ラッキーブルーベアーの休憩室

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本生命が三井生命買収の方向で検討 実現すればトップ返り咲き

<<   作成日時 : 2015/08/26 23:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 人口減少に伴う国内市場の縮小に備え、大手生命保険会社が内外で買収の動きを加速している中で、第一生命保険や明治安田生命保険、住友生命保険の3社は世界最大市場の米国でそれぞれ現地生保を買収しています。
この様な背景の中、第一生命に業界トップを奪われた日本生命保険が三井生命保険の子会社化を目指していることが表面化し、実現すれば業界再編が加速する可能性もあることが配信されました。



大手生保、内外で買収加速=収益拡大へ「陣取り合戦」
( 時事通信 2015/8/26 20:00 )
 人口減少に伴う国内市場の縮小に備え、大手生命保険会社が内外で買収の動きを加速している。
第一生命保険、明治安田生命保険、住友生命保険の3社は世界最大市場の米国で、それぞれ現地生保を買収。
 26日には、第一生命に業界トップを奪われた日本生命保険が、三井生命保険の子会社化を目指していることが表面化した。

最終更新日:2015/8/26 22:28


日本生命が三井生命買収へ 業界再編の動き加速も
( テレビ朝日系(ANN) 8月26日(水)17時18分配信 )
 国内の生命保険会社に大きな動きです。業界再編が加速する可能性もあります。
 (経済部・柊知一郎記者報告)
 仕掛けたのは日本生命です。日生は、2014年度は第一生命に戦後、初めて売上高にあたる保険料等収入で業界1位の座を奪われました。
今回、業界8位の三井生命を3000億円から4000億円規模で買収し、首位の座を取り戻すことになります。
買収の背景ですが、国内市場は人口の減少で成長が見込めなくなっています。
11月には、日生・三井の両社を合算しても、総資産ではそれ以上の規模を持つ「かんぽ生命」が上場し、収益面での苦戦が免れないという危機感があります。
こうしたなか、最近では大手の生保が相次いでアメリカの生命保険会社を5000億円規模で買収してきました。
このため、日生がどこを買収するかが注目されていましたが、白羽の矢を立てたのは国内の生保でした。営業職員による販売に加え、銀行の窓口販売に強い三井生命を取り込むことで国内の基盤強化を図り、シェアの拡大を目指します。
今後、この日生の買収をきっかけに国内再編の動きが加速することも考えられます。

最終更新:8月26日(水)17時18分


日本生命、三井生命買収の方向で検討 実現すればトップ返り咲き
( フジテレビ系(FNN) 8月26日(水)12時14分配信 )
 生命保険大手の日本生命が、三井生命を買収する方向で最終調整していることがわかった。
実現すれば、日本生命は、保険料収入で業界トップに返り咲く。
 関係者によると、日本生命は、三井生命の主な株主から株式を取得して、買収する方向で最終調整していて、買収額は、数千億円にのぼる見通し。
 日本生命は、2015年3月期の業績で、保険料収入で第一生命に抜かれ、首位の座を明け渡していて、買収が実現すれば、日本生命は、保険料収入で業界トップに返り咲く。
 国内生保業界での大型再編は、11年ぶりとなるが、今後、人口の減少で市場縮小が見込まれる中、シェアを拡大することで、経営基盤を強化する狙いがあるとみられる。

最終更新:8月26日(水)12時14分


<日生>人口減、再編が加速…三井生命買収へ
( 毎日新聞 8月26日(水)12時9分配信 )
◇解説◇
 日本生命保険が三井生命保険を買収する方針を固めた背景には、顧客の高齢化や生活スタイルの多様化といった日本社会の大きな変化がある。
国内市場が人口減少で先細りしていく中、市場環境は厳しさを増しており、今回の買収をきっかけに業界再編の機運が高まりそうだ。

 日本生命は「生保レディー」と呼ばれる営業職員が企業や住宅を回って得意先を開拓し、シェアを拡大してきた。
 しかし、近年は企業のセキュリティー強化で得意先への自由な出入りが難しくなっているほか、共働きの増加で自宅を訪問しても留守の世帯が多くなるなど、従来の営業スタイルが限界にさしかかっていた。
 少子化や女性の社会進出が進む中、晩婚化や非婚化も進んでおり、「家族を守るために生命保険に加入する」と考える若年層は急激に減っている。
一方で、銀行の窓口や各社乗り合いの保険ショップなどが新たな販売チャンネルとなり、個別に単価の安い医療保険などに入ろうとする需要を吸収してきた。

 こうした環境変化の中、第一生命保険が銀行窓販部門を別会社化し、運用目的の外貨建て商品を大量販売して国内シェアを拡大。2015年3月期に戦後始めて日本生命を抜いて首位の座に立った。
保険業界の「ガリバー」と呼ばれてきた日本生命は業界首位へのこだわりが強く、首位奪還に向けて国内外で大型買収を模索していた。

 一方、三井生命は、契約者に約束した運用利回りを実際の運用の利回りが下回る「逆ざや」が続くなど苦戦を強いられており、収益改善が課題だった。
日生の傘下に入ることで経営の立て直しを急ぐ考えだ。
 生保業界は損保や異業種からの参入も相次いでおり、11月には、かんぽ生命保険の上場を控えている。
厳しい市場環境の下での競争激化は必至で、業界再編が一段と加速しそうだ。

【土屋渓】
最終更新:8月26日(水)13時13分


日本生命、三井生命買収へ 子会社化で業界首位奪還狙う
( 朝日新聞デジタル 8月26日(水)11時15分配信 )
  国内生命保険2位の日本生命保険が同8位の三井生命保険の約8割の株式を取得して買収し、子会社化する方針を固めた。
2016年3月末までの買収完了を目指し、買収額3千億〜4千億円規模で最終調整している。
国内生保の大型再編は、明治生命保険と安田生命保険の合併や、太陽生命保険と大同生命保険の経営統合があった04年以来、11年ぶりとなる。

 日生は、三井住友銀行や三井住友信託銀行など、三井生命の大株主に対し、株式の売却を依頼。
各大株主は合意するとみられ、日生は最終的に三井生命株の8割程度の取得を目指す。
買収後も三井生命の名前は残す見通しで、全国にある営業職員網なども維持する方向で調整している。
 日生は15年3月期決算で、売上高にあたる保険料等収入で戦後初めて第一生命保険に抜かれた。今回の買収が実現すれば、業界1位に返り咲く見通しだ。
出遅れた銀行窓口での保険販売を強化するのに加え、三井生命が持つ三井グループへの強い販売基盤を手に入れ、少子高齢化で伸び悩む国内営業を強化する狙い。

 一方、三井生命は、過去に売った保険商品で契約者に約束した利回りを実際の運用利回りが下回る「逆ざや」が続く。
日生グループ入りで、経営基盤を盤石にし、生き残りを図る。
 ただ、全国に強い販売網を持つ「かんぽ生命保険」が11月にも上場予定で、縮む国内市場のなかで競争は激しくなりそうだ。

朝日新聞社
最終更新:8月26日(水)21時12分


<日生>三井生命を買収へ…首位奪還目指す
( 毎日新聞 8月26日(水)11時9分配信 )
画像


 日本生命保険が三井生命保険の買収を検討していることが26日、分かった。
日本生命が、三井住友銀行など三井生命の主要株主から株式の約8割を買い取り、子会社にする。
買収金額は3000億〜4000億円規模になる見込み。
国内生保では、明治生命保険と安田生命保険が合併して明治安田生命保険が誕生した2004年以来、約11年ぶりの大型再編になる。
三井側とも大筋合意しており、9月までに買収を最終合意したい考え。
同社株を買い取り、来年3月までに買収完了を目指す。


 11年ぶり大型再編

 業界首位に君臨してきた日本生命は昨年度、売上高に当たる保険料等収入で第一生命保険に戦後初めて業界首位の座を奪われた。
人口減少などで国内は大きな成長が期待できない中、買収を通じて国内市場での競争力を高め、トップ奪還を目指す。
第一生命の15年3月期の保険料等収入は5兆4327億円。
日本生命と三井生命を合わせると5兆8822億円となり、第一生命を上回る。

 日本生命は保険契約者が出資する相互会社で組織形態の違う株式会社との合併はできないため、三井生命を子会社化して、同社の名前は残す方針だ。
同社の契約者の保険内容に影響はない。
 日本生命は、自社の営業職員が全国に強固な販売網を築いて長年国内シェアトップを誇ったが、銀行の窓口で販売する保険商品の収入で第一生命に大きく引き離されている。
三井生命は銀行窓販を以前から行っており、三井系企業の団体保険にも強みがある。日本生命は、三井生命を傘下に収めることで営業職員以外に商品の販路を広げて国内の販売基盤を強化する。

 日本生命は今後10年以内に国内外の企業の合併・買収(M&A)などに最大1兆5000億円を投じる方針を示している。
国内の生保市場は少子高齢化や若者の保険離れが進む中、大きな成長を見込めないため、第一生命や明治安田生命など大手各社は米国の生保会社を買収して収益力アップを図る戦略を打ち出している。
日本生命が三井生命の買収に乗り出したことで、約40社ある国内生保業界の再編が加速する可能性もある。

【土屋渓】
最終更新:8月26日(水)12時24分


日生:三井生命買収で合意へ、8割取得で最大4000億円−関係者 (1)
( Bloomberg 2015/8/26 11:00 )
(ブルームバーグ):日本生命保険が三井生命保険を買収する方向で検討していることが分かった。9月にも合意する見通し。
事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。
 保険料収入で第一生命に追い抜かれた日生は、買収により首位回復を目指す。
関係者によると、日生は三井生命の発行済み株式の80%以上の取得を目指している。
買収金額は3000億−4000億円に上る見通しだという。
 三井生命の大株主は三井住友銀行をはじめとする三井系企業が名を連ねている。
日生は3月にまとめた3カ年計画で、企業の合併・買収(M&A)を含めた海外事業や資産運用事業の拡大などに最大5000億円を投入する方針を表明。
 同社は長年、保険料等収入で首位の座を維持していたが、2014年4−9月期の連結業績で、銀行窓販が好調の第一生命保険に取って代わられていた。
15年3月期の保険料等収入は日本生命が5兆3709億円、三井生命が5452億円で単純合算すると5兆9161億円となり、首位の第一生命保険の5兆4327億円を上回る。
 保険業界では、第一生命保険が昨年、米プロテクティブ生命を買収したほか、明治安田生命保険や住友生命保険も今年に入り米生保の買収を発表するなど、少子化で伸び悩む国内市場を背景に海外へ進出する動きが目立っていた。
 日本生命広報部の今真一郎氏は、「M&Aについては3カ年計画に沿って国内外で様々な検討を行っているが、現時点で決定している事実はない」とコメントした。
また三井生命の企画部・広報IRグループの蒲倉徳人氏は「決定した事実はない」と述べた。

記事についての記者への問い合わせ先:東京 伊藤小巻 ,kito@bloomberg.net
記事についてのエディターへの問い合わせ先:
Philip Lagerkranser ;
Sree Vidya Bhaktavatsalam
持田譲二, 平野和 ,lagerkranser@bloomberg.net,sbhaktavatsa@bloomberg.net
最終更新日:2015/8/26 11:00


業界首位”奪還 日生、三井生命を買収へ
( 日本テレビ系(NNN) 8月26日(水)10時55分配信 )
 生命保険大手の日本生命が、三井生命を買収する方向で最終調整していることがわかった。
 国内生保2位の日本生命は、8位の三井生命の株式の約8割を三井住友銀行などから取得して三井生命を子会社化する方針。
買収額は約3000億円から4000億円規模とみられ、今年度中に手続きを完了したい考え。
日本生命は昨年度の決算で戦後初めて保険料収入で第一生命に業界首位を奪われたが、この買収が実現すれば、首位を取り戻すことになる。

 人口の減少が進む中、国内の営業基盤を強化することが狙いで、商品力のある三井生命の買収で銀行の窓口での販売強化をめざす。
日本生命は、銀行の窓口で販売する保険商品が豊富な三井生命の買収で販路を拡大し、国内の業績を伸ばしたい考え。
 買収後も今の保険の契約は引き継がれ、契約者への影響はないという。
 国内の生命保険の再編はおよそ11年ぶりで、今年11月と見られるかんぽ生命保険の上場で競争が激しくなる中、業界再編がさらに広がる可能性がある。

最終更新:8月26日(水)21時35分


日生、三井生命買収へ 3000億〜4000億円規模
( SankeiBiz 2015/8/26 09:25 )
 日本生命保険が三井生命保険を今年度末までに買収する方向で最終調整に入ったことが26日、分かった。
 三井住友銀行など三井生命の主要株主から約8割の株式を買い取り、子会社化する。買収金額は3千〜4千億円となるもようで、9月中の大筋合意を目指す。
実現すれば明治生命保険と安田生命保険が合併した平成16年1月以来の大規模な再編となる。
 国内生保市場は人口減少で将来の規模縮小も懸念されており、日本生命は三井生命の買収で、競争力の強化に乗り出し、シェアを拡大する。
27年3月期の売上高に相当する保険料等収入は、戦後初めて第一生命保険に首位の座を明け渡したが、今回の買収で奪還できる見通しだ。
 一方の三井生命は、三井系企業の団体保険に強く、日本生命が出遅れた銀行の窓口で販売する保険商品を豊富に取り扱っている。
ただ、保険料等収入が伸び悩むうえ、契約者に約束した保険商品の運用利回りを、実際の運用利回りが下回る「逆ざや」が現在も続くなど、財務基盤の強化が課題となっていた。
 三井生命をめぐっては、三井住友銀行が完全子会社化する案や、住友生命との合併もかつて取りざたされたが、三井生命は今回、日本生命による買収提案を受け入れる方針だ。
子会社となった後も、三井ブランドを残す形で存続できることも決め手となったもようだ。

最終更新日:2015/8/26 09:25


日生、三井生命買収へ=3000億〜4000億円―業界首位返り咲き狙う
( 時事通信 8月26日(水)8時27分配信 )
 日本生命保険が三井生命保険の買収を検討していることが26日、分かった。
買収額は3000億〜4000億円とみられる。
 日生は2015年3月期に売上高に当たる保険料等収入で、国内首位の座から陥落。
三井グループの顧客基盤を持ち、銀行窓口で販売する変額年金保険などの品ぞろえも豊富な三井生命の買収により、トップ返り咲きを狙う。
 日生は9月中の買収合意を目指し、三井生命株を保有する三井住友銀行などと調整を進めている。
早ければ16年3月末までに子会社化するが、三井生命の社名は残し、既存の保険契約は維持する見通しだ。
 保険料等収入で15年3月期に戦後初めて第一生命保険に逆転された日生は、「ナンバーワンにこだわりたい」(幹部)と巻き返しに意欲を示していた。
日生と三井生命の同期の保険料等収入を合算すると5兆8822億円となり、第一生命の5兆4327億円を上回る。
 一方、国内生保8位の三井生命はバブル期に結んだ利回りの高い契約が収益を圧迫。
運用利回りが契約者に約束した予定利率を下回る「逆ざや」が続いており、経営の立て直しを迫られていた。
 
最終更新:8月26日(水)14時27分

画像

FC2 Blog Ranking
画像


拍手する


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
現在、景気の低迷もあってか生命保険の見直しを検討される方が多いようです。
せっかく見直すなら、いろいろ比べてあなたに最適な生命保険にしませんか?
自動車保険だって見直せば、驚くほど保険料が安くなることも!!
大手保険会社の自動車保険を比べて選べるから、安い自動車保険が一目でわかります!!
無料資料請求はカンタンで、右のWebサイトをクリックするだけ!
◆◆◆ 無料資料請求の手順は簡単です! ◆◆◆
(1)生命保険・自動車保険【無料】一括資料請求をご利用 
(2)簡単なあなた(自動車)の情報を入力
(3)あなたにぴったりの生命保険・お得な自動車保険を見つけられる(資料請求)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆







★★★★★★ 左側マイリンクに沖縄老舗「中村製菓」の菓子博覧会芸術部門名誉総裁賞及び那覇市長奨励賞受賞お菓子の紹介がしてありますので是非ご覧くださいね! ★★★★★★

とにかく「美味しい」のひとこと…。
お菓子の質が良い(^^) お勧めは創業以来から造り続けていると云う「光餅(クンピン)」創業って…60年だっていうから本物の琉球銘!
第二のカンバンお菓子が「首里まんじゅう」月桃の香りがたまらなく沖縄人(ウチなぁ〜ンチユ)の食欲をそそります…。
全国菓子博覧会で名誉総裁賞も受賞してるらしいからコレまたホンモノ!満足度100%!! By:クーパー (*´∀`*)


画像



スライヴ たたきマッサージャー オレンジ MD-8004(D)
スライブ(THRIVE)
2013-09-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スライヴ たたきマッサージャー オレンジ MD-8004(D) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル











テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
買収・・・・少子高齢化が進むにつれ加速する中で買収やら合併はあるのでしょうね・・
日本での営業する会社は何社ぐらいがベストなのか代理店業も減少傾向でチェーン店が多くなり有利に見えますが、元受の保険会社もこれからでしょうね・・・・
がくがくダック
2015/08/28 09:12
がくがくダックさんこんばんは!
いつもコメントをありがとうございます。
今回の日本生命による三井生命の買収では、買収を検討している日本生命は三井生命保険について銀行や信用金庫などの窓口において保険商品を販売する「銀行窓販」の専門会社にする案を検討しており、来年3月までに三井生命を子会社化したい考えで首脳クラスの役員を派遣する方向でも調整しているそうです。
そして、少子高齢化により日本生命では三井生命を窓販に特化した子会社にして人口減で縮小傾向にある国内市場の販売基盤強化につなげたい考えとのことですよ。
この買収による代理店の今後がどうなるのかがとても気になるところですよね!(><;
ラッキーブルーベアー
2015/08/29 22:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
FC2 Blog Ranking 携帯アフィリエイトのアクセストレードモバイル アクセストレードレビュー アクセストレードモバイルの広告主様資料請求はこちら アクセストレード 資料請求はこちら 生命保険のマンガ カービュー自動車保険一括見積     インズウェブの自動車保険一括見積りサービス
日本生命が三井生命買収の方向で検討 実現すればトップ返り咲き ラッキーブルーベアーの休憩室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる