AIUと富士火災が新会社「AIG損保」でリスク・コンサルティングをもとに提案型営業を強化

 2018年1月1日にAIU 損害保険株式会社と富士火災海上保険株式会社が合併し、誕生する新会社「AIG 損害保険株式会社」がリスク・コンサルティングをもとに顧客に適切な商品を提供する提案型営業をより強化していくこととなり、そのためにこれまでAIUと富士火災がそれぞれ提供してきた特長ある補償の優れた点を融合させた新商品を開発したことを報道機関より配信しました。
 報道機関に発表された内容によると、今回の提案型営業により顧客に対してより充実した保障内容の提案が可能となり、個人や中小企業、大企業・中堅企業という3つの顧客セグメントにおいてそれぞれの顧客が欲しているニーズやリスクを総合的に分析することで、幅広い補償内容から適切な補償プランを設計するリスク・コンサルティングを営業の基本姿勢が実行できるようになるとしています。


AIUと富士火災、新会社「AIG損保」でリスク・コンサルティングをもとに提案型営業を強化
( 日本経済新聞2017/10/12 17:05 )
発表日:2017年10月12日
 新会社「AIG損保」における提案型営業の強化に向けた商品展開について
AIU 損害保険株式会社(以下、AIU)と富士火災海上保険株式会社(以下、富士火災)の合併(*)により2018年1月1日に誕生するAIG 損害保険株式会社(以下、AIG 損保)は、リスク・コンサルティングをもとに、お客さまに適切な商品を提供する提案型営業をより強化していきます。
 そのために、これまでAIUと富士火災がそれぞれ提供してきた特長ある補償の優れた点を融合させた新商品を開発しました。
 これにより、お客さまにより充実した保障内容のご提案が可能となります。
個人、中小企業、大企業・中堅企業という3つの顧客セグメントにおいて、それぞれのお客さまのニーズやリスクを総合的に分析することで、幅広い補償内容から適切な補償プランを設計するリスク・コンサルティングを営業の基本姿勢とします。

 またAIG 損保は、事業戦略コンセプト「ACTIVE CARE」に基づき、経済的補償を重視した従来の保険商品の役割に加え、事前にお客さまのリスク認識を整理し、回避・軽減するための革新的かつ能動的なアプローチによって、お客さまの不安を少しでもやわらげるようなサービスを提供していきます。
 今後も、営業活動の主体となる保険代理店の皆さまと力を合わせ、保険のプロとしてお客さまのニーズの把握や、見落とされやすいリスクの顕在化を行うと共に、お客さまにとって「シンプルで分かりやすい」保険のご提案を行うことを目指していきます。


AIUと富士火災との合併について
  AIGジャパン・ホールディングス株式会社の完全子会社であるAIU損害保険株式会社と富士火災海上保険株式会社は、関係当局の認可等を前提に2018年1月1日に合併し、AIG損害保険株式会社となる予定です。

参考画像は添付の関連資料を参照
主な保険商品一覧・商品の特長などは添付の関連資料を参照
新会社「AIG損保」の経営理念については添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。
http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0460162_01.JPG
主な保険商品一覧・商品の特長など
http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0460162_02.pdf
新会社「AIG損保」の経営理念について
http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0460162_03.pdf


画像


FC2 Blog Ranking
画像



拍手する