テーマ:被災地支援

熊本地震サポート情報 罹災証明書

 現在、地震により半壊・倒壊した建物を建て替え復旧するために必要とされているい罹災証明について地震による住宅の被害を市町村が証明する罹災(りさい)証明書とはどういうケースで必要なのかを内閣府や日本損害保険協会に聞いた記事の配信がされていましたのでご紹介してみたいと思います。  罹災証明書は、住宅が全壊・大規模半壊した場合に出される「被…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊本地震の被災者とご家族が今知っておきたい「クレジットカードと保険」のこと

 今回の熊本地震で被災された方や離れて住む家族の方たち向けにて、ダイヤモンド・オンラインから「今知っておきたい身近なお金」の情報として、「現金引き出し」「住宅ローン返済」「り災証明書」の3つについて、被災者が知っておきたい「クレジットカードの支払い」と「加入保険の請求手続き」について掲載されていましたのでご紹介をしてみたいと思います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生保各社が熊本地震で契約者支援のため貸付利息を免除

 日本生命保険など生保各社が熊本地震で被災した契約者を支援するために、契約者貸し付けの利息の支払いを一定期間免除する特別措置を講じると発表したことが掲載されました。  掲載された記事によると入院治療が必要だったにもかかわらず病院が満床のために早期の退院や自宅療養を余儀なくされた契約者らに入院給付金を支払う特別対応も併せて実施するもので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊本地震 ライフライン「生活情報」 ≪県北・県央≫

《拡散希望》 ライフライン「生活情報」 ≪県北・県央≫ 17日朝刊 ( 熊本ニュース くにまちコム 2016年04月17日 ) 【全県】県などが県内公共施設や交通拠点で運用している「くまもと無料Wi-Fi」を登録なしで接続できる。 1回15分で回数は無制限。 ただ、停電した建物では、電気が復旧した後もつながらなくなる場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

損保・生保各社が熊本地震被災契約者からの受付体制を強化

 熊本地震で被災した契約者らに対して損害保険各社は災害対策本部を立ち上げ、18日からコールセンターや現地の災害対策本部を増員し、契約者からの事故受付体制を強化することを発表しました。 災害対策については、業界団体の日本損害保険協会も自動車保険や火災保険などに関する保険料の支払いを最大6ヶ月間猶予することを決めたことが配信されています。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政府は熊本地震の被災者生活支援チーム設置

熊本地震:死者41人に、避難18万人-政府は被災者生活支援チーム設置 ( Bloomberg 2016年4月17日 12:59 JST 河元伸吾、天野高志 )  14日からの一連の熊本県熊本地方を震源とする地震による死者の数は計41人まで増え、同県内では現在18万3882人が避難している。共同通信などが伝えた。 NHKは、南阿蘇村…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪府からも支援続々 緊急援助隊や消防、医療チームなど派遣

大阪府からも支援続々 緊急援助隊や消防、医療チームなど派遣 ( 産経NEST 2016.4.17 05:00 )  熊本県で16日未明に発生した震度6強の地震を受け、府や府警、大阪市などは16日、緊急援助隊や消防、医療チームや給水支援職員を被災地に派遣した。  府警は16日、すでに現地で活動している大規模災害に対応する特殊部隊「広…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三条市からの救援物資が無事に益城町に到着

三条市からの救援物資が無事に益城町に到着 (ニュースタンク2016.4.17 )  熊本県益城町への救援物資として三条市からミネラルウオーターなどを載せて15日に出発したトラックは、翌16日午後3時過ぎ、無事に益城町に到着した。  三条市の要請を受けて救援物資を運んだマルソー株式会社によると、15日午後4時過ぎに三条市厚生福祉会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【熊本地震】緊急支援物資の情報

熊本大規模地震災害  この度の熊本県を中心とした地震の影響により被害を受けられた皆様に謹んでお見舞いを申し上げます。  一日も早い復旧と皆様のご健康を心よりお祈り致しております。  【熊本地震】緊急支援物資の情報 救援物資の支援拡大 日立・守谷・石岡… ( 産経ニュース 2016.4.17 07:03更新 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

震災影響で業績悪化となり大手損保NKSJHDが11年3月期予想は赤字転落予想

 5月6日付のウオールストリートジャーナルより、日本損害保険協会の東日本大震災による地震保険金の支払いが、同日現在で25万5444件、4781億円になったことを発表したのですが、前回発表時(4月27日)から約6万4000件、約1500億円増加し、 6日現在の内訳は被害が甚大だった東北地方が10万2786件、2730億円で、関東地方などそ…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

東日本大震災で見直しの動きの中で地震保険の現地調査はピークを迎え外見ほぼ同じで受取額10倍差も!

 5月8日付の報道機関より、東日本大震災の被災地・宮城県での地震保険支払いに向けた現地調査がピークを迎えており、損保各社は調査員を増強し、被災家屋の調査に余念がなく、調査員らは「一日でも早く保険金を支払いたい」と被災地を回るが、思い通りに保険金を支払えないジレンマも抱える。仙台市内で調査に同行したとの配信がありました。  また、5…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東日本大地震者に対する生命保険金及び損害保険金支払い規模予測

 今回の東日本大地震の被害状況について、損保協会を中心に会員各社で構成する「地震保険中央対策本部」が航空写真や衛星写真のみでの「全損地域」の認定調査を4月15日までに終え、3県29地域を「全損地域」に認定し、中央対策本部ではこれまで認定した「全損地域」の詳細な地番を4月20日から損保協会のホームページで公表しているのですが、「全損地域」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東日本大震災被災者に対する保険料の支払い猶予措置

 今回の東日本大震災により、宮城県では1万5000人を超す死者・行方不明者が出ており、家族を失うなどした被災者が生活を立て直す際に支えとなり得るのが生命保険金であり、生保各社は迅速な支払いを目指しているのですが、親族関係や被災者の心情は契約者ごとに異なり、事情は複雑で、被災地で保険金支払いの現場を歩いた結果、生命保険協会は東日本大震災の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

東日本大震災の被災顧客に対する地震保険と自動車保険の保険金支払いについて

 3月11日に起きた東日本大震災から1ケ月が過ぎたのですが、震災を受けた東北地方には津波により受けた傷跡が未だ残ったままであり、原発の事故により遅れていた行方不明者の捜索もやっと始まった地域もあります。 私の親戚、親類も震災被害を受けた地域に沢山居住していたために、今回の津波により家を流され亡くなった者、未だ行方不明の者もいます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東日本大震災被災地域の顧客に対する保険契約の特別措置

 今月初旬に第一生命が東北地方太平洋沖地震の被災地域の顧客に対して入院治療の取り扱いと保険契約の失効に関する特別措置を実施すると発表したことや大きな被害をもたらした東北地方太平洋沖地震に対応するために損保各社がサポート体制を強化しており、あいおいニッセイ同和損保では3月14日に東京都渋谷区に「新宿第一災害対策センター」を開設し、24日現…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

被災者に寄り添う保険の支払い本格化と再建支援急ぐ!

 今まで当Blogにて東日本大震災における各保険会社の保険金支払い等についての記事を紹介してきました。 4月16日付のフジサンケイ ビジネスアイに東日本大震災から1カ月以上が経過し、被災者の生活再建の鍵の一つとなる地震保険や生命保険の保険金支払いが本格化してきたことについて、保険会社の社員も被災している上に、支払いの際には被災者感情に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北地方太平洋地震における生命保険及び損害保険、保険金支払い状況

 先月、生命保険協会の渡辺光一郎会長(第一生命保険社長)は、東日本大震災に伴う保険金や給付金の支払いの増加について、「各社とも利益を確保してきており、(支払い増加に備えた)準備金も充実させている」と述べて対応は可能と強調していました。  また、東日本大震災に伴う損害保険大手5社への地震保険金の請求については3月末時点で25万件を突破し…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

東北地方太平洋沖地震における保険業界の各取り組み状況と被災者への追加対応

 3月11日に発生した東日本大震災について、損保協会や損保各社の取り組みとして今回の大規模地震の被災者を対象としている自賠責保険の継続手続き・保険料払い込みの猶予措置を災害復旧車両にも拡大すると発表したことや「地震保険契約会社照会センター」を設置すること、生命保険各社における東日本巨大地震で被災して行方がわからず死亡したとみられる場合に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

損保大手5社の契約者向け保険金請求支払い態勢強化と地震災害の影響

 先月末に日本損害保険協会が東日本巨大地震で津波や火災の被害を受けた住居などに対する地震保険金の支払いについて、壊滅的な被害を受けた地域は航空写真や衛星写真で確認し「全損地域」に認定することを発表したことはBlogにて紹介を致しました。  この時配信された記事では、通常は1件ごとに現場で立ち会って調査するのですが、地震の被害が広範囲に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12年度は震災が追い討ちとなり就職「超」氷河期がやって来ると云われている中での入社式!

 就職氷河期を乗り越えて新年度を迎え、社会人として新たな舞台に立つことができた新入社員達がいる一方、2012年度の就職戦線が動き始めているのですが、今回の 東日本大震災の被災地では、企業が被災したために事業の再開のめどが立たず自宅待機になっていたり、採用が取り消されたりと先行きが見えない人が少なくないと云われています。  2011年度…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

損保協会が保険金支払い手続きのため航空や衛星写真を使い全損地域3か所を認定の異例対応!

 3月11日に発生した東日本大震災に対して損保協会や損保各社の取り組みとして今回の大規模地震の被災者を対象としている自賠責保険の継続手続き・保険料払い込みの猶予措置を災害復旧車両にも拡大すると発表したことや「地震保険契約会社照会センター」を設置すること、生命保険各社における東日本巨大地震で被災して行方がわからず死亡したとみられる場合に死…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北地方太平洋沖地震における損保協会や損保各社・生保会社の取り組み状況

 11日に発生した東日本大震災を機に、生命保険協会と日本損害保険協会が東日本大震災を受けて被災した契約者からの相談を受け付け体制強化することをBlogにて紹介をしてきました。  この時配信された記事では、生保協が保険契約書などを紛失し契約先が分からなくなった契約者に対して協会に加盟する47社のどこに連絡しても、契約した会社や契約内容な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北地方太平洋沖地震により大規模代理店が宮城県中心に休業!

 今回の東北地方太平洋沖地震は各方面に甚大な被害を及ぼしています。 医薬品関係では、あすか製薬が東日本大震災の影響で甲状腺ホルモン剤「チラーヂンS」(成分名:レボチロキシンナトリウム)の製造がストップしており、紙おむつ大手のユニ・チャームでは東日本地域への供給拠点である福島工場(福島県棚倉町)が操業を停止するなどの影響を受けています。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生命保険協会と日本損害保険協会が被災者対策で協力し、契約書紛失で被災の保険金払い相談強化!

 生命保険協会や損害保険協会が東日本大震災の被災者について、加盟する全社が災害関係特約の保険金や給付金を全額支払うと発表し、多大な被害が予想されるのですが、支払いは可能と判断したことをBlogにて紹介を致しました。  この時配信された記事では、生保47社のうち災害関係特約があったのは45社で、災害関係特約は事故などで死亡や高度障害にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北地方太平洋沖地震の被害に対する生命保険会社と損害保険会社の保険金全額支払い対応

 3月12日に起きた東北地方太平洋沖地震の被害に対して、金融庁と日銀が各金融機関に対して東日本巨大地震の被災者に適切な措置を講じるよう要請し、銀行や信用金庫などに対しても預金者が通帳を紛失しても本人確認ができれば払い戻しに応じるとともに、休日や時間外の営業も検討するよう求めたことに応じて、生命保険や損害保険各社が被災者らに迅速に保険金の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北地方太平洋沖地震における生命保険会社と損保協会によるサポート情報

 3月12日に起きた東北地方太平洋沖地震による被害は甚大であり、日に日に深刻なものになっています。 今回の起きた東北地方太平洋沖地震の被害に対して、金融庁と日銀は各金融機関が東日本巨大地震の被災者に適切な措置を講じるよう要請し、銀行や信用金庫などに対しても預金者が通帳を紛失しても本人確認ができれば払い戻しに応じるとともに、休日や時間外…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「東北地方太平洋沖地震」被災地への支援物資の送り方

 みなさん、被災地に住む皆さんへの支援物資の提供をお願いします。  今回起きた東北地方太平洋沖地震では帰宅難民となり、職場に泊まった後の翌日半日がかりで自宅へ帰宅しました。  帰宅後、TVで目にした被災地の悲惨さと驚き、被害の大きさに身震いする思いです。 そして、福島県と宮城県の被災地に住んでいて連絡の取れない親類の事を考…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more