ラッキーブルーベアーの休憩室

アクセスカウンタ

zoom RSS 業界ビジネスモデルはもう時代遅れかもしれない止まらない日本人の生命保険離れ

<<   作成日時 : 2015/10/04 16:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 生命保険文化センターが「生命保険に関する全国実態調査(速報版)」として1965年以降、3年ごとに行っている調査により2015年度の生命保険の世帯加入率が初めて9割を切ったことが明らかとなりました。
 そして、一世帯の年間払い込み保険料も初めて40万円を下回るなど少子高齢化や年収の減少などから日本人の「生保離れ」が進んでいることが鮮明となり、生命保険に対するニーズも旧来の死亡保険から医療保険や年金保険など生前給付型保険にシフトしている一方で生命保険に関して「ほとんど知識がない」という人が7割に達するなど、生保業界の常識と消費者のギャップも広がっていることも判明したことが掲載されていました。


止まらない日本人の生命保険離れ 業界ビジネスモデルはもう時代遅れかも
( J-CASTニュース 10月3日(土)11時30分配信 )
 2015年度の生命保険の世帯加入率が初めて9割を切った。
 また、一世帯の年間払い込み保険料も初めて40万円を下回るなど、少子高齢化や年収の減少などから日本人の「生保離れ」が進んでいることが鮮明になった。
 生保のニーズも旧来の死亡保険から、医療保険や年金保険など生前給付型保険にシフトしている一方、生保に関して「ほとんど知識がない」という人が7割に達するなど、生保業界の常識と消費者のギャップも広がっている。


初めて世帯加入率が9割割り込む
 生命保険文化センターが「生命保険に関する全国実態調査(速報版)」として、1965年以降、3年ごとに行っている調査で明らかになった。
今回は民間保険、簡易保険、JA共済、県民共済などに加入する4020世帯(単身世帯は除く)から回答を得た。
 それによると、生命保険(個人年金保険を含む)の世帯加入率は89.2%となり、前回調査(2012年度)から1.3ポイント低下。
現在の調査方式にした2003年以来、初めて9割を下回った。

 契約者が死亡した場合、家族が受け取る死亡保険金額は2423万円で、前回調査の2763万円から12%減少した。
死亡保険金額は2003年に3746万円、2006年に3344万円だったが、2009年に2978万円と3000万円を切った後、大幅な減少が続いている。
 かつて男性は結婚すると、「一家の大黒柱」という考えから、妻子のために「定期付終身保険」など死亡保障がメインの保険に入るケースが多かった。
大手生保の営業職員(生保レディ)が勧誘する保険商品も死亡保障が中心だった。

 今回の調査で「世帯主が万一の場合、家族の生活資金として必要な金額」を聞いたところ、生活資金の年間平均額は328万円となった。
必要となる年数は平均16.8年で、生活資金の平均総額は5653万円。回答した世帯の平均年収は598万円で、世帯平均年収の9.5年分に当たる。
世帯の平均年収は2003年に652万円だったが減少を続け、2012年に589万円と600万円を切った。
 平均年収の低下とともに、世帯の年間払い込み保険料も低下が続き、2003年調査で53.3万円だった年間払い込み保険料は、今回38.5万円と、初めて40万円を割り込んだ。


「死亡保険金」より、「医療」と「生活」のお金を
 生保の世帯加入率や払い込み保険料の低下は、子育てを終え、保険金額を減らした高齢者が増えたことや、晩婚化の影響などで死亡保険に加入しない若者が増えたことが影響しているとみられる。
 直近で生保に加入した世帯にその目的を尋ねたところ、死亡保険よりも医療保険を挙げる割合が増えていることもわかった。
 生保に加入した目的を「医療費や入院費のため」(医療保険)と答えた割合は58.5%で、「万一の時の家族の生活保障のため」(死亡保険)の53.1%を上回った(複数回答)。
医療保険が2006年に死亡保険を抜いて首位となって以来、両者の差は広がる傾向にある。
「今後増やしたい保障」は、「世帯主の老後の生活資金の準備」(28.0%)と「配偶者の老後の生活資金の準備」(25.3%)が最上位グループとなった。

 一方、生命保険や個人年金保険に関する知識全般について尋ねたところ、「ほとんど知識がない」との回答が68.6%を占めた。
 日本では学校教育で保険に関する基本的な知識を得ることがほとんどなく、社会人となって、いきなり生保レディの勧誘を受け、周りと一緒に保険を契約、というのが、これまでの日本の生保ビジネスの実態だった。
 最近、複数の保険会社の商品を比較検討できる保険ショップが人気なのも、旧来の大手生保のビジネスモデルが若者ら現代人のニーズに対応できなくなった証拠かもしれない。

最終更新:10月3日(土)11時30分


画像

FC2 Blog Ranking
画像


拍手する


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
現在、景気の低迷もあってか生命保険の見直しを検討される方が多いようです。
せっかく見直すなら、いろいろ比べてあなたに最適な生命保険にしませんか?
自動車保険だって見直せば、驚くほど保険料が安くなることも!!
大手保険会社の自動車保険を比べて選べるから、安い自動車保険が一目でわかります!!
無料資料請求はカンタンで、右のWebサイトをクリックするだけ!
◆◆◆ 無料資料請求の手順は簡単です! ◆◆◆
(1)生命保険・自動車保険【無料】一括資料請求をご利用 
(2)簡単なあなた(自動車)の情報を入力
(3)あなたにぴったりの生命保険・お得な自動車保険を見つけられる(資料請求)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆







★★★★★★ 左側マイリンクに沖縄老舗「中村製菓」の菓子博覧会芸術部門名誉総裁賞及び那覇市長奨励賞受賞お菓子の紹介がしてありますので是非ご覧くださいね! ★★★★★★

とにかく「美味しい」のひとこと…。
お菓子の質が良い(^^) お勧めは創業以来から造り続けていると云う「光餅(クンピン)」創業って…60年だっていうから本物の琉球銘!
第二のカンバンお菓子が「首里まんじゅう」月桃の香りがたまらなく沖縄人(ウチなぁ〜ンチユ)の食欲をそそります…。
全国菓子博覧会で名誉総裁賞も受賞してるらしいからコレまたホンモノ!満足度100%!! By:クーパー (*´∀`*)


画像












訳あり サーモン 大トロハラス切り落とし500g 【訳あり】
まぐろなら築地の王様

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 訳あり サーモン 大トロハラス切り落とし500g 【訳あり】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




【メール便送料無料】そばの実 紅花茶 100g美味しい 香り 山形発 べにばな お取り寄せ お土産 人気 お試し 限定 お買い得 ワンコイン ぽっきり
グルメ&ギフトお取り寄せ山形eLab
商品名容 量適 温賞味期限保存方法そばの実 紅花茶100g約80度パッケージ裏に記載(約1年)開封前


楽天市場 by 【メール便送料無料】そばの実 紅花茶 100g美味しい 香り 山形発 べにばな お取り寄せ お土産 人気 お試し 限定 お買い得 ワンコイン ぽっきり の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




北海道産・活毛蟹400g前後×1尾【楽ギフ_のし】【活カニ】【お買い得】
北海道ぐるめ館 たくよう
商 品活蟹だから旨さが違う!活毛蟹 1尾 400g前後商品詳細活 毛蟹 400g前後×1尾身入90%


楽天市場 by 北海道産・活毛蟹400g前後×1尾【楽ギフ_のし】【活カニ】【お買い得】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
最近、複数の保険会社の商品を比較検討できる保険ショップが人気なのも、旧来の大手生保のビジネスモデルが若者ら現代人のニーズに対応できなくなった証拠かもしれない。・・・・・
保険販売は昔が適当でいい加減なんです・・・
理解しないで加入させて販売してる側も理解できてなく販売してる状況。
少子高齢化というが、子育てが終わり成人して結婚してなんてライフスタイルが行かない時代でしょう逆に一握りかも親が一流企業でも息子が非正規雇用だと所得が低く安定度が無い状況で保険も最低限になり・
高齢化が進むにつれ平均寿命が伸びる以上・・ひ孫を見る確率が高くひ孫より孫が成人して就職つけず大学終われど正社員は遠く・・・ライフスタイルは難しくなるのでは・・親の年金が頼りで生活資金に回されるとか同居しないと飯が食えず・・結婚考える人は少なくなるのでは・・・これから大変になる感じがしますね。・・・ますます減少するでしょうね。付き合いとか言ってられない時代です。
がくがくダック
2015/10/06 22:30
麻生太郎財務相は4─6月の国内総生産(GDP)がマイナス成長となったことについて、悪天候などの一時要因より個人消費が抑制されたためと指摘し、アベノミクスで打ち出された「3本の矢」の効果で雇用や所得に改善が見られ、デフレ克服まであと1歩のところまで来たと述べると共に2%のインフレ目標達成に必要な限り、日銀は量的・質的金融緩和(QQE)を継続するとの考えを示しています。
ですが、日銀の黒田東彦総裁は金融政策決定会合後の記者会見で、日本経済は「デフレ状況ではなくなった」と語り、企業が値上げに前向きになり「物価の基調は着実に高まっている」としながらも新興国経済の失速は国内の景気や物価を押し下げており日銀は物価見通しを月内に下方修正する方針で市場では追加緩和観測が高まっているとも語っています。
この様な経済状況下で働いても収入は増えず、増税により生活は厳しい状況の中での保険料支払いは大変だと考えています。
この様な経済状況下で今までのような保険営業で保険契約を増やしていこうという営業方法には既に限界が来ていると感じています。
これからの保険営業には経済状況を見据えながら、顧客のライフスタイルにあったニーズを考えながらの営業方針が必要ではないかと考えています。
ラッキーブルーベアー
2015/10/11 21:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
FC2 Blog Ranking 携帯アフィリエイトのアクセストレードモバイル アクセストレードレビュー アクセストレードモバイルの広告主様資料請求はこちら アクセストレード 資料請求はこちら 生命保険のマンガ カービュー自動車保険一括見積     インズウェブの自動車保険一括見積りサービス
業界ビジネスモデルはもう時代遅れかもしれない止まらない日本人の生命保険離れ ラッキーブルーベアーの休憩室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる