「セゾン」と「そんぽ24」が合併し、通販損保3位に!

 損害保険大手の損保ジャパン日本興亜は、傘下の通販系損保「セゾン自動車火災保険」と「そんぽ24損害保険」が経営基盤を強化し、競争力を高める狙いから2019年度中にも合併させることを発表をしました。
 通販系損保であるセゾンを存続会社とし、扱う商品もセゾンに一本化するのですが、合併することによりソニー損害保険、アクサ損害保険に続く通販損保業界3位となることになります。


「セゾン」「そんぽ24」合併へ…通販損保3位
( 読売新聞 2018年03月06日 08時57分 )
 損害保険大手の損保ジャパン日本興亜は、傘下の通販系損保「セゾン自動車火災保険」と「そんぽ24損害保険」を2019年度中にも合併させる。
経営基盤を強化し、競争力を高める狙いがある。
 セゾンを存続会社とし、扱う商品もセゾンに一本化する。
合併により、ソニー損害保険、アクサ損害保険に続く通販損保業界3位となる。
そんぽ24の契約者には、更新の際に、損保ジャパン日本興亜かセゾンの保険商品への乗り換えを勧める。
 インターネットや電話などで申し込みを受け付ける通販系損保は、楽天が朝日火災海上保険を買収して今夏にも参入するなど、競争が激しくなっている。
 一般的に代理店に手数料を支払う必要がないため保険料を安くできるのが特徴だが、価格競争で苦戦する企業が多い。
認知度を高めようと多額の広告宣伝費を投入する傾向にあり、利益を出しにくい体質になっている。


画像


FC2 Blog Ranking
画像



拍手する