ラッキーブルーベアーの休憩室

アクセスカウンタ

zoom RSS 生命保険は、あまりにも「手数料」が高すぎる1万円入金すると3000円も引かれてしまう!

<<   作成日時 : 2016/09/11 19:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 入院に備える「医療保険」において「1万円を入金すると3000円の手数料が引かれるATM機があったら利用したいか?」を考えたとき、保険会社で商品設計などに関わっている複数の保険数理人に確認したところ、「医療保険」の保険料から入院給付金などとして加入者に還元されるおカネの割合は70%くらいと見込まれるようなのですが、「医療保険専用ATM機に1万円入金したら、3000円の手数料が引かれるようなもの?」と想像してみた時のことについて書かれていますので紹介してみたいと思います。


生命保険は、あまりにも「手数料」が高すぎる1万円入金すると3000円も引かれてしまう!
( 東洋経済 ONLINE 2016年09月05日後田 亨 :オフィスバトン「保険相談室」代表 )
1万円入金すると3000円が引かれるATM機
 「1万円を入金すると3000円の手数料が引かれるATM機があったら利用したいか?」最近、こんなことをよく考えます。
主に入院に備える「医療保険」のことです。
 保険会社で商品設計などに関わっている複数の保険数理人に確認したところ、「医療保険」の保険料から、入院給付金などとして加入者に還元されるおカネの割合は、70%くらいと見込まれるそうです。
 そこで「医療保険専用ATM機に1万円入金したら、3000円の手数料が引かれるようなもの?」と想像してみたわけです。
 公益財団法人・生命保険文化センターのホームページでは、「生命保険は、大勢の人が公平に保険料を負担しあい、いざというときに給付を受ける、大勢の人による『助け合い』『相互扶助』の仕組みで成り立っています。」と説明されています(「生命保険ってなあに」のページより)。 

これが一般的な説明だと思います。
 ただし、不十分な説明です。助け合いの仕組みの運営にかかるおカネについて触れられていないからです。
保険会社が使うおカネが多くなるほど、加入者に還元されるおカネは少なくなりますから、その多寡は保険の利用価値を大きく左右するはずです。
 私の試算では、保険料に占める保険会社の運営費の割合が50%を超えると推計される商品もあります。
にもかかわらず、まったく言及されていないのです。
 とても不可解なことです。
しかし、もっと不可解なのは、一般の消費者から「保険会社が使うおカネの割合などが明らかにされないまま、勧誘が行われるのはおかしい」「おカネの流れが不透明なので、契約は控えたい」といった声がほとんど聞かれないことです。

 逆に「保険のことはよくわからないけど入っている」という人とお会いすることは、よくあることです。
「親や知人が『入っておいたほうが良い』と言うから」と加入を希望する人も珍しくありません。
常識で考えると「よくわからないまま契約するのはヘンだ」「親や知人が保険の素人である場合、その人たちの真似はしないほうがいいはずだ」となりそうです。
ところが、このように考える人はとても少ないようなのです。


保険は「ストーリーの力」で売られている
 なぜでしょうか。
保険について「落ち着いて考える」ことが難しいからだと思います。
キーワードは「ストーリーの力」です。私が思いついた言葉ではありません。
長年、保険の商品設計に関わっている人と意見交換をする中、その人が発した言葉です。
 「ほとんどの保険はストーリーの力で売られていると思います」という見解を聞いたとき、急に視界が明るくなった気がしたのです。
 たとえば、医療保険への加入は「入院すると、治療費のほかに食事代、交通費、日用品の購入などの諸々の費用がかかる。
差額ベッド代がかかることもある。
 生活習慣病などで入院が長期化した場合、収入減や貯蓄を取り崩す不安も無視できない」といった理由ですすめられます。
「入院すると……」という想定がポイントです。
 歓迎したくない状況を設定しておカネの問題などを考え始めた時点で、保険会社が提供するストーリーに乗っているのだと思います。
もろもろの不安と向き合うことになり、落ち着かなくなってしまうからです。
ストーリーはわかりやすいものです。


@ 死亡・大病・入院・介護などの不幸な事態が起こる
A 金銭面での不安が増大・現実化する
B 保険での備えが大切


 この流れは、医療保険以外の保険でも変わりません。
「あなたや、あなたの家族に何かあった場合、おカネが足りなくなると困るので、保険に入っておきましょう」という論法です。
テーマは「損失」で、保険は損失を補てんする「救済策」として認知されていますから、話の流れに馴染みます。
 しかし、馴染みが良いだけではないでしょうか。
ほんの少しゆっくり考えると、@〜Bの流れはかなり荒っぽいものであることがわかります。
「保険に入ることが最善の策なのか」「保険に入らない、という選択は考えられないのか」という問いかけがなされていないからです。

 言うまでもなく、保険で用意できるのはおカネです。
おカネ(死亡保険金・入院給付金など)を用意するためには、おカネ(保険料)を払う必要があります。
 そして、不幸が起こった人やその家族に届けられるおカネは、保険料から保険会社の諸経費が引かれた残りのおカネなのです。
 したがって、加入者側からおカネの「全体の流れ」を見ると、保険会社が計算間違いでもしないかぎり、原則的には「諸経費の分は収支がマイナスになる仕組み」を利用することになるわけです。
そうであれば、徹底的に利用するより、限定的に利用するほうが望ましいはずです。


保険は会社にとってもある種の賭けなのか?
「そんなことを言って、明日からでも長期間、入院することになったらどうするのだ?
 何はともあれ保険に入っておいたほうが安心だろう」と考える向きには、視点を保険会社側に移してみることをおすすめします。
 実際、私は、保険会社のリスク管理に関わっている人に「今日、保険に入った人が、明日亡くなることもあるかもしれない、加入後まもなく寝たきりになる人だっているかもしれない。
 そんなことを想像すると、保険は会社にとってもある種の賭けですね」と尋ねたことがあります。
返ってきたのは「『大数(たいすう)の法則』という便利なものがあります」という一言でした。
仮にサイコロを数回振って、1の目ばかり出た場合「これは特別なサイコロなのではないか」と感じられるかもしれないが、回数を増やしていくと1が出るのは6回に1回程度になる。
 保険も同じで、加入者がたくさん集まるとインパクトが大きな事例も確率に収束される、ということなのです。
この回答にはストーリーの影がまったくありません。あるのは確率論に裏打ちされたおカネの収支見込でしょう。
そもそも保険料は、あらかじめ入院給付金などを支払う確率を高めに見込んで設定してあります。さらに本稿の最初のほうで触れたように、保険会社の運営費に要する諸経費も見込みで含まれています。

 結果、医療保険の場合、加入者に給付金として還元されるおカネの割合が70%程度と見られるのです。
私は何度でも「1万円入金すると3000円が引かれるATM機」のことを想像してみたいと思います。
入院などでおカネの不安があるときに役に立つ、といったストーリーから離れてみると「ずいぶん大胆な課金システム」に見えてくるからです。
 おカネの心配をしたくない人が、自己資金の3割が減る仕組みを安心のために利用することが不思議に感じられます。
「そういう問題ではない。
突然、長期間入院することになった人にとっては、確率100%の事実だ」と言う人もいます。
そのとおりだと思います。
さまざまな事実や体験を否定するつもりはありません。
 ただ、切実な体験談などに接すると心が揺れます。だからこそ、一歩引いたところから「どのような仕組みなのか」とおカネの流れを知っておく必要を感じます。
少なくとも私は、心が揺れている状態で、おカネの問題について正しく判断する自信がないからです。
巷間、不幸のストーリーが絡む情報は、保険会社や代理店などがたくさん発信しています。
 しかし、私は主に確率や保険会社の運営に使われる諸経費の面からの情報を発信しています。
「落ち着いて保険のことを考える人が増えると、商品やサービスが向上する」と信じるからです。


後田 亨Tooru Ushiroda
オフィスバトン「保険相談室」代表オフィスバトン「保険相談室」代表。
1959年、長崎県出身。長崎大学経済学部卒。
1995年、アパレルメーカーから日本生命へ転職。
2005年、(株)メディカル保険サービス役員。
2007年11月発売の「生命保険の『罠』」(講談社)がベストセラーに。
2014年11月、オフィスバトン「保険相談室」代表。
(売手の都合から離れた情報発信を継続中)


画像

FC2 Blog Ranking
画像


拍手する


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
現在、景気の低迷もあってか生命保険の見直しを検討される方が多いようです。
せっかく見直すなら、いろいろ比べてあなたに最適な生命保険にしませんか?
自動車保険だって見直せば、驚くほど保険料が安くなることも!!
大手保険会社の自動車保険を比べて選べるから、安い自動車保険が一目でわかります!!
無料資料請求はカンタンで、右のWebサイトをクリックするだけ!
◆◆◆ 無料資料請求の手順は簡単です! ◆◆◆
(1)生命保険・自動車保険【無料】一括資料請求をご利用 
(2)簡単なあなた(自動車)の情報を入力
(3)あなたにぴったりの生命保険・お得な自動車保険を見つけられる(資料請求)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆







★★★★★★ 左側マイリンクに沖縄老舗「中村製菓」の菓子博覧会芸術部門名誉総裁賞及び那覇市長奨励賞受賞お菓子の紹介がしてありますので是非ご覧くださいね! ★★★★★★

とにかく「美味しい」のひとこと…。
お菓子の質が良い(^^) お勧めは創業以来から造り続けていると云う「光餅(クンピン)」創業って…60年だっていうから本物の琉球銘!
第二のカンバンお菓子が「首里まんじゅう」月桃の香りがたまらなく沖縄人(ウチなぁ〜ンチユ)の食欲をそそります…。
全国菓子博覧会で名誉総裁賞も受賞してるらしいからコレまたホンモノ!満足度100%!! By:クーパー (*´∀`*)


画像









イセトー 折りたためる ソフト湯おけ ホワイト I-522
ISETO (伊勢藤)
2013-10-01

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by イセトー 折りたためる ソフト湯おけ ホワイト I-522 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル














テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FC2 Blog Ranking 携帯アフィリエイトのアクセストレードモバイル アクセストレードレビュー アクセストレードモバイルの広告主様資料請求はこちら アクセストレード 資料請求はこちら 生命保険のマンガ カービュー自動車保険一括見積     インズウェブの自動車保険一括見積りサービス
生命保険は、あまりにも「手数料」が高すぎる1万円入金すると3000円も引かれてしまう! ラッキーブルーベアーの休憩室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる