ラッキーブルーベアーの休憩室

アクセスカウンタ

zoom RSS 生命保険協会の公表基準統一は難しく、寄せられた苦情件数は通常の4倍

<<   作成日時 : 2007/05/05 23:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

生命保険協会では、金融庁への不払いについての報告が生命保険各社によって報告や公表範囲等が異なったことについて、生命保険協会としては基準を統一する事が難しかったと釈明をしているそうです、

 生命保険協会として公表では、解約や失効に伴い契約者に対して支払う解約返戻金について日本生命保険会社では5万5629件あり、第一生命保険会社や住友生命保険会社では0件でした。

 日本生命保険会社では契約者に連絡が付かなかったものについても不払い件数に含めたのですが、第一生命保険会社では契約者に対して3回通知をしていたので不払い件数に含めなかったそうです。

 このために、生命保険業界では生命保険協会に対して、公表基準に差があるために公表件数が違いすぎるとの批判が出ているそうですが、生命保険協会としては不払いの再発防止対策として生命保険協会と生命保険各社に来た苦情については苦情内容や保険会社名、それに対してどう対応したか等を公表する方向で検討しているそうです。

 また、今回の生命保険各社の不払いの調査結果公表以降に生命保険協会が受けた問い合わせ件数が最大で通常の4倍以上である599件あり、このうち苦情と認められるものが275件あったそうです。

 上記の内容を見ると、今回の不払い事案は不払いではなく支払い漏れではないのかと取れるのですが、この内容が今回の不払い事案の全体像なのか、それとも不払い事案の一部分なのかの判断が付きにくい部分もあるので何とも云えないものがあるのですが・・・・・・・・・・!


 生命保険に対する問い合わせ及び苦情受付先は
 土曜・日曜日の問い合わせ、苦情受付はしていない。
 生命保険相談所  連絡先電話番号  03−3286−2648

 
保険営業は顧客満足だけを考える―ソニー生命ライフプランナー/プロコーチ あの人をお客さまにしたい!
保険営業は顧客満足だけを考える―ソニー生命ライフプランナー/プロコーチ あの人をお客さまにしたい!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
何かもう、不祥事あるいは今後改善すべき案件の発覚→マスゴミの偏向報道→お互いに重箱の隅をつつき、足を引っ張り合うことにより本質が見えなくなる、というお決まりのパターンになってきましたね。
個人的には第一生命保険の判断基準は妥当だと思います。そもそも3回も通知が来ているのに何のアクションもとらなかったのであればそれはもう契約者の「自己責任」ですよ…保険会社の「責任」とは言えますまい。
現役保険営業マン
2007/05/06 00:41
おはようございます。
現役営業マンさん1番コメントをありがとうございます。
人の噂も七十五日!1度起きてしまった不祥事は、収まるまでには時間がかかるものなのです。
事が収まるまでは、静かに正視をするしかないのでしょうね。
確かに、今回の第一生命保険の事案を見ると、これはどちらかと云えば保険会社よりは契約者サイドの方がどう見ても非があるでしょう。
そして、その事に対して保険会社だけを責めるのは間違いだと思うのですが、一般世間では何が何でも全て保険会社が悪いと決め付けてしまう傾向にあるように感じられます。
一人が言えば次の人も、その次の人もそうだそうだと云い始める。
そして、その時流乗ったマスコミがはやし立てるのです。
ラッキーブルーベアー
2007/05/06 12:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
FC2 Blog Ranking 携帯アフィリエイトのアクセストレードモバイル アクセストレードレビュー アクセストレードモバイルの広告主様資料請求はこちら アクセストレード 資料請求はこちら 生命保険のマンガ カービュー自動車保険一括見積     インズウェブの自動車保険一括見積りサービス
生命保険協会の公表基準統一は難しく、寄せられた苦情件数は通常の4倍 ラッキーブルーベアーの休憩室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる