かんぽ生命の不祥事で保険業界全体に不信感と見直し機運高まるか?

 郵便局で売っている『かんぽ』なら安心と思い契約をしてみれば、不適切な保険販売により大ショックが契約者に広がるとともにどの保険を選べばいいのかという不安も広がってしまいました。  事件発覚後、かんぽ生命が保険商品の不適切販売を謝罪したことにより同社のずさんな営業方法が次々と明るみに出ると共に更新時に2つの保険を重複して契約し、二重に保…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

人気を集める少額短期保険は種類も豊富にさらに拡大か

 現在、少額短期保険(ミニ保険)が人気化しており、大手保険会社が手を出しづらい分野を少額保険会社は拡充しようとしています。  そして、大手保険会社がグループ企業・子会社等の形で少額短期保険の世界に足を踏み入れ始めているのも事実なのですが、斯界は大手資本の(間接的)参入により一段と広がりを見せていきそうなのです。 人気を集める…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

生保協会長就任の清水博氏が銀行窓販手数料見直し検討

 今回、生命保険協会の会長に就任した日本生命保険社長の清水博氏が記者会見をし、「業界に対する視線は厳しい。危機意識を持ち顧客本位の業務運営の推進に取り組む」と語ったことが配信されました。  清水氏が産経新聞の取材に応じ、保険販売時に銀行などに支払われる販売手数料体系の見直しを検討していると明らかにすると共に体制の充実した銀行に手数料を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本生命が優秀代理店に五輪観戦ツアー販売奨励策が波紋

 様々な生命保険会社の商品を比べて買うことができるのが「乗り合い代理店」なのですが、生保会社は販路を広げようと関係強化に力を入れているのですが、代理店に対する過剰な販売奨励策をなくすことが業界全体の課題となっています。  これは、行き過ぎた奨励策は顧客の希望や必要性を無視した商品販売の横行につながってしまうためなのであり、金融庁が監視…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

損保ジャパンはIT活用による業務効率化で4000人削減し、介護分野などに配転

 日本の労働法の「解雇規制」により、よほど重大な就業規則の違反行為がないかぎり企業は正社員を簡単に解雇することはできないことになっています。  金融業界では三菱UFJフィナンシャル・グループなど大手行ではITを活用した人員削減を急いでいるのですが、損害保険ジャパン日本興亜でも合併により増えた従業員を2020年度末までに従業員数を17年…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

節税保険とはどんな商品?金融庁vs生保各社のバトルで話題に

 週刊ダイヤモンド誌では、今回外貨建てや医療、がん、収入保障保険などに加えて話題を集めた節税保険や新商品が続々登場している健康増進型保険についても取り上げており、保障内容や比較のポイントを分野別に徹底的に掘り下げ、節税保険の比較のポイントについや医療、がんなどの他分野についても詳しく解説されていますので見直しの際の参考になると考えご紹介…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

補償対象をよりユニークにして進化し続けるミニ保険

 時代のニーズに応えたユニークな保険商品が続々と登場しているミニ保険ですが、2018年度の保険料収入は初めて1000億円規模に達したようで、手軽な保険料で身の回りのトラブルに備えることができる「ミニ保険(少額短期保険)」市場が拡大しているそうです。  そこで、時代のニーズに応えたユニークな保険商品が続々と登場しているミニ保険のいまを追…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

身内もあきれる営業攻勢 懲りない生保に金融庁がメス

 今春、ある大手損保の系列生保が「収入保障特約 推進キャンペーン」5~6月の保険契約を対象に、特定の保険特約を売れば代理店に対して通常の販売手数料に加えて「報酬」を支払うチラシを作成し、保険ショップを経営する代理店向けに配ったことが判明したのですが、自社の商品を売りたい生保が、代理店へこのような販売促進策を採ることは「禁じ手」とされてお…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

金融庁が外貨建て保険の販売手法改善に動く

 遠藤俊英長官が4月20日に都内で開いた「つみたてNISAフェスティバル2019」において、金融庁が金融機関が販売する外貨建て保険商品の運用商品としての機能を投資信託などと簡単に比較できる新たな仕組みの構築について検討を始めたことを明らかにしたのですが、遠藤長官は少額投資非課税制度(NISA)についても恒久化を早期に目指す姿勢であること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その外貨保険の元本割れや為替のリスクなどの説明は十分か?

 生命保険会社が銀行などを通じて販売している契約者が払った保険料を外貨に換えて運用する外貨建て保険商品の残高が増えている現在、円建てより利回りは高めなのですが、為替変動のリスクや割高なコストを認識しないまま契約し、後でトラブルになる例が目立つていることから金融庁の主導により情報開示の充実が進み始めていることが報道配信されていました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金融庁が投信や保険併売を規制緩和でベンチャー参入促進

 金融庁は業種ごとに分かれている金融仲介業の登録制度をウェブを使って商品を販売する企業を対象に一度の登録だけで預金や保険、投資信託などを扱えるようにすることで一本化することを発表しました。  これは、銀行などが業種ごとに登録をして複数の金融商品を販売していますが、スタートアップ企業にとっては複数の登録制度が参入障壁になっているために規…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大手損保4社が火災保険料を10月から5~9%上げ!

 2018年7月の西日本豪雨など国内で相次いだ風水害で保険金支払いが増えてしまったため、大手損害保険4社は10月から4年ぶり一斉に火災保険料を5~9%引き上げる方針であることを発表しました。  現在、日本各地では西日本豪雨のほか台風21号や台風24号が各地に大きな被害をもたらしており、こうした風水害が続けば20年以降も火災保険料は引き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

節税保険”販売中止でギラギラした若手保険セールスマンが消える?

 今までブログ内において国税局の「節税」効果がある金融商品の扱いに付いて問題視していることから保険業界に対して保険販売についての指導が入り、生命保険業界大手4社が2月中旬に特定の法人向け定期保険の販売を停止する意向を明らかにしました。  この節税保険販売中止により保険業界では、「節税」効果があるとして中小企業の経営者向けに販売競争が加…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

業界構造やビジネスモデル「保険代理店」は何をしてくれるのか?なぜあるのか?

 保険商品を提供しているのは保険会社ですが、保険加入の際に一般消費者が相談をする窓口の一つに「代理店」があり、なぜ代理店が存在するのか、代理店を利用するメリットはどこにあるのかなどについて保険業界の潮流についても説明しながら説明する記事がZUU onlineに掲載されていましたのでご紹介をしてみたいと思います。 「保険代理店」…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

少額短期保険業と少額短期保険代理店業の動向

 保険業のうち一定の事業規模の範囲内において保険金額が少額で、保険期間1年(第二分野については2年)以内の保険で保障性商品の引受のみを行う事業については「少額短期保険業」が設けられています。 この聞きなれない少額短期保険についての解説記事をご紹介してみたいと思います。 少額短期保険とは何か?既存の保険との違い 執筆者:平野 敦…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

金融庁vs生保で代理店への報酬適正化により抜け駆けが横行する理由

 金融庁が4月から生命保険会社を対象に生命保険会社が乗り合い代理店に支払う報酬を巡って代理店手数料体系とインセンティブ報酬の追加実態調査に乗り出しています。  これは報酬適正化への圧力を一段と強めるのが狙いなのですが、そうした圧力をかわすかのように外資をはじめ一部の生保による抜け駆け行為がいまだ収まる気配がないことが報道機関より配信さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「節税保険」で生保にクギ 国税庁の隠された一手

 国税庁が「高額な保険料支払いで利益を圧縮し、保険料は返戻金で取り返せる」そんな営業トークで中小企業経営者に売られ、人気を集めた「節税保険」に対して新たな課税ルールを示したのですが、これにより大幅に課税範囲が広がりますが、すでに同庁の新方針が示されていたこともあり生命保険業界には冷静な受け止めが広がっているようです。  国税庁は生保の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

節税保険に国税庁が示した課税見直し規制案

 国税庁は節税目的の加入が問題になっていた経営者保険について、課税の見直し案を生命保険各社に提示したことが配信されました。  国税庁が提示した見直し規制案では、解約時の「返戻率」が50%以下の契約は保険料の全額損金算入を認めるのですが、50%を超える契約については返戻率に応じて段階的に損金算入できる割合を制限するものとなっているそうで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

生保業界が代理店の説明態勢を評価対象として販売手数料を見直し

 金融庁は、生保業界において代理店が保険の販売量に応じて受け取る手数料を増やそうとして契約者の意向に沿わない販売をしかねないと問題視をしていました。  この問題を受けて、生命保険各社が保険販売の窓口である保険代理店に支払う手数料について新たに保険契約の継続率などを算定基準に加え、顧客の良呼応に沿った適切な保険販売を促すため、複数の保険…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

掛け方次第で控除額に差がでる生命保険にまつわる賢い節税

 現政権による税制改正の頻発により、増加する社会保険料などでサラリーマンの手取り額は目減りするばかりですが10月の消費税増税を控えて、今年こそ本腰を入れて対策に乗り出さなければ国民生活は苦しくなるばかりです。  そこで、取られっぱなしの“税金弱者”から卒業するための攻めの節税マニュアルがハーバービジネスオンラインに掲載されていましたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more