ラッキーブルーベアーの休憩室

アクセスカウンタ

zoom RSS 損害保険各社が携帯電話会社と提携し広がるケータイ損保!

<<   作成日時 : 2010/12/18 22:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 12月に入ってから、損害保険ジャパンとソフトバンクモバイルが携帯電話から簡単に加入できる保険サービス『ソフトバンクかんたん保険』を共同で開発し、今月15日から提供を開始することをBlogにて紹介をしましたが、この時配信された記事ではソフトバンクかんたん保険はソフトバンクの携帯電話からいつでも、どこでも簡単に保険に加入できるサービスとなっており、「海外旅行保険」「国内旅行保険」「スポーツ・レジャー保険」「ゴルファー保険」の4種類の保険を提供するとのことでした。

 12月16日付の読売新聞より、損害保険各社が携帯電話会社と提携し、情報通信機能がある携帯電話を使って保険に加入できるサービスの強化に乗り出したとの配信がありました。

 配信された記事によると、若者の車離れなどを背景に主力の自動車保険が伸び悩む中、「いつでも、どこでも加入できる手軽さ」で新たな契約を掘り起こすのが狙いなのですが、損害保険ジャパンはソフトバンクモバイルと業務提携し、15日から「ソフトバンクかんたん保険」を始め、東京海上日動火災保険がNTTドコモと提携して「ドコモワンタイム保険」を4月からスタートさせたほか、あいおいニッセイ同和損害保険もKDDI(au)と新会社を作って2011年4月から追随する計画で、各社はインターネットで加入できる保険をそろえているが、携帯電話を使ってより簡単に入れるようにするとのことです。
この件について配信された記事については、下記に掲載した通りです。



「ケータイ損保」広がる
(読売新聞2010年12月16日 )

「いつでも、どこでも」加入…旅行、運動の直前に

 損害保険各社が携帯電話会社と提携し、情報通信機能がある携帯電話を使って保険に加入できるサービスの強化に乗り出した。
 若者の車離れなどを背景に主力の自動車保険が伸び悩む中、「いつでも、どこでも加入できる手軽さ」で、新たな契約を掘り起こすのが狙いだ。

 損害保険ジャパンはソフトバンクモバイルと業務提携し、15日から「ソフトバンクかんたん保険」を始めた。
東京海上日動火災保険がNTTドコモと提携して「ドコモワンタイム保険」を4月からスタートさせたほか、あいおいニッセイ同和損害保険もKDDI(au)と新会社を作って2011年4月から追随する計画だ。
各社はインターネットで加入できる保険をそろえているが、携帯電話を使って、より簡単に入れるようにする。

 損保ジャパンと東京海上が扱う保険は、国内外の旅行やスポーツで傷害事故に遭った時に、本人の入院費用などのほか、けがや死亡させた相手に支払う賠償金を補償する。
1日の保険料が300円の商品から用意し、ゴルフでホールインワンした場合に30万円がもらえる保険もそろえた。

 加入者の氏名や住所、電話番号などの情報は携帯電話会社から提供を受け、保険料は通話料と一緒に徴収する。
入力や支払いの手間を省き、気軽に利用できるようにしたのが特徴だ。
 東京海上によると、利用者は30、40歳代が中心で、「運動や旅行の直前に保険に入る人が予想以上に多い」という。
数年後には、年間約300万〜400万件の契約を目指す方針だ。

(三好益史、小林泰明)

画像




人気ブログランキングへ画像


FC2人気ブログランキングへ画像

拍手する



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
現在、景気の低迷もあってか生命保険の見直しを検討される方が多いようです。
せっかく見直すなら、いろいろ比べてあなたに最適な生命保険にしませんか?
自動車保険だって見直せば、驚くほど保険料が安くなることも!!
大手保険会社の自動車保険を比べて選べるから、安い自動車保険が一目でわかります!!
無料資料請求はカンタンで、右のWebサイトをクリックするだけ!
◆◆◆ 無料資料請求の手順は簡単です! ◆◆◆
(1)生命保険・自動車保険【無料】一括資料請求をご利用 
(2)簡単なあなた(自動車)の情報を入力
(3)あなたにぴったりの生命保険・お得な自動車保険を見つけられる(資料請求)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

















できる!紹介獲得の保険営業
楽天ブックス
商品副データ保険セールス成績アップ読本牧野克彦近代セールス社この著者の新着メールを登録する発行年月:


楽天市場 by できる!紹介獲得の保険営業 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





世界最高ランク保険営業マンから夢をかなえたい人へ36通の手紙
楽天ブックス
林正孝コスモトゥーワンこの著者の新着メールを登録する発行年月:2010年04月登録情報サイズ:単行本


楽天市場 by 世界最高ランク保険営業マンから夢をかなえたい人へ36通の手紙 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
進化していくIt関連・・それにそって便利を片手に参入する企業、簡単明瞭に損保携帯、人海戦術は、ITが誕生することにより大きく変わり個人代理店の手間、隙、儲けまでもITなってしまい個人代理店は魅力無くなり法人格だけが残るのでしょうね。まぁ・・・会社的に個人代理店数が数あるより代理店に掛かるリスクが少なく便利なんでこれから損保問わず生保も出てくるでしょうね・・特にスマートフォンで変わるでしょうね?
がくがくダック
2010/12/19 00:47
がくがくダックさん、こんばんは。
一番コメントをありがとうございます。
ITの進化とともに営業形態も変化し、その中でこの流れにどう向き合い、どう使いこなしてゆくのかという問題を考える必要がありますね。
そして、現状の中での契約者に対するサービスの方法もどうしてゆかなければならないかということを考えなけらばならなくなってしまいますよね。(^^;
IT化に負けて姿を消して行くのも口惜しいところですしね!!
IT化すると経費はかかるだろが、あまり経費はかけられないし、コストパフォーマンスは極力抑えて営業収益を増やしたいところですしね〜!
このITの流れの中でどう対策を立てて行けばいいのか、うん〜、難しい問題ですね。
今後は、スマートフォンも変わってくるのではないですか? 
ラッキーブルーベアー
2010/12/21 00:52
スマートフォン変わってくるのでは?
有り得ますね簡単に電子書籍が発売されパソコンからダウンロードすれば端末機で本が読めるのでスマートフォンでの販売・提案・申込みまでできるのではないでしょうか、パンフレットいらずで全部をスマートフォンにまとめるとか、いくらでも考え付くと思いますね。いずれにしろ個人は生き残りを掛けるより残れるかが問題ですね・・・マイナス感覚を持ちたくないが、人口減少とか少子高齢化にスピードが速い日本を考えるとおのずと答えはでてくるのですが?
がくがくダック
2010/12/22 21:18
がくがくダックさん、こんばんは!
再度のコメントをありがとうございます。
電子書籍の出現で出版業界や印刷業界にも余波が出てきているようです。
パソコンからダウンロードすれば本が読めるようになれば紙はいらなくなり、それとともに印刷物が減り、収入が減れば人員削減と言う事も出てくるようになるのではないかと感じています。
世の中がどんどん進み便利になればなるほどその影響を受ける人達が出てくることも確実なのではないかと思っております。
そして、保険業界にもこの影響を受けることになるのだろうとも感じています。
ラッキーブルーベアー
2010/12/23 22:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
FC2 Blog Ranking 携帯アフィリエイトのアクセストレードモバイル アクセストレードレビュー アクセストレードモバイルの広告主様資料請求はこちら アクセストレード 資料請求はこちら 生命保険のマンガ カービュー自動車保険一括見積     インズウェブの自動車保険一括見積りサービス
損害保険各社が携帯電話会社と提携し広がるケータイ損保! ラッキーブルーベアーの休憩室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる