金融庁財務局から保険代理店へ届いた質問事項とは?

 金融庁による改正保険業法施行から丸2年になるのですが、2018年以降金融庁財務局職員による保険代理店への立入検査が増えてきています。  そんな中で金融庁財務局から保険代理店へ「貴社の体制整備状況についてヒアリングさせて欲しい」との質問事項が送られてきたのですが、これは保険業法305条に基づいた金融庁財務局職員による立入検査以外も保険…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「はなさく生命」参入で激化する代理店販売競争下での保険選び

 2019年4月に来店型代理店向けの商品を中心とする新会社として開業した日本生命の子会社「はなさく生命」が6月にはじめて医療保険の販売を開始したのですが、少子高齢化が進むなかで大手生命保険会社も含め医療保険等の販売競争はますます激化していきそうな状況にあり、今回は販売する側の変化を知ったうえで消費者の賢い保険選びについて考える必要がある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アドバンスクリエイトとネオファースト生命が保険代理店業界の成長に向けた相互連携を開始

 人とテクノロジーを深化させ進化する会社 株式会社アドバンスクリエイトとネオファースト生命保険株式会社が、両社の持続的な成長・発展に繋がる協業施策を推進していくことで合意したことが発表されました。  ネオファースト生命はアドバンスクリエイトが展開する顧客管理システム(名称:御用聞き)とのシステム連携を2019年4月よりスタートし、更な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「選べる保険」に盲点も 乗り合い代理店の勧めは最適?

 かんぽ生命の不適切販売や外貨建て保険をめぐる苦情など「保険」をめぐるトラブルが相次いでおり、支払う保険料ともらえる保険金のバランスやさまざまな保険商品の比較について消費者はどう考えればいいのかについて朝日新聞から選べる保険に盲点も乗り合い代理店の勧めは最適なのかについての記事が掲載されていましたのでご紹介したいと思います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かんぽ生命の不祥事で保険業界全体に不信感と見直し機運高まるか?

 郵便局で売っている『かんぽ』なら安心と思い契約をしてみれば、不適切な保険販売により大ショックが契約者に広がるとともにどの保険を選べばいいのかという不安も広がってしまいました。  事件発覚後、かんぽ生命が保険商品の不適切販売を謝罪したことにより同社のずさんな営業方法が次々と明るみに出ると共に更新時に2つの保険を重複して契約し、二重に保…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more