アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「自動車保険」のブログ記事

みんなの「自動車保険」ブログ

タイトル 日 時
通販型自動車保険の登場から20年の保険会社の現状と新たな取り組みなどを紹介
通販型自動車保険の登場から20年の保険会社の現状と新たな取り組みなどを紹介  インターネットや電話を介して保険会社と直接契約する「通販型(ダイレクト型)」自動車保険は、従来の「代理店型」と比べて一般的に保険料が安いというメリットから「通販型」自動車保険が登場して20年がたったのですが、保険料の安さだけでなく独自のサービスで顧客を獲得しようという動きが活発となり、現在は数十社が通販型自動車保険を販売するようになり、高い収益を上げている会社がある一方でマーケットから撤退する会社も出ているのが現状です。  保険スクエではそんな通販型自動車保険の現状を紹介する記事が掲載されて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/28 14:41
安全技術普及で事故減少し任意の自動車保険料引き下げへ
安全技術普及で事故減少し任意の自動車保険料引き下げへ  損害保険各社では自動ブレーキなどの安全技術の普及により自動車事故が減少し、保険金の支払いも減っていることから今後、任意の自動車保険の保険料を引き下げる方針を相次いで明らかにしたことが報道機関から配信されました。  配信された内容によると任意の自動車保険については、損害保険各社が加盟する損害保険料率算出機構が自動ブレーキなどの安全技術の普及で事故が減少し、保険金の支払いも減っていることから各社が保険料を決める基準となる参考純率を14年ぶりに引き下げることを決め、今月金融庁に届け出たそうです。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/21 16:23
車の任意保険料が18年値下げで負担基準8%引き下げ
車の任意保険料が18年値下げで負担基準8%引き下げ  損害保険各社でつくる損害保険料率算出機構が保険料の基礎となる「参考純率」を平均8%引き下げることを決めたため、家庭や企業が入る自動車保険の保険料負担が一段と減る見通しとなったことが配信されました。  加入を義務付けられる自動車損害賠償責任(自賠責)保険も4月から平均6.9%値下げをしているのですが、自動車事故の事故率の低下もあって保険収支が安定しており、2003年以来14年ぶりの引き下げをすることとなりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/05/14 17:19
平成30年に自動車保険対物1割、対人5%程度一斉値下げへ
平成30年に自動車保険対物1割、対人5%程度一斉値下げへ  損害保険各社でつくる損害保険料算出機構が、任意の自動車保険で保険料の基準となる「参考純率」を交通事故率の低下により任意で加入する自動車保険を平成30年に一斉に値下げされる見通しとなったことが配信されました。  今回の「参考純率」では29度前半にも平均で8%程度下げる方向で調整に入っていることが分かったのですが、参考純率の引き下げを受けて損保各社は保険料を同程度値下げすることとなり、参考純率の引き下げは15年6月に6%引き下げられて以来、約14年ぶりとなるとのことです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/19 16:55
自賠責の保険料が4月から平均6.9%引き下げへ
自賠責の保険料が4月から平均6.9%引き下げへ  金融庁の審議会が自賠責保険料の検討を毎年行っているのですが、最近は自動ブレーキなどの安全技術の普及により事故が減少し、保険金支払いが減っているために見直しを進めていました。  その結果、自賠責保険料を平成20年以来9年ぶりに今年4月から保険料を全ての車種において平均で6.9%引き下げることを決めましたことが配信されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/22 17:04
金融庁審議会が自賠責保険料を事故減少で9年ぶり4月から平均7%前後引き下げ
金融庁審議会が自賠責保険料を事故減少で9年ぶり4月から平均7%前後引き下げ  金融庁の自動車損害賠償責任(自賠責)保険審議会が、自動車やバイクの保有者に加入を義務付けている自賠責保険の保険料を交通事故が減り保険金の支払いが減っているために4月の契約分から自賠責保険の保険料を9年ぶりに全体の平均で7%前後引き下げる方針を決めたことが配信されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/15 15:02
自賠責保険料が来年4月から9年ぶり引き下げへ
自賠責保険料が来年4月から9年ぶり引き下げへ  損害保険各社が加盟する「損害保険料率算出機構」は、自動車を持つ人全員に加入が義務づけられている自動車損害賠償責任保険の保険料を来年4月から引き下げる方針をまとめ、正式に決まれば9年ぶりに保険料が引き下げられることになったことが報道機関より配信されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/18 17:49
損害保険各社が軽自動車にも車種別の保険料を導入検討
損害保険各社が軽自動車にも車種別の保険料を導入検討  自動車保険の保険料は乗用車の場合、事故や盗難の多さなどに応じて車種ごとに9つに区分されているのですが軽自動車は一律となっています。  そこで、具体的な区分のしかたはまだ決まっていないのですが、事故や盗難の多さに応じて保険料の水準を3つに区分する案などが検討され、損害保険各社が加盟する損害保険料率算出機構は軽自動車にも車種によって保険料が変わる仕組みを平成32年までに導入すると発表しましたことが配信されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/11 20:38
損保料率算出機構が自動ブレーキ車の保険料9%下げ発表
損保料率算出機構が自動ブレーキ車の保険料9%下げ発表  損保各社では損害保険料率算出機構が決定した料率を参考に自社の自動車保険の料率を決めているのですが、損害保険料率算出機構は損害保険各社が自動車保険料を設定する際の基準を改定し、発売後約3年以内の自家用普通・小型乗用車を対象として自動ブレーキなどを搭載した車の保険料を2018年1月から9%引きにすると発表したことが配信されました。  今回の自動車保険保険料の改定には事故率や保険金の支払額などを分析した結果、搭載車の方が実際のリスクが少なく、その分を保険料に反映できると判断したためとのことです。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/11 20:20
自動車保険の見直しは長期契約や属性で割安に
自動車保険の見直しは長期契約や属性で割安に  自動車保険は運転中の事故などで被った損害を補償するものなのですが、過去の値上げと制度改正等により自動車保険料の負担は増えています。  そこで、契約期間の見直しや運転者の特徴にあった商品選びなど保険料節約のポイントをまとめた記事が報道機関より配信されていましたのでご紹介してみたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/30 18:21
通販型自動車保険事故時のサービス充実!
通販型自動車保険事故時のサービス充実!  インターネットや電話から加入する通販型自動車保険(任意保険)において、交通事故発生時のサービスが充実してきており、保険料が割安な分、事故の際に対応してくれる専任の担当者がいない不安をやわらげようと損害保険各社は警備会社と提携して現場対応を行ったり、スマートフォンでスムーズに手続きできるようにしたりといった工夫を凝らしていることが報道機関より配信されていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/19 17:34
軽自動車の一律保険料廃止し20年から事故率で3段階
軽自動車の一律保険料廃止し20年から事故率で3段階  損害保険業界が提示した案を16日までに自動車業界が大筋で了承したことにより、軽自動車にかける自動車保険の保険料が2020年から大きく変わる見通しになったことが報道機関から配信されました。  現在の自動車保険ではすべての車種で一律の保険料水準を事故率に応じて変えていたのですが、今後の保険料では最大で年1万円ほどの開きが出そうなのですが、細かな交渉についてはまだ残されており、最終合意は10月になる見通しのようです。  今回、一律の保険料廃止が決定すると保険料が増える車種も出てきそうで、自動車メ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/19 14:36
ディーラーでの自動車保険新規加入者の顧客満足度は低調
ディーラーでの自動車保険新規加入者の顧客満足度は低調  J.D.パワーアジア・パシフィックが行った2016年日本自動車保険新規加入満足度調査において、正規ディーラーで加入した自動車保険契約についての分析結果を発表したのですが、新規加入満足度調査では新規契約顧客および切替顧客を対象に契約保険の内容や契約手続き時の保険会社・代理店の対応実態などについて自動車保険に新規加入する際の顧客満足度を調べたもの、「契約内容/契約手続き」「価格」「契約チャネル」の3つのファクターを設定し、各ファクターの総合満足度に対する影響度をもとに総合満足度スコアを1000ポイ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/11 19:39
ネット加入でも安心の車保険は事故対応サービス充実
ネット加入でも安心の車保険は事故対応サービス充実  ネット契約をした自動車保険では事故を起こした場合の事故処理等に不安を抱えている契約者が多いのですが、インターネットにて加入できる自動車保険で事故を起こした直後のサービスが充実してきており、警備会社の警備員による事故現場での事故処理支援やスマートフォンのアプリでの現場写真送信により保険手続きの参考にしていることなどについて解説される記事が読売新聞に掲載されていましたのでご紹介してみたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/04 19:54
契約に自動付帯される補償は損保ごとに異なる!?
契約に自動付帯される補償は損保ごとに異なる!?  自動車保険の広告をテレビや新聞などで見かける人は多いと思うのですが、保険料の安さに目を引かれて新規または継続契約時により安い保険を検討する人もいますが、その時にはダイレクト型や代理店型にかかわらず自動で付帯される補償内容についてもしっかり確認しなければなりません。  自動車保険には契約すると自動的にセットされる補償があり、保険会社によっては内容が異なるためにぜひ注目してほしいポイントとなっているのです。  そこで、自動車保険ニュースに掲載されていた「損保ごとに異なる!?契約に自動付帯され... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/17 16:52
自動車保険新規加入は代理店系は選定時には人の勧めを重視し、ダイレクト系は価格を重視
自動車保険新規加入は代理店系は選定時には人の勧めを重視し、ダイレクト系は価格を重視  顧客満足度に関する調査コンサルティングの国際的な専門機関であるJ.D. パワー アジア・パシフィックが、2016年日本自動車保険新規加入満足度調査の結果を発表したのですが、代理店系とダイレクト系の自動車保険を比較すると自動車保険選定時の意識や行動には違いはあるものの加入後の満足度や継続契約意向の向上につながる重要な事柄は共通しているということが調査より明らかとなったことが配信されていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/18 16:54
自動車保険契約者満足度で代理店系はAIUがトップ
自動車保険契約者満足度で代理店系はAIUがトップ  J.D.パワー アジア・パシフィックが2016年5月にインターネット調査を実施し、7349人から得た回答による日本自動車保険契約者満足度調査結果を発表したのですが、自動車保険契約者満足度調査は自動車保険(任意保険)の契約者を対象にした契約保険の内容や契約期間中の自動車事故保険金請求時の対応、各種手続きや問合せ時の保険会社・代理店の対応実態など自動車保険契約期間中の接点全般に対する顧客満足度を調べたところ、代理店系ではAIU損害保険が総合満足度1位となったことが発表されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/18 11:17
ソニー損保の自動車保険に優良ドライバーが年々溜まっていく仕組み(下)
ソニー損保の自動車保険に優良ドライバーが年々溜まっていく仕組み(下)  ソニー損保ではテレマティクス保険では説明が難しい保険のためにウェブ専用とし、消費者からのプルを中心とすることに決め、コールセンターはあくまでも販売のサポートと位置づけたとのことでした。  ソニー損保は、ウェブの動画を使って保険の契約からキャッシュバックまでの流れを説明し、それを理解した消費者が契約まで進めるようにすることで通常の自動車保険に割高感を感じている若年の優良ドライバーをターゲットとして発売したのですが、実際の加入者である若者が獲得できたものの通常の自動車保険と同様にボリュームゾーン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/03 18:17
ソニー損保の自動車保険に優良ドライバーが年々溜まっていく仕組み(上)
ソニー損保の自動車保険に優良ドライバーが年々溜まっていく仕組み(上)  保険業界では「後発企業は、大手企業がやれないことを行う」のが競争戦略の定石となっているのですが、ドライバーの年齢や等級などで保険料が決まる自動車保険において、「運転の優しさ」という変数を入れて優良顧客の囲い込みをしているソニー損害保険株式会社の知られざるビジネスモデルをについてダイヤモンド・オンラインが掲載をしていました。  ソニーの金融関連企業には生保や損保、銀行などがあり、いずれも過去の業界の慣例に囚われることなく顧客にとって合理的で公平なビジネスを行うことを目標としており、そのうちの1... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/03 17:54
ソニー損保がアメリカンホームの自動車保険契約者へ自動車保険を案内
ソニー損保がアメリカンホームの自動車保険契約者へ自動車保険を案内  ソニー損害保険株式会社では、アメリカンホームと2016年12月1日以降に満期を迎える自動車保険契約をしている顧客に対してソニー損保の自動車保険を案内する取り組みを始めることを発表したことが配信されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/03 16:56
日本損保協会が「自動運転車レベル3まで現行法を適用」提言
日本損保協会が「自動運転車レベル3まで現行法を適用」提言  日本損害保険協会が自動運転の法的課題についての報告書を作成し、自動運転の各レベルにおける事故時の損害賠償責任の考え方について整理したことを配信しました。  報告書では自動運転は世界的に技術開発が進んでおり、その実現によって交通事故削減、環境負荷軽減、高齢者などの移動手段確保といった効果が期待されていると提言されていますが、自動運転車の事故発生時に損害賠償責任が従来とは異なる責任関係が生じる可能性があることから協会では2014年8月以降、事故時の損害賠償責任を中心に自動運転の法的課題について有... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/19 15:07
車両保険の得する「入り方」 損する「使い方」
車両保険の得する「入り方」 損する「使い方」  自動車を購入した場合には自賠責保険は強制加入することになるのですが、任意保険の対人・対物はもちろんのこと他にも必要に応じて車両保険等にも加入を検討することもあるのではないでしょうか。 そこで、ZUU onlineではどんな車両保険に加入すれば良いかについて掲載がされていましたのでご紹介してみたいと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/10 17:04
東京海上が自動運転実験に保険で修理費など補償
東京海上が自動運転実験に保険で修理費など補償  東京海上日動火災保険は、自動運転の実験車に向けた損害保険を今月末に国内で初めて発売することが配信されました。  配信された記事によると今回発売される保険は、公道での走行実験で破損した部品の修理費などを補償するようになっており、最新技術が詰まった部品の修理は高額なために保険の投入で実験を支えることで実験に取り組む大学やベンチャー企業に売り込むようです。  また、今回の保険販売は自動運転車の実用化をにらみ、新たな保険商品の開発に役立てる狙いもあるようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/03 15:46
自動運転時代の自動車保険、事故が起きたときの責任の所在と補償は?
自動運転時代の自動車保険、事故が起きたときの責任の所在と補償は?  ATTT16の2日目のセミナー会場において、自動運転時代の自動車保険をテーマにジャーナリストの岩貞るみこ氏が日本損害保険協会業務企画部長の大坪護氏を迎えてパネルディスカッションが行われ、自動運転時代の自動車保険の事故が起きたときの責任の所在と補償について講演されていた内容がレスポンスから掲載されていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/21 15:01
アクサが安全運転で保険料割り引き発表!
アクサが安全運転で保険料割り引き発表!  アクサ損害保険株式会社は、「アクサダイレクト」の自動車保険において安全運転で保険料を割り引く「テレマティクス保険」の開発を開始したことを発表しました。  アクサダイレクトのテレマティクス保険では、ドライバーの安全意識の向上や安全運転による割り引き制度の展開を視野にドライバーの運転特性などのビッグデータから安全運転を「見える化」し、活用する保険商品としたそうです。  そして、サービスの開始に先立ち開発に必要な顧客の運転データを収集するユーザー参加型プロジェクト「MIRAI DRIVE PRO... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/31 21:40
価格.com調べ自動車保険満足度ランキングでSBI損保が2年連続で総合トップ
価格.com調べ自動車保険満足度ランキングでSBI損保が2年連続で総合トップ  カカクコム社が購買支援サイト「価格.com」利用者へのアンケート調査をもとに、ユーザー満足度の高い自動車保険商品をジャンル別に選出する「自動車保険満足度ランキング2016」を発表しました。  調査については過去半年以内に価格.comを利用した人の中で現在自動車保険(任意保険)に加入または事故時等に保険会社へ連絡したことのある人を対象として、2015年11月30日から12月9日の期間に実施しした4336人の有効回答がまとめられています。  調査結果によると総合満足度ランキング1位は2年連続で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/31 21:18
来年度の自賠責保険保険料は「据え置き」
来年度の自賠責保険保険料は「据え置き」  自動車やバイクに乗る場合に加入が義務付けられているのが自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)ですが、金融庁の審議会において来年度の保険料を今年度と同額に据え置くことに決定したことが配信されました。  審議会ではまず金融庁から自賠責保険の収支がほぼ想定通り安定しているとの報告を受け、これにより審議の結果保険料の基準となる来年度の基準料率を3年連続で据え置くことを決定しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/24 17:40
変化迫られる自動車保険 自動ブレーキで事故6割減
変化迫られる自動車保険 自動ブレーキで事故6割減  自動ブレーキなど先進的な安全装置を搭載したクルマは、2017年から保険料が平均で10%程度安くなる見込みとなったようなのですが、自動ブレーキ搭載車は事故率が約6割も低いことが判明したのになぜ1割引なのか? 自動車保険が今後大きな変化を迫られるかもしれないことが配信されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/17 22:42
若者ドライバーの自動車保険の選び方
若者ドライバーの自動車保険の選び方  近年、自動車業界や自動車保険業界が抱える課題のひとつとして、「若者の車離れ」が話題になっており、交通インフラの発達などから移動手段としての車の必要性が薄れ、マイカーを所有する若者が減ってきているというもので、今年の新成人たちは車に対してどのような意識を持っているのかをソニー損保が毎年1月に公表している「新成人のカーライフ意識調査」の2016年データが配信されていましたのでご紹介してみたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/17 22:26
自動ブレーキ搭載など安全先進車の保険料割引へ
自動ブレーキ搭載など安全先進車の保険料割引へ  現在、自動車業界では自動ブレーキシステム車の開発が進んでいますが、これに伴い自動ブレーキなど先進的な安全装置を搭載した自動車の保険料を損害保険各社が2017年1月から平均10%程度割り引く方針が固まったことが配信されました。  配信された記事によると自動ブレーキ搭載など安全先進車の保険料割引については、交通事故の防止とともに新車販売の促進にもつなげる狙いがあり、損保業界は年明けからメーカー団体の日本自動車工業会(自工会)、国土交通省とともに車種ごとの安全性能に沿って個別の割引率を決めるのです... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/03 01:03
知って得する賢い自動車保険の選び方
知って得する賢い自動車保険の選び方  このところ、毎年保険料改定により保険料が上がっているのが自動車保険ですが、自動車に乗る人であれば自動車保険(任意保険)に加入している人が多いと思うのですが、ディーラーなどで勧められるままに加入していませんか?  自動車保険の対人保険や対物保険は「無制限」にしておいた方が良いのですが、車両保険などその他のオプションについては本当に必要な範囲で補償金額を設定しておくことが大切なため、ZUU onlineでは自動車保険の基本的な仕組みについて解説する記事を掲載していましたのでご紹介したいと思います... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/23 00:49
“安全運転”“ちょい乗り”ならお得に!?多様化する自動車保険
“安全運転”“ちょい乗り”ならお得に!?多様化する自動車保険  自動車保険は10月1日以降始期契約より改定されますが、自動車保険の分野で各損穂会社において変化が起きているのですが、運転するのが面白くなるような自動車保険がいくつか登場しているそうです。  まずは、ソニー損害保険の『やさしい運転キャッシュバック型』ですが、保険の申し込みをすると「ドライブカウンタ」という機器が送られてきます。 このドライブカウンタは初期のポケットベル程度の大きさで液晶画面があり、これを運転席周りのダッシュボードの上やシフトレバー付近に置いておくとドライバーの運転が「やさしい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/06 17:45
チューリッヒのスーパー自動車保険で「中断証明書あり」「満期切れ契約あり」でもインターネット契約可
チューリッヒのスーパー自動車保険で「中断証明書あり」「満期切れ契約あり」でもインターネット契約可  チューリッヒが2015年8月19日「スーパー自動車保険」のサービス改定を行い、インターネットでの新規契約範囲を拡大することを発表したことが掲載されました。  今回の改定は2015年10月1日始期以降の契約からとなるのですが、これまで電話での受付けのみとしていた「中断証明書を使用した新規契約」と「保険始期が前契約の満期から8日以上13ヵ月以内の新規契約」の一部を同社Webサイト上で手続きできるように改定すると共に電話受付時間に制限されることなくPCやスマートフォンで手続きを完結できるようになる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/23 13:34
自動車保険の保険料の割引拡充等で若者に優しく
自動車保険の保険料の割引拡充等で若者に優しく  読売新聞から大手損害保険各社が今秋から若者向けに自動車保険を加入しやすくするために、初めて車を持つ人の保険料を安くしたり、ゴールド免許の割引率を拡大したりして負担感を軽くして加入を促す狙いである記事の掲載があったのでご紹介いたします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/02 17:29
三井ダイレクト損保が保険料の見直しなど自動車保険を改定
三井ダイレクト損保が保険料の見直しなど自動車保険を改定  三井ダイレクト損害保険が10月1日以降の始期契約より、自動車保険の改定を実施すると発表しました。 今回、発表された改定では継続した回数に応じて保険料を割り引くほか継続割引を導入し、保険料算出のベースとなる参考純率の改定や商品改定を踏まえて保険料水準を見直すようです。  ただし、個々の契約条件によって改定率が異なるために保険料が上がる場合もあるようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/02 16:48
自動車保険満足度ランキングAIUとセゾンがトップ!
自動車保険満足度ランキングAIUとセゾンがトップ!  2015年7月にJ.D. パワー社が自動車保険(任意保険)の契約者を対象にインターネットにて調査を実施行った「日本自動車保険新規加入満足度調査」「日本自動車保険契約者満足度調査」の結果を発表したのですが、調査をそれぞれ「代理店系保険会社」と「ダイレクト系保険会社」に分けて行ったところ2つの調査とも「代理店系保険会社」ではAIUが1位、「ダイレクト系保険会社」ではセゾンが1位となったことが配信されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/26 16:01
自動車事故の予防に役立つ「自動車保険」があるってホント?
自動車事故の予防に役立つ「自動車保険」があるってホント?  あいおいニッセイ同和損保が今年4月に販売を開始した自動車保険「つながる自動車保険」が、トヨタ自動車のカーナビに搭載されている「T-connect」というテレマティクス(※)サービスと連動し、運転する顧客と同社が24時間365日"つながる"ことで「安心」「安全」「お得」を提供する画期的な商品となっており、今回は同商品の開発経緯などについてあいおいニッセイ同和損保 商品企画部 企画グループ担当課長の梅田傑氏との会話が紹介されていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/19 22:54
自動車保険のイロハ 車両保険なしも選択肢
自動車保険のイロハ 車両保険なしも選択肢  梅雨の晴れ間、初野家のガレージでは藤志郎と新衣紗が熱心にマイカーの洗車をしていると「そんなにピカピカに磨いても、すぐまた雨で汚れるのに」とあきれ顔の利子の通りかかった鯛吉とにいさの自動車保険のイロハ「車両保険なしも選択肢」についての二人の会話を紹介した記事の掲載がされていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/19 22:03
2015年上半期の自動車保険新商品を一挙紹介「テレマティクス」「若者向け」がキーワード
2015年上半期の自動車保険新商品を一挙紹介「テレマティクス」「若者向け」がキーワード  2015年上半期の自動車保険業界では、近年にない勢いで新商品や新サービスの発売・提供開始が相次ぎ、そのけん引役を担ったのが昨今話題の「テレマティクス保険」であり、欧米ではすでに普及が進んできているテレマティクス保険が国内の保険会社は今年に入って関連商品やサービスの提供を本格化し、今年は日本における「テレマティクス保険元年」と言えるという記事の掲載がありました。  そして、このほか「自転車」に関連した商品や「若年層」をターゲットにした商品なども続々と登場している記事の紹介が保険スクエアに掲載さ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/19 21:36
安全運転”“ちょい乗り”ならお得に!?多様化する自動車保険
安全運転”“ちょい乗り”ならお得に!?多様化する自動車保険  自動車保険の分野で変化が起きているのですが、それが運転するのが面白くなる自動車保険がいくつか登場していることなのです。  まずは、その一つがソニー損害保険の『やさしい運転キャッシュバック型』で、保険の申し込みをすると「ドライブカウンタ」という機器が送られてくるそうで、ドライブカウンタは初期のポケットベル程度の大きさで液晶画面があり、それを運転席周りのダッシュボードの上やシフトレバー付近に置いておくとでドライバーの運転が「やさしい」かどうかを判断してくれるという装置だそうです。  そして、具... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/14 19:00
イーデザイン損保がダイレクト自動車保険初の予約制専門医相談サービスを開始
イーデザイン損保がダイレクト自動車保険初の予約制専門医相談サービスを開始  イーデザイン損害保険が保有契約件数30万件突破を記念して、7月1日10時より更新契約の顧客を対象にしてダイレクト自動車保険として初の予約制専門医相談サービスを開始することが配信されました。  このダイレクト自動車保険初の予約制専門医相談サービスではイーデザイン損保が現在、常駐の医師・看護師が24時間365日でサポートする「メディカルコールサービス」を全契約者に提供し、電話による医療相談や夜間・休日受診可能な救急医療機関の案内などを行っているそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/07 17:29
自動車保険料に大きな差!? 知っておくべき「年齢条件」と「等級」
自動車保険料に大きな差!? 知っておくべき「年齢条件」と「等級」  車を持つ人が、万が一に備えて必ず入っておくべき自動車保険について、保険料が変わる要素やプロがすすめる特約について過去2回にわけてわかりやすく解説した記事において、今回は保険料に大きく差が出る「年齢条件」と「等級」について説明している記事が特集していました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/17 23:03
走行距離や運転技術で保険料が変わる「テレマティクス保険」は日本でも普及するか?
走行距離や運転技術で保険料が変わる「テレマティクス保険」は日本でも普及するか?  自動車保険業界で、欧米を中心に市場が拡大している先端商品が「テレマティクス保険」なのですが、テレマティクスとはテレコミュニケーション(通信)とインフォマティクス(情報工学)を組み合わせた造語であり、自動車などに通信システムを組み込み、リアルタイムな情報サービスを実現するもので、その技術を保険に応用し、自動車に設置した端末機から走行距離や運転速度、急発進・急ブレーキなどの運転情報を保険会社が取得し、個々の事故リスクを分析して保険料を算定するのがテレマ保険であることが配信されていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/17 22:55
損保ジャパン日本興亜が10月から0.2%自動車保険を11年半ぶり値下げ!
損保ジャパン日本興亜が10月から0.2%自動車保険を11年半ぶり値下げ!  損害保険ジャパン日本興亜が自動車保険の保険料を約11年半ぶりに10月から、平均で0.2%引き下げる方針であることが各報道機関より配信されました  配信された記事によると自動車保険事業の収支改善が進んだことから、値下げによって顧客離れを防ぐためだとされているのですが、同社の自動車保険料値下げについては前身の損害保険ジャパンによる2004年1月の実施が最後となっており、その後は08〜14年の間に計5回にわたり平均1〜3%の範囲で値上げを繰り返してきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/17 14:02
イーデザイン損保が3共済で等級引き継ぎ!
イーデザイン損保が3共済で等級引き継ぎ!  イーデザイン損保が自社のホームページにおいて、保険開始日が2015年7月10日以降の契約を対象に全労済・全自共・日火連からの等級(ノンフリート等級)・事故有係数適用期間の引き継ぎを開始することを発表したことが配信されました。  事故有係数適用期間の引き継ぎについては、全労済・全自共・日火連で契約している者が2台目以降の車を新たにイーデザイン損保で契約する場合にセカンドカー割引が適用されるようになるそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/06 15:33
自動車の盗難防止強化へ「イモビライザー」義務化浮上 海外の事例参考に議論へ
自動車の盗難防止強化へ「イモビライザー」義務化浮上 海外の事例参考に議論へ  SankeiBiz紙に自動車盗難防止対策の強化に向けて、政府は国内向けの新車に盗難防止装置「イモビライザー」の装着を義務づける法制化の是非について検討に入ることは配信されていました。  配信記事によると装着を義務づける法制化により自動車の盗難防止をはじめ、盗難車を使った強盗や交通事故の減少につながる効果があるとみられることから、法令で装着が義務づけられている欧州連合(EU)諸国やオーストラリアなど海外の事例を参考に議論を進める方針であることが発表されているようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/19 22:03
三井住友海上とあいおいニッセイ同和が若年層向け自動車保険を発売!
三井住友海上とあいおいニッセイ同和が若年層向け自動車保険を発売!  レスポンスから三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険が、若年者層向け自動車保険の新商品2種を共同開発し、10月1日以降始期契約から販売を開始すると発表したことが配信されました。  配信された記事では、両社は若年者層のカーライフの変化に対応するために初めて自動車を保有する人を対象とした「新規契約専用の自動車保険」と自動車を保有しない人を対象とした「借りた自動車専用の自動車保険」を開発したとのことです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/19 21:39
「車離れ」歯止めのため若者向け自動車保険を三井住友海上は1割安く
「車離れ」歯止めのため若者向け自動車保険を三井住友海上は1割安く  大手損害保険各社は今秋、少子化や若者の「車離れ」が進む中で割安な商品で利用を掘り起こすため、若年層向けの自動車保険を相次ぎ投入するのですが、三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険が初めて自動車を持つ人の保険料を1割程度安くするほか、損害保険ジャパン日本興亜は優良運転者の割引率を拡大することを発表したのですが、各社の収益は改善基調によりここ数年続いた自動車保険の値上げ局面が変わる可能性もあることが配信されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/12 21:29
2015年自動車保険事情「傷害保険」「人身傷害」は94.2%、「搭乗者傷害」は87.8%が加入
2015年自動車保険事情「傷害保険」「人身傷害」は94.2%、「搭乗者傷害」は87.8%が加入  自動車保険には事故に遭った時、自分や同乗者がケガや死亡をしてしまったときに受け取れる保険金に「人身傷害補償保険」と「搭乗者傷害保険」があるのですが、「保険スクエアbang! 自動車保険」の利用者データを見ると人身傷害補償保険は94.2%、搭乗者傷害保険は87.8%の人がそれぞれへ加入を前提として見積もりを依頼していることがわかったとの配信がされていました。  配信された記事によると両方への加入を前提として見積もりを依頼した人は全体の83.6%となっており、自分や同乗者への補償を用意する場合に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/12 19:28
自動車税制が改正で今こそ知りたい「保険料節約テク」
自動車税制が改正で今こそ知りたい「保険料節約テク」  4月からの法令改正により「エコカー減税」の基準が厳しくなり、「軽自動車税」も増税となったためにドライバーの負担は大きくなってきました。  このような法令改正の中で重要となってくるのが“保険料の節約”であり、自動車保険では運転者の「範囲」や「年齢」を限定したり割引制度を活用することにより保険料を抑えることができ、それ以外についても保険会社そのものを乗り換えることも節約のひとつの方法だといわれています。  日刊アメーバーニュースから自動車税制に伴う保険料節約テクについての記事が掲載されていまし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/07 21:26
自動車保険の“プロ”に聞く!「代理店型」と「ダイレクト型」の選び方
 オリコン紙から自動車の損害保険会社について、「代理店型」と「ダイレクト型」の2種類それぞれの特徴を自動車保険に詳しい“プロ”の目から見た2つの違いについて紹介する記事が掲載されていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/15 23:19
運転荒いと自動車保険料高くなる?「安全運転をすれば割引になる自動車保険」のおトク度は?
 安全運転を行えば保険料が安くなる自動車保険を日本で初めて、ソニー損害保険が「やさしい運転キャッシュバック型」として発売しましたが、安全運転の度合いに応じて保険料が変動する「テレマティクス自動車保険」は欧米で市場拡大を続け、現在日本でも注目を集め始めています。  昨年12月、あいおいニッセイ同和損害保険がイギリスのテレマティクス自動車保険大手のBIG社を買収し、今年2月5日にテレマティクス自動車保険「つながる自動車保険」を4月より販売することを発表したのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/08 20:08
ソニー損保が「やさしい運転」で保険料が戻る新タイプの自動車保険を販売
 ソニー損害保険より2月23日に急発進や急ブレーキが少ない「やさしい運転」をすると保険料が戻る新タイプの自動車保険「やさしい運転キャッシュバック型」販売を始めたのですが、3月1日以降が保険開始日になる契約を対象に発売された新タイプの自動車保険では、日本で初めて燃費の向上と安全運転を目的に加速・減速の発生状況を反映する保険となっていることが配信されていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/01 23:03
自動車保険料を過徴収 損保2社で相次ぐ!
 NHKニュースから損害保険会社の「日新火災海上保険」が、データの入力ミスで自動車保険の保険料を最大で1200人からおよそ1億円多く集めていたことを発表したとの配信がありました。 発表によると「日新火災海上保険」では、平成11年から平成22年までに自動車保険料を最大で1201人からおよそ1億円多く集めていたということでした。  今回の過徴収の原因として、自動車保険の加入者が事故などで保険を使った際に保険料の基準となる「等級」が引き下げられて保険料が上がるのですが、担当者の入力ミスにより軽い事... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/01 20:33
走った分だけ保険料請求の新型自動車保険発売へ
 読売新聞からあいおいニッセイ同和損害保険が、契約者が車で走った距離に応じた保険料を後から請求する新保険「つながる自動車保険」を4月に発売することを発表した記事の掲載がされていました。 今回、あいおいニッセイ同和損害保険から発売される「つながる自動車保険」は、一般的に走行距離の少ない人が事故を起こす可能性が低いことから月の走行距離が1000キロ前後より少ない場合には従来の保険よりも保険料が割安になるという保険商品になっているとのことでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/08 17:17
「自動ブレーキ」が普及すれば損保業界が儲かる
 昨年10月に国土交通省がいわゆる「ぶつからない車」の性能評価を公表して、大きな話題となったのですが、世界最大の自動車メーカーであるトヨタ自動車も2017年までに日本・北米・欧州向けのほぼ全ての車種に対して自動ブレーキなど安全運転支援システムを装備することを発表していることが配信されています。  そして、いまや安全運転支援装置の有無が自動車選びの大きなポイントとなっており、メーカー各社はその開発にしのぎを削っているのですが、その普及で思わぬ恩恵を受けそうな業界が自動車保険を扱う損害保険業界であ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/01 19:52
金融庁が2年連続で自賠責保険料を据え置きを決定!
 金融庁の自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)審議会が2015年度の自賠責保険の保険料を14年度と同じ金額に据え置くことを決めたのですが、今回の据え置きにより2年連続の据え置きとなりました。  今回の据え置きが決定となった背景には、14年度の収入保険料から支払い保険金を差し引いた収支が15億円の赤字見通しとなり、想定通りに推移しているためのようです。  自賠責の保険料は積み上がった運用益を契約者に還元するために2008年度に値下げが行われたのですが、事故による保険金支払いが増えて収支が悪化... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/01 17:02
好調の「ダイレクト型(通販型)」自動車保険2015年は新サービス・値下げに期待
 2014年12月半ばに発表された「ダイレクト型(通販型)」自動車保険8社の中間決算において、8社中6社が保険会社の売上げにあたる正味収入保険料が増加(自動車保険に保険種目を限定)し、ダイレクト型の進展がうかがえる結果になったことが配信されました。  配信された記事によるとダイレクト型自動車保険間の競争は激しさを増しており、本格的なテレマティクス保険の発売や契約者向けサービス・特典の拡大、保険料の改定などを行うことにより各社が契約者獲得に向けて“攻め”の姿勢を見せていることが顕著に表れ、消費税... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/04 12:23
「やさしい運転」で最大20%返金する保険
 ソニー損害保険が急発進や急ブレーキの少ない「やさしい運転」を続けると、保険料を最大20%返金する自動車保険を来年2月から発売することを配信しました。  配信された内容によると車内に取り付ける小型の計測器を無料で貸し出をし、運転状況を採点するというもので、ソニー損害保険社によるとこの様な運転手の特性を保険料に反映させる仕組みは国内初ということです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/24 20:10
ソニー損保がやさしい運転で料金キャッシュバックの新保険
 ソニー損害保険では、「やさしい運転」をすると保険料が戻る新しいタイプの自動車保険「やさしい運転キャッシュバック型」の販売を2015年2月中旬から開始するのですが、「やさしい運転キャッシュバック型」では無料で貸与するソニー損保オリジナルの小型計測器(ドライブカウンタ)を使って、加速・減速の発生状況(運転特性)を計測し、この結果を保険料に反映させるという日本初の自動車保険となっています。  これにより契約者は「やさしい運転」でキャッシュバックを受けることができ、保険料の節約が可能になることからソ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/16 19:35
自動車保険の値上げが止まらないワケは増税影響だけではない値上げ背景の重層構造
 このところ毎年自動車保険は値上げが恒常化しているのですが、平均保険料は2008年度に比べ12年度は10%上昇し、ここ2〜3年も値上げラッシュのために平均保険料は13年度以降も上がり続けているのです。 損害保険収入の半分を占める自動車保険は慢性赤字が続いており、元凶は10年度まで一本調子で上昇した損害率(保険料収入に占める保険金の割合)の悪化であり、その根っこには事故発生率の高い高齢者比率の上昇があるのです。  そして、少子高齢化により人口の減る若年層の保険加入は若者の自動車離れもあって細り... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/08 21:02
自動車保険は「運転者条件」で大きく変わる保険
 自動車保険の保険料負担に悩む人は多いのですが、自動車保険には法律で加入を義務付けられている自動車損害賠償責任保険(自賠責)のほかに、自賠責だけではカバーしきれない深刻な事故に備えるための任意保険があり、ともに保険料は上昇傾向が続いているため保険料を抑えるには任意保険の契約条件や補償内容を見直すことがポイントになってきます。  そこで、保険料を抑えるための任意保険の契約条件や補償内容を見直すポイントについての記事が日本経済新聞に掲載されていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/16 15:17
走行距離で保険料が決まる自動車保険
10月に自動車保険の保険料値上げがされることになっていますが、カーナビゲーションなど車に搭載された通信機器によって詳しい走行距離が記録できるようになったことから、損害保険会社の間では実際の走行距離に応じて保険料が決まる新しい自動車保険を販売する動きが相次いでいることが配信されました。 配信されている内容によると「損保ジャパン」は、距離などを記録できる通信機器を搭載した電気自動車を対象に1年間の走行距離に応じて翌年の保険料が決まる新たな保険を発売したのですが、保険料は走行距離が短い人は割り引きさ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/31 14:59
自動車保険料の値上げの背景には少子高齢化や構造的な“壁”
 消費税増税の影響により値上げの夏となり、ハムやバター、小麦粉、航空運賃など幅広い分野で料金改定が行われる中で自動車保険(任意保険)の保険料も7〜10月にかけて値上がりします。  但し、食料品などとは異なり大手損害保険会社は理由が毎回異なるものの、ここ数年ほぼ毎年のように値上げを実施しており、昨年も損害保険ジャパンが平均2%、東京海上日動火災保険が1.9%、三井住友海上火災保険が1.7%の値上げを行っており、「また上がるのか」と嘆いているドライバーも多いといわれています。  そして、損保各社... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/03 17:47
セゾン自動車火災保険が割安感を前面に2年でネット損保契約数を倍増へ!
 損害保険大手グループ、NKSJホールディングス傘下のセゾン自動車火災保険の西脇芳和社長がフジサンケイビジネスアイとのインタビューに応じ、ネット販売専用の自動車保険の保有契約数を2年後に2倍に引き上げる考えを明らかにしたのですが、消費税率引き上げ後、代理店で販売する従来型の自動車保険の値上げが相次ぐ中でネット専用保険の割安感を武器にして幅広い層の顧客獲得を目指すことを配信しました。  西脇社長は現在約28万件の保有契約数を2016年度をめどに「倍増させたい」と述べ、NKSJ傘下の主力損保である... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/20 14:06
賢いドライバーは「安全運転センサー」が判断、自動車保険料が安くなる
 自動車のIT化の進展で新たなサービスが誕生しそうだということが配信されていました。 これは、英米で損害保険会社が契約者の自動車に専用センサーを搭載して急加速・急ブレーキの回数などを測定し、ドライバーの運転特性を独自に判断、自動車保険料の設定に利用するサービスが誕生し、保険料が高くなりがちな若者でも安全運転をすれば自動車保険料が下がるために、実際に交通事故が減ったほかに維持費の低下で若者のクルマ離れを食い止めるなどの予想外の効果が生まれているということが配信されていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/06 19:13
損保業界が自動車保険料の再値上げを若者や高齢者に負担
 損害保険各社が運営する損害保険料率算出機構が自動車保険料の基準となる「参考純率」を平均0.7%引き上げたと発表したのですが、交通事故の発生率が高い若者や高齢者の保険料負担を増やして収支を改善するのが狙いとなっており、大手損保は消費税増税などを反映して7月から10月に自動車保険料を値上げする方針で、今回の改定を踏まえて再値上げに踏み切るかどうかを判断することを各報道機関から配信しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/06 18:54
MS&AD社長が来秋の消費増税の場合自動車保険の再値上げは抑制
 損害保険大手MS&ADインシュアランスグループホールディングス社長に就任した柄沢康喜氏がインタビューに応じ、消費税率が10%に引き上げられた場合の自動車保険料に関して経費削減により値上げ幅を抑制する考えを示したのですが、若者のクルマ離れで契約獲得競争が厳しさを増す中で「増税分をできるだけ吸収し、保険料の上げ幅を抑えたい」と述べたことが配信されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/29 22:34
東京海上が10月から自動車保険料0.9%引き上げ!
 東京海上日動火災保険が10月から自動車保険の保険料を平均0.9%値上げすることを発表したのですが、これには消費増税により修理費や代理店に支払う手数料が増える分を保険料に一部転嫁したもので、経営の合理化により引き上げ幅は圧縮をされているとの配信がされています。  また、大手では三井住友海上火災保険が10月から平均1.9%、損害保険ジャパンが7月から平均2.5%それぞれ保険料を引き上げることを発表しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/16 01:12
三井住友海上とあいおいニッセイ同和が自動車保険を1・9%値上げ
 大手損害保険グループMS&ADインシュアランスグループホールディングス傘下の三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険が、10月から自動車保険料を平均1.9%値上げすると明らかにしたのですが、消費増税で修理費や代理店に支払う手数料が増える分を保険料に転嫁したほか修理費の単価上昇分も織り込んだとの配信がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/09 21:45
NKSJグループが消費増税の影響で自動車保険料を2%値上げへ!
 今回の消費税増税では保険料自体は消費税がかからないのですが、損保会社が事故などの際に支払う保険金では修理代などに消費税がかかり、2014年4月からの消費増税の影響を受けるために損害保険大手各社は今秋以降、自動車保険の保険料を値上げする方向で調整に入っていました。  商品の共通化に向けた商品改定の中で、消費税増税で自動車の修理にかかるコストなどが膨らむために増税で膨らむコストの一部を転嫁する方向で検討していた損害保険大手NKSJホールディングス傘下の損害保険ジャパンと日本興亜損害保険が自動車保... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/06 18:20
自動車保険値上げも選択肢−損保協会長、消費増税で必要性示唆!
 日本損害保険協会の二宮雅也会長(日本興亜損害保険社長)が定例会見を開き、4月の消費増税に伴う自動車保険の値上げについて「一定の転嫁を(保険料に)せざるを得ないのはひとつの選択肢として存在する」ことを述べ、損害保険は非課税業種で増税分を保険料に上乗せできないために各社の利益を圧迫する増税に対して引き上げ分を各社の自助努力で吸収する姿勢を示しながらも値上げの必要性を示唆しました。  また賃上げについては「政権の並々ならぬ意向は承知している」と述べた上で、「何らかの形で(従業員の)労に報いていきた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/23 23:00
大手損保が自動車保険料を値上げする方向で検討!
 損害保険大手グループのNKSJホールディングス傘下にある損害保険ジャパンと日本興亜損害保険が、自動車保険の保険料を値上げする方向で検討に入ったことが分かったのですが、4月の消費税増税に伴い保険会社が負担する自動車の修理代などが上がるために2社は今夏以降、平均で1〜2%程度引き上げる検討をしているとの配信がありました。  損保ジャパンと日本興亜は9月に合併する予定ですが、両社は合併に前後して商品改定を予定しており、保険料の引き上げも合わせて実施される見通しであり、他の大手損保も通例10月に実... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/02 19:23
ウェブクルー"事故対応満足度ランキング"はイーデザイン損保が全項目で2年連続1位!
 ウェブクルーがこの程、自動車保険の「事故対応」に特化した満足度ランキングを発表したのですが、同ランキングは実際に事故で自動車保険を使った人を対象にしたものであり、「総合満足度」をはじめ「手続きのスピード」や「的確さ」など、保険会社の事故対応に関する満足度をランキング形式で表していますが、その結果「総合的な満足度」の1位を獲得したのはイーデザイン損害保険(以下、イーデザイン損保)で、次いで2位はセゾン自動車火災保険(以下、セゾン自動車)、3位はチューリッヒ保険、4位はソニー損害保険、5位は三井ダ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/24 22:16
東京海上日動「ちょいのり保険」の利用申込50万件を突破!
 保険毎日新聞から東京海上日動が9月現在で「ちょいのり保険(1日自動車保険)」の利用申込件数が50万件、利用日数累計が70万日を突破したことを明らかにしたのですが、これは“必要なときに必要な日数分だけいつでもケータイで手軽に加入できる”のコンセプトとスマホからも加入できる利便性が主に10代から30代の顧客の支持を得ているためであり、同社独自の調査でも10〜30代の免許保有者のうちの約1600万人が自分の車を持たないが約700万人は月に1回程度は車を運転するとの調査結果を掲載していました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/02 16:00
「事故る」と任意保険も高くつく ! 10月に新等級制度移行 !
 今までブログにて10月からの自動車任意保険の等級制度改定について紹介をしてきましたが、自動車保険は国内損保事業収入の半分を占める中核分野となっているのですが、若者のクルマ離れによる収入減や高齢者の事故増加等で支出が増えたことにより2008年度以降赤字経営が続き、今回の制度改定で事業の黒字化を目指そうということとなり各保険会社を統括する「損害保険料率算出機構」が考えたのが等級制度の内容見直しなのです。  従来は事故の有無に拘わらず同じ割引率を適用していた為に契約者間の保険料負担に不公平が生じ、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/01 16:42
自動車保険料が10月から値上げで事故ドライバーは割高に!
 2012年4月に発表された損害保険料率算出機構の新たなノンフリート等級別料率制度を、各保険会社が2013年10月1日以降の契約分から適用するために事故を起こした人とそうでない人が割引率に差がつけられ、従来制度の場合であれば無事故で例えば17等級に上がった人も事故で17等級に下がった人も割引率が同じ−57%だったものが、新制度では同じ17等級でも有事故者には−38%、無事故者には−53%という割引率が適用され、しかも事故後3年間は有事故者に分類され続けるために割引率が無事故者より低いまま事故を起... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/29 17:38
10月から大きく変わる自動車保険は代理店型からダイレクト型への乗り換えが加速か?
 2012年4月に発表された損害保険料率算出機構の新たなノンフリート等級別料率制度を、各保険会社が2013年10月1日以降の契約分から適用する事となったのですが、特に大きな変更が事故を起こした人とそうでない人で割引率に差がつけられる点で、従来制度の場合無事故で例えば17等級に上がった人も、事故で17等級に下がった人も割引率は同じ−57%だったものが、新制度では同じ17等級でも有事故者には−38%、無事故者には−53%という割引率が適用され、しかも事故後3年間は有事故者に分類され続けるため、割引率... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/23 01:36
アクサ損害保険が「アクサダイレクト総合自動車保険」の商品内容を改定
 アクサ損害保険株式会社から保険始期日が2013年10月21日以降の契約となる「アクサダイレクト総合自動車保険」を対象に、ノンフリート等級別料率(新)制度の適用開始(周知期間の終了)、人身傷害補償特約における「倍額条項」(※)の新設、搭乗者傷害保険における「医療保険金 支払額表」の見直し、保険料水準の見直しなどについて改定を実施しするとの配信がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/13 20:22
日本初「自動ブレーキ」で保険料最大5%割引
 大手損害保険各社は高齢者による事故増加などにより収支が悪化している自動車保険の立て直しに苦慮し、2013年3月期には各社とも赤字幅を縮めたものの赤字脱却するまでには至っておらず、黒字化を図るために東京海上日動火災保険など大手5社は年内の自動車保険料の値上げで足並みをそろえています。  米系損害保険会社のアメリカンホーム保険が8日に、自動車が前方の車両や障害物と衝突する危険を感知して自動的に減速する「衝突被害軽減ブレーキ」付きの自動車について、9月1日以降の契約を対象として保険料を最大5%割り... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/09 16:47
高齢者事故や車離れ等で収益基盤安定しない自動車保険の悩ましい現状!
 今月の初めころ東京海上日動火災保険が、ドライバーが任意加入する自動車保険の保険料を10月から引き上げる方針を固め、上げ幅については平均約1.9%で、昨年1月以来の保険料値上げとなり、高齢者の事故増加や若者の車離れなどを背景に自動車保険の収支が実質的に赤字状態にある中で値上げにより収益性改善につなげることをブログにて紹介を致しました。  24日付のSankeiBizにて、大手損害保険各社が高齢者による事故増加などにより収支が悪化している自動車保険の立て直しに苦慮しており、2013年3月期には各... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/06/29 17:13
イーデザイン損保が自動車保険の保険料算出方法を改定!
 イーデザイン損保が保険開始日9月1日以降の自動車保険について、保険料の算出方法を改定すると発表したのですが、同社ではこれまで「車種・型式」や「運転免許証の色」、「年齢」、「使用目的」など、契約する車や運転者の情報に基づいて保険料を算出し、今回の改定では「前年走行距離」と「主な使用地」の2項目を新たに追加すると共にこれまで以上に契約者一人ひとりのリスク実態に合った保険料となることを目指すものにするとの配信がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/29 16:47
損保大手の決算は軒並み最高益するも主力の自動車保険は赤字で10月から自動車保険料値上げへ!
損害保険各社の2013年3月期連結決算が出そろい、「メガ損保」と呼ばれる大手3グループはいずれもグループとして過去最高の最終利益を計上したのですが、タイ洪水の発生など損保にとっては逆風続きだった前期から一転して業績が改善するも、主力事業の自動車保険が赤字体質を抜け出せずに各社とも値上げに踏み切る方針であることが配信されました。  24日付のSankeiBizdでも東京海上日動火災保険が、ドライバーが任意加入する自動車保険の保険料を10月から引き上げる方針を固め、上げ幅については平均約1.9%で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/01 23:25
損保各社が自動車保険料を10月値上げへ(三井住友海上1.7%、あいおいニッセイ1%強)
 三井住友海上火災保険やあいおいニッセイ同和損害保険が18日、任意加入の自動車保険の保険料をそれぞれ10月から引き上げる方針を固め、上げ幅は三井住友が1.7%、あいおいニッセイが1%強となり、損害保険ジャパンと日本興亜損害保険が4月に平均2%の引き上げを実施したために東京海上日動火災保険も続く見込みで、国内損保大手は赤字が続く自動車保険の収支改善に動き出すとの配信がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/19 16:17
大手損保が今秋メドに2%程度の車保険料一斉引き上げ
 すでに多くのドライバーには損害保険会社からの説明があったと思うのですが、4月1日から始まった新年度の自動車保険の仕組みは大幅に変わり、赤字が続く自動車保険の収益改善を狙いとして大手損害保険各社が相次ぎ任意加入の自動車保険の保険料を引き上げる事となり、契約者には負担増となりそうなんです。  東京海上日動火災保険は10月をめどに平均2%程度の上げ幅で保険料の引き上げる方針で進めており、三井住友海上火災保険やあいおいニッセイ同和損害保険も今秋の引き上げを検討中だとの配信がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/03 10:50
2013年度自動車保険顧客満足度調査でイーデザイン損保が5つ目の顧客満足度1位を獲得!
 楽天が2013年度の自動車保険顧客満足度を調査を行ったところ、イーデザイン損保が総合満足度ランキングで第1位となったのですが、オリコンや価格.com、JDパワー、スクエアbangの各社が実施する調査でも総合第1位を獲得しており、自動車保険を対象とした主要な顧客満足度ランキングの全てにおいて第1位となっていることが配信されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/05 15:48
ソニー損保がインターネット割引額を8000円に拡大!
 ソニー損害保険株式会社が2013年4月1日以降の保険始期日となる自動車保険新規の契約を対象にインターネット割引額を従来の5,000円から8,000円に拡大するとの配信をしました。  これは、ソニー損保の自動車保険では“保険料は「走る分だけ」”というわかり易さや充実したサービスなどについて顧客からの支持を受けてダイレクト自動車保険市場においてトップの売上を10年にわたって保持しているのですが、今回のインターネット割引額拡大によりさらに多くの顧客にソニー損保の自動車保険に関心を持ってもらうことに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/01 16:41
知らないと損する4月から自動車保険が大改訂
 明日4月1日から始まる新年度には自動車保険の仕組みが大幅に変わり、すでに多くのドライバーには損害保険会社から説明がされていますが「知らなかった」と後悔しないためにも、もう一度自身の状況を再点検する必要があるとの記事が配信されていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/31 13:33
自動車保険の等級制度改定により保険会社が “等級すえおき事故”の廃止を順次導入!
 2012年4月1日に自動車保険のノンフリート等級制度が改定され、新制度の導入が決定したのですが、各保険会社が順次導入するとしている新制度では事故を起こしたドライバーの自動車保険料が従来よりも引き上がってしまうために20段階の等級それぞれの割増引率についての見直しが実施され、事故の有無により等級係数を“無事故係数”と“事故有係数”に細分化するという大きな改定となりましたが、もうひとつ覚えておきたいのが“等級すえおき事故”の廃止であるということが配信されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/03/12 14:05
自動車保険のネット申し込みに「抵抗ない」ないのは20代より40代が多数!
 三井ダイレクト損害保険が自動車保険のネット申し込みに対して行った調査で、40代の約半数が抵抗を感じていないことが明らかとなり、40代と20代の感じ方を比較したところ20代で抵抗を感じていなかったのは約3割とネットの利用に身近な世代の20代より40代のほうが自動車保険のネット申し込みには積極的であるようだとの調査内容が配信されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/09 14:12
自動車保険会社の“示談交渉サービス”ネット上の確認範囲拡充!
 事故を起こした人と無事故の人との間で保険料負担に不公平が生じないよう損害保険料率算出機構が自動車保険の等級制度を変更したことを受けて、事故を起こしたドライバーの自動車保険料を従来よりも高く設定する見直しが損害保険各社で順次始まっています。  任意自動車保険に加入していれば対人・対物事故が発生した際に契約者に代わって自動車保険会社が“示談代行サービス”として相手方と交渉をしてくれるため、相手方と一度も接触することのないまま保険金の支払いまで完了するケースが多く、進捗に関しては電話などで随時報告... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/07 01:20
自動車保険制度改定はビジネスチャンスか変化なしか?保険ショップと損保会社の意見
 損害保険各社の赤字が続く自動車保険事業の収益を改善するとともに契約者間の不公平を解消する狙いとして10月1日から、事故を起こしたドライバーの自動車保険料を大幅に引き上げる新料金制度を導入するとの発表があり、事故を起こしたドライバーの自動車保険料を従来よりも高く設定する見直しが損害保険各社で順次始まっているのですが、これは事故を起こした人と無事故の人との間で保険料負担に不公平が生じないよう損害保険料率算出機構が自動車保険の等級制度を変更したことを受けたものだとの配信がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/07 01:06
自動車保険制度改定は新規の優良顧客減少と不払い問題対策が負担に!
 大手損害保険会社を中心に自動車保険の大幅な見直しが行われ、2012年10月以降からの契約が始まる自動車保険で保険金が発生するような事故を起こした場合には、その翌年から3年間の保険料が以前の仕組みよりも高くなるというものなのですが、これは損害保険料率算出機構がノンフリート等級制度を改定したことを受けたものとなっています。  24日付のレスポンスに損保各社が加盟する非営利の民間法人である損害保険料率算出機構が適正な保険金を支払うために必要な保険料の水準を定期的にチェックし、保険料を取り足りてない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/26 13:56
自動車保険制度改定はリスクを明確にした等級間係数のばらつき是正!
 大手損害保険会社を中心にした自動車保険の大幅な見直しが行われており、見直し内容は2012年10月以降に契約が始まる自動車保険で保険金が発生するような事故を起こした場合にその翌年から3年間の保険料が以前の仕組みよりも高くなるということが配信されていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/01/17 14:29
自動車保険改定で事故起こした人により厳しく同じ負担不公平
 損害保険各社が赤字が続く自動車保険事業の収益を改善するとともに契約者間の不公平を解消する狙いとして10月1日から、事故を起こしたドライバーの自動車保険料を大幅に引き上げる新料金制度を導入するとの発表があり、10月以降に契約更新した後の事故から適用となり、保険料は来年10月以降の契約更新から引き上げになことをブログにて紹介をしてきましたが、自動車保険の保険料を決める基準が改定され大手の損害保険会社を中心に10月から新規契約や更新の際に新たな基準の適用が始まり、交通事故を起こして保険を使うと無事故... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/12 22:09
自動車保険料が大幅アップトータルで13万円以上も!
 今月5日付の週刊文春に今年早々に値上げされた自動車保険料が10月の契約分からまた引き上げられることになったのですが、この保険料の引き上げについて自動車評論家の松下宏氏が「高齢ドライバーの事故率増加と若者の車離れの加速で、損害保険会社の収益率が急激に悪化していることが一因ですが、懲罰的な意味合いが強いのも特徴です」とコメントしている内容が掲載されていました  この件について掲載されていた記事の内容が懲罰的とは穏やかでないのだが、事故を起こしたドライバーは再び事故を起こす確率が高いといわれている... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/16 16:22
損保が来月から事故ドライバーは大幅割高の新料金制度!
 26日付の時事通信より損害保険各社が赤字が続く自動車保険事業の収益を改善するとともに契約者間の不公平を解消する狙いとして10月1日から、事故を起こしたドライバーの自動車保険料を大幅に引き上げる新料金制度を導入するとの発表があり、10月以降に契約更新した後の事故から適用となり、保険料は来年10月以降の契約更新から引き上げるとの配信がありました。  配信された記事によると自動車保険は契約者を1〜20までの等級に分類し、無事故の期間が長ければ等級が上がり、保険料の割引率も高くなるのですが逆に事故を... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/09/28 00:20
損保ジャパンが自動車事故防止機能持つスマホアプリ提供開始!
 27日付のフジテレビ系FNNにて損害保険ジャパンが、運転中のドライバーに前方の車との距離を知らせるなどの事故防止機能を持つスマートフォン向けアプリケーションの提供を開始したのですが、27日から開始された損保ジャパンの無料アプリケーションは前方を走っている車との走行速度に応じた危険な車間距離を感知し、音でドライバーに注意を促すものだとの事でした。 この件について配信されていた記事の内容は下記の通りでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/29 15:57
AIUが4年連続自動車保険の事故対応満足度トップ!
 21日付のレスポンスにJ.D.パワーアジア・パシフィックが自動車事故で保険を利用した際の対応についての満足度調査を実施した調査結果が、AIUが4年連続1位となったとの記事の配信がありました。  配信されていた記事によると調査は過去2年以内に保険会社へ事故連絡(保険金請求)をしたことがある経験者を対象に今年5月にインターネット調査を実施し、6903人から得た回答を元に「保険金支払」「事故受付体制」「事故対応担当者」「調査/認定結果」「修理サービス」「代車/レンタカーサービス」の6項目から総合満... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/29 15:37
事故後3年間ペナルティ料率&等級据え置き事故も廃止で影響大!
 大手損害保険各社は今年10月以降の契約分から適用する方向性で、来年10月から交通事故を起こしたドライバーの保険料を大幅に引き上げると発表したことをブログにて紹介を致しました。  これは、事故抑止効果を高め、慢性的な赤字に苦しむ自動車保険事業の収益を改善する狙いであり、事故を起こした場合は現行制度に比べ翌年の保険料が60%以上高くなるケースもあるとのことでした。  27日付のレスポンスに大手損害保険各社が、今年10月以降の自動車保険契約分(継続契約含む)からノンフリート等級別料率制度を改定し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/29 14:23
エイチ・エス損保が生命保険と自動車保険の取り扱いを開始
 24日から25日にかけて各報道機関よりエイチ・エス損害保険が、エイチ・エスライフ少額短期保険およびSBI損害保険と代理店委託契約を締結して、エイチ・エスライフ少短のネット専用保険「スマートライフバリュー」およびSBI損保の自動車保険について代理店としての取扱いを開始したとの配信がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/26 16:54
あいおいニッセイ同和が業界初シニアドライバー向けアドバイスサービス開始
 現在、シニアドライバーが起こす事故が増えている背景の中で、あいおいニッセイ同和損害保険が安全運転に関するシニアドライバーからの相談に専門スタッフが電話で対応する業界初のサービス「ベテランドライバーサポート」を10月1日から開始するとの配信がありました。  配信された記事によると損保業界初のサービス「ベテランドライバーサポート」は同社の自動車保険契約者を対象としたもので、安全運転に関するアドバイスを始めとする身体能力や運転心理に関する相談、シニアの交通事故に関する情報提供などを専用窓口「ベテラ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/26 16:31
共栄火災が自動車保険の商品改定を実施!
 今月初旬に大手損害保険各社が来年10月から交通事故を起こしたドライバーの保険料を大幅に引き上げることを決め、今年10月以降の契約分から適用するとの配信があり、改訂の内容は事故抑止効果を高め、慢性的な赤字に苦しむ自動車保険事業の収益を改善するのが狙いで、事故を起こした場合は現行制度に比べ翌年の保険料が60%以上高くなるケースもあるようだとのことでした。  共栄火災は10月1日以降を保険始期日とする自動車保険(総合自動車保険「KAPくるまる」、一般自動車保険「KAPベーシス」、ドライバー保険)の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/20 16:23
自動車保険は交通事故ドライバーの保険料を大幅引き上げへ!
 今日の毎日新聞に大手損害保険各社が来年10月から交通事故を起こしたドライバーの保険料を大幅に引き上げることを決め、今年10月以降の契約分から適用するとの配信をしていました。 記事の内容は事故抑止効果を高め、慢性的な赤字に苦しむ自動車保険事業の収益を改善するのが狙いで、事故を起こした場合は現行制度に比べ翌年の保険料が60%以上高くなるケースもあるようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/09 15:33
ソニー損保が自動車保険に証券ペーパーレス割引を新設
ソニー損害保険がウェブサイトを通じて自動車保険を契約する際に保険証書などの発行や郵送を省略すると保険料を割引く「証券ペーパーレス割引」を11月1日以降から始まる保険契約の適用で新設する「証券ペーパーレス割引」は、保険証書などの発行や郵送が不要なら保険料から500円割引くというもので、個々の保険契約内容はウェブサイトを通じて確認できるとしていることを発表しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/27 16:57
損保各社が自動車事故の契約者は保険料最大5割値上げの収支改善新制度導入
 先月末、損害保険大手各社は事故を起こしたドライバーの自動車保険料を割高にする新制度を導入することを発表したのですが、収支改善新制度の仕組みは業界共通で三井住友海上火災保険が10月から新制度の適用を始めるほか、東京海上日動火災保険や損害保険ジャパンも続く方針で、事故を起こした場合に現行制度に比べて最大約5割の値上げになる見通しであり、事故を起こすリスクが高い人には応分の負担をしてもらうことで収益の柱である自動車保険の収支改善を目指す内容になっていることが配信されていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/26 13:54
損保大手の昨年度の保険料収入は増加!
 4月5日から6日にかけて報道機関より、損害保険大手5社の2011年度の営業成績(速報)が出そろい、エコカー補助金復活により新車販売が好調だったことや東日本大震災以降の地震保険に加入する世帯が増えたこと等が追い風となり、売上高に相当する保険料収入は各社とも伸長したとの配信がありました。 この件について配信された記事の内容は下記の通りです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/08 23:30
損保が事故を起こしたドライバーには負担増で自動車保険の値上げ検討!
 今年の2月に自動車損害賠償責任(自賠責)保険審議会はが、強制保険である「自賠責保険」の保険料を引き上げることを決定し、任意保険の「自動車保険」も大手損害保険各社が年齢層別に料率区分を設定し、値上げする方針であり、この二重の値上げで特に影響を受けるのが高齢者であるという記事を紹介しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/24 01:19
赤字続きの自動車保険で高齢者の値上げは「必然」!
 昨年より自動車保険や自賠責保険の値上げについては何度となく紹介をしてきました。 大手損害保険各社が今年4月から自動車保険の保険料を相次いで値上げする方針であることも今まで紹介をしてきたのですが、これはドライバーの高齢化などが影響しており、自動車の事故率は年々上昇し、保険金の支払いも増えていることから、特に60歳以上の事故率が増えているために大手損保では30歳以上の年齢区分を10歳ごとに細分化して、60歳以上を中心に保険料を値上げする方針となっていることをBlogにて紹介をさせて頂きました。 ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/03/10 22:33
自動車保険保険料値上げでどうする!?
 デフレにより物の値段が下がっている中で、自動車離れなどによる損害保険各社の保険料収入が減る一方で事故被害者への保険金支払いが膨らんだために収支が悪化した背景に、高齢者を中心に任意加入の自動車保険料が2011年4月以降に相次いで値上げされる見通しとなったことをBlogにて紹介をしてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/30 21:08
自賠責保険料4年ぶり値上げし、2年後に再値上げ!
 1月14日・15日にかけて各報道機関より自動車やバイクを持つ人に加入が義務づけられている「自賠責保険」の保険料を、政府は、2段階で引き上げる方針を示し、自動車損害賠償責任保険を管理する金融庁は、2011年4月から12%程度、さらに2013年度には15%程度、保険料を段階的に引き上げる方針を示した事や第1段階の4月の保険料引き上げでは、標準的な自家用乗用車の2年契約で、2,500円ほど負担が増える見通しであることをBlogにて紹介をしてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/01/22 23:18
損保が高齢化で収益悪化し、事故率も増加でかさむ割引
 今年に入ってから大手損害保険各社が高齢者による交通事故が増えていることから、4月以降、高齢者を中心に自動車保険の保険料を値上げする方針であり、これまで大手損保各社の自動車保険では「35歳以上」は原則同じ保険料だったのですが、高齢者による交通事故が増えたことにより保険金の支払いが増加しているために各社は高齢者を中心に保険料を値上げする方針であることをBlogにて紹介を致しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/01/15 21:26
セゾン自動車火災が1歳刻みの保険料体系の通販型自動車保険「おとなの自動車保険」を発売
 年明け早々、各報道機関より大手損害保険各社が高齢者による交通事故が増えていることから、4月以降、高齢者を中心に自動車保険の保険料を値上げする方針であることをBlogにて紹介を致しました。 この時配信された記事では、これまで大手損保各社の自動車保険は「35歳以上」は原則同じ保険料だったのですが、高齢者による交通事故が増えたことにより保険金の支払いが増加しているために各社は高齢者を中心に保険料を値上げする方針だとのことでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/10 18:24
自動車保険の年齢区分を細分化し、春から高齢者値上げへ!
 昨年11月に損害保険大手各社が高齢者の自動車保険料を引き上げる方針を決め、高齢者の事故が増えていることを受けて新たに高齢者向けの保険料を設定し、若い世代よりも高くする予定であり、引き上げ幅など詳細を詰めて来年度中に実施することをBlogにて紹介を致しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2011/01/09 00:01
SBI損保が「もうすぐ契約件数30万件突破キャンペーン」を実施!
 昨年、10月中旬にSBI損保では自動車保険の契約件数が9月末時点で20万件を超えたのですが、同社では主にインターネットを活用したダイレクト損害保険会社として2008年1月に営業を開始し、低価格な自動車保険を第1弾の商品として販売を始め、携帯電話のGPS機能を使ったSBI損保GPSナビ(位置情報通知)サービスやモバイルからの自動車保険の見積もり・申込み機能などを導入してきたとのことについてBlogにて紹介を致しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/05 23:59
損保ジャパンが自動車保険で1700件の支払い漏れ!
 損保ジャパンでは契約者へのサービスのために携帯から加入できる保険の開発や代理店業務のシステム開発など色々な改革が行われています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/23 21:02
イ―デザイン損保が携帯に8項目入力で保険料がわかるサービス開始!
 今月の初めに損害保険ジャパンとソフトバンクモバイルが携帯電話から簡単に加入できる保険サービス『ソフトバンクかんたん保険』を共同で開発し、今月15日から提供を開始すると発表したことをBlogにて紹介を致しました。 この時配信された記事では、ソフトバンクかんたん保険はソフトバンクの携帯電話からいつでも、どこでも簡単に保険に加入できるサービスとなっており、「海外旅行保険」「国内旅行保険」「スポーツ・レジャー保険」「ゴルファー保険」の4種類の保険を提供するとのことでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/16 22:49
ネクスティア生命が「アクサダイレクト総合自動車保険」の取り扱いを開始
 今年の4月にアクサ損害保険が6月15日以降のインターネット経由で申込んだ新規契約を対象に、「アクサダイレクト総合自動車保険」の割引上限金額を従来より1000円引き上げ5500円にすることをBlogにて紹介を致しました。 この時配信された記事では、同社が2002年にインターネット割引を開始して以来段階的に割引対象を拡大するとともに、よりウェブサイトを使い易くするための改定やオンラインでの事故経過報告サービスの提供などインターネットを通じて様々な取り組みを展開してきたのですが、インターネットを通... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/12/12 18:29
アメリカンホーム保険が自動車保険の事故対応受付などの情報を拡充!
 今年の3月下旬にアメリカンホーム保険会社では、万一自動車事故に遭われた顧客に対してより迅速かつ丁寧な対応ができるようにとアメリカンホーム保険社員が事故直後にアドバイスの提供などを行う初期対応サービスの時間を拡大するとともに、組織体制の強化を図るために損害サービスセンターの統合を行い、保険金支払い業務に携わる全ての損害サービスセンターにフリーダイヤルを導入しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/12 18:04
車のトラブルの意外と使われない自動車保険で保険会社に連絡は「わずか13.8%」
 12月2日にオリコンDDが「2011年度版オリコン顧客満足度ランキング」を発表し、同ランキングで「自動車保険」のジャンルにおける総合評価でソニー損保がトップとなり、「特別選出枠」ではイーデザイン損保が高評価を獲得していることをBlogにて紹介を致しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/11 00:42
オリコンランキング調べによる自動車保険会社ベスト15社を発表!
 今年8月にJ.D.パワーアジア・パシフィックが自動車事故で保険を利用した際の対応についての満足度調査を実施したところ、調査結果でAIUが昨年に引き続き1位となり、3項目すべてでトップの満足度だったとの配信があり、この時の調査では自動車任意保険の事故対応に対する顧客満足度を調べたもので、調査対象は過去2年以内の契約先の保険会社への事故連絡(保険金請求)経験者とし、今回は5月にインターネットにて調査を実施し、7575人から回答を得た結果、事故対応満足度の調査では保険金支払、事故連絡の受付対応、経過... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/12/06 22:34
ネットの自動車保険は代理店よりお得?
 9月初旬に自動車保険に新しい割引制度が続々と登場しており、エコカー割引や長期契約割引などをうまく使えば家計の負担軽減に役立ちそうで、損害保険業界では業界全体の自動車保険料の目安(参考純率)が2009年に引き上げられたことを受けて、保険料自体は値上げ傾向にあり、大手各社は年内に相次いで保険料を0・8〜2%程度値上げするのですが、この値上げによる顧客離れを防ごうと割引制度の導入競争も激化していることをBlogにて紹介を致しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/23 17:08
事故多発で高齢者の自動車保険料値上げし割高に!
 11月初旬に大手損害保険5社が発表した10月の保険料収入(速報値)が合計で4989億円となり、前年同月に比べて1.1%減り、減収は12カ月ぶりでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/18 22:27
「SBI損保の自動車保険」の損害サービス体制強化のお知らせ!
 10月中旬にSBI損保が自動車保険の契約件数が9月末時点で20万件超えたことを発表したのですが、同社は主にインターネットを活用したダイレクト損害保険会社として2008年1月に営業を開始し、低価格な自動車保険を第1弾の商品として販売を始め、携帯電話のGPS機能を使ったSBI損保GPSナビ(位置情報通知)サービスやモバイルからの自動車保険の見積もり・申込み機能などを導入してきたことをBlogにて紹介を致しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/14 21:28
損保大手3社の自動車保険好調により10年度上半期は増収!
8月の末に電話やインターネットなどを通じて割安な保険を販売する「直販」損害保険主要8社の2010年4〜6月期決算が出そろい、自動車保険の保険料収入は合計で507億円と前年同期比7.8%伸び、節約志向の高まりを背景に大手損保からの乗り換えが続いたのですが、ただ下期はエコカー補助金の打ち止めによって新車販売台数が減るとみられるなど事業環境には不透明要素も多いことをBlogにて紹介を致しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/10/29 00:29
SBI損保が自動車保険の契約件数20万件を突破
今年の1月にアクサ損保では、アクサダイレクト総合自動車保険の保有契約件数が12月末時点で70万件を超え、同社では通信販売(ダイレクトチャネル)によるリスク細分型自動車保険を1999年に発売し、2009年3月期の決算では初の単年度黒字化を達成、正味収入保険料で対前年度比11.6%増だったことをBlogにて紹介を致しました。 10月13日付のサーチナニュースより、SBI損保が10月8日に自動車保険の契約件数が9月末時点で20万件超えたとの配信がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2010/10/25 00:37
自動車保険に多彩な割引制度が続々登場!
8月にJ.D.パワーアジア・パシフィックが自動車事故で保険を利用した際の対応についての満足度調査を実施したところ、調査結果でAIUが昨年に引き続き1位となり、3項目すべてでトップの満足度だったことをBlogにて紹介をしました。 この時配信された記事では、調査は自動車任意保険の事故対応に対する顧客満足度を調べたもので、調査対象は過去2年以内の契約先の保険会社への事故連絡(保険金請求)経験者とし、今回は5月にインターネットにて調査を実施し、7575人から回答を得た結果、事故対応満足度の調査では保険... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/09/13 00:22
自動車保険顧客満足度は販売方法別にAIU、ソニー損保がトップ
昨日、自動車保険の保険料値上げが相次ぎ、業界首位の東京海上日動火災保険が2010年7月から保険料を実質1%引き上げたほか、三井住友海上火災保険も10月の新商品発売にあわせて1%の値上げを実施し、上位2社に追従する格好で日本興亜損害保険、あいおい損害保険、ニッセイ同和損害保険の3社も年内に1〜2%保険料を引き上げることを明らかにしたことをBlogにて紹介を致しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/22 16:16
3メガ統合で下がるはずでは?自動車保険料が相次ぐ値上げ
先週末に大手損害保険3グループの2010年4〜6月期連結決算が13日出そろい、売上高にあたる正味収入保険料が3グループ合計で前年同期比1.4%に増加し、1兆7545億円であり、これはエコカー補助金などによる新車販売の増加で主力の自動車保険の販売が底打ちしたことが主因なのですが、ただ9月末にはエコカー補助金が打ち切られる予定であり、回復基調が続くかは不透明だったことをBlogにて紹介を致しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/20 00:11
チューリッヒ保険が「iコンシェル」とオートGPS機能を活用した情報配信を開始
チューリッヒ保険会社では保険金支払いサービスシステム「Z−TRUST(Z−トラスト)」やガイドワイアのクレーム管理システムの導入等を行ってきました。 8月2日付の日本経済新聞より、 チューリッヒ保険会社が8月2日よりNTT ドコモが提供する情報配信サービス、iコンシェルとオートGPS機能を活用し、交通事故の抑止を図るための交通安全情報をリアルタイムに配信するサービスを開始したことを配信しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/08 20:46
三井ダイレクト損保が契約件数増加に伴い事故サービス体制を拡充
今年の4月に自動車保険全体が縮小する中で、代理店を通さずに割安な商品を提供する直販損保の伸びが大手損保の収益減に拍車を掛けているソニー損保、三井ダイレクト損保、アクサ損保、チューリッヒ、アメリカンホーム、そんぽ24、SBI損保、イーデザイン損保の直販主要8社の09年4〜12月期決算を見ると、自動車保険の保険料収入が計1352億円と対前年同期比で8.3%増加していました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/08 20:31
そんぽ24が自動車保険の販売体制を強化
大手損害保険6社では7月の保険料収入(速報値)が合計で5470億円と前年同月と比べて1.3%増えたことにより増収は9カ月連続となり、6社中4社が増収だったとのことは昨日Blogにて紹介をいたしました。 そして、エコカー減税などを追い風に新車販売台数が伸びたために主力の自動車保険が引き続き好調で、荷動きの回復で船舶などの損害を補償する海上保険も5.3%増えたとのことでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/08 18:11
大手損保全社が採算悪化で自動車保険を値上げ
今月の22日に日本興亜損害保険とあいおい損害保険、ニッセイ同和損害保険の3社が年内に自動車保険の保険料を引き上げることを明らかにしたのですが、これは昨年7月に自動車保険の保険料の目安である参考純率が引き上げられたのを受けて実施するものであることをBlogにて紹介をしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/01 01:12
損保3社が収入減少に対応し、自動車保険料を値上げへ
昨年の9月に自動車の任意保険料が値上がりすることは、マイカー所有者にとっては黙っていられないことであり、身の回りのものが値下がり気味の今、時代に逆行するような値上げ話に驚いた人も多く、なぜ自動車保険料が値上がりするのか? その理由からまず見ていこうということをBlogにて紹介をしました。  この時配信された記事では、値上げ話の発端が損保会社は加盟している「損害保険料算出機構」が「参考純率」を6年ぶりに見直したことにあり、契約者が支払っている自動車保険料は、事故を起こした時に支払われる保険... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/22 23:59
三井住友海上が事故の有無に応じ保険料決定する新商品発売
三井住友海上火災保険では10月の契約分から、任意の自動車保険の保険料水準を平均1%値上げすることを発表したことはBlogにて紹介をしました。 この時配信された記事では、自動車保険の値上げは2008年7月以来約2年ぶりで、損害保険料率算出機構が昨年7月、保険料の目安となる「参考純率」を平均5.7%引き上げたことに伴う措置で、値上げは自動車の保険料水準を変えずに補償内容を絞って、7月から平均1%の「実質値上げ」をする東京海上日動火災保険に次いで2社目となりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/27 23:34
三井住友海上が10月から自動車保険料平均1%値上げ
4月23日付の日本経済新聞より、三井住友海上火災保険が自動車保険の保険料を10月から平均で1%値上げすることを発表したのですが、損害保険料率算出機構が各社の保険料の目安となる「参考純率」を引き上げたために、純率見直しを反映した商品改定は東京海上日動火災保険に続いて2社目で、値上げによる顧客離れを防ぐために長期契約で保険料を割り引く新商品なども導入するとの配信がありました。 この件について配信された記事については、下記に掲載した通りです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/04/23 23:10
ダイレクト損保の自動車保険が直販で順調にシェアを伸展
4月14日付の保険毎日新聞が損保の事業環境が厳しさを増す中で直販損保が順調にシェアを伸ばしており、2010年3月期第3四半期に大手4社の自動車保険の正味収入保険料は対前年同期比で1.6%減少したのですが、直販最大手のソニー損保は同11.4%増加し、同社の損保市場全体における占有率は正味収入保険料ベースで0.8%程度とわずかだったのですが、今後さらに拡大していくものと見られ、こうした状況をにらんで大手損保が自社グループの直販損保による事業展開を強化する動きもありそうだとの配信がありました。 この... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/15 22:37
アクサ損保がインターネット経由で申込んだ新規契約を対象に割引を拡大
アクサ損保は4月1日に効率的な業務運営体制とすることを目的として、東京都台東区に本社を移転するとともに、首都圏にある東京センター(西葛西)と有明オフィス、さいたまオフィス(横浜オフィスは除く)を統合し、移転を今年5月から6月に順次行うことについては既にBlogにて紹介を致しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/13 22:47
東京海上と損保ジャパンがハイブリッド車は保険割引へ
昨年、自動車の任意保険料が今年度から値上がりする件について、マイカー所有者にとっては黙っていられないニュースであり、どちらかというと身の回りのものが値下がり気味の今、時代に逆行するような値上げ話に驚いた人も多く、なぜ自動車保険料が値上がりするのか? その理由から、まず見ていこうという事についてBlogにて紹介をしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/11 23:17
損保ジャパンが自動車保険「ONE―Step」改定
今年の2月に株式会社損害保険ジャパンがセゾン自動車火災保険株式会社および株式会社クレディセゾンの3社で従来より「カードと保険の融合」を基本精神とした業務提携に基づき、セゾンカード会員マーケットを主たるターゲットとしたセゾン自動車火災による損害保険事業に取り組んできたのですが、今般、当該事業の更なる拡大に向けて、セゾン自動車火災が従来より展開している損害保険の通信販売事業(以下「通販事業」)を強化することとなり、同事業の拡大に必要となる事業基盤強化を目的として、セゾン自動車火災が第三者割当増資を実... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/11 23:09
アメリカンホーム保険が自動車事故時の初期対応時間を拡大などサービス拡充
アメリカンホーム保険の自動車保険については、昨年の6月より自動車保険の契約者に提供している無料ロードサービス「ダイレクト・レスキュー」を大幅な拡充を行い、このサービスについては既契約者も利用できるようになっており、今回の無料サービス拡充で自走不能時のレッカーサービス無料けん引距離が従来の10kmから50kmまで大幅に延長されるほかに、事故現場での顧客サポートや携帯電話GPS機能を使った位置確認サービス、帰宅手段・臨時宿泊場所案内サービスが導入され、サービス拡充によって事故・故障等の万一のトラブル... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/03/30 23:07
損保業界の見通しは自動車販売減で市場縮小で「ネガティブ」を維持
損保業界については、損害保険大手6社が2009年4〜12月期決算を発表したのですが、売上高に相当する正味収入保険料が主力の自動車保険などの不振が響いて5社が減収となり、増収だった東京海上ホールディングスも米保険会社の買収効果を除くと減収となり、6社合計では前年同期比1.2%減の5兆895億円だったことを既にBlogにて紹介をしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/30 21:42
比較.comの自動車保険一括見積もりにイーデザイン損保を追加し、合計10社の見積もりが可能に
イーデザインは昨年6月に営業を開始したばかりなのですが、モバイルインターネットによる自動車保険の販売を展開しており、携帯電話で自動車保険の販売を行うイーデザイン損害保険が、昨年12月に自動車保険の契約件数が1万件を突破したことを発表したことをBlogにて紹介を致しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/03/28 14:53
アクサ損保がセブン銀行と提携し自動車保険と医療保険を販売
セブン銀行と云えば最近、チューリッヒ生命やライフネット生命と代理店業務契約を締結し、自動車保険や生命保険販売を行っています。 株式会社セブン銀行では損害保険会社や生命保険会社計4社の保険代理店として、平成22年2月15日(月)より、セブン銀行のウェブサイト「みんなのマネーサイト。」にて自動車保険や医療保険等の取扱いを開始しているのですが、2月下旬には首都圏のイトーヨーカドー内6ヵ所に開設している有人店舗「みんなの銀行窓口。」にて火災保険の取扱いを株式会社ヨークインシュアランスと共同で開始する予... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/20 20:47
東京海上が7月から自動車保険を実質1%値上げし、他社も追随
昨年、9月7日付の日経トレンディネットに掲載されていた自動車の任意保険料が来年度から値上がりする件について、マイカー所有者にとっては黙っていられないニュースであり、どちらかというと身の回りのものが値下がり気味の今、時代に逆行するような値上げ話に驚いた人も多く、なぜ自動車保険料が値上がりするのか? その理由から、まず見ていこうという記事を以前Blogにて紹介をいたしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/18 23:56
損保ジャパンが携帯で自動車保険を更新
損害保険ジャパンでは2台分の自動車保険を同時に契約すると保険料が1%安くなる割引制度を4月から導入することになり、損保業界では3台以上を一括契約した場合に保険料を3〜5%割り引く制度は実施しているのですが、一括契約の対象を2台に引き下げるのは初めて。世帯あたりの車の保有台数が多い地域の顧客を中心に囲い込みを図る狙いであることをBlogにて紹介をいたしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/17 21:58
損害保険ジャパンより2台分の自動車保険を同時契約なら保険料が1%割引
先月、損害保険ジャパンから自動車保険の保険料を実質的に値上げすることが明らかとなり、エアバッグなどの安全装置や盗難防止装置を装備した車に対する割引制度を4月以降廃止することとなり、平均では0.8%の値上げとなることをBlogにて紹介をしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/02/15 21:35
チューリッヒ保険が、セブン銀行のウェブサイトとモバイルサイトで自動車保険の販売を開始
株式会社セブン銀行はライフネット生命保険株式会社と生命保険募集代理店契約を締結し、2010年2月15日より、セブン銀行の金融商品比較サイト「みんなのマネーサイト」を通じた生命保険商品の代理店販売を開始したことが配をBlogにて紹介をしましたが、同日の2月12日付の報道機関より、チューリッヒ保険会社が2010年2月15日より株式会社セブン銀行のモバイルサイトとウェブサイトを通じて、チューリッヒの自動車保険のお見積り・申し込みが出来る自動車保険の販売を開始することが配信されました。 この件について... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/15 21:24
損保料率機構が地震保険基準料率のあらましの改定版と平成21年度版「自動車保険の概況」を発行
2月10日付のサーチナニュースより、損害保険料率算出機構が今年1月の地震保険料率改定の実施に伴い「地震保険基準料率のあらまし」の改定版と成21年度版(20年度データ)の自動車保険のファクトブック「自動車保険の概況」を発行したことが配信されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/02/11 21:22
ソニー損保が保険開始日が2010年2月1日以降の契約を対象に自動車保険を改定
現在テレビでよく見掛けているソニー損保の自動車保険。 1月29日付の日本経済新聞よりソニー損害保険株式会社が、自動車保険を保険開始日が2月1日以降のご契約を対象に、顧客の要望に応えることができるよう2つの特約を新設したほか、2010年4月から施行される保険法に対応した約款の改定および取扱いの変更を実施したとの配信がありました。 この件について配信された記事については、下記に掲載した通りです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/01 23:22
イーデザイン損保が更新契約でもインターネット割引1万円適用を決定
1月27日のサーチナニュースより、インターネット通販で保険販売をしているイーデザイン損保について、今年6月から迎える自動車保険の更新にあたり、モバイル・インターネットで手続きする顧客に対して、新規契約と同様にインターネット割引1万円を適用することを決定したと発表したことが配信されました。 配信された記事によると、イーデザイン損保は昨年6月13日からモバイル・インターネットによる自動車保険の営業を開始し、モバイル・インターネットで自動車保険を契約する顧客に対してインターネット割引1万円を適用した... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/29 00:37
アクサ損保が自動車保険の保有契約数70万件を突破
1月27日付のサーチナニュースより、アクサ損保が1月22日にアクサダイレクト総合自動車保険の保有契約件数が12月末時点で70万件を超えたと発表したことが配信されました。 配信された記事によるとアクサ損保では、通信販売(ダイレクトチャネル)によるリスク細分型自動車保険を1999年に発売。2009年3月期の決算では初の単年度黒字化を達成し、正味収入保険料で対前年度比11.6%増だったとのことです。 この件について配信された記事については、下記に掲載した通りです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/29 00:31
東京海上系自動車保険専門の通販会社「イーデザイン損害保険」が、自動車保険1万円引き
自動車保険については損保ジャパンがエアバッグなどの安全装置や盗難防止装置を装備した車に対する割引制度を4月以降廃止することとし、自動車保険の保険料を平均では0.8%の実質的に値上げすることを決定。 また、SBI損保も4月1日から自動車保険(個人総合自動車保険)を改定することが決定しています。 本日付の読売新聞より、東京海上ホールディングス傘下で自動車保険専門の通販会社「イーデザイン損害保険」が契約更新時の年間保険料を6月から1万円安くする割引制度を設けることが明らかとなったのですが、これはデ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/23 23:43
SBI損保が4月に自動車保険を改定
1月13日付のサーチナニュースよりSBI損保が、4月1日から自動車保険(個人総合自動車保険)を改定するとの配信がありました。 配信された記事によると、改定の主なポイントは「商品内容の改定」「表現のわかりやすさ向上」「保険法施行に伴う改定」となっており、商品内容の改定では、(1)運転者限定の変更、(2)対人賠償保険の臨時費用保険金の廃止、(3)人身傷害補償保険の臨時費用保険金の廃止を行うそうです。 また、原則として保険始期が4月1日以降の契約からの改定となるのですが、「保険法施行に伴う改定」の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/18 00:20
損保ジャパンが自動車保険の一部割引廃止で実質値上げへ
その損害保険ジャパンについては、昨年の11月に2009年4〜9月期の連結純利益が前年同期比29%増の293億円になったとの発表があり、従来予想では中間純利益が60億円、経常利益は14%減の318億円(従来予想は130億円)で、自然災害が少なく、保険金の支払いが予想よりも少なかったために利益予想を上方修正し、経常収益は9187億円で前年同期並みの見通しになったことは既にBlogにて紹介をいたしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/17 00:47
チューリッヒ保険より「スーパー自動車保険」で適用される「エコカー割引」対象車種を大幅拡大
チューリッヒ保険会社では、自動車保険について株式会社三菱東京UFJ銀行と提携し、インターネットによる自動車保険を既に通信販売を行っており、2007年12月の保険商品における銀行窓口販売解禁以降、継続的に銀行でのインターネットによる通信販売に取り組み、三菱東京UFJ銀行のホームページを通じてチューリッヒの自動車保険の見積り請求から契約締結までが可能となっています。 チューリッヒ保険会社について12月15日付日本経済新聞より、チューリッヒ保険会社が当社のスーパー自動車保険において適用される「エコカ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/30 16:38
モバイル自動車保険が、イーデザイン損保が契約数1万件を達成!
日本損害保険協会は加盟27社合計の2009年4〜9月期の収入保険料が前年同期比4.8%減の3兆5109億円だったことが発表され、これは自動車賠償責任(自賠責)保険が保険料率引き下げの影響で18.8%減となったことに加えて、主力の自動車保険も1.4%減少したことを以前Blogにて紹介を致しました。  また、この時経常利益が約2.5倍の2748億円で、純利益は82.1%増の1892億円となったのは台風などの自然災害が少なかったことや前年同期に多額の有価証券評価損を計上した反動などから利益は大幅に増... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/12/29 22:17
日本損害保険協会が自動車保険の比較Webサイトを開設
最近、生保・損保各社ではWeb上のHPのリニューアルやインターネット通販業者との提携などによりWebサイトの活用が盛んとなっています。 この様な中で、日本損害保険協会が個人向け自動車保険の保障内容や特約、主な割引制度などを比較できるWebサイト「自動車保険商品の比較サイト」を開設したとの配信がありました。  配信された記事によると、自動車保険商品の比較サイトは、日本損害保険協会に加盟する17社からの情報提供をもとに開設したもので、17商品の中から同時に3商品の比較ができ、比較結果をPDFで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/27 22:39
ソニー損害保険株式会社が自動車保険のイメージキャラクター変更
10月22日付にてソニー損害保険株式会社が、10月26日(月)から誠実な雰囲気を持つ瀧本さんが出演するCMや各種広告などにより、商品・サービスの特長をわかりやすく紹介することで、多くのお客様の「ソニー損保の自動車保険に関心を持っていただくきっかけ」を作っていきたいと考えて、自動車保険のイメージキャラクターに女優の瀧本美織さんを起用するとのプレスリリースを配信しました。 この件について配信された記事については、下記の通りでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/26 21:41
ソニー損保が「じぶん銀行」で自動車保険を販売開始!
昨日、日本経済新聞とレスポンスよりソニー損害保険株式会社が2009年10月13日から株式会社じぶん銀行を通じて自動車保険の販売を開始するとの配信がありました。 配信された記事によると、じぶん銀行が提供する金融サービスのひとつとして展開するじぶん銀行の携帯電話のウェブサイトでソニー損保の自動車保険の商品概要の確認や資料請求ができるようになり、じぶん銀行に口座があれば、氏名・住所などの情報を携帯電話で入力することなくより簡単・便利に資料請求をすることができるそうです。 また、自動車保険の契約にあ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/10 21:44
損保各社が軽向け割引制度を見直し、新車購入で保険料を安く
10月3日付けの日本経済新聞より、三井住友海上火災保険とあいおい損害保険は今月から軽自動車向け自動車保険の割引制度を見直し、エアバッグなどの安全装置を備えた車の割引を廃止して新車割引を導入したとの配信がありました。 配信された記事によると、軽自動車への乗り換えが増えていることもあり、軽自動車の購入者向けに割引を手厚くし、既存の契約者の中では値上げになるケースもあるそうです。また、東京海上日動火災保険や日本興亜損害保険なども昨年、安全装置割引をやめて新車割引を導入しており見直しが広がっているそう... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/10/03 20:54
三井住友火災保険が軽乗用車の保険料1%上げ
昨日の読売新聞から三井住友海上火災保険が軽乗用車の自動車保険料を10月から1%程度値上げする方針を明らかにしたとの配信がありました。 配信された記事によると、軽乗用車は安全性の向上などを背景に保有台数が過去10年で倍増し、事故件数も増加傾向にあり、これが収益圧迫の一因となっているために保険料引き上げで収益改善を図ると同時に、新たに新車割引制度などを導入して顧客離れを防ぐ方針だそうです。 この件について配信された記事については、下記に掲載した通りです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/30 21:54
2010年度に自動車保険が大幅値上げ!? 安く抑える手段は何か
9月7日付の日経トレンディネットより、自動車の任意保険料が来年度から値上がりする件について、マイカー所有者にとっては黙っていられないニュースであり、どちらかというと身の回りのものが値下がり気味の今、時代に逆行するような値上げ話に驚いた人も多く、なぜ自動車保険料が値上がりするのか? その理由から、まず見ていこうという内容の記事が配信されました。  配信された記事によると、値上げ話の発端は損保会社が加盟している「損害保険料算出機構」が「参考純率」を6年ぶりに見直したことにあり、契約者が支払ってい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/13 21:11
SBIアクサ生命が、ホームページでSBI損保の自動車保険を取り扱い開始
SBIアクサ生命では開業1周年を迎えた今年4月以降は各月とも新契約件数が前年同月比で約4倍〜10倍と大きく伸展し、昨年4月7日の開業以来、新契約件数の累計が1万件を突破したことをBlogにて紹介しましたが、今回はこのSBIアクサ生命保険株式会社とSBI損害保険株式会社が損害保険代理店委託契約を締結し、平成21年9月7日13時(予定)からSBIアクサ生命のWebサイトにおいてSBI損保の自動車保険の取扱いを開始することになったとの配信がありました。 この件について配信された記事については、下記に... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/09/04 22:31
ネット動画で保険説明「イーデザイン損保、業界で初めて」
8月20日付の読売新聞よりどんな場合に自動車保険の保険金が支払われるかを視覚でわかりやすく説明しようと、東京海上ホールディングス傘下の通販損保「イーデザイン損害保険」が、8月中にもホームページ上で、支払い対象となる実際の事故の事例をコンピューターグラフィックス(CG)の動画で紹介するサービスを始めるという記事の配信がありました。 配信された記事によると動画を使った自動車保険の商品説明は業界で初めてであり、 近年、保険料が比較的安いネット損保が人気なのですが、家電製品などと比べて商品の内容がわか... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/08/20 22:33
SBI損保がネット・サービス「アクトビラ」で自動車保険紹介コンテンツSBI損保自動車保険TVを配信
8月3日付日本経済新聞からSBI損害保険株式会社が、株式会社アクトビラの提供する、テレビの新しいネット・サービス『アクトビラ』に公式サイトとして参画し、8月3日(月)よりSBI損保の自動車保険紹介コンテンツ『SBI損保自動車保険TV』の配信をスタートしたことを配信しました。 配信された記事によると、今回のサービス開始によりSBI損保は初めてテレビ向けにサービスを提供することになり、『アクトビラ』上の公式サイトサービスジャンル「自動車/バイク」内に『SBI損保自動車保険TV』を新設し、ネット損保... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/09 20:37
そんぽ24損害保険が三菱東京UFJ銀行のHPで「そんぽ24自動車保険」を販売
7月27日付日本経済新聞よりそんぽ24損害保険株式会社が株式会社三菱東京UFJ銀行と提携し、2009年7月27日から「そんぽ24自動車保険(通信販売用総合自動車保険)」の販売を開始したことを配信しました。 配信され記事によると、今般の提携では三菱東京UFJ銀行がそんぽ24の媒介代理店となり、ホームページを通じてそんぽ24自動車保険の販売を行うもので、これによりお客様は三菱東京UFJ銀行のホームページから、そんぽ24自動車保険のお見積りやご契約手続きができるようになったそうです。 この件につい... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/08/01 13:29
チューリッヒ保険が三菱東京UFJ銀行と提携し自動車保険のネット販売を開始
7月27日付日本経済新聞より、チューリッヒ保険会社が株式会社三菱東京UFJ銀行と提携し、インターネットによる自動車保険の通信販売を本日より開始したことが配信されました。 配信された記事によると、2007年12月の保険商品における銀行窓口販売解禁以降、チューリッヒ保険会社では継続的に銀行でのインターネットによる通信販売に取り組んできましたが、この度、三菱東京UFJ銀行のホームページを通じてチューリッヒの自動車保険の見積り請求から契約締結までが可能となったとしています。 この件について配信された... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/08/01 13:17
ゲオとSBIホールディングスが子会社が自動車保険販売プロモーションで業務提携
7月23日付日本経済新聞より、ゲオの子会社である株式会社イーネット・フロンティアは、このたび、SBIホールディングス株式会社の子会社で、自動車販売店を通じた購入者への金融サービス提供を支援するSBIオートサポート株式会社とゲオショップ店頭における自動車保険販売プロモーションにおいて業務提携したことが配信されていましたので掲載をしてみました。 掲載されていた記事については、下記の通りでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/08/01 13:06
高齢ドライバーの自動車保険料引き上げへ
自動車保険の値上げについては、7月7日付の日本経済新聞から配信された損害保険各社が2010年度に、任意の自動車保険の保険料を一斉に引き上げる見通しになった記事および7月10日の産経新聞から東京海上ホールディングスや三井住友海上グループホールディングス、損害保険ジャパンなど損保各社の株価が低調で、1月5日の終値を100として算出した大手3社の足元の株価指数はいずれも日経平均を下回り100を大きく割り込んでいるとの記事をBlogにて紹介してきましたが、本日付の読売新聞より損害保険各社が来春から高齢ド... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/07/27 15:08
自動車保険の安さに「落とし穴」、賠償金が足りないケースも
最近、自動車保険については、損害保険各社が2010年度に、任意の自動車保険の保険料を一斉に引き上げる見通しになったことをBlogにて紹介をしてきましたが、本日付の読売新聞より、節約志向の高まりから自動車保険(任意保険)を保険料の安さで選ぶ人が増えているのですが、その分事故の補償が低かったり、補償範囲が狭くなる場合も多くみうけられ、ただ補償を削るのでなく内容を理解した上で自分に合った保険を選びたいと報じています。  また、日本損害保険協会では今秋、損保各社の自動車保険の特徴を詳細に比較できるサー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/22 21:04
自動車保険料をなぜ、来年度一斉値上げするのか?
自動車保険の値上げについては、7月7日付の日本経済新聞から配信された損害保険各社が2010年度に、任意の自動車保険の保険料を一斉に引き上げる見通しになった記事および7月10日の産経新聞から東京海上ホールディングスや三井住友海上グループホールディングス、損害保険ジャパンなど損保各社の株価が低調で、1月5日の終値を100として算出した大手3社の足元の株価指数はいずれも日経平均を下回り100を大きく割り込んでいるとの配信がありBlogにて紹介をいたしました。 本日付の毎日新聞から自動車保険料がなぜ?... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/07/16 21:26
あいおい損保がYahoo!ケータイでも携帯版公式サイト「けいたいIOI」提供し、3キャリアで開始
本日付の日本経済新聞よりあいおい損害保険株式会社が、2009年7月15日より、SoftbankのYahoo!ケータイ(公式サイト)で、携帯版公式サイト「けいたいIOI」の提供を開始することを配信しました。 配信された記事によると、2003年8月にauのEZwebへの登録をし、2009年5月にNTTdocomoのiモードへの登録に続き、今般、Softbankへ登録することで、主要3キャリアNTTdocomo,au,Softbankすべての公式サイトでの提供が始まり、これにより多くの顧客が本サイト... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/14 22:13
あいおい損保も自動車保険料を10月から1.2%上げ
7月7日受けの日本経済新聞より損害保険各社が2010年度に、任意の自動車保険の保険料を一斉に引き上げる見通しになったことが配信されたことをBlogにて紹介をしましたが、本日付の日本経済新聞から、あいおい損害保険は10月から個人向け自動車保険の保険料を平均1.2%引き上げることが配信されました。 配信された記事によると、保険金の支払いの増加などに対応して、昨年4月から損保大手では保険料引き上げの動きが続いており、あいおい損保の料率改定で大手6社すべてが値上げで足並みをそろえています。  この状... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/07/14 21:30
チューリッヒ保険が専属バイクによるロードサービス「Z−エクスプレス」を開始
7月10日付の日本経済新聞からチューリッヒ保険会社が2009年7月13日より、専属バイクによる新ロードサービス「Z−エクスプレス」を導入したことを配信しました。 配信された記事によると、「Z−エクスプレス」ではバイクの機動性を活かして事故・故障のトラブル発生時に専任スタッフが迅速な解決かつ高品質なサービスを届けてくれることになっているようです。 また、本サービス導入により駐車場や道幅の狭い場所での故障や渋滞中の道路上でのトラブル発生時など自動車よりも迅速かつ機動的に対応でき、顧客の不安をいち... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/11 14:26
損保各社が自動車離れで低調続き“構造不況”の重し
本日付の産経新聞から東京海上ホールディングスや三井住友海上グループホールディングス、損害保険ジャパンなど損保各社の株価が低調で、1月5日の終値を100として算出した大手3社の足元の株価指数はいずれも日経平均を下回り100を大きく割り込んでいるとの配信がありました。 配信された記事によると、損害保険料率算出機構が7日に自動車保険の保険料算定の基準となる「参考純率」を平均で5.7%引き上げると発表したことにより、これを受けた損保各社は来年から保険料を値上げする見通しとなり、自動車保険は売上高に相当... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/10 21:13
自動車保険を10年度に一斉値上げで基準料率5.7%アップ
今夕、日本経済新聞より損害保険各社が2010年度に、任意の自動車保険の保険料を一斉に引き上げる見通しになったことが配信されました。 配信された記事によると、損害保険料率算出機構が保険料決定の基準となる「参考純率」を平均5.7%上げるのを受けて各社が自社の上げ幅を独自に判断し、自動車保険の支払保険金が増えているためで、参考純率のアップは9年ぶりで、特に事故が多い高齢者の上げ幅が大きくなりそうです。  また、同機構は加盟各社の最新の事故データを分析し、参考純率を計算するのですが、損保の多くはこれ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/07/07 22:17
富士火災グループがAIU保険やアメリカンホーム保険と車両損害調査業務の一部委託契約を更新
本日付の日本経済新聞より、富士火災海上保険株式会社が子会社の富士損害サービス株式会社とAIU保険会社およびアメリカンホーム保険会社との間で、自動車保険における車両損害調査業務の一部について、7月1日からの業務委託契約を改めて締結したことが配信されました。 配信された記事によると富士損害サービス社では、これまでもAIU保険およびアメリカンホーム2社との車両損害調査業務に関わる連携を行ってきたのですが、本年2月に富士火災が発表した「富士事業強化プラン」におけるAIUホールディングスとの連携をさらに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/02 20:22
SBI損保を比較.comの「自動車保険比較サービス」に追加
6月30日付の日本経済新聞より、比較.com株式会社が同社の運営する総合比較サイト『比較.com』内の『比較.com 自動車保険比較サービス』にて、新たにSBI損害保険株式会社を加えた合計9社の見積もりを依頼できるようになったことを配信しました。 配信された記事によると、比較.comの自動車保険比較では合計7社の一括見積もりと2社の個別見積もりが依頼することができ、車種や現在の保険加入状況などを入力するだけで自分にあった自動車保険の徹底比較が可能となっています。 また、自動車は購入資金は勿論... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2009/07/01 11:17
自動車保険の割引制度「エコカー割引」利用しよう
現在、エコカーと呼ばれるブリット車の登場により自動車保険にも「エコカー割引(低公害車割引)」の導入をする保険会社が出てきています。 以前は、低燃費車に対して「エコカー割引(低公害車割引)」が適用されてきましたが、現在ではほとんどの車が低燃費車と成っていることからハイブリット車だけにこの割引を適用する方向へと変わってきました。 この様な流れの中で、マイコミジャーナルに「自動車保険の割引制度「エコカー割引」利用しよう」という記事の掲載がありましたので掲載をしてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/06/30 11:35
ソニー損保がロードサービスにGPS位置情報システムを導入
昨日付のレスポンス社と日本経済新聞社より、ソニー損害保険が自動車保険契約者に提供しているロードサービスで、7月1日午前9時以降に受け付けたサービス要請から携帯電話のGPS位置情報サービス機能を利用できるサービスを開始すると発表との配信がありました。 配信された記事によると、GPS位置情報通知の利用開始により旅行先などの見知らぬ場所からでもスムーズに現在地を伝えることができるようになり、ロードサービス利用者の利便性や安心感の向上を目指す事ができ、精度の高いロードサービス出動場所の特定が可能となる... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/30 11:20
SBIホールディングスがSBIオートサポートとオークサービスの顧客の相互紹介で業務提携
6月25日の日本経済新聞より、SBIホールディングス株式会社の子会社で自動車販売店を通じた購入者への金融サービス提供を支援するSBIオートサポート株式会社が、自動車TVオークション大手の株式会社オークネットのグループ会社である株式会社オークサービスと提携し、オークサービスの提供する自動車販売店向けの顧客管理のアウトソーシングサービス「常連さん」を通じて相互に顧客を紹介し、相互のビジネスの発展を図ることで合意したことが配信されました。 配信された記事によると、今回の提携によりSBIオートサポート... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/06/28 00:54
SBIホールディングスが自動車保険一括見積もり請求サービスにイーデザイン損保が参加
このところ何かと話題の多いSBIホールディングスですが、昨日の日本経済新聞よりSBIホールディングスが運営する保険商品の比較・見積もりサイト『保険の窓口インズウェブ』で提供している「自動車保険一括見積もり請求サービス」において、今回からイーデザイン損害保険株式会社が新たに参加し、見積もり可能な保険会社等が業界最多クラスの23社となったことを配信しました。 配信された記事によると、「自動車保険一括見積もり請求サービス」では、現在見積もり件数は年間75万件(2008年4月〜2009年3月)を超えて... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/06/19 20:00
通販損保6社が節約志向が追い風となり販売成績に大幅な伸びを維持
今夜、フジサンケイ ビジネスアイよりインターネットや電話などを通じて申し込む通販タイプの自動車保険が販売を伸ばしているのですが、これは人件費などのコストを抑えることで大手損保に比べて保険料が2〜3割安いことが人気を呼んでおり、平成20年度の自動車保険料収入の通販主要6社の合計は前年比約8%増加し、過去10年間で市場は15倍に膨らんだのだとの配信がありました。  配信された記事によると、若者の自動車離れなどで自動車保険の収支は悪化しており、大手は6月から7月にかけて相次いで保険料の値上げをしてい... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/06/15 23:34
損保ジャパンが事故対応コールセンター「事故サポートデスク」を新設
6月11日付の日本経済新聞より、損害保険ジャパンが単独事故など比較的対応が簡単な自動車事故の処理専門のコールセンターを12月に東京都内と大阪市内に新設すると発表したことを配信しました。 配信された記事によると、事故の連絡受付から保険金の支払い決定まで一貫して電話で対応する業界でも初めの試みで、業務の効率化とともに週末でも迅速に顧客対応するという狙いがあり、新設する「事故サポートデスク」では当面は560人前後が常駐し、当面は東京と大阪で起きた事故に対応するのですが、2011年7月までに全国に広げ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/06/13 15:45
アメリカンホームが自動車保険付帯のロードサービスを大幅拡充
本日付のサーチナニュースよりアメリカンホーム保険会社が、自動車保険の契約者に提供している無料ロードサービス「ダイレクト・レスキュー」を7月1日から大幅に拡充する事を配信しました。 配信された記事によると、このサービスは既契約者も利用できるのですが、今回の無料サービス拡充で自走不能時のレッカーサービス無料けん引距離が従来の10kmから50kmまで大幅に延長されるほかに、事故現場での顧客サポートや携帯電話GPS機能を使った位置確認サービス、帰宅手段・臨時宿泊場所案内サービスが導入され、サービス拡充... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/13 14:26
東京海上とNTT子会社が損保会社を設立し、13日から営業を開始
昨日より各奉読機関より東京海上ホールディングスとNTTの金融子会社であるNTTファイナンスが設立したイーデザイン損害保険が損害保険業の免許を取得したとことを発表しました。 配信された記事によると、13日より携帯電話やインターネットなどを使って商品内容の分かりやすさを重視し、保険の特約数を15に絞ったのが特徴である自動車保険を家族が所有するミニバイクの賠償事故を補償するファミリーバイク特約など、ニーズの高い特約だけにして直接販売を始める予定となっているそうです、  また、イーデザイン損保の資本... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/09 20:01
直販損保6社の08年度の自動車保険料収入は節約志向ので中で7.7%増
今日付の日本経済新聞より、電話やインターネットなどを通じて契約する「直販損保」の自動車保険が契約者の節約志向の高まりなどが背景の中で販売が伸びているとの配信がありました。 配信された記事によると、東京海上日動火災保険など大手損保が軒並み減収となるなかで、ソニー損害保険など主要6社の2008年度の自動車保険料収入は1685億円と前年度と比べて7.7%増え、割安な保険料を売り物にシェアを伸ばしているとのことでした。  そして、直販最大手のソニー損害保険の自動車保険料収入は前年度比12%増の53... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/06/05 20:59
セゾン自動車火災が携帯サイトからの契約サービスを開始
今日付のサーチナニュースからセゾン自動車火災が、通販専用の自動車保険「セゾンの自動車保険」について、5月1日の新規契約から、更新は5月19日から携帯サイトによる契約締結サービスを開始するとの配信がありました。 配信された記事によると、これまで実施していた電話・郵送、インターネットでの契約に加え、新たに携帯サイトからの契約が可能となり、インターネットでの保険料試算・契約締結サービスと相互に連携して使用ができ、例えばインターネット経由で保険料試算サービスを利用し登録をした顧客はその見積内容を携帯サ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/19 17:07
あいおい損保が新型プリウスに対して車両保険15%割引を適用
今日、トヨタから新型プリウスが発売されホンダから発売されているインサイトも発売台数を伸ばしているため、ハイブリッド車は低価格下による本格普及期に入りました。 そして、今夕の日本経済新聞からあいおい損害保険株式会社が新型プリウスに対する車両保険の割引について15%割引の適用を行うとの配信がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/05/18 20:11
損害保険会社が自動車保険を相次ぎ値上げの中で、サービス拡充で顧客流出防止
5月9日付けフジサンケイ ビジネスアイより、若者の自動車離れなどで伸び悩む自動車保険市場において、損害保険大手が相次いで保険料引き上げに動き出しているのですが、これは自動車保険の収支改善が目的なのですが、景気悪化で消費者の財布のひもが固くなる中で、保険料引き上げによって顧客が安価な通信販売の損害保険(通販損保)に乗り換える懸念もあるため、各社ともサービス拡充や新たな割引制度で工夫を凝らして顧客つなぎ止めに懸命だとの配信がありました。 この記事に関する配信された詳細については、下記に掲載した通り... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/09 10:42
セゾン自動車火災が「セゾンの自動車保険」携帯サイトで契約締結サービスを開始
昨夜、日本経済新聞よりセゾン自動車火災保険株式会社が、通販専用の自動車保険『セゾンの自動車保険』について、新規契約については5月1日より、更新については5月19日より導入の予定で携帯サイトによる契約締結サービスを開始するとの配信がありました。 配信された記事によると今回のサービスでは、これまで実施していた電話・郵送もしくはインターネットでのご契約に加え、新たに携帯サイトからのご契約が可能となり、特にこのサービスはインターネットでの保険料試算・契約締結サービスと相互に連携しており、例えばインター... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/05/01 14:43
チューリッヒ保険がじぶん銀行のモバイルサイトで自動車保険を販売
チューリッヒ保険会社は、4月27日より株式会社じぶん銀行のモバイルのウェブサイトを通じて、業界初モバイルで見積りから保険料支払いまで行えるモバイル完結型自動車保険の販売を開始することを日本経済新聞より配信がありました。  配信された記事によると、昨年の12月から業界で初めてチューリッヒ保険会社のモバイルサイトにて自動車保険の見積りから新規契約の締結まで完結できるサービスを開始したのです。 今回の銀行のモバイルサイトを通じた自動車保険の販売は業界初となり、じぶん銀行の口座を持っている顧客は見積... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/04/25 13:06
一部損保が6月以降に自動車保険の保険料を値上げ
先月の下旬に、損害保険首位の東京海上日動火災保険が7月から自動車保険の保険料を平均1・3%値上げすることを掲載しましたが、今夜、東京海上日動火災保険などの一部の大手損害保険会社は6月以降に、新車販売の低迷で保険料収入が減少しているため、東京海上では2年連続の値上げとなりますが、自動車保険の保険料を値上げすることが配信されました。 配信された内容によると、値上げされる保険料については、最大手の東京海上が7月に平均3.0%、ニッセイ同和損害保険が6月に平均2.6%を予定。あいおい損害保険も値上げを... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/22 23:03
住信SBIネット銀行におけるSBI損保の自動車保険取扱い開始のお知らせ
SBI損害保険株式会社は住信SBIネット銀行株式会社と損害保険代理店委託契約を締結し、4月9日より住信SBIネット銀行のWEBサイトにおいてSBI損保の自動車保険の取扱いを開始したことが配信されました。 住信SBIネット銀行における自動車保険の取扱いやSBI損保における銀行窓販チャネルでの取扱いについては初めてだということです。 この件についてリリースされた記事については、下記に掲載をいたしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/04/16 21:30
損保各社に広がる自動車保険料の値上げは納得のサービス提供がカギ
4月6日に「大手損保6社中4社が自動車離れが響き08年度減収」という記事で、大手損害保険6社が発表した2009年3月期の営業成績速報によると、売上高にあたる08年度保険料収入(速報ベース)が、保険料が引き下げられた自賠責保険を除くと東京海上日動火災保険とニッセイ同和損害保険を除く4社が前年度を下回り、減収となったとの配信があり、各社とも景気低迷による自動車の新車販売不振や物流の低迷が響き、主力の自動車保険料が落ち込んだり、貨物関連の損害保険料が大きく目減りしたりと景気悪化が響いたためだったことを... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/04/14 00:04
エース損保が「インターネット専用家庭用自動車保険」専用ウェブサイトをリニューアル
エース損害保険株式会社が4月1日から「インターネット専用家庭用自動車保険」専用ウェブサイトのリニューアルを実施したことが配信されました。 今回のウェブサイトリニューアルでは、お客様の利便性向上のためと視覚的により見やすく、商品の特長がわかりやすいデザインに一新されたとのですが、これにともないウェブサイトリニューアルキャンペーンとして、折りたたみ式マウンテンバイク(20インチ)と5万円分の旅行券をそれぞれご契約者をした10名がもらえるとのことです。 この件についての記事の詳細については、下記の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/01 22:37
セゾン自動車火災がシンプルでわかりやすいをコンセプトに自動車保険を改定
セゾン自動車火災保険株式会社は、主力の「セゾン自動車総合保険」「セゾン自動車保険」を中心とした自動車保険についてシンプルでわかりやすいことを主眼とし、2009年4月以降を保険始期とする契約より改定するとの配信がありました。 改定される保険内容については、下記に掲載した記事の通りです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/03/31 16:04
東京海上日動が自動車保険料を7月から平均1・3%値上げ
損害保険首位の東京海上日動火災保険が7月から自動車保険の保険料を平均1・3%値上げすることを配信しました。  東京海上日動火災保険は約7年ぶりに保険料を見直した昨年に続き2年連続の値上げとなるのですが、今回の保険料値上げは自動車販売台数の減少で保険料の減収に歯止めがかからないことなどが要因で、他の大手各社にも値上げの動きが広がりそうだと言われています。 この件について配信された記事については、下記に掲載した通りです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/27 16:07
ソニー損保が契約者に割引・優待サービスを提供する「カーライフ割引サービス」を開始
ソニー損害保険株式会社は2009年3月2日から契約者に対してカーライフに関する各種サービスを優待価格で提供できる契約者特典として、「カーライフ割引サービス」(*1)を開始したとの配信がありました。 ソニー損保の自動車保険では「走る分だけ」という合理的な保険料算出方法と高品質なサービスなどで評価され、順調に契約者数を増やすことができたために、昨年末には自動車保険保有契約件数が100万件を超えました。 そこで、多くの契約者の支持に感謝するとともに、ソニー損保でご契約くださったお客様向けに、「カー... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/03/06 14:35
人身事故なくそうのキャンペーン 損保協会、「47」と協力
日本損害保険協会は今日からインターネットを活用した「みんなでなくそう!人身事故」キャンペーンを始めました。 日本損害保険協会の特設ホームページで自賠責保険の運用益活用事業などについて知っていただきながら、人身事故をなくす意識付けをしていただくことを目的として実施するもので、クイズに答えると全問正解した人の中から抽選で500人に賞品が当たるそうです。 賞品は抽選で500名の方に国内の地方新聞社と広告最大手の電通が出資して設立したネット通販サイト運営会社「47CLUB(よんななクラブ)」(本社・... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/02/01 20:39
ソニー損保では自動車保険のインターネット割引額を最大5000円に拡大
昨夜、ソニー損保より自動車保険の保険開始日が2月1日以降の新規契約の契約者を対象に、インターネットで見積りからお申込みまで完了した場合の割引額を、従来の3,000円から5,000円に増額することをはっぴょうしました。 割引条件については、下記に掲載の表を参考にしてみて下さい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/01/31 21:04
東京海上HDとNTTファイナンスが新損害保険会社開業に向け準備会社を春にも設立
東京海上ホールディングスとNTTグループは携帯電話やインターネットを使って自動車保険などを提携販売する事業計画として、近く共同出資で専門の損保会社を今春の開業を目指して設立すると発表がありました。 現在、新車販売の低迷を受けて、主力の自動車保険の保険料収入が減収となっている中で、インターネット等にて販売をしている保険会社に於いては、割安な保険料を売りにし、価格に敏感な消費者の支持を集めており、2009年は景気悪化の影響で消費者が大手から乗り換える動きが広がる可能性があるのではないかと囁かれてい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/23 15:19
ソニー損保が自動車保険の保有契約件数が昨年末で100万件を突破
昨日、アイニコム損保と提携しペットが病気やケガをしたときの治療費を補償するペット保険を始めたソニー損保が、主力商品である自動車保険の保有契約件数が2008年12月末に100万件を超えたとの記事の配信がありました。  ソニー損保が1999年秋から営業を開始し、自動車保険をインターネットと電話によるダイレクト販売を始め、販売開始から9年3ヵ月で保有契約件数が100万件到達となったそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/16 23:06
富士火災自動車保険「ミューズ」の販売が10万台を突破
今日の日本経済新聞社に富士火災海上保険株式会社から今年の8月に発売となった自動車保険「ミューズ」が10万台を突破したとの記事がありました。 富士火災の自動車保険「ミューズ」は、「事故に対する不安を抱える」幅広い顧客層に対して、自動車保険の本来機能である“事故対応力に特化した”商品を提供するために開発された商品となっているそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/12/08 23:14
7月から自動車保険料の引き上げが行なわれます!
7月から東京海上日動火災保険と三井住友海上火災保険で、自動車保険の保険料の引き上げが行なわれます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/27 23:38
ソニー損保が銀行のウェブサイトで自動車保険を販売
 ソニー損保では、昨年12月の銀行における保険商品販売の全面解禁に伴い、銀行での販売に向けた準備を進めて来ました。  そして、この度、銀行のウェブサイトを通じた自動車保険の通信販売を開始することになったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/05/07 23:22

トップへ | みんなの「自動車保険」ブログ

FC2 Blog Ranking 携帯アフィリエイトのアクセストレードモバイル アクセストレードレビュー アクセストレードモバイルの広告主様資料請求はこちら アクセストレード 資料請求はこちら 生命保険のマンガ カービュー自動車保険一括見積     インズウェブの自動車保険一括見積りサービス
ラッキーブルーベアーの休憩室 自動車保険のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる