ラッキーブルーベアーの休憩室

アクセスカウンタ

zoom RSS 相互会社の無制限な買収はどこかで説明が難しくなる

<<   作成日時 : 2018/05/27 18:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 現在の収入保険料の量的拡大を前提とした現在の保険会社のビジネスモデルに懸念を抱いている金融庁に、金融機関としての今後の持続性や中長期的なあるべき姿についての金融庁監督局長 遠藤俊英氏に聞いた内容が掲載されていましたのでご紹介をしてみたいと思います。


相互会社の無制限な買収はどこかで説明が難しくなる
(週刊ダイヤモンド 合併特大号 2018.4/28・5/5 )
 収入保険料の量的拡大を前提とした、現在の保険会社のビジネスモデルに懸念を抱く金融庁。
金融機関としての今後の持続性や、中長期的なあるべき姿についての監督局長に聞いた。


―保険契約者の中核となる生産年齢人口が減少する中で、大手生保は営業職員や拠点を足元で増やしています。
そうした動きについて監督当局としてはどう見ていますか。


 各社によってそれぞれ将来に対するどういう見通しを持って、どういう戦略を取っていくのかというのは、もちろん経営判断です。
 ただ、将来の見通しろいうことに関しては、ある程度誰が見通したって変わらない。
構造的な変化というのが当然あるわけです。

 生産年齢人口が今後も減少し続ければ、伝統的な国内保険事業も縮小が予想されるわけですよね。
その中で、持続性あるビジネスモデルをどうやって構築するのか。
生保は人口構築やライフスタイルに大きく左右されます。
 そういう中で、保険ニーズというのはこれもまた大きく変化していきます。
低金利の状況が継続していて、市場環境として困難な状況がずっと続いているということもあります。

 損保でいえば、やはり自動車保険でしょうね。
人口減少というファクターが大きく影響するでしょうし。
シェアリングのようなかたちで、人々の行動面での変化というのも見られます。
 それから、よく言われているように、自動運転技術もこれから進展する。
テクノロジーの進化によって、対自動車の在り方、自動車に対する保険の在り方が足元で大きく変わろうとしています。
それ以外にも、世界的な自然災害があり、かなり激甚化しています。

 保険会社は今まで、供給側の論理に立つビジネスだった側面があります。
自分たちなりに大きな流れを見通す中で、パーツパーツの微調整ということではなく、もっと骨太の方向性というのを確立してほしいんですよね。
各社が社会においてどういう役割を果たすのかとか。

それから、指摘があった販売チャンネルとか、あるいは販売商品、こういうものを含めた大きなビジネスモデルを、どう構築していくのか。
そこはやはり抜本的に見直してもらいたい。
既存のビジネスモデルの維持が自己目的化するというのはやはりおかしいと思うんですね。
現代の流れに応じて、今の体制、今のビジネスモデルが本当に良いのかと常に見直してもらいたい。

 既存のビジネスモデルの維持が自己目的化するあまり、結果としてわれわれの見から見るとどうも顧客本位でないというような、そんなビジネスが固定されるようじゃ困りますし、われわれとしては看過できません。
今後の販売チャンネル戦略をどう考えるかということに関しては、今後も継続して各社対話していきたいと考えています。


−代理店へのインセンティブ報酬の在り方について、見直しが想定よりも進んでいない状況についてはどう認識していますか。

 昨年12月から本年の1月にかけて、保険会社18社に代理店手数料の在り方、その検討状況を確認するためのヒアリングををしました。
結果どいうことをわれわれとして把握したかというと、一つは業務品質を評価して手数料に反映させようという会社はありました。
 ただ、多くは見直しに向けた課題の認識や、内容について問題があるなという会社が、多く見られたというのが総括なんですね。
 また、見直しを横向きに検討しようという会社も、本音では「そうはいっても他社に先行して手数料を見直すことに関してはややちゅうちょする」という声も聞かれました。
 われわれとしては代理店手数料の改善は進めなきゃいけないとふうに考えていますから、生保業界と引き続き対話をしていきたいと。
まずは前向きな会社に関して、一つのブレークスルーというか、良い事例をつくっていかなきゃいけないんじゃないかと思っています。


−インセンティブ報酬の適正化は必要だと思うんですけれども、そこばかりがクローズアップされて、一方で営業職員の一社専については、議論から外れてバランスが悪いようにも思えます。

 全てについて総合的に議論するというのは、われわれとしてもなかなか難しい面があります。
乗り合い代理店についてはこれまでさまざまな指摘があり、レポートにも書きましたし、それに基づいてより実態調査を深めていこうと。
プロセスを経てやっているんですね。
 保険会社も納得して自分たちでいろいろ改善を進めていこうとなれば、それ以外に営業職員の販売チャンネルはどうなんですか、どういう商品を売っているんですかということでらためて観察して、依然として問題があれば、今後また議論していくと思いますけどね。


−ここ数年、海外を中心に相互会社の出資・買収の動きが相次いだことで、相互会社の在り方が問われる場面が増えています。
当局としては相互会社という組織形態についてどう捉えていますか。


 相互会社と株式会社には、それぞれメリット・デメリットがあります。
株式会社というのは会社の所有者、株主と保険契約者の間に、いわば利害対立があるわけですけれども、相互会社は株主いないためにそうした利害対立がないわけですよね。
株主配当が相互会社の場合はないわけですから、事業の成果の多くを保険契約者に還元できます。
 ただ、相互会社会社における社員、つまり保険契約者、その保険契約者のためにこの事業を行うということを目的とするのが相互会社であるわけですから、企業買収によって、そういったかたちで契約者の利益につながるんですかということが、きちんと説明できないといけないと思うんですね。
現在これに関しては、法令その他で相互会社による企業買収は、何パーセントまでだというのは決められないわけですよね。

 そうした規則はありませんが、ただ常識的に考えて相互会社形態のまま、無制限に企業買収を進めていくということは、保険契約者に対して今後説明がつくんですかということになります。
客観的な数字として何パーセントと提示するようなものではないですが、個別の買収案件が出てきたときに、それは相互会社として一体どういう位置付けなんですかと。
保険契約者に対して、どういうメリットを与えるとあなたたちは解釈して今回の決断に至ったんですかと。
 何でもかんでも株式会社と同じように、こちらの方が利益になり得るから企業買収というのは、そういう経営判断はあり得ないと思うんですよね。


−経営者への還元、配当についても開示情報が少なく、もっと透明性を高めるべきと感じています。

 本当にそうだと思いますよ。相互会社ってそういう存在ですからね。
金融
行政の方向性に関しても、できるだけ顧客に対してのディスクロージャーを進める。
われわれ自身の分析も外に出すし、企業自身も自分たちはどういうビジネス構造になっていて、どのように顧客に対する貢献。
還元をしていくんだということを積極的に開示して、企業間の健全な競争が促されるという姿が望ましいと。
われわれはそう思っているので。

−ITと、保険業法の1000人以下といった適用除外を活用した新たなサービス、保険が登場してきていますが、イノベーションの促進と規制のバランスを今後どう取っていきますか。

インシュアテックを促進していく上で、直ちに法制度が障害になっているというふうには、必ずしも聞いていないんですけれども、ただ今後のテクノロジーの進展に伴って、障害があるという話が出てくれば、それは機動的に運用面も含めて適切に対応していかなきゃいけないと思っています。

 保険業法の枠組みの中で問題が出てきたときに、それは本質的な問題なのか、それとも形式的な揚げ足取り的な問題なのかということは、われわれも判断して、形式的なことで引っ掛かっているだけであれば、取っ払っていかなきゃいけないんじゃないかと思っていますよ。
 一方で、契約者保護のような本質的なところで問題があるとなれば、そこはやはりビジネスモデルを少し修正してくださいよということもあるかもしれませんね。
 そこは個別に議論しながら、その中で業界もわれわれ自身も経験。
知見というものを積んでいくということに尽きるかと思います。


金融庁監督局長 遠藤俊英(えんどう としひで)
1982(昭和57)年大蔵省(現財務省)入省。
2005年銀行第一課長。07年信用制度参事官、11年総務企画課審議官、14年検査局長、15年7がつより現職。


画像

FC2 Blog Ranking
画像


拍手する








★★★★★★ 左側マイリンクに沖縄老舗「中村製菓」の菓子博覧会芸術部門名誉総裁賞及び那覇市長奨励賞受賞お菓子の紹介がしてありますので是非ご覧くださいね! ★★★★★★

とにかく「美味しい」のひとこと…。
お菓子の質が良い(^^) お勧めは創業以来から造り続けていると云う「光餅(クンピン)」創業って…60年だっていうから本物の琉球銘!
第二のカンバンお菓子が「首里まんじゅう」月桃の香りがたまらなく沖縄人(ウチなぁ〜ンチユ)の食欲をそそります…。
全国菓子博覧会で名誉総裁賞も受賞してるらしいからコレまたホンモノ!満足度100%!! By:クーパー (*´∀`*)


画像










熱中症対策 作業着 空調服 炎天下 暑さ対策 熱中症対策グッズ 爽快ジェットファン2 お手持ちの作業服を 空調服 に! ジェットファン
KYPLAZA 楽天市場店
★商品説明★ 爽快ジェットファンがパワーアップ! ベルト回りに装着するだけ! 風量4段階切替 お手持


楽天市場 by 熱中症対策 作業着 空調服 炎天下 暑さ対策 熱中症対策グッズ 爽快ジェットファン2 お手持ちの作業服を 空調服 に! ジェットファン の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FC2 Blog Ranking 携帯アフィリエイトのアクセストレードモバイル アクセストレードレビュー アクセストレードモバイルの広告主様資料請求はこちら アクセストレード 資料請求はこちら 生命保険のマンガ カービュー自動車保険一括見積     インズウェブの自動車保険一括見積りサービス
相互会社の無制限な買収はどこかで説明が難しくなる ラッキーブルーベアーの休憩室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる