火災保険料が自然災害増加で来年度にも値上げの見通し

 最近の自然災害増加で損害保険各社の保険金支払いが増えており、第三者機関が保険料の目安となる「参考純率」を引き上げる方針を固めたようで、これにより火災保険料が来年度にも値上げされる見通しとなり、値上げされれば2015年度以来4年ぶりとなります。 火災保険料、来年にも上げ 5%前後、自然災害で支払い増 ( 日本経済新聞 朝刊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KPI公表に新手数料規定導入で保険代理店の視界不良

 FD宣言に加えてKPIの公表を迫られ、保険の販売手数料は減る一方の乗り合い代理店なのですが、千天の慈雨ともいえる法人向け保険もある一方でいつ消えるか分からないとも言われている保険業界。 今年3月13日に複数の保険代理店の元に1通のメールが金融庁監督局保険課企画係より届いたそうなのですが、昨年の3月下旬にも金融庁からメールが届いており…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

手数料で金融庁が大ナタ 岐路に立つ保険代理店

 ここ数年、来店型を中心に急拡大を続けてきた乗り合い代理店が、保険会社とのいびつな手数料体系や業務体制に金融庁が大ナタを振るったことで変革に向け大きく動き出しており、適正化の動きが進むかに思われてきた思惑が複雑に絡み合い、販売競争の裏で肥大化してきた乗り合い代理店へのインセンティブ報酬予が想だにしない方向に向かい始めていることが配信され…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

収益構造に起こる異変 損保を苦しめる内憂外患

 現在、国内の損害保険会社は業界再編により国内シェアの8割を占める3メガ損保となっているのですが、巨額買収した海外子会社の伸び悩みと国内代理店の高齢化という「内憂外患」に頭を悩ませ始めているそうなんです。  そこで、週刊ダイヤモンドでは3メガの視界を曇らせている海外と代理店の構造問題として、3メガ損保が巨額を投じて買収した欧米の保険会…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

生保の苦境を反映 激化する「販売チャンネル戦争」

 定期預金の手続きで某メガバンクの相談窓口を訪れた60代の男性は、手続きの終わり際に担当者から「4月にキャンペーンをやります。どこの保険をご利用ですか。保険証書を持参していただければ、お礼の品を差し上げます」と語りかけられ、最初は外貨貯蓄預金、次に投信積み立て、そして一定期間同じ保険料を支払う平準払い保険だったのですが、「60歳以上の終…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

楽天生命が法人向け保険で第一生命HDと業務提携

 楽天生命保険と第一生命ホールディングスが保険商品の販売・開発で提携することが発表されたのですが、電子商取サイト「楽天市場」に出店する事業者などを対象に年内にも第一生命HDが扱う経営者向け保険の販売を始めるとのことで楽天が培った顧客データ分析のノウハウを生かし、顧客の健康状態など細かな条件で保険料を設定できる新商品の開発にも取り組むこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保険業界がSNS活用を商機にして若年層を開拓

 保険業界では少子高齢化による保険契約減少について、人口減で国内市場の拡大が見込めない中において若年層を中心に浸透する交流サイト(SNS)が新たな商機となるのではないかと検討され、保険代理店や営業職員など従来の販売網とは異なる顧客層に売り込むことで潜在需要を掘り起こすことが出来るのではないかという狙いから、SNS活用が大きな魅力となり利…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保険代理店は何をしてくれるのか?なぜあるのか?

 実際には保険商品を提供しているのは保険会社なのですが、保険加入をする際に一般消費者が相談をする窓口の一つが「代理店」なのです。  そこでなぜ代理店が存在し、代理店を利用するメリットはどこにあるのかなど保険業界の潮流についてZUU onlineが説明する記事を掲載していましたのでご紹介をしてみたいと思います。 「保険代理店」…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「来店型」と「訪問型」の保険相談の窓口10社比較どちらを選ぶ?

 保険加入を考えたときに選択肢となるのが相談窓口のある保険ショップや保険サイトなのですが、保険相談窓口も相談者が店舗を訪れて相談する「来店型」と相談員が自宅や勤務先を訪れる「訪問型」がありますが、これら相談窓口にも各社の強みや相談に乗るファイナンシャルプランナーの経験年数などに違いがあります。 そこで、ZUU onlineではそれぞれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アフラック生命保険として再スタートする日本法人化後の戦略は

 アフラックは米国保険会社の支店として日本進出してから43年たち、がん保険など新たな市場を開拓してきたのですが、今後は事業戦略の柔軟性を強化し「日本社会に一層貢献する保険会社になる」(古出真敏社長)方針から4月から日本法人化して「アフラック生命保険」となったことが配信されました。 「アフラック生命保険」として再スタート 日本法…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

損保大手18年3月期の営業成績は自動車保険好調で3社増収

 損害保険大手4社が発表した2018年3月期の営業成績速報によると、売上高に当たる収入保険料は3社が前期比で増収となったのですが、主力の自動車保険が好調だったほか、サイバー攻撃など新たなリスクに備える保険の販売も貢献したことが報道機関より配信されました。 自動車保険好調、3社増収 損保大手18年3月期営業成績 ( Sanke…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネット損保に広告への先行投資が重荷となり解禁20年でシェア1割届かず淘汰の波

 インターネット中心に保険を販売する通販系損害保険会社が思惑通りに市場シェアを奪えず、再編や撤退に追い込まれる企業が相次ぐ異変が起きているようです。  この原因として価格以外で商品の差別化が難しく、消費者ニーズを十分につかみ切れていないことや大手損保が有力代理店との摩擦をおそれて事業拡大に及び腰の面もあるようで通販保険の解禁から20年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地震に備えた保険で生活再建支える補償上乗せ

 地震で大きな被害を受けた場合に一刻も早い生活再建が大切になるのですが、通常の地震保険では当面の生活を支えられても被害額の補償は限られます。  そこで、生活再建で重要とされる補償を上乗せする保険特約やインターネットで簡単に契約できる損害保険商品が販売されている紹介記事についてご紹介をしてみたいと思います。 地震に備えた保険 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大手生保大手6社が働き手減をにらみ構造改革として非競争分野を統合の年金管理

 大手生命保険6社は今後、働き手の減少による企業からの受託先細りをにらみ、成長分野に経営資源を振り向けて契約者に最大限還元できる環境をつくるために、各社とも競い合う必要がない「非競争領域」と位置づけ、集約に伴う経費削減を優先するために団体年金を管理する事業を統合することになったと報道配信がされました。  この背景には低金利の長期化が金…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生保各社が「人生100年時代」へ「恩恵」分配で「利益還元」競争?

 生命保険各社は金融庁が生保各社に利益還元を促していることに対応するため、日本人の長寿化が進んでいることで得られる利益を相次いで保険契約者に還元することになったことが報道機関より配信されていました。  これには「人生100年時代」を迎え、平均寿命を待たずに死ぬリスクよりも長生きするリスクの方が高まっていることを裏付ける現象だと言われて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大手生保が運用難でも日生が総額300億円を契約者に還元する事情

 生命保険業界で今春、大きな焦点となっていた長寿化(標準生命表の死亡率の改善)に伴う保険料率の改定を打ち出している中で、大手の生命保険会社が相次いで既契約者に大規模な増配方針を打ち出しているその姿にはどこを主な対立軸として戦略を練っているかという各社のスタンスが如実に表れているのですが、各社が頭を悩ませた末に料率の見直しを相次いで発表す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アフラックが脱毛対応の業界初特約「生きるためのがん保険」を発売 

 アメリカンファミリー生命保険(アフラック)が、誰もが100歳まで生きることが当たり前となる時代に備えてがん罹患(りかん)後の生活に重点を置いた「生きるためのがん保険Days1」を4月2日に発売することを報道機関から配信されました。  今回、生活に重点を置いた「生きるためのがん保険Days1」は、新設された「外見ケア特約」の「がん治療…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

4月からの生保各社の死亡率改定対応策が出そろう

 生命保険各社がこの春長寿化により保険期間中に亡くなる人が減る傾向にあることや各社の保険金支払いも減り、健康診断を受ければ保険料を割り引く仕組みを導入する会社もあることから死亡保険料を大幅に下げることになったことが配信されました。  各保険会社では保険商品を比べて契約する販売手法が定着し、価格競争は激しくなっているのですが、健康診断を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「セゾン」と「そんぽ24」が合併し、通販損保3位に!

 損害保険大手の損保ジャパン日本興亜は、傘下の通販系損保「セゾン自動車火災保険」と「そんぽ24損害保険」が経営基盤を強化し、競争力を高める狙いから2019年度中にも合併させることを発表をしました。  通販系損保であるセゾンを存続会社とし、扱う商品もセゾンに一本化するのですが、合併することによりソニー損害保険、アクサ損害保険に続く通販損…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本生命が外資系生命保険会社の買収を発表

 生命保険大手の「日本生命」が銀行窓口での保険の販売を強化するため、外資系の生命保険会社「マスミューチュアル生命」を「日本生命」が株式の85.1% 買収金額1042億円で今年6月までに手続きを終える予定で、子会社化するという外資系の生命保険会社を買収することを発表しました。 日本生命、外資系生命保険会社の買収を発表 ( TB…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more