アリコ流出問題で金融庁が情報管理徹底を要請する方針を固め、保険業界へ要請

今回のアリコジャパンによる個人情報漏えいについては、専用の問い合わせ窓口に24日だけでも、契約者から約8500件の問い合わせがあったようです。
そして、アリコジャパンの顧客情報流出問題ではいまだに流出経路が判明せず、顧客管理の重要性が改めて問われています。
本日、この件について金融庁より、保険業界に週明けにも情報管理の徹底を要請する方針を固め、同様の要請はすでに証券と銀配行業界に行っているのですが、保険業界に対しては初めて要請をだすとの報道う配信がありました。
配信された記事によると、今回の問題は情報流出が原因でクレジットカードを不正使用された可能性が高く、事態は深刻であり、金融業界では過去にも三菱UFJ証券で元社員が顧客情報を持ち出し逮捕されたほか、紛失も後を絶たないことから、顧客の財産を預かる業界だけにより徹底した個人情報の管理が求められるとのことでした。
この件について配信された記事については、下記の通りです。



情報管理徹底 保険にも要請 アリコ流出問題で金融庁方針
(フジサンケイ ビジネスアイ7月25日8時15分配信 )

生命保険会社のアリコジャパンから11万件の顧客情報が流出したとみられる問題で、金融庁は24日、保険業界に週明けにも情報管理の徹底を要請する方針を固めた。
同様の要請はすでに証券と銀行業界に行っているが、保険業界に対しては初めて。

 今回の問題は、情報流出が原因でクレジットカードを不正使用された可能性が高く、事態は深刻だ。
金融業界では過去にも三菱UFJ証券で元社員が顧客情報を持ち出し逮捕されたほか、紛失も後を絶たない。
顧客の財産を預かる業界だけにより徹底した個人情報の管理が求められる。

 「電子化された情報はインターネットでも簡単に送れる。刑法上の対処を法務省など専門家の間で検討してほしい」。
与謝野馨財務・金融担当相は24日の閣議後会見で、アリコの個人情報流出問題についてこう指摘し、新たな法律上の対応も必要との見解を示した。

 金融庁はアリコから事情を聴くとともに情報の管理体制に問題がなかったかを調べており、三国谷勝範長官は「大変遺憾。組織として(個人情報を)適切に管理する体制にあったのかどうか」と厳しい姿勢で対応する方針だ。
もし体制に不備があれば、業務改善命令などの行政処分に踏み切る構えだ。


 今回の問題はアリコに大きな衝撃を与えた。

 流出可能性のある個人情報の11万件のすべてが通信販売による契約者だったからだ。
通販による保険の契約者はカード決済を利用することが多く、アリコの保有契約640万件のうち、カード決済による契約は74万件に上ぼる。
信頼を失えば解約の増加につながりかねない。

 米保険大手AIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)傘下にあるアリコは、AIGの経営危機を受け、売却交渉のさなかにある。
今回の問題が交渉に影響する可能性もある。アリコは対策本部を社内に設置し、原因究明を急いでいる。
同社では「内部からの持ち出しと外部アクセスの両方の可能性がある」としている。


 三菱UJF証券の事件では元部長代理が会社の個人情報のデータを持ち出し、名簿業者などに売却した。
ソニー損害保険は、顧客320人の名前や銀行口座番号などが記載された書類を紛失。
アリコの問題を対岸の火事にせず、個人情報の管理のあり方を見直す必要がありそうだ。
(滝川麻衣子、藤沢志穂子)

画像




アリコ顧客情報流出で問い合わせ殺到、情報管理システムの不備指摘
(IBTimes2009年07月25日 11:12更新)

米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)傘下の生命保険会社アリコジャパン(東京)で11万件の顧客情報が流出したとみられる問題で与謝野財務・金融相は24日の閣議後会見で、情報管理態勢が十分に対処したかどうか、金融庁として調べる方針を示唆した。
証券と銀行には情報管理について、金融取引の基礎であり、個人情報保護の観点からも適切な管理が重要と指導していた。
保険業界では初めて。

 アリコジャパンはクレジットカード決済で契約している顧客情報の一部が流出している可能性が極めて高いと判断し、情報流出の可能性があると現時点で判断される顧客について書面で連絡を24 日より開始した。
専用の問い合わせ窓口に24日、契約者から約8500件の問い合わせがあった。
アリコジャパンの顧客情報流出問題でいまだに流出経路が判明せず、顧客管理の重要性が改めて問われている。




アリコ問題 保険業界に情報管理の徹底要請
(産経新聞7月24日23時24分配信 )

生命保険会社のアリコジャパンから11万件の顧客情報が流出したとみられる問題で、金融庁は24日、保険業界に週明けにも情報管理の徹底を要請する方針を固めた。
顧客保護を重視するためだが、金融界で相次ぐ不祥事はアリコなど各社の経営にも深刻な影響を与えそうだ。

 金融庁はアリコから事情を聴くとともに情報管理に問題がなかったかどうか調べている。
三国谷勝範長官は「大変遺憾。組織として(個人情報を)適切に管理する態勢にあったのかどうか」と厳しい姿勢で対応する方針で、不備があれば、業務改善命令などの行政処分に踏み切る構えだ。

 行政上の処分はもとより、アリコにとって今回の不祥事は経営の根幹を揺るがしかねない。
流出可能性のある個人情報の11万件のすべてが通信販売による契約者だったからだ。
アリコは広告とクレジットカード決済を駆使した通販事業で業績を伸ばしてきた。
アリコの保有契約件数640万件のうち、カード決済による契約は74万件に上り、顧客の信頼を失えば解約の増加につながりかねない。

 しかも、米AIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)傘下にあるアリコは、AIG本体の経営危機で売却交渉のさなかにあり、今回の問題が交渉に影響する懸念もある。

 顧客の財産を預かる金融業界は徹底した個人情報の管理が求められるが、最近でも三菱UFJ証券で元社員が顧客情報を名簿業者に売却して逮捕されたほか、紛失も後を絶たない。

 与謝野馨財務・金融担当相は24日の閣議後会見で、「電子化された情報はインターネットでも簡単に送れる。
刑法上の対処を法務省など専門家の間で検討してほしい」と危機感を現し、新たな法律上の対応も必要との見解を示した。




アリコ情報流出、従業員関与か…閲覧40人に権限
(読売新聞2009年7月25日12時15分 )

外資系生命保険アリコジャパンから保険契約者のクレジットカード情報が大量に社外流出し、不正使用された問題で、アリコが、従業員によって情報が持ち出された可能性もあるとみて内部調査を進めていることが、25日までにわかった。
 契約者の個人情報を直接閲覧できるのが一部の従業員に限られていたためだ。

 アリコや関係者によると、契約者情報を管理している社内のシステムは、外部の回線には直接接続されておらず、情報を引き出せるのは特別な権限を持つ従業員約40人に限られていた。
 アリコは、従業員が引き出したデータが社外に持ち出された可能性もあるとして、情報セキュリティーの専門家にも協力を求め、流出経路の特定を急いでいる。
 今回の問題では、契約者11万人分の情報が流出した恐れがあり、クレジットカード会社から不正利用の可能性が高いとみられる約1000件がアリコに照会されている。




顧客情報流出でアリコが内部調査 従業員持ち出しの可能性も
(47NEWS 2009/07/25 16:20 【共同通信】)

 顧客情報が流出し、クレジットカードを不正使用された恐れが強まっている外資系保険会社アリコジャパン(東京)は25日、従業員が顧客情報を持ち出した可能性も含めて内部調査していることを明らかにした。
 アリコによると、顧客情報を管理している基幹コンピューターで情報を引き出せる従業員は約40人。
ただ、営業担当者も自分が担当する顧客の情報を閲覧できるなど一部に例外もあるという。
 顧客情報のシステムは、直接外部の回線と接続されていない。
情報を記録媒体に移すことも原則禁止されているため、「本来ならあり得ないことが起きた」(アリコ関係者)という。
アリコは情報管理の専門家にも協力してもらい、過去の担当者も含めて持ち出した従業員がいないか調査を進めている。
 ただ、従業員が持ち出したと断定してはおらず、外部からの不正アクセスの可能性も残されているという。
アリコは考え得る可能性を一つずつ検証し、原因を特定する方針だ。




アリコ顧客情報流出問題 アリコ、従業員が顧客情報を持ち出した可能性も含め内部調査
(FNN 07/25 21:01)

 外資系生命保険会社「アリコジャパン」のクレジットカード番号などの顧客情報が流出した問題で、アリコが、従業員が顧客情報を持ち出した可能性も含めて、内部調査を進めていることがわかった。
アリコによると、顧客情報を管理している社内システムは、外部の回線に直接接続されておらず、また、顧客情報を直接閲覧できるのは、一部の従業員に限られているという。
このためアリコは、従業員が顧客情報を不正に社内から持ち出した可能性も含めて、流出経路の特定を急いでいる。




アリコの顧客情報流出、内部持ち出し可能性も
(日本経済新聞2009年7月25日 23:47)

 外資系生命保険会社アリコジャパン(東京)の顧客のクレジットカード情報が流出した問題で、同社は25日、従業員が顧客情報を持ち出した可能性も含めて内部調査を進めていることを明らかにした。
 アリコによると、顧客情報を管理する基幹システムにアクセスし、情報を引き出せる従業員は約40人。
基幹システムは外部の回線と直接接続されておらず、情報を記録媒体に移すことも原則禁じている。
 アリコは情報管理の専門家の協力も得て、情報流出の原因を特定する方針。
従業員による持ち出しと、外部からの不正アクセスという両面から調査を進めている。
 今回流出したとみられるクレジットカード番号などの個人情報は最大11万件。
すでに複数のカード会社から不正利用に関する照会を1千件以上受けた。

(25日 23:47)



アリコ流出 従業員関与か
(読売新聞2009年7月27日 )


個人情報閲覧 40人に限定

 外資系生命保険アリコジャパンから保険契約者のクレジットカード情報が大量に社外流出し、不正使用された問題で、アリコが、従業員によって情報が持ち出された可能性もあるとみて内部調査を進めていることが、25日までにわかった。
契約者の個人情報を直接閲覧できるのが一部の従業員に限られていたためだ。
 アリコや関係者によると、契約者情報を管理している社内システムは、外部の回線には直接接続されておらず、情報を引き出せるのは特別な権限を持つ従業員約40人に限られていた。
 アリコは、従業員が引き出したデータが持ち出された可能性もあるとして、情報セキュリティーの専門家にも協力を求め、流出経路の特定を急いでいる。




人気ブログランキングへ画像



FC2人気ブログランキングへ画像


拍手する




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
現在、景気の低迷もあってか生命保険の見直しを検討される方が多いようです。
せっかく見直すなら、いろいろ比べてあなたに最適な生命保険にしませんか?
自動車保険だって見直せば、驚くほど保険料が安くなることも!!
大手保険会社の自動車保険を比べて選べるから、安い自動車保険が一目でわかります!!
無料資料請求はカンタンで、右のWebサイトをクリックするだけ!
◆◆◆ 無料資料請求の手順は簡単です! ◆◆◆
(1)生命保険・自動車保険【無料】一括資料請求をご利用 
(2)簡単なあなた(自動車)の情報を入力
(3)あなたにぴったりの生命保険・お得な自動車保険を見つけられる(資料請求)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆





情報セキュリティ白書2009 ~岐路に立つ情報セキュリティ対策:求められるIT活用との両立~
毎日コミュニケーションズ
独立行政法人 情報処理推進機構

ユーザレビュー:
よい本です内容紹介に ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ







コンプライアンスの考え方
楽天ブックス
信頼される企業経営のために中公新書 著者:浜辺陽一郎出版社:中央公論新社サイズ:新書ページ数:227


楽天市場 by ウェブリブログ





内部統制対応版企業コンプライアンス態勢のすべて
楽天ブックス
著者:大塚和成/滝川宜信出版社:金融財政事情研究会/きんざいサイズ:単行本ページ数:317p発行年月


楽天市場 by ウェブリブログ