日本生命がハンコなしで保険申し込みのため、セキュリティ端末導入へ

日本生命保険相互会社では顧客サービスのさらなる充実を目的としてベストドクターズ社が提供する「ベストドクターズ・サービス」(専門医紹介サービス)を「みらいサポート」シリーズ等の被保険者向け専用サービス提供や新しいサービス「ずっともっとサービス」メニューの拡充、提供する保険のわかりやすさを追求するための取組としての個人保険等の料率体系の見直し、総合医療保険(マイメディカル)の「ご契約のしおり-定款・約款」(ご契約時にお客様にお渡ししている冊子)のうち「ご契約のしおり」の部分について全面改訂を実施するとされ、「ご契約のしおり」は、“ご契約についての重要事項(保障内容や保険料お払込みの取扱いなど)”を説明した、顧客にとって大変重要な書類で、今回の全面改訂では「わかりやすさの向上」「使いやすさの向上」「親しみやすさの向上」に向けた取組みを行っています。

3月25日付の報道各紙より、生命保険最大手の日本生命保険が生命保険の申し込みの際に印鑑が不要になる新システムを2012年1月に導入することを発表したのですが、新システムではこれまで紙で行ったいた保険の申し込みや保険金の請求手続きなどを電子化することにより、営業職員約5万人が新端末を携帯し、顧客は印鑑の代わりに画面上にサインを書くことで申し込み契約を完了させることができるようになり、保険金の受取額などの契約内容を確認することも可能になったとの配信がありました。
この件について配信された記事については、下記の通りです。



電源オフでもデータ消去可能に=日本生命の営業用ノートパソコン
(時事通信2010/03/25-20:14)

 日本生命保険は2012年1月から約5万人の営業職員に新しいノートパソコンを配備する。
このノートパソコンでは、営業職員が紛失・盗難した場合に、電源がオフ状態でも遠隔操作で内部のデータを消去できるシステムを世界で初めて導入する。
個人情報の漏えいが社会問題化する中で、個人情報保護を徹底するのが狙い。




ハンコなしで保険申し込み 日生、セキュリティ端末導入へ
(産経新聞3月25日18時14分配信)

 生命保険最大手の日本生命保険は25日、生命保険の申し込みの際に印鑑が不要になる新システムを2012年1月に導入すると発表した。

 新システムでは、これまで紙で行ったいた保険の申し込みや保険金の請求手続きなどを電子化する。
営業職員約5万人が新端末を携帯し、顧客は印鑑の代わりに画面上にサインを書くことで申し込み契約を完了させることができるようになる。
保険金の受取額などの契約内容を確認することも可能だ。

 また、新携帯端末には、盗難にあった場合に、電源が入っていない状態でもデータを遠隔操作で消去できる機能を盛り込んでおり、顧客情報の漏洩(ろうえい)を避けるセキュリティー機能を強化している。

最終更新:3月25日18時14分



ハンコなしで保険申し込み 日生、セキュリティー端末導入へ
(MSN産経ニュース 2010.3.25 17:43)

生命保険最大手の日本生命保険は25日、生命保険の申し込みの際に印鑑が不要になる新システムを2012年1月に導入すると発表した。
 新システムでは、これまで紙で行ったいた保険の申し込みや保険金の請求手続きなどを電子化する。
営業職員約5万人が新端末を携帯し、顧客は印鑑の代わりに画面上にサインを書くことで申し込み契約を完了させることができるようになる。
保険金の受取額などの契約内容を確認することも可能だ。
 また、新携帯端末には、盗難にあった場合に、電源が入っていない状態でもデータを遠隔操作で消去できる機能を盛り込んでおり、顧客情報の漏洩(ろうえい)を避けるセキュリティー機能を強化している。




日本生命、営業職員用新携帯端末を導入し顧客サービスを向上
(日本経済新聞2010年3月25日)

営業職員用 新携帯端末の導入によるお客様サービスの向上について

日本生命保険相互会社(社長:岡本 圀衞)は平成24年1月より、お客様サービスの一層の向上の観点から、機能を高度化した営業職員用 新携帯端末(以下、「端末」)を導入し、全国約5万名の営業職員に順次配備してまいります。

 当端末の導入により、新契約申込をはじめとした各種お手続きが簡素化されるとともに、万が一、当端末が盗難にあった場合や紛失した場合でも、遠隔操作でデータ消去が可能な機能を備えることで、個人情報保護等のセキュリティ機能が強化されます。
なお、営業職員用の携帯端末への遠隔操作によるデータ消去機能の導入は、業界初の取組みとなります。



各種お手続きの簡素化
 お客様の利便性の向上や環境への配慮といった観点から、新契約申込時はもちろん、ご契約内容の変更や給付金の請求等といった各種お手続きにおいても、保険証券の提出や印鑑の押印を廃止し、ペーパーレス化の推進に取り組む等、お手続きの簡素化を図ってまいります。

 また、各種お手続きの所要時間を短縮することで、営業職員がより多くのお客様からのご要望に更に迅速にお応えすることが可能になります。



【端末の主な機能】

 お客様への保険プランの提示

 新契約申込のお手続き

 保険金、給付金請求のお手続き 

 お客様の住所や連絡先の変更のお手続き 等


〔新契約申込のお手続き〕

お客様ご自身で当端末に表示されるプランを確認のうえ、必要事項を直接ご入力いただきます。
その場で、入力漏れ等がないかをチェックするシステムを導入することで、申込書への記入漏れ等の不備を防止し、お客様に再度お時間をいただく必要がなくなります。



〔新契約申込以外の各種お手続き〕

従来までの保険証券や印鑑証明書、戸籍謄本等の書類の提出、署名・押印等のお手続きを廃止し、端末上での「お客様ID」と「パスワード」認証によるスムーズなお手続きへと簡素化してまいります。

これまで、当社オフィシャルホームページ等で行って頂いたお客様の住所・連絡先の変更等も、営業職員が当端末を持参することで行えるようになります。

以下詳細は、関連資料参照

以 上

関連リンク
日本生命保険(相) ホームページ
http://www.nissay.co.jp/




日生、保険契約で印鑑不要
(フジサンケイ ビジネスアイ3月26日8時15分配信 )

 生命保険最大手の日本生命保険は25日、生命保険の申し込みで印鑑が不要になる新システムを2012年1月に導入すると発表した。
同社が印鑑なしの申し込みを開始するのは初めて。

 営業職員に配布する新たな携帯端末から保険の申し込みができるようになる。
遠隔操作で端末データを消去できる機能を生保業界で初めて搭載し、セキュリティーを強化する。

 利用者にとっては、印鑑の代わりに画面上にサインを書くことで申し込み契約を完了させることができる

最終更新:3月26日9時50分



電源オフでもデータを消去 日生が新型携帯端末
(日本経済新聞2010/3/25 21:57 )

 日本生命保険は25日、富士通と共同で、営業職員向けの新型携帯端末を開発したと発表した。
日生の営業職員が携帯端末を紛失したり盗難にあったりした場合、電源が入っていなくても遠隔操作でデータを消去できる世界初の機能を組み込んだ。
2012年1月に全国約5万人の営業職員へ配布する。

 日生は保険の販売から保険金の支払いまで、契約手続きを簡素化する計画を進めており、新端末導入はその一環。保険契約に加入する際の手間を大幅に省く新システムを導入する。
顧客が印鑑や戸籍謄本などの書類を用意しなくて済むようにするほか、契約内容に不備があった場合、生保レディーが別の日に再訪問する“二度手間”もなくす。
手間がかかることで加入をためらう顧客を取り込む。




日本生命は富士通などが開発したノートPCを導入し、2012年から顧客先での保険業務を大幅に簡素化すると表明した。
(Tmedia2010年03月25日 17時01分 更新)

日本生命と富士通は3月25日、顧客先での保険業務の簡素化を目的に、約5万台の新たな業務用ノートPCを2012年1月から運用すると発表した。
遠隔から端末内のデータを削除できる端末に切り替えることで、情報漏えい対策も強化していくという。
 日本生命が導入する新端末は、富士通やウィルコムらが2009年に共同開発したノートPCの「CLEARSURE」。
同製品は紛失や盗難にあった場合に、管理者がインターネットとPHS網を通じて遠隔操作で端末をロックさせたり、暗号化しているデータを復号させなくしたりできる(PHSのサービスエリア内のみ)のが特徴となっている。


画像


万が一の場合に端末を悪用されないようにするイメージ

 日本生命は、保険商品の販売や引受、保険料の収納や保険金の支払い手続きといった業務の簡素化を進めている。
新端末を利用することで、営業担当者は顧客先で商品プランを画面上で提案したり、新規契約や保険金支払いの申し込み手続き、顧客情報や契約内容の変更をしたりできる。
またIDやパスワードを入力するだけで、プランの確認や必要事項の入力、システムによるチェック、電子的な署名などが利用できるようにする。

 現在は、印鑑証明や戸籍謄本などによる確認、紙文書への捺印や署名を行っており、手続きの不備や契約内容の変更などが生じると、営業担当者が何度も顧客先へ出向き、顧客も必要な書類を取りに自治体の窓口へ出向くなどの手間があるという。


画像


業務簡素化のイメージ(日本生命の資料より抜粋)

 今回の施策により、日本生命はセキュリティを確保しつつ、保険手続きに伴う処理時間の大幅短縮やペーパーレス化などのメリットを顧客に提供できると説明している。



人気ブログランキングへ画像



FC2人気ブログランキングへ画像


拍手する




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
現在、景気の低迷もあってか生命保険の見直しを検討される方が多いようです。
せっかく見直すなら、いろいろ比べてあなたに最適な生命保険にしませんか?
自動車保険だって見直せば、驚くほど保険料が安くなることも!!
大手保険会社の自動車保険を比べて選べるから、安い自動車保険が一目でわかります!!
無料資料請求はカンタンで、右のWebサイトをクリックするだけ!
◆◆◆ 無料資料請求の手順は簡単です! ◆◆◆
(1)生命保険・自動車保険【無料】一括資料請求をご利用 
(2)簡単なあなた(自動車)の情報を入力
(3)あなたにぴったりの生命保険・お得な自動車保険を見つけられる(資料請求)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆












生活と保険―生活保障システムにおける生命保険
千倉書房
田村 祐一郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




保険契約における損害防止義務
楽天ブックス
商品副データモラル・ハザード防止機能という観点から野口夕子成文堂この著者の新着メールを登録する発行年


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る





新保険法と保険契約法理の新たな展開
楽天ブックス
大塚英明/児玉康夫ぎょうせいこの著者の新着メールを登録する発行年月:2009年10月登録情報サイズ:


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る