テーマ:銀行窓販

金融庁が投信や保険併売を規制緩和でベンチャー参入促進

 金融庁は業種ごとに分かれている金融仲介業の登録制度をウェブを使って商品を販売する企業を対象に一度の登録だけで預金や保険、投資信託などを扱えるようにすることで一本化することを発表しました。  これは、銀行などが業種ごとに登録をして複数の金融商品を販売していますが、スタートアップ企業にとっては複数の登録制度が参入障壁になっているために規…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稲垣生保協会長が就任会見で外貨建て保険苦情増で銀行と連携しリスク説明徹底

 生命保険協会の会長に就任した稲垣精二氏(第一生命保険社長)が、就任後の記者会見において外貨建て保険の元本割れに対し契約者から苦情が増加していることを踏まえて、販売を担う銀行業界と連携しリスクに関する説明を徹底していく構えとして「全国銀行協会と意見交換を続け課題認識の共有と対応の検討を行う」と述べたことが報道関係より配信されました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生命保険協会が外貨建て保険で苦情増加であることを発表

 生命保険協会の橋本雅博会長が任期最後となる定例会見において、米ドルなどの外貨建て保険販売で元本割れになっているなどと云った苦情が増えているとして販売員教育の見直しなどについて業界全体で取り組む考えを示し、外貨建て商品は為替相場の変動などで元本割れするリスクがあることを契約時の説明で不十分なために、契約者から国民生活センターに苦情が寄せ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生保の苦境を反映 激化する「販売チャンネル戦争」

 定期預金の手続きで某メガバンクの相談窓口を訪れた60代の男性は、手続きの終わり際に担当者から「4月にキャンペーンをやります。どこの保険をご利用ですか。保険証書を持参していただければ、お礼の品を差し上げます」と語りかけられ、最初は外貨貯蓄預金、次に投信積み立て、そして一定期間同じ保険料を支払う平準払い保険だったのですが、「60歳以上の終…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

お金のプロが力説「絶対に銀行を信じるな」

 現在、国会が解散となり総選挙選挙期間となっているためか保険業界の活動や動きがなく、新しいニュース掲載も少なくなっています。  そんな中で、東大卒で外資系証券や保険など金融12社を渡り歩いたお金のプロである山崎元さんのベストセラー『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』などのこれまでの著作の中で一貫して「銀行を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

森金融庁がの期目風景は生保・信託銀に自覚促し「機関投資家の顔」重視 地銀監視で改革の担い手に

 金融庁が5月に改定した機関投資家向けの行動規範「スチュワードシップ・コード」では、株主総会での議決権行使の結果を原則個別に開示するよう求めたのですが、今月4日に大阪市内において日本生命保険の筒井義信社長は総代会(株式会社の株主総会に相当)は出た質問に対して「始まったばかりなのでマーケットへの影響を慎重に見極めたい」と答えたとことを報道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイナス金利が直撃し、外貨建てに切り替えて急縮小した保険の銀行窓販は復活できるのか?

 5月末に都内で開かれた記者会見の席上において、外資系生保・マスミューチュアル生命保険の井本満社長は銀行や証券会社チャネルを通じて販売されている一時払いの貯蓄性保険商品について「15年間やっている中で、かなり低いレベルだ」と嘆いたそうで、業界の推計によると2014、2015年度と保険の銀行窓口販売の市場は6兆円弱(一時払い、新契約保険料…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

保険の銀行窓販で気をつけるべき5ポイント

 銀行窓口での保険販売の現状を知りたいと思った筆者が、1月下旬に『生命保険の相談 承ります』という大きなノボリが店頭に出ている都市銀行に立ち寄り、覆面取材ではなく本名を名乗っていろいろと相談をしてみましたそうです。  そして、退職金の運用プランを紹介したポスターを見ているときに年配の男性が「どのような御用件でしょうか」と声…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金融庁が生保に「地銀と適正な関係を」

 金融庁が開いた生命保険業界との意見交換会では、地銀が大株主の立場を利用して自社の保険商品を優先的に取り扱ってもらったり、株主として事業の監視が行き届いていなかったりしているとの不信感が背景にあるために、多くの生保において地銀の上位株主に名を連ねている地方銀行との関係を適正にするよう求めたことが配信されました。 金融庁、生保に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外貨建て保険で6%超の金融商品は高い手数料に注意

 マイナス金利下でお金を少しでも殖やしたいと思うと元本リスクのある金融商品の選択は避けて通れないと云われており、金融機関に相談すると外貨建ての一時払い保険や株式などで積極運用する投資信託を勧められることが多いのが現状です。  しかしながら、コストの大きさは資産運用の成否そのものを左右しかねないために販売手数料などの名目で投資元本から差…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金融庁ダメ出し商品「外貨建て保険」の営業撃退トークを考え

 現在、外貨建ての保険は銀行などの金融機関が販売に力を入れている商品なのですが、顧客側にとっては問題の多い商品であり、金融庁が9月に公表した「金融レポート」(平成27事務年度)では貯蓄性保険商品について商品特性を分析して、「比較的単純な商品を個々に提供することでより低コストで同じ経済効果を得られる選択肢があるにもかかわらず、顧客に対して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生保協会が手数料開示で指針

 金融庁から生命保険を販売する際に銀行が生命保険会社から得られる販売手数料が高い商品を優先しているのではないかという指摘があったことから、大手銀行はことし10月から一部の保険商品の販売手数料を開示することになったことをブログにて紹介してきました。  今回、生命保険協会が銀行に対して外貨建て保険などを販売した際に、生命保険会社から受け取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大手銀行が保険商品の販売手数料一部開示へ

 金融庁では銀行が生命保険を販売する際に生命保険会社から得られる販売手数料が高い商品を優先しているのではないかという指摘があったことから、大手銀行はことし10月から一部の保険商品の販売手数料を開示することになっていました。  そして、銀行が店舗窓口で生命保険会社の商品を販売する、いわゆる「銀行窓販」をめぐって銀行が顧客のニーズよりも生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金融庁が不透明で割高だとして開示を促し大手5行が保険販売手数料を開示へ

 銀行窓口などで個人の資産運用の手段として販売されている保険商品の販売手数料は一般的に非公表のために金融庁が不透明であり、割高だとして開示を促していたのですが、銀行窓口などで販売される貯蓄性の高い保険について大手5銀行が10月に保険会社から受け取る販売手数料を開示することがわかり、一部の銀行は週明けにも開示方針を明らかにする見通しである…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生保業界の投資色強い保険商品の販売と銀行への手数料開示

 生命保険協会の筒井義信会長(日本生命保険社長)は15日の記者会見において、銀行の窓口で販売する投資色が強い保険商品の販売手数料を開示する方針を明らかにすると共に、手数料を透明化すれば契約者が商品を選ぶ際の「有益な情報」(筒井会長)となり、手数料を含む保険料の引き下げにつながる可能性があり、年内にも開示を始める見通しであることも配信され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日生が外貨建て一時払い年金保険発売!

 日本生命保険が三菱UFJ信託銀行と共同開発した貯蓄性の高い外貨建ての一時払い変額年金保険「ラップドリーム」を4月からの同行の窓口で販売することを発表したのですが、生命保険会社と金融機関との共同開発は初めてであり、従来商品に比べてリスクを抑えたのが特徴となっているようです。  今回、共同開発した貯蓄性の高い一時払い変額年金保険では国内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生保業界が貯蓄性保険を透明化のため窓販手数料を10月に開示

 生命保険業界が銀行や証券会社が窓口で扱う仕組みの複雑な貯蓄性保険商品の販売手数料を顧客に開示する方向で金融庁と調整に入ったことが配信されました。  貯蓄性保険商品は利回りが高い一方で元本割れのリスクがあり、生保各社が金融機関に支払う販売手数料も高くなる傾向があるために金融庁は窓販手数料の透明化のため、今年10月から始めて来年4月の完…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金融庁の保険手数料の開示要請にドル箱がなくなってしまうと生保、銀行が困惑

 銀行窓口で販売される保険商品の手数料がガラス張りになる可能性が出てきたことは既にブログにおいてご紹介をしてきました。  金融庁は生命保険業界に対して販売が好調な外貨建て保険など貯蓄性の保険商品について、顧客の立場に立った金融商品の販売を徹底させる狙いから銀行が受け取る高額な手数料の開示を検討するように求めているのです。  今回、金…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一時払い終身が好調により生保契約額が19年ぶり増加

 日銀がマイナス金利政策の導入を決めてから1カ月が経過し、家計への影響が一段と広がっているのですが、三井住友銀行とりそな銀行では定期預金の金利を3月1日から年0.01%に引き下げることを発表し、大手銀行においても最低水準に下げた三菱東京UFJ銀行に追随する動きを見せています。  そして、金利の大幅低下を背景に大手生命保険会社にも保険料…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銀行は受け取る保険の販売手数料を開示すべきか?

 日本経済新聞の掲載記事によれば、金融庁は生命保険協会に対して銀行の販売する保険商品の手数料開示を求めたのです。 金融庁の手数料開示については、保険販売は銀行経営にとってはとても魅力のあるものになっており、保険販売を行っても銀行はリスクを採ることはなく単に契約の仲介をしているだけなのです。  しかし、銀行の販売商品の主力は一時払終身…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生保銀行窓販に金融庁“介入” 手数料ガラス張り要請に業界困惑

 銀行窓口で販売される保険商品の手数料がガラス張りになるかもしれないことがSankeiBizから配信されました。  これは、金融庁が生命保険業界に対して販売が好調な外貨建て保険など貯蓄性の保険商品について、銀行が受け取る高額な手数料の開示を検討するよう求めたからで、業界は3月中旬頃をめどに方向性を出すよう迫られているそうです。  今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三井住友信託銀が投資性強い外貨建て変額終身保険を販売!

 三井住友信託銀行が店舗窓口で扱う一時払い保険商品の販売拡大のために、保険会社と共同開発した投資性の強い外貨建て変額終身保険の販売に乗り出すことが報道機関から配信されました。  今回の変額終身保険の販売については、1月からの相続税増税を契機に保険を使った資産の承継に関心が高まっていることや投資人気が高まっていることに対応したもので、販…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三井住友銀が電子端末で生保契約手続き時間3割短く

 三井住友銀行が10月から窓口販売する生命保険の契約手続きを簡単に行うため、申込書の記入を原則すべて店頭の電子端末への入力に切り替え、契約手続きにかかる時間を平均で3割短くすることにより顧客や行員の事務負担を減らすことを発表しました。  窓口販売する生命保険の契約手続きを簡単に行うのはメガバンク初の取り組みで、利便性を高めることにより…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日生が三井生命買収に動いた理由は住友生命よりも優位に立てるとの思惑も!

 日本生命保険が三井生命保険の買収に乗り出すのは、「三井住友銀行との関係強化が図れる」(日本生命の筒井義信社長)ことが最大の要因であり、日本生命は銀行窓口での保険販売で出遅れていたのですが、三井生命の買収により「銀行との親密性が売り上げを左右するケースが多い」(生保関係者)と語られていることが配信されていました。  保険業界では第一生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みずほ銀がネオファースト生命の窓販商品を取り扱い開始

 時事通信社からみずほ銀行が第一生命保険の子会社ネオファースト生命保険から医療保険と終身保険の2商品の取り扱いを国内のみずほ銀全店舗で販売を開始したとの発表を掲載がありした。 みずほ銀、ネオファースト生命の窓販商品を取り扱い開始 ( 時事通信 2015/9/1 19:08 )  みずほ銀行は1日、第一生命保険 の子会社ネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オリックス生命がハートフォード生命の吸収合併が完了し統合新体制でスタート

 オリックス生命保険は2015年7月1日に子会社であるハートフォード生命保険を吸収合併する合併手続きが完了し、経営統合による新体制でスタートしたのですが、合併によって総資産は2兆3734億円(2015年3月末現在)となり、生保42社の中で22番目の規模となりました。  この吸収合併により代理店販売と通販を主力としてきたオリックス生命に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保険はどこで入るのが正解?銀行、保険ショップ、ネット

 保険に入ろうと思うけどどこで保険に入ればよいのかわからないという話がよく耳にするのですが、保険種類によってインターネットや保険ショップ、銀行をどのように使い分けるとよいかについてネットの達人に掲載されていました。 保険はどこで入るのが正解? 銀行、保険ショップ、ネット… ( ネットの達人 2015/06/18 )  保険…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第一生命が販路拡大で先行 前期保険料収入で日生抜く 利益はなお下回る

 大手生命保険会社の2015年3月期決算が先月末に出そろったのですが、第一生命保険は銀行での窓口販売などをいち早く取り入れて販路を多角化し、売上高にあたる保険料収入で戦後初めて日本生命保険を抜いたことは既にブログで紹介してきました。  そして、利益は営業職員による販売を得意とする日生や明治安田生命保険が優勢であり、歴史的な低金利は長い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手数料狙いのため月払いで接点作りで銀行も強化の全店にプランナー配置

 大手銀行が保険販売に力を入れて始めているようなのですが、これには低金利で貸し出しの利ざやが縮むなかで保険販売が着実な手数料収入が見込めるためであり、三菱東京UFJ銀行では全店舗に専門的な知識を持つ保険プランナーを配置するなど体制強化に動いていることが配信されていました。 手数料狙い銀行も強化 全店にプランナー 月払いで接点…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生保が銀行窓口で伸びる昨年度の販売は最大の6兆円

 銀行窓口での生命保険の販売が伸びており、2014年度の販売額は6兆円を超えて過去最大だったことが日本経済新聞より配信されていました。  配信された記事によると超低金利の円預金よりも高い利回りが期待できる外貨建て保険や資産承継の相続税対策で一時払い終身保険に入る人が増えたことにより、窓口販売向けに機動的に商品を供給する専門生保が存在感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more