第一生命が大手生保初の少額短期保険の子会社設立

 第一生命保険が生命保険離れが進む若年層の開拓に向けて、インターネットで完結する保険商品の開発を進めるため、月内に準備会社を設立し2020年度上半期に営業を始める予定で少額短期保険(ミニ保険)の子会社「第一スマート」を設立すると正式に発表したのですが、これは大手生命保険会社ではミニ保険の子会社を設立するのは初めての試みとなります。 …
コメント:2

続きを読むread more

トップが語る生保の低金利への対応策は リセット金融

 日銀が2016年1月29日にマイナス金利政策の導入を決めてから4年になりますが、国内では「マイナス金利」が常態化し、生命保険のビジネスは運用、商品開発両面で揺さぶられている現状について低金利時代への対応策を業界大手のトップに聞いた記事が報道機関に掲載されていましたのでご紹介してみたいと思います。 生保、低金利への対応策は リ…
コメント:0

続きを読むread more

保険ショップが生保の手数料基準を統一し販売適正に

 生命保険各社は医療保険など複数の保険会社の商品を扱う代理店では、保険会社から支払われる販売手数料の多寡によって販売する商品が左右されるとの懸念があることから、乗り合い代理店に支払う販売手数料に関する業界共通の基準を取り入れるとの報道配信がありました。  保険会社から乗り合い代理店へ支払われる手数料は、販売手数料の多寡によって販売する…
コメント:0

続きを読むread more

保険業界の新しい将来像と日本の保険会社の進路

 東洋経済 ONLINE社から個人・企業のリスクを中心としたあらゆるデータを集約・分析する「保険」が今、社会が進むべき方向性の道標の役割を果たすことを期待されているが、日本の業界の対応は欧米に比べて遅れおり、このままでは淘汰される恐れもあることからグローバル競争を勝ち抜くためのカギを考えてみるという記事が掲載されていたのでご紹介してみた…
コメント:0

続きを読むread more

テーマ別記事

最近のコメント

過去ログ

最近のコメント