ラッキーブルーベアーの休憩室

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本生命が乗り合い代理店最大手を買収した戦略的意図!?

<<   作成日時 : 2015/12/13 17:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ここ最近、買収や大型提携を次々と行ってきた日本生命保険が保険ショップ最大手ほけんの窓口傘下であり、訪問販売型乗り合い代理店の最大手ライフプラザパートナーズの株式を取得し、筆頭株主に躍り出るということのようなのですがその背景には何があったのかについての記事がダイヤモンド・オンラインに掲載されていました。


日生が乗り合い代理店最大手を買収した戦略的意図
( ダイヤモンド・オンライン 2015/12/9 08:00 週刊ダイヤモンド編集部 )
 ここ最近、買収や大型提携を次々と行ってきた日本生命保険が、またぞろ動いた。
保険ショップ最大手ほけんの窓口傘下であり、訪問販売型乗り合い代理店の最大手ライフプラザパートナーズの株式を取得し、筆頭株主に躍り出るというのだ。
その背景には何があったのか。
詳細レポートをお届けする。(「週刊ダイヤモンド」編集部 藤田章夫)


生命保険業界のガリバー、日本生命保険の“爆買い”が止まらない──。
 11月27日、生保業界がどよめく事態が起こった。
日生が保険ショップ最大手ほけんの窓口グループ傘下のライフプラザパートナーズ(LPP)の株式68.6%を約3.8億円で取得し、筆頭株主に躍り出たと発表したからだ。
 LPPといえば、約800人の営業社員を抱える訪問販売型乗り合い代理店の最大手。
委託型募集人が保険業法で禁じられている「再委託」に該当するとされ、適正化が図られたことで営業社員数は約1600人から半減したものの、販売力は依然として大きい。

 事実、日生の代理店として長らくトップの座に君臨していたスターツコーポレーションを昨年抜き去り、「LPPが1位の座に就いた」(窓口幹部)というほどだ。
 だが、約5万人の営業職員を抱える日生にとって、同じ訪問販売型のLPPを傘下に加えることは、自社の営業職員とバッティングする可能性があるため、そう簡単な決断ではなかったはずだ。
 とはいえ、複数の商品を比較した上で保険に加入したい消費者が増えており、乗り合い代理店は伸長し続けている。
 とりわけ日生をはじめ大手生保が苦手とする若年層に強いことから、「とにかく顧客接点を増やしたい」(関係者)と考える日生が買収に動いた。

 一方の窓口にしても、営業収益約376億円(2015年6月期)のうち約3割を占めるLPPが抜けるが、窓口の窪田泰彦社長からすれば今回の案件は、「事業の再構築」との意味合いが強い。
 というのも、窪田社長は、顧客保護を命題に掲げた改正保険業法が来年5月末から施行されるのを見据え、前社長時代の売り上げ至上主義から脱却する「最優の会社」づくりに着手している。
 そこで、無理なく働けるように給料制度の改定などを行っているが、固定給プラス歩合の報酬体系であるショップ事業についてはコントロールが利きやすいものの、LPPについては限界があった。
 なぜなら、LPPは業績連動型の報酬体系のため、売り上げ至上主義から抜け出すことが難しく、また、手数料収入の大半を報酬として支払うため、高コスト体質から抜け出せていないからだ。

 そういった理由から、LPPの切り離しを模索していた窪田社長と、5月に中堅保険ショップ、ライフサロンを買収、成長分野である乗り合い代理店業界への進出にかじを切った日生との思惑が絡み合ったのが、「半年ほど前あたり」(窓口幹部)だったという。
 ここで割を食うかたちとなったのが、住友生命保険だ。


日生のLPP買収で住生が株を放出 その分を上乗せ
 住生といえば、09年から子会社を通じて保険ショップ「ほけん百花」を始めたり、生保子会社のメディケア生命保険を立ち上げて(当時は三井生命保険との共同出資)、保険ショップで売れる廉価な商品を供給するなど、乗り合い代理店業界に先鞭をつけてきた。
 また、13年10月には、窓口の株式を8%(約7億円)取得し、第3位の株主になるなど、窓口とは良好な関係を築いてきた。

 そこに、窓口の子会社とはいえ、LPPの筆頭株主として日生が乗り込んできたのだから、面白いはずがない。
ただでさえ9月に日生が、住生の親密生保である三井生命を約2800億円で買収すると発表し、三井住友銀行での保険販売は、三井生命を通じて日生が主導権を握ろうとしつつある。
 実際、日生は三井生命に対し、「いくらお金を使ってもいいので、銀行窓販で保険料収入を2000億円ほど稼いでほしい」(生保幹部)と持ち掛けており、住生の分が悪くなりつつある。

 それに加え、LPPが窓口の子会社でなくなったことから、日生の買収に合わせて、住生は保有していたLPPの株式9.36%を手離すこととなった。
当初、日生は窓口が保有するLPPの株式71.92%の9割弱を取得する予定だったが、住生の放出分を上乗せして取得することになったという。
 そして、12月8日に予定されている臨時株主総会と取締役会を経て、日生出身者がLPPの副社長に就任し、非常勤監査役3人と監査役2人を日生から招き入れ、新たな体制がスタートする。

 日生の次なる展開は未知数だが、今回の件で打ち止めとは考えにくい。
何しろ日生は、06年から手掛けてきたシステムやインフラを抜本的に刷新する「新統合計画」を12年に完了させたころから、海外企業買収も含めて販売チャネルの拡充を着々と進めてきた。
後発であるが故に、7月のニトリホールディングスとの提携や、10月のNTTドコモとの提携のような、これまでにない斬新な手をさらに打ってくる可能性は高い。

最終更新日:2015/12/9 08:00

画像

FC2 Blog Ranking
画像


拍手する


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
現在、景気の低迷もあってか生命保険の見直しを検討される方が多いようです。
せっかく見直すなら、いろいろ比べてあなたに最適な生命保険にしませんか?
自動車保険だって見直せば、驚くほど保険料が安くなることも!!
大手保険会社の自動車保険を比べて選べるから、安い自動車保険が一目でわかります!!
無料資料請求はカンタンで、右のWebサイトをクリックするだけ!
◆◆◆ 無料資料請求の手順は簡単です! ◆◆◆
(1)生命保険・自動車保険【無料】一括資料請求をご利用 
(2)簡単なあなた(自動車)の情報を入力
(3)あなたにぴったりの生命保険・お得な自動車保険を見つけられる(資料請求)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆







★★★★★★ 左側マイリンクに沖縄老舗「中村製菓」の菓子博覧会芸術部門名誉総裁賞及び那覇市長奨励賞受賞お菓子の紹介がしてありますので是非ご覧くださいね! ★★★★★★

とにかく「美味しい」のひとこと…。
お菓子の質が良い(^^) お勧めは創業以来から造り続けていると云う「光餅(クンピン)」創業って…60年だっていうから本物の琉球銘!
第二のカンバンお菓子が「首里まんじゅう」月桃の香りがたまらなく沖縄人(ウチなぁ〜ンチユ)の食欲をそそります…。
全国菓子博覧会で名誉総裁賞も受賞してるらしいからコレまたホンモノ!満足度100%!! By:クーパー (*´∀`*)


画像




















ウォーキングトーキングパピー | 柴犬 ぬいぐるみ 犬 動く かわいい プレゼント クリスマスプレゼント【02P13Dec15】
ヤマト本舗
【ご注意】こちらの商品はクロネコDM便でお送りすることはできません。宅配便での発送になります。 販売


楽天市場 by ウォーキングトーキングパピー | 柴犬 ぬいぐるみ 犬 動く かわいい プレゼント クリスマスプレゼント【02P13Dec15】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FC2 Blog Ranking 携帯アフィリエイトのアクセストレードモバイル アクセストレードレビュー アクセストレードモバイルの広告主様資料請求はこちら アクセストレード 資料請求はこちら 生命保険のマンガ カービュー自動車保険一括見積     インズウェブの自動車保険一括見積りサービス
日本生命が乗り合い代理店最大手を買収した戦略的意図!? ラッキーブルーベアーの休憩室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる