ラッキーブルーベアーの休憩室

アクセスカウンタ

zoom RSS 総合保険代理店の年収相場と総合保険代理店の将来性

<<   作成日時 : 2017/03/26 14:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 総合保険代理店転職ナビでは、総合保険代理店の年収相場を検証する前に各社が中途採用に際してどのような給与体系での雇用契約を提示するのかを基礎知識として知っておく必要があるということで、一般的に法人企業に正社員として中途採用されるに際しては基本給プラス賞与が提示されるのが一般的であり、こうした固定給制を採用している総合保険代理店も少なくなく、具体的な金額に関しては各社の規模や実績によって幅が見られが、世間一般的な平均年収は期待出来るとしていますのでご紹介をしてみたいと思います。


総合保険代理店の年収相場
( 2015-2017 総合保険代理店転職ナビ【※求人数が増えている業界を分析!】 )
雇用契約形態によって異なる給与体系
 総合保険代理店の年収相場を検証する前に、各社が中途採用に際して、どのような給与体系での雇用契約を提示するのか、この点を基礎知識として知っておく必要があります。
 一般的に法人企業に正社員として中途採用されるに際しては、基本給プラス賞与が提示されるのが一般的であり、こうした固定給制を採用している総合保険代理店も少なくありません。

 具体的な金額に関しては、各社の規模や実績によって幅が見られますが、世間一般的な平均年収は期待出来ます。

 これとは別に総合保険代理店では、主に旧来の訪問型セールスで営業展開する保険募集人に対し、一部歩合制あるいはフルコミッション制で自社在籍募集人契約を交わす事もあります。
保険の新規契約募集に際しては、募集人は個人で保険代理店を開設登録して看板を掲げるか、既存の保険代理店に在籍していなければなりません。
総合保険代理店側は自社在籍の保険募集人としての活動を認可する代わりに、募集人が元来得られる手数料の何割かを徴収する「フルコミッション在籍契約」も合法的なスタイルです。
また「最低限の基本給プラス歩合給」の雇用契約を交わしている保険募集人も、外交営業の舞台を中心に大勢活躍しています。


固定給雇用のメリットと今後
 全国展開を続ける一定規模以上の総合保険代理店や、店頭接客をメインの営業形態とする総合保険代理店の場合、新卒者は基本固定給契約、中途採用も大半が同様です。
 また総合保険代理店の中途採用は、特に大卒限定など学歴重視の傾向は小さく、高卒や高校中退者が第一線の募集人として数多く活躍しているのも特徴です。
他のさまざまなジャンルの商品同様、保険商品も「より小さな保険料負担」を魅力と謳う傾向が顕著ですが、これは各代理店の収入減少に直結します。
 保険契約締結に対し、保険会社から支払われる代理店手数料が各社の貴重な収入源であり、保険商品各々の単価が下がれば、より数多くの契約締結が必要となります。


 相場的には決して高額とは言えない総合保険代理店の年収相場ですが、市場全体の現状から今後の展開を推察する限り、固定給での雇用契約は堅実な選択肢だと言えます。
 とりわけ店頭接客を通じての成果は、その店舗のチームワークでの成果と評価する代理店も多く、一昔前とは違い、各募集人が取得成績を争う風潮は薄まっています。

コミッション契約の醍醐味とリスク
 フルコミッションあるいは「基本給プラス歩合」での総合保険代理店との在籍契約の1番のメリットは、何と言っても「高額手数料を得られる可能性」に他なりません。
 法人単位の節税対策目的の生命保険契約や、大規模な工事に関連する各種損害保険契約の成約が実現すれば、1契約で固定給社員の比では無い金額を得る事も夢ではありません。
 自らの営業力に自信を持つ保険募集人や、組織に在籍せずに一攫千金を狙いたい野望を持つ上昇志向が強い人の場合、敢えてこちらの在籍契約を選択されています。

 但しハイリスク・ハイリターンであり、結果が出せなければ、最悪「今月は収入ゼロ」という展開も十分想定されます。
 コンスタントに小口の契約を積み重ね、最低限の自分の生活基盤をキープしつつ、ここ1番の勝負に挑む自己管理力を持たない方には、リスクの方が大きな契約スタイルです。
 総合保険代理店の社員という「従事」というスタイルでは無く、企業側とドライなギブ・アンド・テイクに信頼関係の上で在籍するスタンスです。


総合保険代理店の将来性 
社会の価値感の推移がポイント
 私達が今日当然の如く付保している数々の保険契約に関し、その捉え方は加入者各自によって、また契約内容によって大きく異なっています。
 一昔前であれば「保険は有事のお守り」的な概念も見られましたが、対人対物賠償に対する意識の向上など、世の中の価値感の変化に伴い、保険に対する注目度は一気に高まりを見せています。
 当たり前の担当者に言われるがまま、ただ更新を重ねるだけの保険契約というスタイルは、既に過去の話であり、だからこその総合保険代理店の躍進に繋がっています。

 契約者側に正しい保険知識を伝え、より的確かつ負担が少ない保険契約を提案する、いわゆるコンサルティングスタイルの保険営業は、今後も個人契約を中心に主軸となる事、間違いありません。 各総合保険代理店は、自社でよりバリエーションに富んだ保険商品の取り扱いを実現すべく、各保険会社との折衝に力を注がねばなりません。
 対顧客、対保険会社双方に活躍する人材の確保が不可欠であり、業界全体を通じ、今後も積極的な人材募集の実施が期待され、同業界への転職希望者にとって好ましい傾向だと言えます。


 更に自社の事業展開拡張に伴い、保険業以外の新規分野への参入の動きを見せる代理店も、今後増加傾向が予測されています。
 柔軟かつアグレッシブな営業展開で、既存の概念では想定出来なかった企業として成長して行く上では、やはり優秀な人材が不可欠です。
 保険という今日の社会では不可欠な商品を自社収入源の幹として、関連分野あるいは異業種に更なるシェアを求める企業が、より門戸を広げた中途採用に積極的です。


他業種と共通する利益確保がポイント
 書店や電気店などに代表される顕著な傾向として、旧来の小規模店舗が次々と姿を消し、大規模店舗として再編成化が進んでいる現状が挙げられます。
 保険業界にもこの傾向は共通しており、例えば自宅に看板を掲げ、保険会社1社だけの保険商品のみを扱う旧来の小規模代理店の淘汰が進んでいます。
 一定規模以上の総合保険代理店は、こうした代理店が吸収に値するか否かを冷静に見極め、更に自社の営業基盤の拡張に余念がありません。
 こうした業界内の動きが結果、1個人で代理店を営んでいた人物が、総合保険代理店に中途採用される流れを生んでいます。


 より安価な保険料は契約者にとって魅力大な情報ですが、代理店側の減収と背中合わせでもあります。 
 保険代理店は営利目的の法人組織であり、正当な手法で保険料の増収を目指すのが元来の経営指針であり、各社はこの矛盾と対峙しつつ、自社の経営方針を模索しています。
 「安さ」をより全面に謳いつつ自社を維持するには、規模を大きくするのが数字的に1番確実な方法であり、先述の総合保険代理店の大型化に繋がっています。
こうした保険代理店の再編は今後も継続し、それに伴う中途採用募集も積極的な展開が期待されます。


エンドユーザーの知識向上への対応が不可欠
 インターネットの普及定や総合保険代理店が積極的に保険商品を説明する姿勢を強化した結果、エンドユーザーの保険に対する知識は飛躍的に向上しています。
 個人契約の来店型接客に際して、あるいは大口の法人契約取得の営業展開双方に対し、より一層広く深い専門知識が求められる市場への変化が顕著です。
 躍進を見せる総合保険代理店では、社員のスキルアップを目的とする勉強会やセミナーの開催にも余念が無く、こうした努力を怠る姿勢の人材は、次第に居場所を失う事となってしまいます。

 刻一刻と変化を見せる保険業界に喰らい突いて行く、積極的な学習姿勢を有する人材が成功する、非常にフェアで挑み甲斐十分な職域です。 

総合保険代理店の離職率
離職の時期に見られる特徴
 総合保険代理店の離職率に関しては、離職の時期に顕著な特徴が見られ、先ず第1に、新卒入社から1年以内の離職者の比率が、他業種と比較して幾分高目です。
 これは断じて職場環境が辛い等の理由からでは無く、新卒入社者の就職活動に際しての姿勢が影響しています。
 大学に於ける就活では、1日でも早く内定を得る事が勝利者的な価値観の存在が否めません。
内定を得る事をゴールに据えてしまったまま実社会に臨み、結果勤務を継続する意思を見失ってしまう、そんな若者が保険代理店業界にも毎年足を踏み入れている為です。
 更に「経済学を学んだ以上は金融関係に進まねばならない」といった、ある意味視野の狭い職種選択の結果、自身の元来の適正と不合致である事が入社後露呈してしまうケースも見られます。

 次に入社時点から中長期的な在籍では無く、総合保険代理店での経験をステップに、自身のライフプランに沿った転身を図る人材の離職も見られます。
 離職後の進路に関しては十人十色ですが、保険会社や他の代理店からのヘッドハンティングが水面下で盛んに実践される業界です。
 総合保険代理店の在職期間を通じ、保険業界内に新天地を求める人もいれば、他業種へ転身、あるいは経験と資格を武器に個人事務所を開設するなど、転身の選択肢は少なくありません。


配属先や職責を理由に離職するケース
 総合保険代理店は法人組織すなわち会社であり、従事する全ての人材が保険募集人として、保険商品の販売や営業に携わる訳ではありません。
 とりわけ新卒者の採用後の配属に際しては、一定規模以上の代理店であれば、地元を離れ全国各支店を転々とする、あるいは総務、人事、経理部門などへの配属の可能性も十分です。
 保険のプロフェッショナルとして将来独立あるいは金融業界でスキルアップを目標にしていた若き人材が、意に沿わぬ職責を任命された場合、自身のライフプランの根本的見直しが必要となります。
あるいは慣れぬ土地と肌が合わないなど、地方配属に因るメンタル面の不安定もまた、結果早期離職に繋がる確率をアップさせています。

 いずれも就職をどう理解しているのか、当事者の解釈と企業側の物差しとのズレがポイントですが、総合保険代理店に於いて、新卒採用者の早期離職傾向が見られる要因です。
 対して中途採用者はそれまでの実社会経験を通じ、企業に属する事を社会人の尺度で理解していますので、固定給雇用を選択締結した人材は比較的中長期的従事が中心です。


中小規模の代理店の統合廃業に際しての離職
 いわゆるメガストア化の波は、総合保険代理店業界にも共通する顕著な傾向です。
中小規模の代理店は自社維持手段として、同程度規模の他社との統合合併や大規模組織との吸収合併に活路を見出すパターンも少なくありません。
 ここで力関係が弱い側の人達が結果、新たに再構築された職域内での居場所に窮し、残念な事ですが離職を選択され、一定年齢以上の方々の中には再就職に苦労されているのも現実です。

 保険業界に限らず、実社会の企業間の鬩ぎ合い上避けられぬ事例ですが、新天地で旧来のポストや肩書が与えられぬ、いわば自身のプライドが満たされぬ事を理由の離職も見られます。
 当事者の選択の是非を外部が問う事は出来ませんが、自らの名刺あるいは社内に於ける役職の降格が我慢出来ない、一定年齢以上の人が衝動的に離職を選択するパターンです。
保険業界で食べて行く強い意志があれば、自らの中で処理して回避出来る離職の理由です。


画像

FC2 Blog Ranking
画像


拍手する








★★★★★★ 左側マイリンクに沖縄老舗「中村製菓」の菓子博覧会芸術部門名誉総裁賞及び那覇市長奨励賞受賞お菓子の紹介がしてありますので是非ご覧くださいね! ★★★★★★

とにかく「美味しい」のひとこと…。
お菓子の質が良い(^^) お勧めは創業以来から造り続けていると云う「光餅(クンピン)」創業って…60年だっていうから本物の琉球銘!
第二のカンバンお菓子が「首里まんじゅう」月桃の香りがたまらなく沖縄人(ウチなぁ〜ンチユ)の食欲をそそります…。
全国菓子博覧会で名誉総裁賞も受賞してるらしいからコレまたホンモノ!満足度100%!! By:クーパー (*´∀`*)


画像














輪ゴム オーバンド たばねバンド NEW タブ付き 5本/袋【ネコポス対応】【ご使用方法動画あり】NHK おはよう日本「まちかど情報室」で紹介!フックが付いた輪ゴム
株式会社共和ネットショップ
商品説明 サイズ 番手:#18×3   内径:44.5mm    折径:70mm   切幅:3mm 


楽天市場 by 輪ゴム オーバンド たばねバンド NEW タブ付き 5本/袋【ネコポス対応】【ご使用方法動画あり】NHK おはよう日本「まちかど情報室」で紹介!フックが付いた輪ゴム の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
がくがくダックが代理店復帰したとして・・・来店型で乗合ですかね・・・使用人で勤め人だと会社の中がどんな感じなんか疑問ですね。地方の大手代理店に経験者の知人が勤務・・入社して間もなくでした昔の営業スタイルが、しみついた感じでやめた話あり・・・個人での新規は難しいでしょうね
がくがくダック
2017/03/27 10:53
がくがくダックさんこんにちは。
何時もコメントをありがとうございます。
来店型保険ショップの市場については、現段階においてはまだ小規模ではあるものの、今後も成長が見込まれる市場であるといわれています・
これまでも来店型保険ショップ市場への参入企業は乗合代理店を本業とする企業のほか、生命保険会社やクレジットカード会社、銀行、証券会社、流通小売業などの子会社や一事業領域として異業種からの参入があったそうです。
改正保険業法の施行後は保険会社や地方銀行グループ、準大手証券会社グループによる有力地方来店型保険ショップの買収が相次いでいるため、これからの保険代理店の経営や開業は大変厳しいだろうと感じています。
ラッキーブルーベアー
2017/04/09 16:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
FC2 Blog Ranking 携帯アフィリエイトのアクセストレードモバイル アクセストレードレビュー アクセストレードモバイルの広告主様資料請求はこちら アクセストレード 資料請求はこちら 生命保険のマンガ カービュー自動車保険一括見積     インズウェブの自動車保険一括見積りサービス
総合保険代理店の年収相場と総合保険代理店の将来性 ラッキーブルーベアーの休憩室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる