アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「来店型ショップ」のブログ記事

みんなの「来店型ショップ」ブログ

タイトル 日 時
来店型の営業で絶対にやってはいけないこと!
来店型の営業で絶対にやってはいけないこと!  営業力に左右されるところが大きいのが住宅や保険、自動車などの販売であることから、今回、質問型営業の開発者で業種業界を問わず、多くのトップセールスを育ててきた青木毅氏を迎えて自動車業界に特化した営業方法をお伝えるとともに来店型(店舗型)の販売をしている人達にも参考となる営業マンがいきなり売っていはいけないこと等について書かれた記事がありましたのでご紹介をしてみたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/23 22:01
来店型保険ショップは右肩上がりで市場規模は17年度に2000億円超え
来店型保険ショップは右肩上がりで市場規模は17年度に2000億円超え  市場調査の矢野経済研究所が複数の保険商品を比較したり、相談したりできる「来店型保険ショップ」の市場規模と新規契約件数について発表をしたのですが、右肩上がりで増えていることがわかったようです。  2015年度の市場規模(新契約換算保険料ベース)は1692億円だったのですが、2016年度は前年度から11.2%増の1882億円を見込んでおり、2017年度には2064億円と2000億円規模を超える勢いにあるそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2017/04/16 21:16
来店型保険ショップ市場規模は16年度が1882億円、17年度は2064億円に
来店型保険ショップ市場規模は16年度が1882億円、17年度は2064億円に  経済新聞社より矢野経済研究所が調査した2016年度の来店型保険ショップの市場規模が新契約年換算保険料ベースで1,882億円の見込みであったことと、2017年度には2,064億円と2,000 億円超の規模に達すると予測していることが配信されました。  また、配信された記事によると来店型保険ショップの新規契約件数は 2016年度で184万件の見込みであり、2017年度には203万件まで拡大すると予測しているそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/09 16:53
保険ショップは少子高齢化やマイナス金利など経営環境厳しく異業種襲来で転機
保険ショップは少子高齢化やマイナス金利など経営環境厳しく異業種襲来で転機  複数の保険会社の商品を比較・検討しながら販売できる利点を強調してきた乗り合い代理店(保険ショップ)に転機が訪れており、2016年5月に施行され規制が強化された改正保険業法により大手生命保険会社と提携することで新たに保険販売に乗り出してきた異業種の脅威にさらされているためなのです。  また、少子高齢化に伴う若年人口の減少や日銀によるマイナス金利政策の影響など厳しい経営環境が続く中で、顧客獲得競争も一層激化しているのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/26 14:35
異業種参入や規制強化で保険ショップが「戦国時代」に突入
異業種参入や規制強化で保険ショップが「戦国時代」に突入  少子高齢化に伴う若年人口の減少や日銀によるマイナス金利政策の影響など厳しい経営環境が続く中で顧客獲得競争は一層激化しそうなのですが、2016年5月に改正保険業法が施行され規制が強化されたほか、大手生命保険会社と提携して新たに保険販売に乗り出した異業種の脅威にもさらされているため、複数の保険会社の商品を比較・検討しながら販売できる利点を強調してきた乗り合い代理店(保険ショップ)に転機が訪れていることが報道機関より配信されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/19 21:27
保険ショップ「販売手数料100%」の怪
保険ショップ「販売手数料100%」の怪  色々な保険会社の商品を取り扱う保険ショップが、商品を売るごとに生命保険会社から受け取る販売手数料が高騰しており、契約者が年間支払う保険料の合計額に対する手数料の比率は60〜90%はざらなのですが、なかには100%に達する実例も見つかったそうです。  そこで、一概に比べられないのですが投資信託の場合は2%程度、自動車保険や火災保険でも15〜20%なのと比べると破格の高さの中で何でこんなことが起きているのかについて報道機関より配信されていましたのでご紹介してみたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/19 17:41
保険ショップの戦国時代 異業種が相次ぎ参入
保険ショップの戦国時代 異業種が相次ぎ参入  現在、保険業界では様々な保険会社の商品を販売する保険ショップの他に、携帯電話業者や家具販売店、結婚情報誌の関連企業など多種多様な業種のように金融以外の異業種が相次いで参入しているのですが、参入の理由を探ってみるとそれぞれ納得のいく事情が透けて見えてくる理由が報道機関より配信されていましたのでご紹介してみたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/16 19:48
あなたが「保険の無料相談所」で失敗する理由
あなたが「保険の無料相談所」で失敗する理由  最近ではいろいろなところにおいて展開されている「保険の無料相談所」について、保険に加入する際の注意点についてとりあげた記事が掲載されている。  この掲載記事では無料で相談に乗ってもらい、勧められるままに保険に加入させられていないかが心配され、騙されないための自衛策についてポイントを解説している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/02 19:29
保険ショップ「販売手数料100%」の怪
保険ショップ「販売手数料100%」の怪  いろんな保険会社の商品を取り扱う保険ショップでは、商品を売るごとに生命保険会社から受け取る販売手数料が高騰しており、契約者が年間支払う保険料の合計額に対する手数料比率は60〜90%はざらであり、なかには100%に達する実例も見つかったことが報道機関より配信されました。  手数料比率については一概に比べられないのですが、投資信託の場合で2%程度、自動車保険や火災保険でも15〜20%なのと比べると破格の高さであり、何でこんなことが起きているのか不明のようなのですが、ある保険会社が保険ショップに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/19 13:40
異業種から参入続々の保険ショップは蜜の味?
異業種から参入続々の保険ショップは蜜の味?  金融の自由化により保険業界においても、様々な保険会社の商品を取り扱う保険ショップに異業種からの参入が相次いでおり、NTTドコモも首都圏のドコモショップでの保険販売を開始し、早くも国内で最大規模の販売代理店をめざすと鼻息を荒くしている記事が日本経済新聞に掲載されていました。  そして、同じ異業種からの新規参入組のニトリホールディングス(HD)や結婚情報誌「ゼクシィ」の運営会社なども取扱店を増やすとされおり、家電量販店やドラッグストアも関心を示しており、業界の垣根を越えた競争が激しくなりそうなこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/04 20:26
保険の無料相談所で“いいカモ”典型例は学資保険でのその巧みな手口とは?
保険の無料相談所で“いいカモ”典型例は学資保険でのその巧みな手口とは?  世にまかり通る保険の常識の数々なのですが、それを信じると思わぬ落とし穴に入り込むことになるため「非常識」なことを保険のプロたちがつまびらかにする記事がSankei Bizから掲載されていましたので皆様にご紹介をしてみたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/16 15:15
保険の無料相談所で“いいカモ”になるケース
保険の無料相談所で“いいカモ”になるケース  今までブログ内で保険ショップの色々な問題点について紹介をしてきましたが、今回は無料相談による世にまかり通る保険の常識の数々や無料相談による思わぬ落とし穴について保険のプロたちがPRESIDENT誌の信じてはいけない「保険の常識」に掲載されていた『保険の無料相談所で“いいカモ”になるケース』の記事について紹介をしてみたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/07 16:03
保険ショップに広がる「重大な問題点」は顧客にとって不適切な生保商品提案も
保険ショップに広がる「重大な問題点」は顧客にとって不適切な生保商品提案も  有料相談専門のファイナンシャルプランナーとして毎日のように相談を受けているが、もっとも多い相談内容のひとつに、「生命保険を見直そうと保険ショップに相談したが、そこで受けた提案がよいのかどうかアドバイスがほしい」という、セカンドオピニオンの依頼がある。  保険ショップとは、保険の設計や販売を行う保険代理店の一種で、ショッピングセンター内や駅前などに店舗を構え、ファイナンシャルプランナーなどの資格を持ったスタッフが無料で相談に応じるのが一般的である。 大手の保険ショップはテレビCMも積極的に行... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/07/31 16:19
子どもが誕生・入学・卒業、就職の時には保険をどうするか?
子どもが誕生・入学・卒業、就職の時には保険をどうするか?  結婚して子どもが生まれると子供の成長にかかる費用が心配となり保険の加入を検討すると思います。 しかし、現在日銀のゼロ金利政策により生保・損保共に学資保険や終身保険などの配当が必要となる運用商品の販売を停止しています。  プレジデント誌ではこの様な場合の3つの保障について保険をどうしたらいいのかについての記事を掲載していましたのでご紹介をしてみたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/31 16:03
保険ショップで大損する人が続出 「覆面調査」でわかった悪質な手口にご用心 この「営業トーク」に気を
保険ショップで大損する人が続出 「覆面調査」でわかった悪質な手口にご用心 この「営業トーク」に気を  将来のことがなんとなく心配になり訪れた保険ショップで「老後の資金はどうするの?」と不安を煽られ、「入るとおカネが増える」と誘われ、結果的に提案されたのはまったく不要な保険だったという保険契約者の相談からわかってきた保険ショップの悪質な「営業トーク」について掲載されていた現代ビジネスの記事について紹介をしてっみたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/24 17:13
賢者の知恵「損する保険」の詳細記事について
賢者の知恵「損する保険」の詳細記事について  週刊現代に気をつけろ!「保険ショップ」にダマされる中高年が急増中という記事が掲載されました。 雑誌の表題に書かれているのが「ダマされる中高年が急増」というなかなかショッキングな見出しだったので大変ビックリしましたが、記事の中には金融庁長官の写真が掲載されており、「金融庁長官は指導しないのか」とのコメントも掲載されていました。  また、記事の中では保険に関わる5人の人物の「証言」内容や保険ショップ名が具体的に書かれており、記事の中で挙げられている保険ショップ名には「ライフサロン」(日本生命傘... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/26 17:45
市場拡大し若い世代も手軽に選べる「保険ショップ」に 
市場拡大し若い世代も手軽に選べる「保険ショップ」に   複数の保険会社の商品を扱う「保険ショップ」と呼ばれる乗り合い代理店の存在感が増しており、ショッピングセンターや駅前などへの出店が相次ぎ、全国で2千店を超えたといわれています。  今回の施行された改正保険業法にて複数の保険会社の商品を扱う「乗り合い代理店」に対し、顧客目線を徹底する狙いから特定の商品を薦める理由の説明などを義務付け、必要のない保険に入ってしまわないように加入側の意向把握を求める規制が導入されました。  この様な規制の中でも「保険ショップ」では商品を比べて選びたい顧客が増えてお... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/19 15:16
来店型保険ショップの無料相談の裏に商談あり!
来店型保険ショップの無料相談の裏に商談あり!  日本経済新聞のマネー研究所という保険に関する記事が掲載されている欄に、保険コンサルタント 後田亨氏が来店型の保険ショップの窓口に保険相談に行かれた人達から「アドバイスを受けるつもりで行ってみたら、結局、セールスでした」「想像以上に高額なプランを提示されて困惑しています」という戸惑いの声を聞く機会が増えてきたとの掲載記事があった。  実際のところ、大都市の一等地やショッピングモール等への出店が目立つショップの売りは「中立的なアドバイス」や「各社の保険商品の中から、比較検討してお客様に最適な保険... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/12 21:45
保険業法の改正で保険の販売方法が変わる?
保険業法の改正で保険の販売方法が変わる?  保険見直し本舗がケ際している連載『保険なう』において、読者への保険知識の提供として保険の世界における旬のトピックスをとりあげているのですが、保険契約を考える皆さんは保険加入を検討する際に、まずはどのような行動をとるのでしょうか?  殆どの方はネットで調べたり、知り合いや家族に保険会社の人がいればその人達に相談したり、または紹介してもらったりと様々だと思うのですが、そのうちの選択肢の一つとして無料で保険相談ができる「乗合代理店」を利用するという方法も近年増加傾向にあるそうです。 この乗合代理... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/06/12 20:42
15年度の来店型保険ショップの市場規模は1,732億円の見込み
15年度の来店型保険ショップの市場規模は1,732億円の見込み  矢野経済研究所では国内における来店型保険ショップ市場の調査を実施したのですが、調査期間は2015年12月〜2016年2月、調査対象は来店型保険ショップ経営の乗合代理店、生命保険会社等についての調査方法を同社専門研究員による直接面談や電話・e-mail 等によるヒアリングを併用して行われました。  それによる、2015年度の来店型保険ショップの市場規模は新契約年換算保険料ベースで1,732億円の見込みで、2016年度には1,991億円と2,000億円規模に達すると予測し、来店型保険ショップの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/21 16:38
ライフサロンが保険300店舗体制へ早期全国展開
ライフサロンが保険300店舗体制へ早期全国展開  5月に日本生命保険の子会社となった大寄昭生ライフサロン社長は、買収を受け入れた狙いについて「自ら商品を選びたいという意識の高まりから、保険ショップの市場は伸びている。情報感度の高い若年層に加え、シニア層も増えてきた。とはいえ、まだ身近に感じてもらえていない。事業拡大を目指すうえで、限界を感じたのも事実だ。今後は、しっかりした企業と組む必要があると感じていた」ことから日本生命の買収に応じたことをSankeiBizのインタビューにおいてコメントしたことが掲載されていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/13 18:34
日本生命が乗り合い代理店を4億円で買収!
日本生命が乗り合い代理店を4億円で買収!  日本生命保険が親会社である「ほけんの窓口グループ」から68.6%の株式を約4億円で取得し、中堅乗り合い保険代理店である「ライフプラザパートナーズ」を買収したとの発表がありました。  配信された記事によると日本生命では複数の保険会社の商品を比べて選びたいという顧客ニーズに応えて収益拡大を目指すためには、年間売上高が約110億円あるライフプラザが全国に35カ所の営業拠点において訪問相談に強く生保を中心に計50社の商品を取り扱っていることから今回の買収となったようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/29 16:19
2015以降の展望「保険代理店の今後は?」
2015以降の展望「保険代理店の今後は?」  一昔前までは保険代理店という業種が全国各地に存在し、生命保険や損害保険を一緒に扱い、手広く保険契約や契約の保守を行っていましたが、ここ数年の間にショッピングモールには来店型保険ショップという名の保険代理店が次々と増え、ネット界には保険相談の案内が溢れて、サイトを介してFPという肩書きをもった保険外交員への相談をする人達が増えるようになってきました。  しかし、平成26年(2014年)1月に金融庁が保険代理店の規制強化という新たな方向性が発表されて保険代理店の運営が厳しくなってきたのです。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/22 23:32
保険ショップ選びは継続率がカギ
保険ショップ選びは継続率がカギ  一昔前の生命保険営業は職場に保険会社の外務員が来て、その外務員に勧められる保険に加入するというのが一般的でしたが、企業の個人情報管理が厳しくなるに連れてそのような光景を見る機会は大幅に減ることになりました。  そして、1990年代の金融自由化以降保険営業方法に変化が起こり、新しい保険加入の経路の誕生として駅前やショッピングセンターなどで「保険ショップ」をよく見かけるようになったのです。  保険ショップといってもその運営方法は様々でありひとくくりにすることはできないのですが、全てに共通してい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/08 17:29
若い世代獲得を視野に存在感ある保険ショップに大手生保参入
若い世代獲得を視野に存在感ある保険ショップに大手生保参入  複数の会社の保険商品を扱う「保険ショップ」が好調なため、これまで消極的だった大手生保が営業職員による従来型の販売方法だけでは若い世代のニーズに応えられなくなっていると判断し、保険ショップでの販売に力を入れ始めていることが配信されていました。  保険ショップの認知度は年々高まっており、中小も含めると全国で2000店以上に拡大しているとみられ、客層は20〜40代が中心となっており結婚や出産を機に勤務先で加入した団体保険を見直したいファミリー層や保険未加入の単身者らが相談に訪れ、価... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/23 10:38
第一生命系が第1弾として保険ショップに専用の割安保険
第一生命系が第1弾として保険ショップに専用の割安保険  第一生命保険子会社のネオファースト生命保険が、保険ショップなどで販売する専用商品の第1弾としてたばこを吸っていないことを条件に保険料を割り引く保険商品を8月中旬から銀行窓口も含めて全国の1千店舗以上で取り扱い販売を行うのですが、保険料は業界で最も安い水準としており早期の10万件獲得をめざすとの配信がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/12 17:01
保険はどこで入るのが正解?銀行、保険ショップ、ネット
保険はどこで入るのが正解?銀行、保険ショップ、ネット  保険に入ろうと思うけどどこで保険に入ればよいのかわからないという話がよく耳にするのですが、保険種類によってインターネットや保険ショップ、銀行をどのように使い分けるとよいかについてネットの達人に掲載されていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/28 13:59
保険ショップに来る「保険を見直すべき人」4つのパターン
保険ショップに来る「保険を見直すべき人」4つのパターン  若い頃に勧められるままに契約し、その後はなんとなく更新し続けているという人が少なくないのが生命保険なのですが、最近ではそんな保険の見直しについてのニーズが高まっており、それに伴って市場にはさまざまな「保険ショップ」が急増しています。  そして、そうした保険ショップにはどのような保険見直しの人が来るのだろうか?という記事の掲載がありましたのでご紹介したいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/28 11:17
生保が相次ぎ新販路のため保険ショップや銀行の窓口買収正式発表
生保が相次ぎ新販路のため保険ショップや銀行の窓口買収正式発表  日本生命保険は25日、保険ショップ「ライフサロン」(東京都千代田区)を買収すると正式発表し、22日にライフサロンの10億円の第三者割当増資を引き受け子会社化し、日本生命の出資比率は95.24%となるのですが、日本生命の保険商品を優先的に取り扱うことはできないものの、国内保険市場で保険ショップ経由の販売が増えていることを踏まえて買収に乗り出したそうです。  これにより店舗は今後10年で現状の50店舗から300店舗まで増やす計画とのことです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/05/31 21:08
ほけんの窓口が伊藤忠の出資仰いだ舞台裏
ほけんの窓口が伊藤忠の出資仰いだ舞台裏  伊藤忠はもともと保険分野に熱心な商社なのですが、伊藤忠商事の“冒険”が生命保険業界で波紋を呼んでおり、来店型保険ショップ最大手「ほけんの窓口グループ」全株式のうち24.2%を取得し、同社の筆頭株主に躍り出るというものなのですが、投資額は非公表だが20億〜30億円程度となるもようでこの結果、ほけんの窓口は伊藤忠の持分法適用会社となり、総合商社に限らず金融機関などが本体を含むグループ企業向けに保険代理店(機関代理店)を傘下に持つのは業界の慣習の一つであり、一般個人向けの保険小売り(保険リテール)ビ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/07/13 20:09
厳しさ増す生保業界の最大の課題は生保レディー改革?旧来慣習横行する営業現場の実態
厳しさ増す生保業界の最大の課題は生保レディー改革?旧来慣習横行する営業現場の実態  少子高齢化の進行で国内市場の変化が見込まれる生命保険市場ではバブル崩壊や金融の自由化以降、一部の中堅下位生保は外資にのみ込まれるなど再編が起きたのですが未だに43社が乱立し、価格競争などの地殻変動が起きており営業現場からは危機感がない現状が透けて見えているようです。  こんな中で、「この業界は20年前と何も変わっていませんよ」と外資系生保の関係者は囁き、生保の販売は街中の保険ショップや銀行など金融機関の窓口、インターネットなど多様化しているものの依然として主力は生保レディーであり、最大手の日... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/13 19:56
ネット生保に進む価格破壊で8社が熾烈な競争 ビジネスモデルに限界も
ネット生保に進む価格破壊で8社が熾烈な競争 ビジネスモデルに限界も  インターネット生命保険で“価格破壊”が進行しているのですが、アクサダイレクト生命保険が3月に主力となる期間限定で掛け捨ての生命保険「定期死亡保険」を2〜3割値下げしたのもつかの間、5月にはライフネット生命保険が同保険を平均7%下げに踏みきり、ネット専業の大手2社が業界最安値を争う状況となり、低価格という原点回帰で契約拡大を狙っているもののネットのみを販路とするビジネスモデルに限界も指摘されることが配信されていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/01 11:13
「ほけんの窓口」脱税問題に見る保険の売り方のモラル
「ほけんの窓口」脱税問題に見る保険の売り方のモラル  保険販売の乗り合い代理店最大手であるほけんの窓口グループとその子会社が、2013年6月期までの7年間に約2億8千万円の所得隠しを東京国税局に指摘されていたことが4月1日に判明し、保険業界で話題と共に今後の保険代理店の経営のあり方等が問題となりました。  今回の脱税では、ほけんの窓口グループ社が子会社の外商型保険代理店「ライフプラザパートナーズ(LPP)」への販売奨励金を損金扱いとして支出に計上していたものは、実際には販売奨励金が売り上げに伴ったものではなく、一定額以上は損金扱いにするのではな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/06 17:30
急増の保険ショップが一部商品のゴリ押しの実態〜潰し狙う大手生保の画策で業界激動
急増の保険ショップが一部商品のゴリ押しの実態〜潰し狙う大手生保の画策で業界激動  4月に入り消費増税をはじめ、電気・ガスといった公共料金の値上げなど大きな負担が家計を襲っており、給料が上がればいいのですがそれもまだ不透明な状況もあり、そんな大変な時代を乗り切る最も効果的な方法が家計の中で大きなウエートを占める保険の見直しであり、賢くそして効果的に見直すノウハウを徹底伝授する内容の記事がBusiness Journalで取り上げられています。  今回の特集では急増中の来店型の保険ショップ(代理店委託契約)の代理店業界の壮絶バトルについて取り上げられていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/13 19:47
保険ショップ『はじめて保険なび』がアフラックの保険商品を取扱い開始!
保険ショップ『はじめて保険なび』がアフラックの保険商品を取扱い開始!  結婚・出産等を機にはじめて真剣に保険を考える方のための保険ショップ『はじめて保険なび』ではアフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)の保険商品を取扱い開始したことを配信したのですが、株式会社A.T.brides運営する来店型保険ショップ『はじめて保険なび』は、「お客様に自信をもって提案できる厳選した生命保険会社の保険商品」を取り扱うことを明示して生命保険会社5社と代理店委託契約を締結し、サービスを提供してきたのですが、今回6社目としてアフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)の保険商品... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/09/23 20:35
急増する「乗合保険ショップ」 実際のところ役に立つのか?
急増する「乗合保険ショップ」 実際のところ役に立つのか? 25日付のSankei Bizに急増する乗合保険ショップが実際のところ役に立っているのかと云うことについて取り上げ、書かれていました。 書かれていた記事によると20年も昔、社会人になるときに親戚の生保レディが家にやってきて起き抜けに判をつかせられて以来、結婚して5歳と2歳の子供がいる今も保険はそのまま放置しているそうなのですが、貯金がないこともあり今後の学費や老後の備えが心配になり街に増えている乗合保険ショップに相談に行った内容について書かれていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/25 14:51
保険ショップへの規制強化は体制整備に留まり“骨抜き”へ
保険ショップへの規制強化は体制整備に留まり“骨抜き”へ  金融審議会(首相の諮問機関)は6月7日に保険の規制見直しについて報告書をまとめたのですが、ポイントは急拡大を続ける乗り合い代理店、いわゆる保険ショップへの規制強化なのですが、保険ショップといえば「公平・中立」を旗印に複数の保険商品の中から最適な商品を選び出すのが売り文句でありながら、その実態は販売手数料が多い商品を推奨しているのではないかとの懸念が根強かったために、今回比較可能な商品をすべて示すことや推奨理由を説明することを義務づけたのですが、法令上は保険ショップは顧客ではなく保険会社側の代理... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/29 16:25
ほけんの窓口の来店型ショップが400店達成で業界最多!
ほけんの窓口の来店型ショップが400店達成で業界最多!  現在、来店型保険ショップについては金融庁が少子高齢化時代の保険商品やサービスのあり方についてまとめた報告書を決定し、複数の保険会社の商品を扱う「乗合代理店(保険ショップ)」への規制強化や保険金の代わりに介護・葬儀などのサービスを選べる保険の解禁などを盛り込んだ報告書を金融審議会(首相の諮問機関)の保険作業部会に最終案を示し、委員から了承を得るという動きの中で、ほけんの窓口グループは先ごろ「ほけんの窓口」などの来店型保険ショップが全国400店舗となり、業界最多を達成したと発表したことが配信されま... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2013/06/14 13:49
「保険ショップ」の規制強化 金融庁が報告書決定!
「保険ショップ」の規制強化 金融庁が報告書決定!  今年の3月に金融庁が金融審議会(首相の諮問機関)の作業部会で、複数の保険会社の商品を取り扱う「乗合販売代理店」に対して商品を勧めた理由を顧客に説明させる規制案を示すと共に保険会社から支払われる販売手数料が高い商品を顧客に勧めているとの指摘があるために手数料の開示義務導入も選択肢の一つに挙げ、保険販売の透明性を高め、消費者の判断材料を増やすとの狙いで審議が進められていましたが、金融庁は7日に少子高齢化時代の保険商品やサービスのあり方についてまとめた報告書を決定し、複数の保険会社の商品を扱う「乗合... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/12 15:55
乗り合い型保険に転換期 規制強化で販売戦略に影響か?
乗り合い型保険に転換期 規制強化で販売戦略に影響か?  本日のSankeiBizに今月17日に開かれた金融庁の金融審議会(首相の諮問機関)の作業部会で公平・中立をうたいながら、保険ショップにとって有利な販売手数料が高い商品を優先して販売していると疑う声が出ていることから、保険ショップに対する規制強化策が示されたために複数の保険会社の商品を比較しながら来店客に提案・販売することで急成長を遂げてきた乗り合い型保険ショップが転換期を迎えようとしておりだ、右肩上がりで拡大してきた保険ショップの戦略にも規制強化が大きな影響を与える可能性がでてきたことが配信さ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/06/01 22:13
急成長の「保険ショップ」はいずれ淘汰の時代!
急成長の「保険ショップ」はいずれ淘汰の時代!  大手4社が展開するほけんの窓口、保険クリニック、保険見直し本舗、みつばち保険ファームの店舗数は6月末に約800店に達し、4年前の2.7倍で大手生保も商品供給を強化し始めており、来年6月末には1100店超とさらに43%増える計画で最大手のほけんの窓口グループの年間販売額は既に中堅生保1社の販売規模に匹敵するといことについては今年の3月にブログにて紹介をしました。  「保険クリニック」のブランドで展開するアイリックコーポレーションは1999年12月に第1号店を出店した業界の「草分け」であり店舗数... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

2013/05/19 17:09
「保険ショップ」戦国時代 拡大か集約か…ビジネスモデル転換のとき!
「保険ショップ」戦国時代 拡大か集約か…ビジネスモデル転換のとき!  13日付のSankeiBizに保険各社がつくる保険商品の組み合わせを提案し、販売する「保険ショップ」が街角やショッピングセンター(SC)などで急増しているのですが、これは大手の生命保険会社や損害保険会社と委託契約を結び、顧客の相談を受けて最適な保険を販売することにより保険会社から販売手数料を得るビジネスモデルとなっています。  「保険ショップ」は約15年前から急拡大し、保険ショップの数は全国で約1500もあるといわれ、出店競争が加速する中で保険ショップ草分けの「保険市場」を展開するアドバンス... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/19 16:46
保険代理店事業は多様な販売チャネルで保険商品を販売!
保険代理店事業は多様な販売チャネルで保険商品を販売!  アドバンスクリエイトの事業は保険代理店事業、広告代理店事業、再保険事業の3つの事業に区分されているのですが、実際の売上高、営業利益ともに9割以上は保険代理店事業によるものであり、現状では保険代理店事業の動向が同社の業績に反映すると言っても過言ではないようです。  保険代理店事業では、同社のWebサイトである「保険市場」を通じて資料請求や問い合わせなどがあった顧客に対して非対面型の通信販売、対面販売、ネット完結型保険の販売、他協業代理店での販売など多様な販売チャネルで保険商品の販売を行っており... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/09 17:37
「保険市場」が生まれ変わります!
「保険市場」が生まれ変わります!  今年4月に上場11周年を迎えた株式会社アドバンスクリエイトは、日本最大級の保険比較サイト「保険市場」を運営する保険代理店で、「保険市場」を統一ブランドとして来店型保険相談窓口「保険市場」の「コンサルティングプラザ」を全国12拠点で展開中していますが、保険相談窓口「保険市場」のリニューアルを行うことを発表したとの配信がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/03 16:53
第一生命が来社窓口を3か所新設「第一生命ほけんショップ」
第一生命が来社窓口を3か所新設「第一生命ほけんショップ」  今月初旬の保険市場タイムズから第一生命保険株式会社が利用者の利便性の向上を目的とした「第一生命保険ショップ(御来社窓口)」を3月〜4月にかけて、町田駅前・春日部・東久留米の3か所に新設(町田駅前は町田支社から移設)することを発表したのですが、「第一生命ほけんショップ」では契約者の保険手続きだけでなく、保険の見直しや新規の加入などの第一生命との契約がない人も気軽に保険の相談ができる生命保険の総合窓口となっているとの配信がされていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/03/26 15:30
朝日生命が伊藤忠と共同出資会社で代理店での販売強化!
朝日生命が伊藤忠と共同出資会社で代理店での販売強化!  朝日生命保険が伊藤忠商事と共同出資で「A&Iインシュアランス・ネクスト」を立ち上げ、保険ショップなど代理店での保険販売を強化をするために朝日生命のテレマーケティング、保険ショップ等の代理店販売による保険事業を拡大する観点からもマーケット開発、販売チャネル開発(保険募集代理店の委託)および販売推進を図るマーケティング会社を共同で設立することに合意したことを発表しました。 マーケティング会社を共同設立することにより自社の営業職員による販売が頭打ちとなるなかで保険代理店を開拓して販売委託契約を増や... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/26 15:08
ソニー生命が来店型店舗の子会社「リプラ」が生保事業を譲渡!
ソニー生命が来店型店舗の子会社「リプラ」が生保事業を譲渡!  最近、街中や大型スーパーなどの店頭で「保険の無料相談」を掲げている店舗を見かけることが多くなり、複数の保険会社の商品から自分にあったものを選ぶための情報を提供し、相談に乗ってくれる場合がほとんどで、この様な「来店型保険ショップ」と呼ばれる店舗は主要5社が開設するものだけでも2012年末時点で1300近くあり、同年春から約1.5倍に増えている状況の中で、ソニー生命が14日に来店型店舗営業を行う100%出資子会社「リプラ」の行っている生命保険に関する事業を5月1日に東急保険コンサルティング社へ譲渡... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/03/19 14:05
保険代理店のアドバンスクリエイトが拠点再編で奏功し2ケタ増益!
保険代理店のアドバンスクリエイトが拠点再編で奏功し2ケタ増益!  4日付のサーチナニュースに保険代理店のアドバンスクリエイトが国内最大級の保険比較サイト「保険市場(ほけんいちば)」や個人向け来店型ショップ「保険市場」で生命保険などを販売しているのですが、販売拠点再編に伴う特別損失計上と今期(13年9月期)連結業績見通しの修正を発表し、売上高が前回予想を据え置き前期比10.0%増の77億60百万円、営業利益は50百万円増額して同31.6%増の14億30百万円、経常利益は50百万円増額して同30.2%増の13億70百万円、純利益は69百万円減額して同19.7%増... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/03/10 13:42
保険会社とのもたれ合いで成長追い込まれる「ほけんの窓口」
保険会社とのもたれ合いで成長追い込まれる「ほけんの窓口」 現在、金融庁が複数の保険会社の商品を取り扱う「来店型の保険ショップ」に対して店側が得る手数料が高い商品を優先して販売しているのではないかとの指摘が出ていることから店への規制強化に乗り出すことになったのですが、全国で急速に増えている来店型保険ショップの相談は無料、複数の商品からぴったりの保険を販売することを売りにしているのが、どうやらそれは“表”の顔にすぎずここ最近、保険業界内にある観測が駆け巡っており、「窓口が身売りするらしい」とかという話に尾ひれも付いて回っているという内容の話が配信されていま... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/03/08 13:46
「来店型」保険ショップ 金融庁が規制強化へ!
「来店型」保険ショップ 金融庁が規制強化へ!  現在、金融庁が金融審議会(首相の諮問機関)の作業部会で、複数の保険会社の商品を取り扱う「乗合販売代理店」に対して商品を勧めた理由を顧客に説明させる規制案を示すと共に保険会社から支払われる販売手数料が高い商品を顧客に勧めているとの指摘があるために手数料の開示義務導入も選択肢の一つに挙げ、保険販売の透明性を高め、消費者の判断材料を増やすのが狙いとのことで審議が進められています。 今日の報道機関より金融庁が複数の保険会社の商品を取り扱う「来店型の保険ショップ」について、店側が得る手数料が高い商品を... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/03/02 14:55
なぜ街に「保険の相談窓口」が急増しているのか?
 今月1日付のJ-CAST会社ウォッチに、最近、街角で「保険の無料相談」を掲げる店舗を見かけることが多くなり、自社の保険商品しか扱わないところもあるが複数の保険会社の商品から自分にあったものを選ぶための情報を提供し、相談に乗ってくれる場合がほとんどであり、こういった「来店型保険ショップ」と呼ばれる店舗が主要5社が開設するものだけでも2012年末時点で1300近くあり、同年春から約1.5倍に増え、各社はさらに店舗を新設すると表明しているのですが、なぜこのようなことが急に起きているのだろうかというこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/21 14:20
大手の店舗営業は拡大し生保レディー”は2割減!
 23日のテレビ朝日から生命保険各社が保険商品の相談に応じる生命保険ショップを駅前やショッピングモールなどを中心に急増し、銀行型の店舗営業を拡大しているのですが、逆にいわゆる「生保レディー」の数が10年間で20%以上減少していることが放映されていました。  放送された内容では大手各社を合わせると現在168店舗あり、4年前に比べて3倍程度増えたのですが、これは個人情報への関心が高まりと企業や住宅への個別訪問がしにくくなったことがその要因なのですが、一方で生保レディーの数は2010年までの10年間... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/09/25 23:54
日本生命の来店型店舗に琵琶湖の博物館が出張!
 26日から8月4日まで日本生命保険の来店型店舗「ニッセイ・ライフプラザ丸の内」(東京)において滋賀県立琵琶湖博物館(草津市)の“移動博物館”の展示が始まったのですが、同社が滋賀県発祥という縁から受け入れが実現され、夏休み中のファミリー層を呼び込み保険販売につなげたい考えから実現をしたようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/27 17:31
生保各社、若者と「SNS」「店舗充実」で接点 市場縮小に歯止め!
 今月7日のフジサンケイ ビジネスアイに生命保険各社が「保険離れ」が進む若者の囲い込みを競って若者のニーズの掘り起こしを狙って商品体系を見直したり、交流サイト(SNS)の活用やインターネット接続が便利な来店型店舗を充実させるなど若者との接点づくりを強化することによって市場縮小に歯止めをかけたい考えだとの記事が掲載されていました。 この件について掲載されていた記事の内容は下記の通りでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/27 00:26
生命保険大手による来店型店舗が加速!
 店舗や営業担当者を抱えずに生命保険商品をインターネットで販売する「ネット生保」が大手生保の半分程度の保険料や商品設計の分かりやすさが受け入れられて20〜30代を中心に契約数を伸ばしており、生保業界での契約シェアはまだわずかなのですが新規参入が増えつつあるなかで、生命保険大手4社が来店型店舗の展開を加速しており4月末現在の店舗数は計184店で2008年3月末の64店から3倍近くに増え、国内市場が縮小する中で消費者が気楽に立ち寄れる店舗を足がかりにして契約獲得につなげたい考えだとの配信がありました... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/05/27 12:44
第一生命が来店型店舗展開を拡大
 3月11日に東日本大震災が起こり、東北地方は未曾有の被害を被ると同時に津波の被害を受けた日本原発事故の放射能漏れ事故が起こり多大な被害が広がった。  各生保業界でも東日本大震災で1万5000人を超す死者・行方不明者が出た宮城県では、家族を失うなどした被災者が生活を立て直す際、支えとなり得るのが生命保険金のため、生保各社は迅速な支払いを目指しているのですが、親族関係や被災者の心情は契約者ごとに異なり、事情は複雑だといわれています。 そんな中で、先月、21日に保険毎日新聞から第一生命が来店型店... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/05/06 00:25
そんぽ24が来店型保険ショップ「保険クリニック」と提携
 独立系単一ブランドでは日本最大級の来店型保険ショップ『保険クリニック』は、全国118店舗(2009年12月末)展開をしており、顧客に対して独自のシステムを使用した中立的なコンサルティングサービスを提供することで着実に業績を拡大しています。 昨年1月にはソニー損保と代理店委託契約を締結することで、ダイレクト保険会社の特長を活かしたソニー損保の商品を『保険クリニック』の店頭で販売することが可能となり、顧客のニーズにあった保険商品の提案が出来るようになったことをBlogにて紹介を致しました。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/03/05 22:05
明治安田生命が保険拡販狙い都心の社員に“オアシス”提供
 明治安田生命では10月末に、職域マーケットの営業推進を今年度から全国で拡大・強化しており、全国支社・営業所の稼働率向上を図る一方で職域マーケットに特化したLC(ライフプランコンサルティング)営業部を4月に新設したことをBlogにて紹介を致しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/11/20 23:26
「保険市場」ネット・来店型融合で住生子会社と提携し、販促効果を狙う
インターネット上にて保険販売拡大を見せている「保険市場」について、フジサンケイ ビジネスアイより興味深い記事の掲載がありました。 配信されていた記事の内容は、保険比較サイトの大手「保険市場」を運営するアドバンスクリエイトが、住友生命保険の全額出資子会社で来店型ショップを運営するいずみライフデザイナーズと業務提携したことが明らかになり、21日にも発表するというものでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/22 00:37
住友生命と三井生命の合弁生保が免許を取得し、4月から販売開始
現在、損保業界では経営統合等による業界再編が進んでいます。 生保業界においても3月4日付の産経新聞と読売新聞より、住友生命保険と三井生命保険が、両社が共同出資で設立したインターネットなで保険を販売する「メディケア生命保険」が金融庁から事業免許を取得し、4月1日から販売を開始するとの発表をしたことが配信されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/05 22:40
保険deあんしん館で医療保険に加入する30代の男性が続出!!
02月18日付のNews2u.net(プレスリリースより、昨年から医療保険への加入する男性が続出しているとの配信がありました。 配信された記事によると、各保険会社が医療保険の新商品を相次いで発売しており、保険料は変わらず保障内容が充実した事が加入へのきっかけの一つになっているようで、若いうちに加入することで長期的には毎月の保険料が安くなるケースがあり、結婚や妻の出産を機に生命保険と同時に医療保険へも加入する傾向が強まっているとのことです。 この件について配信された記事については、下記に掲載し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/20 12:15
日本生命が顧客との接点を増やし、販促強化のために全支社に来店型店舗
本日付のフジサンケイ ビジネスアイより日本生命保険が、国内107の全支社すべてに自由に顧客が来店して相談や契約ができる来店型タイプの店舗を併設する方針を明らかにしたとの配信がありました。 配信された記事によると来年4月までに設置を完了し、企業のセキュリティー強化や女性の社会進出が活発になったことにより顧客との接触機会が減っていることに対応するそうです。 また、今までは「生保レディー」による販売力で業界首位の座を不動にしてきたのですが、今後は企業やライフスタイルの変化に即した来店型ビジネスモデ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/02/03 22:35
「ライフプラザホールディングス」と「リビングプロシード」による来店型保険相談コラボレーションショップ
1月14日に来店型保険ショップを全国に約140店舗展開している株式会社ライフプラザホールディングスが、リビング新聞グループの一社、株式会社リビングプロシードと協力し、来店型保険ショップ「リビングほけんの窓口」「リビングみんなの保険プラザ」「リビングほけんの専門店」の3ブランドを、2010年1月15日(金)に7店舗同時リニューアルオープンしたことが配信されました。 今回のオープンは全国約140店舗で年間約40,000件の新規相談実績を誇るLPHと暮しを豊かにする様々な活動を行い、約35,000名... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

2010/01/18 00:42
来店型保険ショップ『保険クリニック』が 新たにソニー損保の取り扱いを開始
昨年の8月に来店型保険ショップ『保険クリニック』を運営する株式会社アイリックコーポレーション が、取扱保険会社数を30社へ拡充するとのリリース配信があり、Blogにて紹介を致しました。 この時に配信された記事ではアイリックコーポレーションが、全国で120店舗(2009年6月末)の来店型保険ショップを展開し、総合保険コンサルティングサービスを行っていたのですが、新たに第一生命保険相互会社と明治安田生命保険相互会社の2社と代理店委託契約を締結しました。 1月6日付のPR TIMES (プレスリリ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/01/07 21:56
住友生命が来店型チャネルを強化
住友生命については、昨年の10月末にBlog内において、住友生命と三井生命が両社の出資による新たな生命保険会社設立に向けて「メディケア生保設立準備会社」を10月1日にスタートさせ、当局の許認可を受けた後の会社名は「メディケア生命保険(株)」の予定。新会社は(1)来店型保険ショップ(2)インターネットの保険サイト(3)通信販売―といったチャネルへの専用商品を開発する「商品供給会社」で、自社での販売網は持たず、目標は2010年春の開業で「早期に5万〜10万件の販売を目指す」計画であることを紹介いたし... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2010/01/07 21:36
大手生保が来店型店舗に活路 「生保レディ」さようなら?
本日付のJ-CASTニュースより保険契約が伸び悩むなかで、大手生命保険が来店型店舗に活路を見出そうとしており、保険商品について相談しながら契約に結びつけていくものだというちょっと気になる記事の配信がありました。 配信された記事によると「生保レディ」による訪問営業が頭打ちで、銀行の窓口販売とともに新たな販売チャネルに育てようという狙いで、保険商品の販売ショップは外資系生保のアフラックや保険代理店専業が先行して、大きく水をあけられている現状の中で、大手生保は巻き返せるのだろうかと云うものでした。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/08/25 21:28
来店型保険ショップ保険クリニックを運営するアイリックコーポレーションが取扱保険会社数を30社へ拡充
本日付にて来店型保険ショップ『保険クリニック』を運営する株式会社アイリックコーポレーション が、取扱保険会社数を30社へ拡充するとのリリース配信がありました。 配信された記事によると、アイリックコーポレーションは全国で120店舗(2009年6月末)の来店型保険ショップを展開し、総合保険コンサルティングサービスを行っていましたが、新たに第一生命保険相互会社と明治安田生命保険相互会社の2社とも代理店委託契約を締結したそうです。 この件について配信された記事については、下記に掲載した通りです。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/07 22:29
住友生命が子会社のいずみエージェンシーと保険デザイナーズを10月1日付で合併
本日付の日本経済新聞より、住友生命保険が来店型保険ショップを展開する運営子会社2社を10月1日付で合併すると発表したことを配信しました。 配信された記事によると、いずみエージェンシー(大阪市)と保険デザイナーズ(東京・千代田)の2社は、合併後の新社名は「いずみライフデザイナーズ」とし、組織の効率化と運営ノウハウの共有を通じて合計18店ある店舗網の拡大を目指すそうです。 この件について配信された記事については、下記に掲載した通りです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/07 22:10
来店型ショップで日本最大級に成長 保険販売の流通革命に挑むアイリックコーポレーション
現在、直営店とフランチャイズ店とを合わせて全国に120店舗展開をしている日本最大級の保険代理店「保険クリニック」についての記事が、本日付の週刊ダイヤモンドに掲載をされていましたので掲載をしてみました。 今回掲載されていた記事は、日本最大級の保険代理店「保険クリニック」を展開するアイリックコーポレーション社長勝本竜二のインタビュー記事で、来店型ショップで日本最大級に成長 保険販売の流通革命に挑むという内容で書かれていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2009/07/31 21:27
アイリックが来店型保険ショップ「保険クリニック」で取扱保険会社を2社追加
7月16日付の日本経済新聞より、全国120店舗(2009年6月末)の来店型保険ショップを展開し、総合保険コンサルティングサービスを行っている株式会社アイリックコーポレーションが、今回、新たに日本興亜生命保険株式会社および富国生命保険相互会社の2社と代理店委託契約を締結いしたことを配信しました。 この件について配信された記事の詳細については、下記に掲載した通りでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/07/16 23:09
来店型保険ショップ「ライフサロン」の顧客の心に寄り添う「問題解決の場」でありたい
現在、保険販売には一般の保険代理店による販売と銀行窓販、郵便局による窓口販売、インターネットによる通信販売、そして来店型保険ショップによる保険販売があります。 「ライフサロン」は全国展開にて来店型店舗にて保険販売をしている保険代理店です。 このライフサロンでは、顧客の人生設計に合わせて保障内容を考え、万が一の時、その保障をきちんと受け取るためのサポートをする、新しい保険サービスの提供をしている保険サービスショップです。 その、保険ショップ「ライフサロン」の展開をはじめるリンク・トラストの大... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 8

2009/06/24 09:45
明治安田生命が来店型店舗を新宿に進出し、1号店オープン
3月に明治安田生命、顧客が店を訪れて保険商品を選べる「来店型」店舗を展開・アドバンスクリエイトと提携の記事を掲載しましたが、今夜、産経新聞からついに明治安田生命保険が東京・新宿に2タイプの来店型店舗の1号店をオープンしたとの配信がありました。 配信された記事によると営業職員による販売を主力としてきたが、生活スタイルの変化による在宅率の低下や個人情報保護法の施行で職場訪問が以前より難しくなる中で、販売チャンネルの多様化を図るとしています。 この件について配信された記事については、下記に掲載した... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/15 23:13
明治安田や日生などが来店型店舗に注力・ネットで顧客誘導し、随時相談
5月14日付けのフジサンケイ ビジネスアイより、大手生命保険各社が新たなビジネスモデルとして相次いで来店型店舗に力を入れており、明治安田生命保険は今月15日から東京・新宿で個人向け来店型店舗をオープンするほか、最大手の日本生命保険も今年度、来店型店舗を7カ所新設するとの配信がありました。 今まで大手生保は「生保レディー」などと呼ばれる営業職員による販売を主力としてきたのですが、在宅率の低下や職場での勧誘活動が容易ではなくなったこともあり、販売チャンネルの多様化が必要であるとの判断がされたそうで... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/05/14 11:35
地域密着型の保険ショップ「保険見直し本舗」大宮ジャスコ店を設立
ファイナンシャルプランナーを中心とした保険相談スタッフが、賢い保険の加入方法を無料でアドバイスし、対面販売・テレマーケティングを中心に活動を展開している保険見直し本舗。 保険見直し本舗は、生損50 社の商品の中から消費者にとってベストなプランを提案している保険代理店が、地域密着型の保険ショップ「保険見直し本舗」大宮ジャスコ店を、2009 年4 月17 日にオープンすることがはいしんされました。 プレスリリースによると、埼玉のお客様から数多くの要望を受けており、その声に応えして県下7 店舗目の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2009/04/16 21:19
アドバンスクリエイトが新コンセプトの来店型保険ショップ「保険市場」を出店
アドバンスクリエイトが「保険市場」を統一ブランドとして、インターネットをメインエンジンにし、そこから保険ショップ・テレマーケティング・コンサルティング営業等の「販売チャネル」へとお客様を導く「Web to Real」の効率的な販売システムを構築していることが配信されました。 この4月よりその「Web to Real」の具現化を目指して、新たなコンセプトの来店型保険ショップ「保険市場」を東京や大阪、名古屋の3大都市圏を皮切りに出店することとしたそうです。 この件について配信された記事については... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/03 22:22
日本生命の「ニッセイライフプラザ」が急拡大
今日の保険毎日新聞に日本生命の来店型店舗「ニッセイライフプラザ」の店舗展開が急速に進み、2008年度には既存の支社の窓口機能や顧客訪問機能を強化することにより、多様化するニーズに応えるために全都道府県に設置し、既契約顧客の約75%が片道1時間以内でライフプラザ窓口への来店が可能になったことが配信されました。 2009年度に入ってから新たに7カ所を新設し、その数は既に87店舗となったとのことです。 この件について配信された記事については、下記の通りです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 4

2009/04/02 16:50
明治安田生命がアドバンスクリエイトと提携し、「来店型」店舗を展開
明治安田生命保険は5月から顧客が店を訪れて保険商品を選べる「来店型保険ショップ」を同タイプの店舗を運営するアドバンスクリエイトと提携し、来年度中に5店舗の出店をめざしての展開を始めることを配信しました。 配信された記事については下記に掲載を致しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/02 20:21
潟Aイリックが「保険クリニック」10周年記念キャンペーンを実施
株式会社アイリックコーポレーションが、総合保険コンサルティングサービスを行う来店型保険ショップ『保険クリニック』の運営開始より10周年を迎えることを記念し、2月10日(火)より『保険クリニック』10周年記念キャンペーンを開催することを配信しました。 キャンペーン内容については、下記に掲載を致しましたのでご覧ください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/11 21:37
納得が行くまで無料相談が出来る来店型保険ショップが人気を集める! No.2
《来店型ショップの選び方》  保険商品が複数化している中で、お客様が保険加入を検討しようと複数の保険商品を見比べてみることは大変良い事なのですが、保険商品は内容を読んでもわかりにくいものがありますよね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/05/03 12:08
納得が行くまで無料相談が出来る来店型保険ショップが人気を集める! No.1
現在、保険の専門スタッフに相談をしながら、複数の保険会社の保険商品を比較して選ぶことの出来る『来店型』保険ショップが増えています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2007/05/03 00:25

トップへ | みんなの「来店型ショップ」ブログ

FC2 Blog Ranking 携帯アフィリエイトのアクセストレードモバイル アクセストレードレビュー アクセストレードモバイルの広告主様資料請求はこちら アクセストレード 資料請求はこちら 生命保険のマンガ カービュー自動車保険一括見積     インズウェブの自動車保険一括見積りサービス
ラッキーブルーベアーの休憩室 来店型ショップのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる