SBIインシュアランスグループがネット経由で保険販売

 SBIグループで保険事業を手がけており、SBIの強みであるインターネット経由で損害保険、生命保険、少額短期保険を主力販売していしていますが、対面の営業員を抱えないことで経費を抑え、他社に比べて手ごろな価格帯の自動車保険などを提供するとの報道配信がありました。
 現在、SBIグループではSBIグループが持つ2400万人の顧客基盤に加え、最近は地域金融機関とも提携して現在9社と提携済みで「上場で知名度が上がれば、より多くの地銀や信金と提携できる」とし、住宅ローンの契約時に併せて入る団体信用生命保険などを提供しているそうです。


SBIインシュアランスグループ ネット経由で保険販売
( 日本経済新聞 電子版 2018/9/14 21:39 )
 SBIグループで保険事業を手がけており、損害保険、生命保険、少額短期保険を扱う。
SBIの強みであるインターネット経由での販売が主力。
対面の営業員を抱えないことで経費を抑え、他社に比べて手ごろな価格帯の自動車保険などを提供する。
 SBIグループが持つ2400万人の顧客基盤に加え、最近は地域金融機関とも提携。住宅ローンの契約時に併せて入る団体信用生命保険などを提供している。
現在は9社と提携済みで、「上場で知名度が上がれば、より多くの地銀や信金と提携できる」(乙部辰良会長兼社長)。


画像


 増資により保険会社の支払い余力を示す指標であるソルベンシー・マージン比率も上昇する。
現在は損保事業で350%だが増資後は700%に上がる。
財務基盤を強化することで信用力を高める。
 当面は無配の方針で「事業投資を続け、企業価値を高めることで株主還元したい」(乙部氏)。


画像


FC2 Blog Ranking
画像



拍手する