ラッキーブルーベアーの休憩室

アクセスカウンタ

zoom RSS 保険業法の改正で保険の販売方法が変わる?

<<   作成日時 : 2016/06/12 20:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

 保険見直し本舗がケ際している連載『保険なう』において、読者への保険知識の提供として保険の世界における旬のトピックスをとりあげているのですが、保険契約を考える皆さんは保険加入を検討する際に、まずはどのような行動をとるのでしょうか?
 殆どの方はネットで調べたり、知り合いや家族に保険会社の人がいればその人達に相談したり、または紹介してもらったりと様々だと思うのですが、そのうちの選択肢の一つとして無料で保険相談ができる「乗合代理店」を利用するという方法も近年増加傾向にあるそうです。
この乗合代理店とは複数の保険会社の保険商品を扱う保険代理店のことを指しており、「保険ショップ」などとも呼ばれています。
 この保険ショップでは取り扱う保険商品が多いことを強みとしおり、相談者の意向や目的に合わせた保険選びを提案し、契約した後もアフターフォローまでを一つの窓口で行うことができるサービスを提供している業態であるとされています。
 しかし、今回の国の保険業法の改正によりこの保険販売の方法が変わることとなり、連載『保険なう』では「保険業法改正で何が変わる? ユーザーのメリットは?」「安心できる乗合代理店とは?」などのポイントについて掲載をしていましたのでご紹介をしてみたいと思います。


【コラム】保険なう 保険業法の改正で保険の販売方法が変わる?
( 保険見直し本舗編 2016/06/10 )
 連載『保険なう』では、保険の世界における旬のトピックスをとりあげて、読者の皆さんに知っていただきたい保険の知識を提供します。
 皆さんは保険の加入を検討する際に、まずはどのような行動をとるでしょうかネットで?
調べたり、知り合いや家族に保険会社の人がいれば相談したり、または紹介してもらったり……と様々だと思います。
 そのうちの選択肢の一つとして、無料で保険相談ができる「乗合代理店」を利用する、という方法も近年増加傾向にあります。
乗合代理店とは、複数の保険会社の保険商品を扱う保険代理店のことです。
「保険ショップ」などとも呼ばれ、取り扱い商品が多いことを強みとし、相談者の意向や目的に合わせた保険選びを提案〜契約、さらにアフターフォローまでを一つの窓口で行うことができるサービスを提供している業態です。

 ネットなどでさまざまな情報を取得することが容易になった昨今ですが、「どのような保険があって、どの保険が自分にぴったり合うのか」ということについて、自分で情報取得して理解して把握、最適なプランを見つけて加入する、という作業はまだまだハードルが高いという見方も多く、プロのアドバイスを受けながら比較検討できる保険ショップのニーズが高まっていることを実感します。
 保険ショップの多くは無料で保険相談ができるため、相談者は直接ショップに対して例えば「相談料」や「事務手数料」などの金銭を直接支払うことはありません。
 保険ショップは商品を販売することで発生する保険会社からの販売手数料で運営されているので、無料での相談が可能となっています。
 そんな中、保険代理店が相談者の意向にかかわらず「代理店手数料の高い商品を勧めるケースも見られた」という実態があったことなどを受け、2016年5月29日、販売方法の見直しとして改正保険業法が施行されました。


保険業法改正で何が変わる? ユーザーのメリットは?
 今回の保険業法改正のポイントは大きく以下の通りです。

(1)相談者の意向をしっかり把握すること
(2)意向に合った保険商品を提示する際、推奨理由を明らかにすること


 保険の相談を始めると保険募集人などとの相談が進む中で「これまで見えていなかったニーズ」などを相談者自身が認識することもあり、始まりと終わりでは希望条件が変わることもあり、こういった意向をしっかり把握し、その内容を証跡として残すことが求められています。
 (1)のポイントでは、これまではルールとして規程されていたわけではなかったため「証跡として残す・残さない」については各保険代理店や保険募集人ごとに異なる、という状況でした。
これがルール化されたことで、保険代理店や保険募集人などの個別のやり方にかかわらず、相談者は「自身の希望にきっちり沿った商品提示を受けている」ことを確認できるようになると考えられます。
 (2)のポイントについては、相談者としては「なぜこの商品を勧めてくるのか」について明確になるため、不本意だったり納得できていない部分があったりすることに気付かず話が進んでしまうリスクが下がると考えられます。
相談者と保険募集人ともに「行動」として再度確認する必要ができた、とも言えるでしょう。


安心できる乗合代理店とは?
 今回の法改正は相談者が安心して、納得した保険選びができるようになるためのものです。
法改正にしっかり対応した、安心して相談できる保険募集人がいる保険代理店などをお探しになることをお勧めします。


【ポイント】
ユーザーの意向をしっかり把握しているか
いきなりプランや商品を勧めてこないか
意向に対して複数の商品を提示し、それぞれのメリット・デメリットとともに比較推奨理由を述べているか
「これがいいと思います」の一点張りで納得できていないのに決断を迫らないか

 保険は万が一のときや、目的に合わせて備えをしておくためのもの。
その目的をきちんと理解し、適切な保険を勧めてくれる「保険のプロ」に出会うため、顧客側としても提案する側をしっかりと見極めることがとても重要です。


<著者プロフィール>
阿部健介
 保険見直し本舗 コンサルティングアドバイザー。業界6年目を機に、保険会社の専属営業マンから生保・損保をワンストップで提案できる代理店へ移籍。
 これまでに対応した相談件数は900件超。対応エリアは福岡市を中心に北九州、鳥栖、久留米、熊本市内が中心。
 多くの方に「本物の保険」を伝えるべく、家族から個人事業主まで保険のコンサルティングを行っている。
TLC(生命保険協会認定FP)資格。相続診断士。MDRT成績資格会員。


画像

FC2 Blog Ranking
画像


拍手する


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
現在、景気の低迷もあってか生命保険の見直しを検討される方が多いようです。
せっかく見直すなら、いろいろ比べてあなたに最適な生命保険にしませんか?
自動車保険だって見直せば、驚くほど保険料が安くなることも!!
大手保険会社の自動車保険を比べて選べるから、安い自動車保険が一目でわかります!!
無料資料請求はカンタンで、右のWebサイトをクリックするだけ!
◆◆◆ 無料資料請求の手順は簡単です! ◆◆◆
(1)生命保険・自動車保険【無料】一括資料請求をご利用 
(2)簡単なあなた(自動車)の情報を入力
(3)あなたにぴったりの生命保険・お得な自動車保険を見つけられる(資料請求)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆







★★★★★★ 左側マイリンクに沖縄老舗「中村製菓」の菓子博覧会芸術部門名誉総裁賞及び那覇市長奨励賞受賞お菓子の紹介がしてありますので是非ご覧くださいね! ★★★★★★

とにかく「美味しい」のひとこと…。
お菓子の質が良い(^^) お勧めは創業以来から造り続けていると云う「光餅(クンピン)」創業って…60年だっていうから本物の琉球銘!
第二のカンバンお菓子が「首里まんじゅう」月桃の香りがたまらなく沖縄人(ウチなぁ〜ンチユ)の食欲をそそります…。
全国菓子博覧会で名誉総裁賞も受賞してるらしいからコレまたホンモノ!満足度100%!! By:クーパー (*´∀`*)


画像









リヒトラブ 机上台 TEFFA A7332-0 白
LIHIT LAB.

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by リヒトラブ  机上台 TEFFA  A7332-0 白 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル














【送料無料】静音パソコンクーラー ノートパソコンクーラー PCクーラー 冷却 大型ファンでしっかり冷却 USB
TAK!Life Style
商品名 PCクーラー カラー ブラック、ホワイト 適応サイズ ノートパソコン 10?17型 サイズ


楽天市場 by 【送料無料】静音パソコンクーラー ノートパソコンクーラー PCクーラー 冷却 大型ファンでしっかり冷却 USB の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
モーター系損保代理店退職して同社に再雇用で勤務してる知人が退職したら開業する話が開業しないで一年経過して体制整備に直面・再雇用しても開業の話で最近は口先だけと思ってしまい強気の発言でイザその場に立てば人が変わってしまい言い訳に感じる昨今ですが・・・・今後開業する方々は保険業界どんな感じに見ていくのでしょうか??
豪語が凄くてお客さんを引っ張っていく話が開業しないで再雇用・・・なぜ開業できないのか分析してます。パソコン一台あれば出来る仕事法改正が激減する代理店の劇薬なのか・最近考えさせられる出来事です
がくがくダック
2016/06/15 23:17
モーター系損保代理店退職して同社に再雇用で勤務してる知人が退職したら・・・・・今まで散々聞かされてた話は嘘で延長しても社員で勤めていたい代理店の使用人の方が楽でも保有があり自分一人でこなしてるのに開業する話が嘘になるのか
まぁ・・確かに仕事の量は増えるからね
体制整備で量が増えれば時間のロスもあり考えれば使用人で慣れた仕事が良いのでしょうか
体制整備とは代理店に対する影響度どんなものなのか・・・・
がくがくダック
2016/06/17 22:34
がくがくダックさん、こんばんは!
いつもコメントをありがとうございます。
知人の方のお気持ち、何となくわかるようなきがします。
私も昔は自分で代理店を開こうかと考えた時がありましたが、運営のための経費やらなんやらを考えたら色々と大変で、毎年変わってゆく保険の色々なことについてゆくための体制整備等が大変かと考えて思い留まりました。
今後も保険代理店を取り巻く改正保険法の影響などについてブログで紹介をしていきたいと思っていますので宜しくお願い致します。
ラッキーブルーベアー
2016/06/19 22:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
FC2 Blog Ranking 携帯アフィリエイトのアクセストレードモバイル アクセストレードレビュー アクセストレードモバイルの広告主様資料請求はこちら アクセストレード 資料請求はこちら 生命保険のマンガ カービュー自動車保険一括見積     インズウェブの自動車保険一括見積りサービス
保険業法の改正で保険の販売方法が変わる? ラッキーブルーベアーの休憩室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる