ラッキーブルーベアーの休憩室

アクセスカウンタ

zoom RSS 生保大手がマイナス金利で四苦八苦し、資産運用の外債シフト鮮明 

<<   作成日時 : 2016/05/01 13:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 生命保険大手4社の2016年度の資金運用計画がまとまったのですが、日本国債の利回りが日銀のマイナス金利政策の影響により大幅に低下していることに対応して生保各社が米国債など外債への投資を拡大することにより運用利回りを確保するという日本国債から外国債券へのシフトが鮮明になっていることが報道機関から配信されていました。



生保大手、外債シフト鮮明 資産運用、マイナス金利で四苦八苦
( SankeiBiz 4月27日(水)8時15分配信 )
 生命保険大手4社の2016年度の資金運用計画が26日まとまり、日本国債から外国債券へのシフトが鮮明になっていることが分かった。
日本国債の利回りが日銀のマイナス金利政策の影響で大幅に低下していることに対応した。
生保各社は米国債など外債への投資を拡大し、運用利回りを確保する。

 「経験したことのない世界。非常時の一年と位置付ける」
 明治安田生命保険の山下敏彦副社長は同日の運用計画説明会で危機感をあらわにした。
 生保は顧客と30年間といった長期間の契約を結んでおり、これまで契約者から集めた保険料を主に安全資産とされる日本国債の20年、30年債で運用してきた。
 だが、日銀が1月末にマイナス金利政策の導入を決めて以降、10年債の利回りがマイナス圏に突入。20年債、30年債も0.3%前後と大きく低下、超低金利の状況に拍車が掛かっている。
現在、「日本国債は運用対象として機能しなくなった」(日本生命の佐藤和夫財務企画部長)というのが実情だ。

 社債も含めた国内債券は明治安田生命が横ばい。日本生命保険、第一生命保険、住友生命保険の3社は減少とした。
各社は、保険料を一括で支払う円建ての「一時払い」の年金、終身保険の値上げや販売休止に踏み切った。
超低金利が続けば、学資保険、「月払い」の終身保険についても利回りが約束できなくなるため、各社が値上げの検討を余儀なくされている。
 一方で、生保各社は償還を迎える日本国債の多くを外国債券に振り向ける戦略を加速させている。
10年債の金利が2%近辺で推移する米国債、2%半ばの豪州債など利回りに魅力があるためだ。住友生命の松本巌執行役員兼運用企画部長は、「米国の利上げタイミングをにらみながら積み増す」と話す。
 住友生命は米国、欧州、豪州以外の周辺国への外債投資を引き続き増やすほか、投資年限についても長期化を図る。
このほか、各社とも環境やインフラといった成長分野向け投資の比率を高め、利回りを底上げする。

 第一生命は外債のほか、「航空機リースへの投資など比較的高いリターンが得られやすい分野への資金配分を増やす方針」(山本辰三郎執行役員運用企画部長)だ。
昨年度4000億円を成長分野に振り向けた日本生命も年10%以上の利回りを期待できる発電所や上下水道などを投資対象とするファンドに選別投資する。
 ただ、外国債券は為替変動リスクを抑えた「ヘッジ外債」の利回りが低下するほか、インフラ投資も争奪戦の様相を呈しており、リスクに対するリターンが見合わないケースも多い。
投資の“目利き力”が問われているといえそうだ。

最終更新:4月27日(水)8時15分


生保大手、資金運用に四苦八苦 マイナス金利打撃 利ざや確保へ外債にシフト
( 産経新聞 4月27日(水)7時55分配信 )
 生命保険大手4社の平成28年度の資金運用計画が26日まとまり、日本国債から米国債など外国債券へのシフトが鮮明になっていることが分かった。
日本国債の利回りが日銀のマイナス金利政策の影響で大幅に低下していることに対応したものだが、各社とも運用利回りを確保しようと苦心している様子がうかがえる。
(飯田耕司)
                 

日本国債機能せず
 「経験したことない世界だ。非常時の一年と位置付ける」。
明治安田生命保険の山下敏彦副社長は26日の運用計画説明会で危機感をあらわにした。
 生保は、顧客と30年間といった長期間の契約を結んでおり、これまで契約者から集めた保険料について主に安全資産とされる日本国債の20年債や30年債で運用してきた。

 だが、日銀が1月末にマイナス金利政策の導入を決めて以降、10年債の利回りがマイナス圏に突入した。
20年債、30年債も0・3%前後と大きく低下、超低金利の状況に拍車が掛かっている。
現在、「日本国債は運用対象として機能しなくなった」(日本生命保険の佐藤和夫財務企画部長)というのが実情だ。

 社債も含めた国内債券は、明治安田生命が横ばい、日本生命、第一生命保険、住友生命保険の3社は減少とした。
 各社は、保険料を一括で支払う円建ての「一時払い」の年金、終身保険の値上げや販売休止に踏み切った。
超低金利が続けば、学資保険、「月払い」の終身保険についても利回りが約束できなくなるため、各社が値上げの検討を余儀なくされている。


問われる目利き力
 一方で、生保各社は、償還を迎える日本国債の多くを外国債券に振り向ける戦略を加速させている。
10年債の金利が2%近辺で推移する米国債、2%半ばのオーストラリア債など利回りに魅力があるためだ。
 住友生命の松本巌執行役員兼運用企画部長は「米国の利上げタイミングをにらみながら積み増す」と話す。
同社は欧米豪を除く周辺国への外債投資を引き続き増やすほか、投資年限についても長期化を図る。

 第一生命は外債のほか、「航空機リースへの投資など比較的高いリターンが得られやすい分野への資金配分を増やす方針」(山本辰三郎執行役員運用企画部長)だ。
27年度は4千億円を成長分野に充てた日本生命も、年10%以上の利回りを期待できる発電所や上下水道などを投資対象とするファンドに選別投資する。
 ただ、外国債券は為替変動リスクを抑えた「ヘッジ外債」の利回りが低下するほか、インフラ投資も争奪戦の様相を呈しており、リスクに対するリターンが見合わないケースも多い。
投資の“目利き力”が問われているともいえそうだ。

最終更新:4月27日(水)8時14分


焦点:国内生損保の16年度運用、欧州債・社債・など多様化加速
( ロイター 4月26日(火)22時44分配信 )
[東京 26日 ロイター] - 国内主要生損保の2016年度資産運用計画が出そろった。
キーワードは多様化・高度化。
低金利に拍車がかかる日本国債や為替ヘッジコストが上昇している米国債を避け、欧州債や、社債、インフラ・ファンドなどより利回りが高い商品の投資を拡大させる傾向が一段と強まった。
 ただ、高いリターンには高いリスクが伴う。
今後はリスク管理の高度化も求められる。


<マイナス金利の円債は「対象外」>
 今年度は、ついに10年債までマイナス圏に突入した日本国債の利回り。
ほとんどの生損保が、この低金利では運用対象にならないとし、かつてはメーンの投資先だった日本国債の残高を減少、もしくは横ばいとする計画だ。

 日本生命はマイナス金利の国債について、基本的に投資しないスタンス。
資産構成比は、これまで円金利資産が7、それ以外が3の割合だったが、今年度の新規配分額の内訳は、ほぼ半々になる見通しだ。
 今年度の新規資金配分は1兆5000億円─2兆円程度の見込みであり、7500億─1兆円が円金利資産以外に流れる計算となる。
 ただ、生保は保険という長期の円建て負債を抱える。
ALM(資産と負債の総合管理)の観点から、円金利資産を大幅に減らすことはできない。
 そこで償還分は再投資し、残高を維持する運用計画が多いが、20年債でさえ0.3%台という低金利状態では、予定利率を上回るリターンを得るのは難しい。

 円金利資産としては、企業への貸し付けも選択肢だ。
しかし、日銀のマイナス金利導入で国内の金利水準が一段と低下。
運用担当者の間からは「国内景気の足取りが鈍い中で、資金需要は高まっていないほか、この低金利状態では十分な利ザヤを得ることも難しい」(中堅生保の運用担当者)との声が漏れる。


<ヘッジ付米国債以外の投資先開拓>
 国内の低金利環境は今に始まったことではなく、国内生損保の多くは、これまでも運用先の多様化を進めてきた。
 そのメーンが、為替リスクをヘッジした外債だった。
特にヘッジ付き米債は、流動性の高さもあって円金利資産の代替資産として位置付けられてきた。
 しかし、最近は、円投/ドル転スワップなどドル調達コストの上昇で、ヘッジコストが急上昇。
米国債10年物で100ベーシスポイント(0.1%)程度まで上昇しており、2%を下回る米10年債の利回りでは、リターンが十分に得られなくなってきている。

 そこで今年度、国内生損保の多くは、欧州の国債や、社債、インフラ・ファンドなどより高い利回りが見込める投資先を増やす計画を立てている。

 第一生命は今年度、ミドルリスク・ミドルリターン分野への取り組みを強化する。
プロジェクト・ファイナンスや、インフラ・ファンドなどのインフラ投資のほか、航空機ファイナンスや物流施設等の実物資産投資などで「株式と債券の中間という位置づけであり、伝統資産との分散効果が高い」(運用企画部長の山本辰三郎氏)という。

 東京海上日動火災は今年度、外国債券を500─1000億円程度積み増す予定だが、投資適格級の欧米社債を中心に為替ヘッジ付きで投資する。
 ただ、社債市場でも一部銘柄のスプレッドが急激に拡大するなど荒い動きが発生していることから、米エネルギー関連企業や欧州の銀行といった不透明要素が強いセクターは対象外とする方針だ。


<求められるリスク管理の高度化>
 ハイリターン(高い利回り)には、ハイリスクがつきものだ。
運用の多様化・高度化は、リスク管理の多様化、高度化を必要とすることも意味する。
 住友生命は、ポートフォリオを2つに区分し、リスクコントロールの強化と収益向上を進める。
保険金などの確実な支払いに備えた円金利資産中心のポートフォリオを約8割、企業価値の持続的向上に向けたリスク性資産中心のポートフォリオを約2割とする。

 傘下のアセット・マネジメントの活用や、資産運用を担う人材育成に力を入れる生損保も多い。
ただ、人材育成などには時間が必要だ。
 日本国債一辺倒だった時代から、運用手法が急激に多様化、複雑化する中で、リスクを十分に管理できるかは不透明だ。

 一方、こうした運用難の局面で、無理に動くことはないとするバイサイドもいる。
富国生命の今年度の運用スタンスは「待ち」。
財務に余裕があるからこそできるスタンスだが、いまの低金利環境が2─3年続いても順ザヤを確保できるという。
 そのうえで「もし(想定レートの)105円を大きく下回るようなドル安/円高が進行するような場合は、そのときこそ、(その先の円安転換を見込んで)オープン外債などリスクをとっていく。
金利上昇局面もあと1─2年で到来する可能性がある。
いまはリスクに合わない投資をせずに、内部資金を厚くするときだ」と渡部毅彦・財務企画部長は話している。
(伊賀大記 編集:田巻一彦)
最終更新:4月26日(火)22時44分


<生保>国債離れ加速 外国債や海外投資を拡大
( 毎日新聞 4月26日(火)22時13分配信 )
 大手生命保険4社の2016年度の資産運用計画が出そろった。
日銀が2月に導入したマイナス金利政策の影響で、利回りの低下した国債への新規投資を抑制する動きが加速。
 運用収益を確保するため、比較的利回りの高い米国債などの外国債券のほか、空港のような海外インフラなど成長分野への投資を拡大する傾向が鮮明となっている。

 大手生保の主力商品は、満期までの期間が10〜20年と長期にわたるものが多い。
このため、長期的に安定した収益をあげることができる日本国債は運用の柱だった。
 しかし、日銀の大規模金融緩和で国債利回りの低下が続くなか、2月のマイナス金利導入後、新規発行10年物国債の利回りがマイナスに転落。
これを受けて生保各社の国債離れに拍車がかかっている。
 生保各社は16年度末の新発10年物国債の利回りをマイナス0.05%〜マイナス0.2%程度と想定。
今後、日銀がマイナス金利幅を拡大する可能性も見込んでおり、「16年度は非常時。運用の多角化に挑戦せざるを得ない」(明治安田生命保険の山下敏彦副社長)と危機感を強めている。

 日本経済の低成長が続き、「従来通りの融資や投資で利益を確保できる時代は戻ってこない」(日本生命保険の佐藤和夫財務企画部長)との見方が広がるなか、生保各社は外国債券での運用を増やしたり、ベンチャー企業やインフラ、環境関連など国内外の成長分野への投資を積極化したりしている。
 日本生命は15年度からの3年間で約8000億円の投融資を計画。
第一生命、明治安田生命、住友生命の各社も昨年度までに2000億〜3000億円の投融資を実施しており、今後もさらに拡大する方針だ。
【中島和哉】
最終更新:4月26日(火)23時19分

画像

FC2 Blog Ranking
画像


拍手する


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
現在、景気の低迷もあってか生命保険の見直しを検討される方が多いようです。
せっかく見直すなら、いろいろ比べてあなたに最適な生命保険にしませんか?
自動車保険だって見直せば、驚くほど保険料が安くなることも!!
大手保険会社の自動車保険を比べて選べるから、安い自動車保険が一目でわかります!!
無料資料請求はカンタンで、右のWebサイトをクリックするだけ!
◆◆◆ 無料資料請求の手順は簡単です! ◆◆◆
(1)生命保険・自動車保険【無料】一括資料請求をご利用 
(2)簡単なあなた(自動車)の情報を入力
(3)あなたにぴったりの生命保険・お得な自動車保険を見つけられる(資料請求)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆







★★★★★★ 左側マイリンクに沖縄老舗「中村製菓」の菓子博覧会芸術部門名誉総裁賞及び那覇市長奨励賞受賞お菓子の紹介がしてありますので是非ご覧くださいね! ★★★★★★

とにかく「美味しい」のひとこと…。
お菓子の質が良い(^^) お勧めは創業以来から造り続けていると云う「光餅(クンピン)」創業って…60年だっていうから本物の琉球銘!
第二のカンバンお菓子が「首里まんじゅう」月桃の香りがたまらなく沖縄人(ウチなぁ〜ンチユ)の食欲をそそります…。
全国菓子博覧会で名誉総裁賞も受賞してるらしいからコレまたホンモノ!満足度100%!! By:クーパー (*´∀`*)


画像












【母の日ギフト】幸せ特典付きカーネーション鉢植えギフト!ハッピーサプライズカーネーション
Fleur Town 吉本花城園
【商品内容】 ●カーネーション5号鉢植え  ※ ラッピング&リボン付き ○下記特典からおひとつお選び


楽天市場 by 【母の日ギフト】幸せ特典付きカーネーション鉢植えギフト!ハッピーサプライズカーネーション の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




母の日ギフト 早割 花 カーネーション 送料無料 15種類から選べる【楽天ランキング1位獲得】5号鉢 花鉢 ギフト プレゼント 鉢花 鉢植え 2016
Hanasaku
早割 母の日 カーネーション フラワー 花 鉢植え ギフト 2016 送料無料♪ 15種類の中から選


楽天市場 by 母の日ギフト 早割 花 カーネーション 送料無料 15種類から選べる【楽天ランキング1位獲得】5号鉢 花鉢 ギフト プレゼント 鉢花 鉢植え 2016 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FC2 Blog Ranking 携帯アフィリエイトのアクセストレードモバイル アクセストレードレビュー アクセストレードモバイルの広告主様資料請求はこちら アクセストレード 資料請求はこちら 生命保険のマンガ カービュー自動車保険一括見積     インズウェブの自動車保険一括見積りサービス
生保大手がマイナス金利で四苦八苦し、資産運用の外債シフト鮮明  ラッキーブルーベアーの休憩室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる