セゾン自動車火災、補償内容を自由に選択できる個人向け火災保険を発売

セゾン自動車火災保険では、火災保険に対するお客さまからの声に答えて住環境などに応じて補償内容を自由に選択できる個人向け火災保険(組立式火災保険)『じぶんでえらべる火災保険』発売しました。


火災保険を契約していて下記のような疑問を感じたことはありませんでしたか

「一戸建て」と「マンション」では必要な補償がちがうと思う。

1.床上浸水や土砂崩れなどの心配がないので「水災」補償は必要ない。

2.風災の補償は「建物」だけでよく、「家財」には必要ない。

3. 「家財」の保険金額が1000万円といわれたけど、そんなにかけたくない。

4.火災保険なんだから「火災」だけを補償してくれる保険ってないの?

5.わたしの家にぴったりな補償を自由にえらべる火災保険があったらウレシイ!


商品開発の背景には下記のような事があったそうです。

 これまでの火災保険では、契約者から「火災保険なのに自分には不要な水災の補償もついている」「自分が必要な補償を選んで保険料を節約したい」といった声が寄せられていたそうです。

そこで、『じぶんでえらべる火災保険』では、基本補償は最小限(火災、落雷、破裂・爆発)に抑え、自分に必要な補償を自由に選択するという『組み立てる火災保険』をコンセプトに開発をしたそうです。

また、建物の構造級別を3区分(マンション構造、耐火構造、非耐火構造)にし、各種費用、特約および割引を削減するなどにより、合理的でわかりやすい火災保険を実現されました。

「高台にあるので床上浸水など心配はなく、水災の補償はいらない。」

「マンションなので水災・風災の補償をつけないで保険料を節約したい。」

「新築で10年間はメーカー保証があるので、水ぬれの補償は必要ない。」

「盗難の補償は、家財だけでよい。」

「風災の補償は、建物だけでよい。」

この『じぶんでえらべる火災保険』の概要は次の通りです。

(1) 建物・家財別に自由にえらべる補償【業界初※】※2008年10月現在、当社調査によるご契約は、建物・家財別に「火災、落雷、破裂・爆発」を基本補償とし、「風災・ひょう災・雪災」「水濡れ、物体の落下・飛来、騒じょう等」「盗難」「水災」「諸費用」の5つの補償を自由に選択し、組み合わせて行います。
例えば、建物は「火災、落雷、破裂・爆発」のみの補償として、家財は「火災、落雷、破裂・爆発」に「盗難」を加えた補償とする契約ができるようになりました。
これにより、契約者一人ひとりの住環境・ライフスタイルやご予算に応じた商品設計が可能となりました。

(2)構造級別区分の削減
 構造級別を従来の4区分(A構造、B構造、C構造、D構造)から3区分(マンション構造、耐火構造、非耐火構造)に削減することにより、契約者にわかりやすく、納得感のある保険料体系となりました。


(3)費用保険金を特約として1本化
 従来の火災保険の各種費用保険金を「臨時費用保険金」「残存物取片づけ費用保険金」「失火見舞費用保険金」「地震火災費用保険金」の4つに整理し、「諸費用補償特約」に1本化し、任意にご加入の選択が可能となりました。


(4)建物・家財ともに再調達価額でのお支払い
 再調達価額(現在住んでいる建物または所有する家財と同等の物を新たに建築・購入するのに必要な金額)基準で実際の損害をお支払いすることにより、契約者にわかりやすく、万一の際に確実な補償が提供されます。
また、家財は再調達価額の範囲内で保険金額を自由に設定でき、契約者は予算に応じて安心して保険金額を決めることが可能となりました。


販売方針については次のようになっています。

 『じぶんでえらべる火災保険』(組立式火災保険)について、地域に密着しお客さまのニーズに合った商品・サービスの提供ができる直販営業社員を中心とし、高品質のサービスを提供できる各種の販売ルートを通じて積極的に販売されます。

 また、契約者自身がWEB上で自由に保険料を試算できる「カンタン見積り」サイトがホームページ上に新設されました。

 ホームページアドレス http://www.ins-saison.co.jp

※なお、充実した補償を提供する「福は家(ふくはうち)」(家庭保険基本特約付帯セゾン新火災保険)は、個人向け火災保険の当社最上級商品として、今後も販売を継続されています。











やっぱりあぶない、損害保険の選び方
楽天ブックス
なんで、そんなに払っているの? 著者:村田稔出版社:三五館サイズ:単行本ページ数:89p発行年月:2


楽天市場 by ウェブリブログ



"セゾン自動車火災、補償内容を自由に選択できる個人向け火災保険を発売" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント