自賠責の保険料が4月から平均6.9%引き下げへ

 金融庁の審議会が自賠責保険料の検討を毎年行っているのですが、最近は自動ブレーキなどの安全技術の普及により事故が減少し、保険金支払いが減っているために見直しを進めていました。
 その結果、自賠責保険料を平成20年以来9年ぶりに今年4月から保険料を全ての車種において平均で6.9%引き下げることを決めましたことが配信されました。


自賠責の保険料 4月から平均6.9%引き下げへ
( NHK NEWS 1月19日 11時55分 )
 交通事故に備えて自動車やバイクを持つ人に加入が義務づけられている自賠責=自動車損害賠償責任保険の保険料について、金融庁の審議会は、ことし4月から平均で6.9%引き下げることを決めました。

 自賠責の保険料は金融庁の審議会が毎年検討を行っていて、最近は自動ブレーキなどの安全技術の普及で事故が減少し、保険金の支払いが減っているため、見直しを進めていました。
 その結果、ことし4月から保険料をすべての車種の平均で6.9%引き下げることを19日に決めました。
自賠責の保険料の引き下げは平成20年以来9年ぶりです。
 これによって、一般的な2年間の契約の場合、家庭向けの乗用車の保険料は現在の2万7840円から2010円下げて2万5830円に、軽自動車は現在の2万6370円から1300円下げて2万5070円になります。

 自賠責保険は交通事故の被害者や遺族を救済するために法律に基づいて加入が義務づけられ、保険金は重い障害が残った場合には最高で4000万円、死亡事故の場合には最高で3000万円それぞれ支払われます。
 自賠責の保険料の引き下げに合わせて、損害保険各社が加盟する「損害保険料率算出機構」は、任意の自動車保険の保険料を決める基準を14年ぶりに引き下げる方向で検討することにしています。



自賠責保険料、4月から6.9%値下げ 乗用車で2010円安く
( ZAKZAK 2017.01.21 )
 金融庁の自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)審議会は19日、4月の契約分から全車種平均で6.9%値下げすることを決めた。
 自家用乗用車(沖縄県と離島を除く)の場合、一般的な2年契約で現行より2010円引き下げ、2万5830円とする。値下げは2008年度以来9年ぶり。
 自動ブレーキなどの普及で事故が減り、保険金の支払いが減少。
過去に実施した保険料値上げで、今後も収支の黒字や積立金の増加が見込まれるため、自動車ユーザーに還元する。

 軽自動車の保険料は2年契約で1300円安い2万5070円とする。
今回、多くの車種で値下げするが、一部は値上げになる。
 保険会社の経費や、手数料の上昇分などが反映されるためで、原動機付き自転車(ミニバイク)が80円高い9950円となる。
 自賠責の保険料については、08年度に平均で27.9%値下げされたが、収支が悪化し、11年度に平均11.7%、13年度に同13.5%値上げされていた。
 自賠責保険は交通事故の被害者や遺族を救済するため、事故で重い障害が残った場合に最高4000万円、死亡した場合には最高3000万円の保険金が支払われる。


画像


FC2 Blog Ranking
画像



拍手する









★★★★★★ 左側マイリンクに沖縄老舗「中村製菓」の菓子博覧会芸術部門名誉総裁賞及び那覇市長奨励賞受賞お菓子の紹介がしてありますので是非ご覧くださいね! ★★★★★★

とにかく「美味しい」のひとこと…。
お菓子の質が良い(^^) お勧めは創業以来から造り続けていると云う「光餅(クンピン)」創業って…60年だっていうから本物の琉球銘!
第二のカンバンお菓子が「首里まんじゅう」月桃の香りがたまらなく沖縄人(ウチなぁ〜ンチユ)の食欲をそそります…。
全国菓子博覧会で名誉総裁賞も受賞してるらしいからコレまたホンモノ!満足度100%!! By:クーパー (*´∀`*)


画像