ニーズ高まる先進医療保障

 現在、医療保険やがん保険では先進医療を受けた場合の費用を保障する特約を付帯するのが一般的になってきました。
 ですが、、健康保険では先進医療にかかる費用は適用されておらず、これはがんの粒子線治療などが高額になることが浸透したために誤解されているケースも多いと云われています。
 そこで、付帯を検討する場合の制度や保険について正しく知っておく必要があるのではないかということで毎日新聞ではニーズ高まる先進医療保障についての記事を掲載していましたのでご紹介してみたいと思います。


くらしナビ・ライフスタイル「 ニーズ高まる先進医療保障」
( 毎日新聞2016年10月29日 東京朝刊 )
 医療保険やがん保険は、先進医療を受けた場合の費用を保障する特約を付帯するのが一般的になってきた。
先進医療にかかる費用は健康保険が適用されず、がんの粒子線治療などが高額になることが浸透したためだが、誤解しているケースも多い。
付帯を検討する場合、制度や保険について正しく知っておきたい。


103種類が承認
 先進医療は、特定の大学病院などで研究開発された最新の治療法で、安全性や効果が確保され、将来、健康保険が適用される診療(保険診療)の対象にするかどうか評価段階にあるものだ。
厚生労働省が承認し、10月28日現在、103種類がある。
 保険診療と併用が認められているが、先進医療にかかる費用(技術料)は全額自己負担で、それ以外について保険が適用される仕組みだ。
医療費100万円、うち先進医療の技術料が20万円のケースでみると、通常の治療と共通する診察・投薬・入院料など80万円については保険適用となり、その3割(70歳未満の場合)にあたる24万円を窓口で支払う。
高額療養費制度を受けることでさらに負担は軽減されるが、技術料20万円はすべて自己負担だ。

 治療法により経済的負担が増すことから、最近の医療保険やがん保険のほとんどは先進医療の費用を保障する特約が付帯できる。
実施数が比較的多く、特に技術料が高額となるのは重粒子線治療(平均308万円)や陽子線治療(同268万円)。
ともに放射線でがん細胞をピンポイント攻撃する粒子線治療で、保険商品のパンフレットでは代表例として挙げられる。


一部の病院でのみ
 特約保険料は月額100円程度で、通算限度額は2000万円が主流。
「技術料は高額」というイメージに対し負担感は少なく「新規加入の場合、付帯率は9割超」(損保系生命保険)という状況だ。
「加入中の保険に付帯していない人が乗り換えを検討するケースも少なくない」(保険ショップ)という。
 ただし、付帯を検討する場合には、イメージではなく、先進医療の中身や特約の商品性について正しく知っておきたい。ポイントは3点ある。

 第一に、先進医療は希望すれば誰でも受けられるわけではない。
一般的な保険診療を受けるなか、医師が必要性と合理性を認めた場合に限られ、医療機関も決まっている。
重粒子線治療は5施設、陽子線治療は11施設しかなく、実施件数は年5000件程度。
がん患者数約150万人と比べれば一部にとどまる。

 第二に、先進医療は変動も激しい。有効性が認められ保険診療に入ったり、逆に既存治療法と比べ優位性が認められず除外されたりする可能性もある。
特約で保障されるのは、療養を受けた日に先進医療と規定されているものだけだ。

 第三に、技術料は必ずしも高額ではない。
実施数が多い「前眼部三次元画像解析」は特殊カメラの撮影画像から目の構造を読み取るものだが技術料は平均3817円だ。
 こうしたことから、先進医療特約の必要性は高くはないという見方もある。
ただし、保険では、発生確率が高ければ保険料も高く、逆に低ければ安い。
確率は小さいが万一の負担が大きい場合は、むしろ保険で備えるのに適しているとも言える。
ファイナンシャルプランナーの竹下さくらさんは「がんになれば治療のためにできることは何でもするという人は多い。必要性を感じれば付帯していい」と言う。


古いものにも利点
 新たに医療保険に加入する人や現在加入中の保険に付帯できる場合は問題ないが、医療保険が自由化された2001年を境に、それ以前の古い医療保険は付帯できないものがある。
その場合、どうしたらいいか。
 がんへの備えを意識するのは同窓会などで健康が話題になる40~50代が多い。
更新型の保険に加入している場合、更新時に保険料がはね上がる年代にあたり、保険料を抑えるため他社の保険に乗り換える手はある。
特約はそのなかで考えればよい。
 ただし「先進医療特約を付けたいという理由で最近の保険に入り直すのはもったいない」と竹下さん。最近の医療保険は1入院あたりの支払限度日数60日で掛け捨ての終身型が主流。これに対し、かつての医療保険は2倍の120日と長く、70~80歳までの定期型が主流だった。「60日の保障なら保険ではなく貯蓄でも備えられる。かつての保険は、手術給付金が高めで長期入院にも備えられるプランが多い」(竹下さん)という。

 先進医療保障は保険料が安いため単体商品では成り立ちにくいとされてきたが、新しい商品も出てきた。
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険が9月に販売開始したネット専用保険「リンククロスコインズ」は月額保険料が一律500円で先進医療と臓器移植に特化して保障する。「加入者は50代が中心。
乗り換えると保険料が高くなったり保障が薄くなったりするが、先進医療保障は欲しいというニーズが高い」(同社)という。

【渡辺精一】

先進医療として粒子線治療を実施している医療機関  

陽子線治療
 北海道大学病院(北海道)
 南東北がん陽子線治療センター(福島)
 筑波大学付属病院(茨城)
 国立がん研究センター東病院(千葉)
 相沢病院(長野)
 静岡県立静岡がんセンター(静岡)
 名古屋市立西部医療センター(愛知)
 福井県立病院(福井)
 兵庫県立粒子線医療センター(兵庫)
 津山中央病院(岡山)
 メディポリス国際陽子線治療センター(鹿児島)


重粒子線治療
 群馬大学医学部付属病院(群馬)
 放射線医学総合研究所病院(千葉)
 神奈川県立がんセンター(神奈川)
 兵庫県立粒子線医療センター(兵庫)
 九州国際重粒子線がん治療センター(佐賀)


画像


FC2 Blog Ranking
画像



拍手する



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
現在、景気の低迷もあってか生命保険の見直しを検討される方が多いようです。
せっかく見直すなら、いろいろ比べてあなたに最適な生命保険にしませんか?
自動車保険だって見直せば、驚くほど保険料が安くなることも!!
大手保険会社の自動車保険を比べて選べるから、安い自動車保険が一目でわかります!!
無料資料請求はカンタンで、右のWebサイトをクリックするだけ!
◆◆◆ 無料資料請求の手順は簡単です! ◆◆◆
(1)生命保険・自動車保険【無料】一括資料請求をご利用 
(2)簡単なあなた(自動車)の情報を入力
(3)あなたにぴったりの生命保険・お得な自動車保険を見つけられる(資料請求)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆







★★★★★★ 左側マイリンクに沖縄老舗「中村製菓」の菓子博覧会芸術部門名誉総裁賞及び那覇市長奨励賞受賞お菓子の紹介がしてありますので是非ご覧くださいね! ★★★★★★

とにかく「美味しい」のひとこと…。
お菓子の質が良い(^^) お勧めは創業以来から造り続けていると云う「光餅(クンピン)」創業って…60年だっていうから本物の琉球銘!
第二のカンバンお菓子が「首里まんじゅう」月桃の香りがたまらなく沖縄人(ウチなぁ〜ンチユ)の食欲をそそります…。
全国菓子博覧会で名誉総裁賞も受賞してるらしいからコレまたホンモノ!満足度100%!! By:クーパー (*´∀`*)


画像