ラッキーブルーベアーの休憩室

アクセスカウンタ

zoom RSS 保険に入るよりも貯金をしたほうがいい!?

<<   作成日時 : 2015/05/31 21:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 皆さんは「貯蓄は三角、保険は四角」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
ネットで保険関係の情報をチェックしたときや保険営業員から保険の勧誘を受けたとき等に聞いたことがあるかもしれないのですが、保険の入門書では最初にこの表現について書かれており、保険業界の新入社員が保険と貯蓄の違いを勉強するときにも使われています。
 東洋経済オンラインからは、貯蓄はおカネを少しずつ積み立てていくので時間の経過をともに貯蓄残高は右肩上がりの三角形になるのですが、これに対して生命保険は時間の経過と関係なく加入した時から受け取れる金額(保障額)が一定のために四角形になることが紹介されています。
 そして、貯蓄は積立途中で死亡した場合にはそれまで積み立てられたお金しか返ってこないのに、生命保険の保険料を1回しか払っていなくてもいつでも確実に大きな保障を手にすることがでるため、貯蓄は三角、保険は四角になることが分かりやすく紹介されていました。


保険に入るよりも、貯金をしたほうがいい
( 東洋経済オンライン 2015/5/27 06:00 橋爪 健人 )
貯蓄と保険、どちらが大切か? 
 「貯蓄は三角、保険は四角」。この言葉を聞いたことがあるでしょうか。
ネットで保険関係の情報をチェックしたとき、あるいは保険営業員から保険の勧誘を受けたときに、聞いたことがあるかもしれません。
保険の入門書では、最初のほうにこの表現が出てきます。
保険業界の新入社員が、保険と貯蓄の違いを勉強するときにも使われます。

 貯蓄はおカネを少しずつ積み立てていくので、時間の経過をともに貯蓄残高は右肩上がりの三角形になります。
これに対して、生命保険は時間の経過と関係なく、加入した時から受け取れる金額(保障額)が一定ですから四角形になります。
貯蓄は積立途中で死亡した場合、それまで積み立てられたお金しか返ってきません。
ところが生命保険はまだ1回しか保険料を払っていなくても、いつでも確実に大きな保障を手にすることができます。

 だから貯蓄は三角、保険は四角なのです。
これを図にすると、視覚的に三角形よりも四角形のほうが大きく見えます。
保険営業員は、好んでこの図を使って保険の利点を説明します。
消費者は普通、「保険に入るよりも貯金したほうが確実で安心だ」と考えます。

 さて、貯蓄と保険。どちらが大切なのでしょうか。貯蓄はどのような目的にも使えます。
もちろん、万一の場合のリスクにも対応できます。いわば万能薬です。
しかし、万能薬でも治せない病気にかかることがあります。
 それは、貯蓄額をはるかに超える大きな損害額のリスクの発生です。
このような、貯金ではとうてい対処できない大きな不幸の発生に備えるのが保険です。
 ですから貯蓄か保険かの二者択一ではなく、組み合わせが重要です。
貯蓄と保険の優先順位についての議論を時々見かけますが、生産的ではありません。
保険の基本的な機能は保障です。
貯蓄と上手に組み合わせてバランスをとることで、人生のかなり多くのリスクを乗り越えることができます。


生命保険の主役だった「四角い保険」
 さて、四角の保険の中で代表的な保険があります。
死亡保険金と満期保険金が同額の生命保険です。「養老保険」と呼ばれています。
例えば、期間10年で100万円の養老保険では、いつ死んでも100万円もらえます。
死ななければ10年後(満期時)に100万円戻ってきます。
この四角い養老保険は、日本の生命保険の歴史に大きな役割を果たしました。

 日本の生命保険事業は、明治初期、福沢諭吉によって欧州の近代的保険が紹介されたことから始まります。
しかしすぐに生命保険が広まったわけではありません。
それどころか、人の死を扱う生命保険は、「不吉」「縁起でもない」「保険に入れば早死にする」と長い間、人々に忌み嫌われました。
 また日本人は伝統的に貯蓄思想が強く、他方、当時はまだ血族内で助け合う家族制度が保障機能を担っていました。
人々が、独立した近代市民として生命保険の保障機能を受け入れる余地は、まだまだ少なかったのです。そこで考え出されたのが、四角い「養老保険」でした。

 養老保険は、生命保険というよりは「貯蓄にオマケの保険が付いたもの」として工夫された商品です。
英語の「Endowment insurance」の訳語ですが、Endowmentとは「基本的な財産」という意味です。
名前である「養老」の語意そのものが「老後のための貯金」を表しています。
 ですから、養老保険はもとから貯蓄することが目的の保険で、いわば「オマケ保険付き貯金」でした。
払った保険料は、確実に手元に戻ってくるので、貯蓄好きの国民性にも合っていました。
このように、装いを変えることで、生命保険のメインテーマである「死」と「保障」の問題を避けようとしたのです。

 この作戦が少しずつ功を奏します。明治の中頃になると、それまで主力だった終身保険から養老保険が主流を占めるようになります。
 そして、大正時代には生命保険といえば、ほぼ養老保険一色になります。
スペイン風邪の大流行や関東大震災も乗り越え、生命保険業界は順調な発展を遂げていきました。
 ただこの流れは、昭和に入り第2次大戦で中断されます。
敗戦により生命保険業は壊滅的な打撃を受けたのです。

 敗戦後の荒廃した世の中で国民にとって最優先だったのは、働いてお金を貯めることでした。一方、当時の国情は、とても社会保険制度を整備できる状況にありません。
 十数年後、ようやく国民皆保険制度(健康保険、年金保険)がスタートする1960年代まで、民間保険の果たす役割は重要でした。
こうした時代、国民の貯蓄ニーズを満たしながら、未整備の社会保険制度を補えるものとして、養老保険が再び脚光を浴びることになります。

 再出発した生保業界にとって、戦争復興期の男性の求人難の中で、新たに女性を中心とした販売ネットワークの構築が急務でした。
そんな彼女らにとって、養老保険は説明しやすい、取扱いやすい商品でした。
 また国民にとっては、貯蓄ニーズを満たし、同時に最小限の保障を得ることのできる商品です。
戦後の混乱のなか、国としては保険業界を後押しして養老保険の普及を図ることが、取り得る最善の政策でした。

 こうした国民、政府、保険業界にとり、いわば「三方よし」の時代は、1960年代まで続きます。
 その後、日本経済の成長発展とともに、インフレの進行や核家族化の進展が進み、生保業界は徐々に、保障額の大型化に販売の軸足を移し始めます。
 当初、死亡した場合は満期の2倍の保障という保険が主流でしたが、やがて3倍→5倍→10倍→20倍と保障の高額化が進められ、保険業界主導の大型保障ブームが巻き起こります。
多くの国民が、保険会社に勧められるまま、大型の生命保険に入りました。
 この流れの中で、日本人の「保険は入るもの」という不思議な保険観が醸成されていきます。
そして1990年代からの「がん保険」ブーム、そしてその後の「医療保険」普及に連なっていきます(「要注意! 日本の医療保険は看板に偽りあり」参照)。


社会保険制度とともに変わっていく保険の役割

 そして現在、日本の社会保険の財政基盤が揺らいでいます。
年金保険、健康保険を始め、これからの社会保障制度の枠組みをどのように組立て直していくのか。
政府が取り組んでほしい政策課題として、国民が最優先に求めているのが社会保険問題です。今や抜本的な改革が待ったなしの状況です。
 そして社会保険制度が変われば、それを補完する民間保険の役割も変わらざるを得ません。
 かつて「四角い」養老保険が演出した「三方よし」の枠組みは、どのように再構築されるのでしょうか。
と言っても、養老保険が再び主役としてカムバックすることはないでしょう。
保険商品、保険サービスは、その時代の社会経済状況に応じて変わっていくべきものだからです。
 では、国の社会保険制度が変貌していく中で、新たな国民のニーズに対応する民間の保険とはどのようなものなのでしょうか。
三角でもなく四角でもない、新たな保険の形を手探りする時代が、もうそこまで来ています。
次回の水曜日はお休みをして、6月からは隔週水曜日にお届けします。

最終更新日:2015/5/27 07:25

画像

FC2 Blog Ranking
画像


拍手する


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
現在、景気の低迷もあってか生命保険の見直しを検討される方が多いようです。
せっかく見直すなら、いろいろ比べてあなたに最適な生命保険にしませんか?
自動車保険だって見直せば、驚くほど保険料が安くなることも!!
大手保険会社の自動車保険を比べて選べるから、安い自動車保険が一目でわかります!!
無料資料請求はカンタンで、右のWebサイトをクリックするだけ!
◆◆◆ 無料資料請求の手順は簡単です! ◆◆◆
(1)生命保険・自動車保険【無料】一括資料請求をご利用 
(2)簡単なあなた(自動車)の情報を入力
(3)あなたにぴったりの生命保険・お得な自動車保険を見つけられる(資料請求)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆







★★★★★★ 左側マイリンクに沖縄老舗「中村製菓」の菓子博覧会芸術部門名誉総裁賞及び那覇市長奨励賞受賞お菓子の紹介がしてありますので是非ご覧くださいね! ★★★★★★

とにかく「美味しい」のひとこと…。
お菓子の質が良い(^^) お勧めは創業以来から造り続けていると云う「光餅(クンピン)」創業って…60年だっていうから本物の琉球銘!
第二のカンバンお菓子が「首里まんじゅう」月桃の香りがたまらなく沖縄人(ウチなぁ〜ンチユ)の食欲をそそります…。
全国菓子博覧会で名誉総裁賞も受賞してるらしいからコレまたホンモノ!満足度100%!! By:クーパー (*´∀`*)


画像






おすだけノーマットクリア240回分セット
アース製薬

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by おすだけノーマットクリア240回分セット の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル















テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FC2 Blog Ranking 携帯アフィリエイトのアクセストレードモバイル アクセストレードレビュー アクセストレードモバイルの広告主様資料請求はこちら アクセストレード 資料請求はこちら 生命保険のマンガ カービュー自動車保険一括見積     インズウェブの自動車保険一括見積りサービス
保険に入るよりも貯金をしたほうがいい!? ラッキーブルーベアーの休憩室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる