維持する必要がある。
その上で運用収益の獲得を追求する「収益性」が大事になる。
 急な解約の請求や満期を迎えた契約への支払いも出てくるため、運用はある程度「流動性」の高い資産で構成し、手元の資金も確保する。

 運用資産の構成には、国債や外国証券などの有価証券や企業などへの貸付金、土地などの有形固定資産 などが含まれる。13年度末時点では、生保会社の資産は合計で約351兆円に上った。
 そのうち約43%にあたる約150兆円を日本国債で運用している。
保有する国債の償還までの期間は、10年を超える長期のものが半分以上を占める。
国債は投資先として安全性が高いとされる上に、いつでも換金できる流動性も確保できるためだ。


画像


 ただ、日銀が金融緩和によって大量の国債を買い入れるなか、長期金利は低下が続く。
主な運用対象となる20年債の利回りは足元で1.1%台と、5年前から0.8%以上低下した。
 生保会社は自己資本の積み上げが多いため、たとえ運用難に陥ってもすぐさま経営難につながるわけではない。
 それでも、平均で約2%の予定利率を上回る運用収益をあげるため、各社は投資先の多様化など対応策を探っている。

 保有国債の残存年限をさらに長期化する動きがある。超長期債のほうが利回りが高いためだ。
大和総研によると、生保の保有する国債の残存年限は12年度には約12年と、5年前から3年以上伸びた。
運用収益を確保するために、より長い年限の国債を保有する動きは足元でも続いている。
 相対的に高い利回りの米国や欧州などの外国債券への投資も広がっている。
有価証券に占める外国証券の割合は13年度には21%を超え、過去5年で4ポイント増えた。
14年4〜9月期の運用実績では、主要生保8社で2兆円を超える外債を積み増した。
6社は下期も外債での運用を増やす計画だ。


画像


 株式の投資を再び拡大する動きもある。第一生命はグループの運用会社DIAMアセットマネジメントと共同開発した独自の株式指数に連動した株式投資を始めた。
今年度内に200億円投資する方針で運用収益を高める狙いだ。
 日本生命や住友生命保険、明治安田生命保険などはインフラや介護・医療といった成長分野への投融資を増やして運用利回りを高める試みにも乗り出している。

(太真理子)
[日本経済新聞朝刊2014年12月3日付]

画像

FC2 Blog Ranking
画像


拍手する


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
現在、景気の低迷もあってか生命保険の見直しを検討される方が多いようです。
せっかく見直すなら、いろいろ比べてあなたに最適な生命保険にしませんか?
自動車保険だって見直せば、驚くほど保険料が安くなることも!!
大手保険会社の自動車保険を比べて選べるから、安い自動車保険が一目でわかります!!
無料資料請求はカンタンで、右のWebサイトをクリックするだけ!
◆◆◆ 無料資料請求の手順は簡単です! ◆◆◆
(1)生命保険・自動車保険【無料】一括資料請求をご利用 
(2)簡単なあなた(自動車)の情報を入力
(3)あなたにぴったりの生命保険・お得な自動車保険を見つけられる(資料請求)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆







★★★★★★ 左側マイリンクに沖縄老舗「中村製菓」の菓子博覧会芸術部門名誉総裁賞及び那覇市長奨励賞受賞お菓子の紹介がしてありますので是非ご覧くださいね! ★★★★★★

とにかく「美味しい」のひとこと…。
お菓子の質が良い(^^) お勧めは創業以来から造り続けていると云う「光餅(クンピン)」創業って…60年だっていうから本物の琉球銘!
第二のカンバンお菓子が「首里まんじゅう」月桃の香りがたまらなく沖縄人(ウチなぁ〜ンチユ)の食欲をそそります…。
全国菓子博覧会で名誉総裁賞も受賞してるらしいからコレまたホンモノ!満足度100%!! By:クーパー (*´∀`*)


画像














【ポイント最大5倍】【加湿器 卓上 オフィス/エコ加湿器】【送料無料の特典あり】ちょこっとオアシス プラス+ 【2個セット】U502 自然気化式 小型加湿器 plus + ミクニ 【楽ギフ_包装】
セレクトショップ・AQUA(アクア)
INFORMATION電気一切不要のお手軽エコ加湿器。コンパクトな携帯サイズ。蒸発量=コップ1杯分の


楽天市場 by 【ポイント最大5倍】【加湿器 卓上 オフィス/エコ加湿器】【送料無料の特典あり】ちょこっとオアシス プラス+ 【2個セット】U502 自然気化式 小型加湿器 plus + ミクニ 【楽ギフ_包装】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FC2 Blog Ranking 携帯アフィリエイトのアクセストレードモバイル アクセストレードレビュー アクセストレードモバイルの広告主様資料請求はこちら アクセストレード 資料請求はこちら 生命保険のマンガ カービュー自動車保険一括見積     インズウェブの自動車保険一括見積りサービス
保険料を超低金利でどう殖やすか?生保の運用を知る収益確保へ外債の運用拡大 ラッキーブルーベアーの休憩室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる