生命保険各社に保険料率見直しの動き

 長生きする人が増えたことから生命保険各社に保険料率を見直す動きが広がっており、4月に保険料算定基準となる標準死亡率の改定があることから、保険金の支払い負担が減っている死亡保険料を引き下げる方向であり、長寿化の恩恵を還元することが各報道機関から配信されているのです。
 これは、中長期的には「団塊の世代」がすべて75歳以上の後期高齢者となる「2025年問題」を控えて契約者が急減し、保険金支払いは急増することが予想されていることから生保各社の生き残りをかけた戦いが熱を帯び、大手生保も追随する可能性が高いといわれています。


生命保険各社に保険料率見直しの動き 日本生命は最大24%値下げ 明治安田は増配
( 産経ニュース 2018.2.23 22:15更新 )
 長生きする人が増えたことから、生命保険各社に保険料率を見直す動きが広がっている。
保険金の支払い負担が減っている死亡保険料は引き下げる方向だ。
 ただ、中長期的には、「団塊の世代」がすべて75歳以上の後期高齢者となる「2025年問題」が控え、契約者が急減し、保険金支払いは急増することが予想される。
生保各社の生き残りをかけた戦いが熱を帯びている。(米沢文)

 日本生命保険は23日、定期保険の保険料を最大24%引き下げると発表した。
たとえば40歳男性が保険期間10年、保険金額2千万円の定期保険に入る場合、保険料は12%安くなり、月7020円となる。
 平成28年度の販売実績に当てはめると、平均で12%の値下げとなる。4月以降の新契約から適用する(既契約については7月以降の更新から適用)。

 各社が保険料を見直すのは、保険料の算定基準となる「標準生命表」が4月、11年ぶりに改定されることを踏まえたものだ。
30年度以降の適用分では、長寿化で全年齢の死亡率が改善し、40歳男性の死亡率は千人当たり1・48人から1・18人に、40歳女性は同0・98人から0・88人にそれぞれ減少する。

 ソニー生命保険は4月から、死亡保険の主力商品について、30歳男性で14・6%、30歳女性で3・7%値下げする。
 明治安田生命保険は団体向けの死亡保険で、最大約24%値下げする。
同社はこの日、29年度分の個人保険の約300万件分の契約者配当について、総額70億円の増配を実施する方針も明らかにした。
 長寿化で死亡保険金の支払いが減る分、契約者に保険料の値下げや増配を行う動きはさらに広がる可能性があり、家計の負担の軽減につながりそうだ。
 ただ、この先、団塊世代や団塊ジュニアが高齢化していくと、生保各社にとっては、主要契約者の急減と保険金支払いの急増につながる。
 特に「団塊世代が後期高齢者となる2025年問題は脅威」(大手生保)となっており、各社は新たな客層を呼び込むための戦いも始めている。

販売合戦が激化しているのが、医療保険や就業不能保険といった「第3分野」だ。
住友生命保険やアフラックの就業不能保険が大ヒットしているほか、明治安田も若年層を狙ったシンプルな保険の販売が好調だ。
販路拡大の動きも活発化している。第一生命グループは金融機関や保険ショップに商品を卸す会社をつくるなど、販路の多様化を急いでいる。
 長寿化が進めば医療費がかさみ、医療保険や就業不能保険は今後、保険金支払いが増えていく。2025年問題に備え、各社は値上げする方向だが、人気分野だけに「簡単には値上げできない」のが本音だ。



日本生命 保険料率改定へ
( FNN NEWS 02/24 13:06 )
 4月から保険料を改定する。
日本生命保険は、4月1日以降の新規契約に適用する保険料率を改定すると発表した。
 死亡率が低下し、保険金の支払いが減っていることを受けて、定期保険や、終身保険、養老保険などの料率を、最大2割ほど引き下げる。
 一方、長寿化で医療費の負担が増える「総合医療保険」は、ほぼ同じ水準に据え置くという。



日生、死亡保険値下げ=4月から最大2割、死亡率低下で
( 時事ニュース 2018/02/23-17:19 )
 日本生命保険は23日、4月以降の新規契約に適用する個人保険の保険料を改定すると発表した。
死亡率低下による保険金の支払い減少を受け、死亡保険を最大で2割程度値下げする。
医療保険は値上げを抑え、ほぼ同水準に据え置く。
ほかの大手生保各社も今後、保険料の見直しを公表する見通しだ。
 生命保険各社が保険料算出の根拠とする「標準生命表」が4月に11年ぶりに改定される。
標準生命表は性別や年齢別に死亡率をまとめたもので、長寿化を反映して死亡率を引き下げる。
 日本生命は改定を踏まえ、死亡保険の保険料を下げる。期間10年、保険金額2000万円の死亡保険では、40歳男性で12.0%の値下げとなる。



明治安田、300万人に増配 死亡率低下分還元、他の生保追随も
( 日本経済新聞 朝刊 2018/2/23付 )
 明治安田生命保険は2017年度分の個人保険の契約者配当を増やす方針を固めた。
総額約70億円と11年ぶりの大幅増配で、配当が出る個人保険契約全体の4割にあたる300万件が対象となる見通し。
 4月に保険料算定基準となる標準死亡率が改定され長寿化の恩恵を還元する。
大手生保も追随する可能性が高い。

 対象は死亡保障付きの個人保険と個人年金の約300万件で、1件あたりの配当額は平均2300円増える。
明治安田の増配は16年度分(6.5億円)から2年連続。
金額は03年度に合併して以降、110億円を増配した06年度分に次ぐ2番目の規模となる。
 保険会社は保険金支払いのデータなどに基づいて作られる「標準生命表」を基準に保険料を決める。

4月にこの生命表が11年ぶりに改定されることが決定。
改定後は、現在40歳男性の場合で1000人中1.48人とされる年間の死亡率が1.18人まで下がる。
 多くの生保は死亡保険の値段を引き下げる見通し。
新規の契約者には保険料を引き下げ、既存の契約者には生命表の改定分を還元する方向だ。
 明治安田の本業のもうけを示すグループ基礎利益は17年4~12月期に16年同期比23%増の3934億円で過去最高益を更新した。
通期でも過去最高となる見通しだ。


画像


FC2 Blog Ranking
画像



拍手する









★★★★★★ 左側マイリンクに沖縄老舗「中村製菓」の菓子博覧会芸術部門名誉総裁賞及び那覇市長奨励賞受賞お菓子の紹介がしてありますので是非ご覧くださいね! ★★★★★★

とにかく「美味しい」のひとこと…。
お菓子の質が良い(^^) お勧めは創業以来から造り続けていると云う「光餅(クンピン)」創業って…60年だっていうから本物の琉球銘!
第二のカンバンお菓子が「首里まんじゅう」月桃の香りがたまらなく沖縄人(ウチなぁ〜ンチユ)の食欲をそそります…。
全国菓子博覧会で名誉総裁賞も受賞してるらしいからコレまたホンモノ!満足度100%!! By:クーパー (*´∀`*)


画像










≪エントリーで最大ポイント10倍!≫ミートこねらー【製造元出荷】TVや雑誌で話題の商品!(オークス/レイエ)
リンナイスタイル楽天市場店
TV雑誌で話題の商品! 手のひらの代わりにお肉がこねられる、スプーン型のキッチンツール。 手が汚れた


楽天市場 by ≪エントリーで最大ポイント10倍!≫ミートこねらー【製造元出荷】TVや雑誌で話題の商品!(オークス/レイエ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




回転モップ 洗浄機能付き話題の商品!KMO-490S掃除が楽しくなる♪ペダルを踏むと中で洗浄します!【アイリスオーヤマ】【e-net shop】98【処分】
住まいと暮らしの110番
洗って絞れる!回転機能2つ付き! これでモップ掛けはますます簡単に★ ペダルを踏むことで遠心力を使い


楽天市場 by 回転モップ 洗浄機能付き話題の商品!KMO-490S掃除が楽しくなる♪ペダルを踏むと中で洗浄します!【アイリスオーヤマ】【e-net shop】98【処分】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル