2019年度生命保険42社の資産運用や保険金等の支出はいくら

 生命保険会社が保険加入者から保険料を集めて運営をしているのでますが、保険金や給付金等でどのくらい払っているのかなどについて2019年度の決算資料から生命保険会社の支出である資産運用費用と保険金等支払金の額について全42社を調べた結果が報道機関より配信されて戒能でご紹介をしてみたいと思います。 2019年度生命保険42社の資産…
コメント:0

続きを読むread more

4つの類型から見る“変革”に必要なこと「損保系保険テック」の進化とは

 インシュアテックの代表的な企業として挙げ続けられてきたLemonade(レモネード)が2020年7月にニューヨーク証券取引所に上場したのですが、同社はじめ損保系インシュアテックがもたらした保険ビジネスの変革とはどのようなものか、そして今後予測される展開や成功のポイントは何かについてLemonadeを起点に損保系インシュアテックの未来に…
コメント:0

続きを読むread more

大手損保の「コロナ保険」相次ぎ投入で「リモハラ」もカバー

 新型コロナウイルスに絡んで被った損害を補償する保険商品が相次いで投入されているのですが、大手損害保険各社では法人・個人向けに休業施設の売り上げ減少分の補償や玄関先などに荷物を届ける「置き配」、在宅勤務中の「リモートハラスメント(リモハラ)」に至るまでを手厚くカバーし、コロナの影響長期化を見据えた生活習慣の変化などに対応した社会課題の解…
コメント:0

続きを読むread more

コロナ保険を月額500円からの保険料で9月に発売で問い合わせ殺到中

 ブログ内においてコロナ保険についてご紹介を致しましたが、太陽生命保険が9月から売り出す新型コロナウイルス感染症に伴う出費を保障する個人向け保険「感染症プラス入院一時金保険」発売が公表された8月18日以降、同社には問い合わせが殺到しているという記事が配信されました。  感染症プラス入院一時金保険について太陽生命広報は「当社のコールセン…
コメント:0

続きを読むread more

あいおいニッセイ同和損保が新たな保険募集スキームの開発

 あいおいニッセイ同和損害保険株式会社は新たな保険募集スキームによる募集を2020年11月開始で開発したことを発表しました。 新たな保険募集スキームによる募集は昨今の新型コロナウイルス感染症の影響から対面を希望しない顧客が増加したことをうけて実施されるもので、非対面かつペーパーレス・サインレスな契約手続きを顧客自身がウェブで行う仕組み…
コメント:0

続きを読むread more

生保や東京海上系が変額保険の信託報酬率を引き下げ

 投資信託では資産運用商品の販売手数料や信託報酬を引き下げる動きが広がっているのですが、手数料を引き下げる動きが生保にも初めて波及していることが報道機関から配信されました。  保険業界の信託報酬引き下げが東京海上ホールディングス傘下の東京海上日動あんしん生命保険では10月から運用成績によって受取額が変わる変額保険の信託報酬率を引き下げ…
コメント:0

続きを読むread more

待てなかった厚生年金保険料の上限引き上げ

 会社員らが加入する厚生年金の保険料について上限を引き上げる政令改定が公布されたのですが、一般的には報酬の高い大企業でもコロナによる打撃は例外ではないにも関わらず、政令改定に向けたパブリックコメントには企業から反対の声があり、なぜ今踏み切る必要があるのかという話題が持ち上がっています。  今回の政令改定は、政令改定は厚生年金の保険料や…
コメント:0

続きを読むread more

太陽生命から感染時に保険金20万円が支払われる日本初「新型コロナ特化型」保険販売

 新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、大手生命保険会社「太陽生命」が日本で初めて新型コロナに特化した保険を感染防止のため対面販売が難しくなつているためスマートフォンを使った販売をすること発表しました。  太陽生命から来月販売される「新型コロナ特化型保険」は、新型コロナの感染に伴う出費を保障する個人向けの保険となっており、既存の入院…
コメント:0

続きを読むread more

大手生保の4~6月期コロナ禍で細る収益源の新規が急減

 生命保険会社の業績が新型コロナウイルス感染拡大の影響が濃くなってきたことにより、2020年4~6月期決算を発表した大手9社の新契約年換算保険料は対面営業の自粛などを背景に市場運用も上場企業の配当減少も響いて前年同期比6割減ったことが報道配信されました。  新型コロナ感染拡大の対応により営業職員の保険販売が大きく減っており、保険料減少…
コメント:3

続きを読むread more

金融庁の審議会が金融商品リスクのわかりやすい説明書を提言

 金融庁の審議会が銀行や保険会社が投資信託や外貨建て保険のリスクや手数料を十分に説明せずに販売したという苦情が増えていることから、顧客が商品のリスクなどを一目で比べられるわかりやすい説明書をつくるよう提言することになつたことを報道機関より配信されていました。  これは、金融機関が為替の変動によって損をするリスクが生じる外貨建て保険や投…
コメント:0

続きを読むread more

損保ジャパンが企業向け保険で非対面販売にし押印廃止

 金融機関では新型コロナウイルスの感染拡大前から取引をネットで完結する仕組みづくりに動いていましたが、損害保険ジャパンが企業向け保険でビデオ会議や電話で商品内容の説明を行い押印や署名は求めずにオンラインで保険契約を結べるようにすることを報道機関より発表しました。  保険業界では企業向けの商品を非対面で販売する認可を金融庁から取得し、1…
コメント:1

続きを読むread more

損保大手保険料がハザードマップに連動したリスク反映

 損害保険大手が企業向け保険で自治体のハザードマップに連動して保険料が変わるシステムを導入することになりし、水害リスクに応じた地域別料金を導入することで浸水リスクが低いと2~3%安くし高ければ1割ほど上げることができるようになるそうです。  今回のハザードマップに連動したリスク反映については、自然災害への保険金の支払いが過去最高となっ…
コメント:0

続きを読むread more

日本生命の4~6月期株式配当が減少し1割減益

 日本生命保険が発表した2020年4~6月期決算は新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛で保険の販売が減ったことによりグループの本業のもうけを示す基礎利益が前年同期比13%減の1225億円となり株式の配当が減少したことが報道機関より配信されました。  また、傘下の豪MLCの不調も響き第1四半期として2年連続の減益となり、売上高に相…
コメント:0

続きを読むread more

生保大手3社が対面営業がほぼ出来ず新規契約最大7割減

 日本生命保険など生保大手3社の2020年4~6月期の個人向け保険の新規契約件数が、新型コロナウイルスの感染拡大により対面での営業活動を行いにくかったことが響いたため前年同期に比べて4~7割の大幅な減少となったことが報道機関から配信されました。  2020年4~6月期の各社の新規契約件数(各社で集計基準は異なる)は日本生命が71%減の…
コメント:0

続きを読むread more

大手生保と損保各社がコロナ禍で業績に影響軽微でも苦しむ理由

 コロナ禍が企業業績や雇用情勢を大きく悪化させる中で私たちの家計にも大きな影響を及ぼし始めていますが、民間調査によると生命保険への支出額は年間平均で40万円前であり家計の平均年収と比較すると実に7%に当たるそうです。  今後契約の見直しは必至となるようなのですが、一体何を判断基準にして保険会社や商品を選べばいいのかを週刊ダイヤモンド社…
コメント:0

続きを読むread more

投信や保険の金融審報告書に手数料開示の共通ルールを

 金融審議会市場ワーキング・グループが投資信託の購入時に顧客が手数料やリスクを他の商品と比べやすくする共通ルールの導入を提言する報告書案を大筋で了承し、投信のほか貯蓄型保険なども対象に2021年にも導入する見通しであり顧客が金融機関に支払う手数料や元本割れリスクを2ページ程度の共通の書式で開示することが報道機関より配信されました。 …
コメント:0

続きを読むread more

生命保険の加入は対面は相談しやすく、ネットは安く!

 今までの生命保険契約は対面によるものでしたが、アフターコロナにより保険営業の契約方法も非対面方式によるものへと変わってきました。 そこで、店頭のほかインターネットでも契約できるようになっている中での加入する場所によりどのような違いがあるかについての記事が報道機関に掲載されていましたのでご紹介してみたいと思います。 生命保険…
コメント:0

続きを読むread more

コロナ後の「損害保険ビジネス」はどう変わるか!?

 3メガの一角であるMS&ADインシュアランスグループホールディングスでは、傘下に三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険の2損保を擁していますが、緊急事態宣言下では約7割の社員がテレワークに移行し、宣言が解除された後も約3割がテレワークを続けているどうです。  そんな日本の損害保険業において3メガ損保と呼ばれる巨大な保険グ…
コメント:0

続きを読むread more

日本生命が都市部の若年層顧客の取り込みのためオンライン販売参入

 生保業界では営業職員による対面販売が主流となっていますが、新型コロナウイルスの影響で顧客訪問が難しくなっているため非対面の営業を強化する狙いから日本生命保険はスマートフォンなどを活用して保険商品の営業から契約まで一連の手続きを完結させるオンライン販売に乗り出す方針を固めたことが報道機関から配信されました。  これにより、最大手の日生…
コメント:0

続きを読むread more

損保大手3社のMS&ADが月内に生保通販参入

 生命保険業界で新型コロナウイルス禍により直接接触しない形での販売が広がっており、損保系生保にもその流れが波及した損害保険大手MS&ADインシュアランスグループホールディングス(HD)が7月に、約1万5000の損保などの代理店を通じた生命保険を非対面で売り出す通信販売に参入することを報道機関より配信しました。  これにより、損保を扱う…
コメント:0

続きを読むread more

最近のコメント

過去ログ

記事リンク