ラッキーブルーベアーの休憩室

アクセスカウンタ

zoom RSS 節税目的の経営者向け大人気保険に「待った」をかけた金融庁vs生保の戦い

<<   作成日時 : 2018/07/01 15:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 6月中旬に金融庁から送られてきた1通の書類について、「とうとう来たなという感じですね」と国内生命保険会社の幹部はこうつぶやいたそうなのですが、送られてきた書類というのが中小企業経営者などを対象にしたいわゆる「経営者向け保険」について「付加保険料の設定状況」などを尋ねたもので、調査用紙の回答期限が6月26日だったそうです。
 各社とも「傷害保障」や「生活保障」などとパンフレットでうたい、経営者が倒れたときの事業リスクをカバーする保険だとしているのですが、その実態は紛れもなく企業向けの「節税商品」で、経営者向け保険を巡っては昨春に最大手の日本生命保険が「プラチナフェニックス」の愛称で商品を投入したことで市場に一気に火がつき、大手を始め他の生保も相次いで追随したことで販売が過熱しているのです。


節税目的の経営者向け大人気保険に「待った」をかけた金融庁vs生保の戦い
( ASCll ダイヤモンド・オンライン 2018年06月28日 06時00分更新 文: 週刊ダイヤモンド編集部 )
画像

個別の保険商品の販売実態について金融庁が異例の調査に踏み切ったことに、生保各社は警戒を強めている Photo by Masaki Nakamura

大人気の経営者保険に対し金融庁が実態調査
 「とうとう来たなという感じですね」
 6月中旬、金融庁から送られてきた1通の書類について、国内生命保険会社の幹部はこうつぶやいた。
 書類とは、中小企業経営者などを対象にしたいわゆる「経営者向け保険」について、「付加保険料の設定状況」などを尋ねた調査用紙で、6月26日を回答期限としていた。
 経営者向け保険を巡っては、昨春に最大手の日本生命保険が、「プラチナフェニックス」の愛称で商品を投入したことで市場に一気に火がつき、大手を始め他の生保も相次いで追随したことで、販売が過熱している。
 各社とも「傷害保障」「生活保障」などとパンフレットでうたい、経営者が倒れたときの事業リスクをカバーする保険としているが、その実態は紛れもなく企業向けの「節税商品」だ。


保険料を「損金」扱いし法人税を節税
 なぜなら、支払った保険料の全額を「損金」として算入できる仕組みがあるため、税引き前の利益を保険料で“相殺”し、法人税などの負担を軽減できるからだ。
 単純な返戻率だけを見ると80%前後と、支払った保険料を下回るお金しか戻ってこない計算になるが、法人税などを支払った場合と比べた「実質返戻率」は、2年目からプラスになる設計のものが多く、5年も経てば120%を大きく上回る水準になる。
 第一生命グループのネオファースト生命保険が今年3月に発売した「ネオdeきぎょう」は、その返戻率の高さから、3月単月でANP(新契約年換算保険料)が120億円に達するなど、多くの企業が決算期末を迎える3月は「お祭りのような状態」(保険代理店関係者)だったという。
 だが、そんなタイミングで金融庁が「待った」をかけた。
 そもそも、金融庁が個別商品の販売状況について実態調査に踏み切るのは異例のこと。
だが、販売現場の過熱ぶりや、足元で新たな商品認可の審査も相次ぐという実情を踏まえて、調査によって生保各社を牽制する狙いがあるとみられる。
 調査の中で詳細な報告を求めている付加保険料については、今春以降に外資系生保などが発売している商品の中に「保険期間によって大きな差をつけることで、返戻率を高めている」(金融庁幹部)として、当局は目を光らせている。
 調査によって、今後生保各社には付加保険料の見直しの圧力がかかることになるが、外資系生保の幹部によると、返戻率を高める“裏ワザ”は「付加保険料以外にも、まだたくさんある」という。
 そうであれば、金融庁による実態調査に過敏に反応する必要はないように思えるが、冒頭の生保幹部の発言のように警戒を強めているのは、一体なぜなのか。


過去の商品は国税当局がダメ出し生保は駆け込み販売を本格化

 それは、保険料の全額損金算入という経営者保険の根幹部分が、今後、否認される可能性が出てきたからだ。
全損の認否自体は国税庁が担っているものの、情報連携をする中で金融庁がその「前段階」として実態調査に着手したと、生保各社は捉えているわけだ。
 生保は過去にも、逓増定期やがん保険を始め、全損タイプの経営者向け保険をこぞって販売しては、その後、国税当局から“ダメ出し”を受けるということを繰り返してきた経緯がある。
 国税庁からいつ全損否認の通達が示されるか。
その時期を見極めながら、生保各社の「駆け込み販売」が今後本格化することになる。

(「週刊ダイヤモンド編集部」 中村正毅)
本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら


「節税保険」実態解明へ 金融庁、商品設計を問題視
( 朝日新聞デジタル6/29(金) 7:21配信 )
 生命保険各社が「節税」をアピールして中小企業経営者に売り込む保険について、金融庁が商品の設計などを問題視し、実態調査に乗り出した。
保険料支払いで課税所得を減らし、将来解約すれば保険料の多くが戻って節税効果を上げる商品。
最近は保険会社の営業が過熱しており、金融庁は保険の趣旨を逸脱するおそれがないかも調べる。

 大手生保がメリットを競って売り込み…「節税保険」のしくみ
問題になっているのは、「法人向け定期保険」。主に中小企業が契約し、経営者や役員の死亡の際に保険金が支払われる。いくつかの条件を満たせば、保険料は全額経費扱いになる。
 企業は保険料支払いで利益を圧縮し、法人税支払いを減らせる。
加入後10年程度で解約すれば、支払った保険料の多くが「解約返戻金」として戻る。
利益を上げて税金を払うより、保険に入って返戻金を受け取った方が手元にお金が残る。
返戻金は課税されないように、役員退職金などの経費に充てる。

大手生保の営業パンフレットには、保険商品の解約返戻金を「役員退職金の財源に活用」とする文言もあった。

 日本生命保険が昨年4月に発売した「プラチナフェニックス」の場合、60歳で契約し、保険料を10年間支払った後解約すると、当時の基準で支払った保険料の約85%が手元に残る。
 これに対し、通常通りに法人税を払うと、利益のうち手元に残るのは約66%だ。
保険に入った方が、手元に残るお金は3割近くも多くなる。

 生保各社は同様の商品を相次いで投入しており、第一生命保険が今年3月発売した商品では、手元に残るお金が、法人税を払った場合より4割超も多いケースがあった。
 ただ節税のために中途解約を推奨する商品は、死亡時の保障という本来の趣旨からは逸脱しかねない。営業現場では「節税PR」も横行。
返戻金を引き上げるために不自然な設定をしている商品まで登場したことで、金融庁は脱法的な行為になりかねないと判断している模様だ。

 同庁は今月、生保各社に対し、法人向け定期保険の実態を問うアンケートを送った。
今後個別に聞き取りをすすめ、年度内に必要な行政措置を判断する。
 生保業界では以前も同様の保険販売が過熱。2008年には国税庁が通達で、保険料の一部を経費に算入できなくするなど厳格化してきた。
最近は商品内容を変え、通達の「抜け穴」を突いているとみられる。

(柴田秀並)

画像

FC2 Blog Ranking
画像


拍手する








★★★★★★ 左側マイリンクに沖縄老舗「中村製菓」の菓子博覧会芸術部門名誉総裁賞及び那覇市長奨励賞受賞お菓子の紹介がしてありますので是非ご覧くださいね! ★★★★★★

とにかく「美味しい」のひとこと…。
お菓子の質が良い(^^) お勧めは創業以来から造り続けていると云う「光餅(クンピン)」創業って…60年だっていうから本物の琉球銘!
第二のカンバンお菓子が「首里まんじゅう」月桃の香りがたまらなく沖縄人(ウチなぁ〜ンチユ)の食欲をそそります…。
全国菓子博覧会で名誉総裁賞も受賞してるらしいからコレまたホンモノ!満足度100%!! By:クーパー (*´∀`*)


画像










熱中症対策グッズ 暑さ対策 グッズ 冷却 保冷剤 ベスト メッシュインナーベスト
靴下の店 男気主義
メール便なら送料無料! 代金引換決済の場合は、3,000円以上ご購入で送料無料です。 (3,000円


楽天市場 by 熱中症対策グッズ 暑さ対策 グッズ 冷却 保冷剤 ベスト メッシュインナーベスト の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




熱中症対策グッズ 冷却ベスト アイスハーネス 保冷剤6個付き 暑さ対策 クールベスト/アイスベスト/空調服インナー/作業服/保冷材/アイスV上位モデル(送料無料/沖縄除く)
AK-SELECT 赤城工業株式会社
熱中症対策グッズ 冷却ベスト 上位モデルアイスハーネス 予備セット(保冷剤6個付きセット) ※基本セ


楽天市場 by 熱中症対策グッズ 冷却ベスト アイスハーネス 保冷剤6個付き 暑さ対策 クールベスト/アイスベスト/空調服インナー/作業服/保冷材/アイスV上位モデル(送料無料/沖縄除く) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ネットショップに5月位から新規参入してます。
がくがくダックをシリーズ化にして現在サイトで掲載中・・・・儲けたら考える内に金融庁さん
がくがくダック
2018/07/02 22:12
がくがくダックさん、こんばんは!
いつもコメントをありがとうございます。
保険業界に再デビューおめでとうございます。
頑張って下さいね!!
ラッキーブルーベアー
2018/07/16 21:17
何か勘違いしてます
保険業界には再デビューしてません。
がくがくダックでサイトを作り販売してます。
保険業界はまだまだ戻りません・・・
不慣れなショップを作りました
がくがくダック&食材屋さん(syokuzaiya)検索
宣伝です。この場を借り増して、全然関係ないコメントです
個人でも乗合できれば考えますが?
がくがくダック
2018/07/19 21:54
がくがくダックさん、こんばんは!
保険業界に再デビューしたものと勘違いをしていたようで申し訳ありませんでした。
第二の人生をスタートされて様で、お祝いを申し上げます。
おめでとうございます。
これからも頑張って下さいね!!(^0^)/
ラッキーブルーベアー
2018/07/22 21:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
FC2 Blog Ranking 携帯アフィリエイトのアクセストレードモバイル アクセストレードレビュー アクセストレードモバイルの広告主様資料請求はこちら アクセストレード 資料請求はこちら 生命保険のマンガ カービュー自動車保険一括見積     インズウェブの自動車保険一括見積りサービス
節税目的の経営者向け大人気保険に「待った」をかけた金融庁vs生保の戦い ラッキーブルーベアーの休憩室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる