テーマ:来店型ショップ

日本生命の新会社名「はなさく生命」は来店型の販売店向け

 日本生命保険は2019年夏に立ち上げる保険ショップ(来店型販売代理店)向け保険会社の社名を「はなさく生命保険」とする方針であることを発表したのですが、新会社では主に価格の安い医療保険を保険ショップに卸すために営業職員が直接販売する日本生命と路線が異なり、あえて日生の名前を掲げないこととし、保険ショップで20~30歳代から人気がある医療…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「来店型保険ショップ」の満足度1位は「ほけんの窓口」

 保険といえば保険会社各社の保険外交員が世帯を訪問して営業するスタイルが主流だったのですが、そこにネットをチャネルとする保険サービスが登場してからはすっかりおなじみとなっているのが来店型保険ショップです。  しかし現在、街中には至るところに多数の保険商品をとりそろえた店舗が増えており、来店型保険ショップ(乗合い型のみ)を過去5年以内に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

来店型保険ショップは2600店超に拡大も中堅クラス以下で統廃合が進む

 MONEYzine編集部から国内の来店型保険ショップが2600店超に拡大しているにも関わらず中堅クラス以下の企業において統廃合が進むと矢野経済研究所が予測している記事が掲載されました、  この1~2年の保険業界の動向として、改正保険業法対応に加えて標準利率の引下げや予定死亡率の引下げを背景にした一部保険商品の販売停止や保険料の改定な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保険代理店は何をしてくれるのか?なぜあるのか?

 実際には保険商品を提供しているのは保険会社なのですが、保険加入をする際に一般消費者が相談をする窓口の一つが「代理店」なのです。  そこでなぜ代理店が存在し、代理店を利用するメリットはどこにあるのかなど保険業界の潮流についてZUU onlineが説明する記事を掲載していましたのでご紹介をしてみたいと思います。 「保険代理店」…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「来店型」と「訪問型」の保険相談の窓口10社比較どちらを選ぶ?

 保険加入を考えたときに選択肢となるのが相談窓口のある保険ショップや保険サイトなのですが、保険相談窓口も相談者が店舗を訪れて相談する「来店型」と相談員が自宅や勤務先を訪れる「訪問型」がありますが、これら相談窓口にも各社の強みや相談に乗るファイナンシャルプランナーの経験年数などに違いがあります。 そこで、ZUU onlineではそれぞれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生保各社が保険ショップへの過度な支援廃止へ金融庁が要請に応じる

 金融庁が不透明な慣行と批判しているのを受けて、2018年度から保険ショップとの関係を見直すことを受けて生命保険各社が保険ショップに対する過度な販売支援策を廃止することとなったそうです。  見直し内容として各社は手数料を上乗せするなどして自社の保険商品を売ってもらうよう働きかけてきたのですが、販売コストがかかるうえ、手数料の高い会社の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来店型の営業で絶対にやってはいけないこと!

 営業力に左右されるところが大きいのが住宅や保険、自動車などの販売であることから、今回、質問型営業の開発者で業種業界を問わず、多くのトップセールスを育ててきた青木毅氏を迎えて自動車業界に特化した営業方法をお伝えるとともに来店型(店舗型)の販売をしている人達にも参考となる営業マンがいきなり売っていはいけないこと等について書かれた記事があり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来店型保険ショップは右肩上がりで市場規模は17年度に2000億円超え

 市場調査の矢野経済研究所が複数の保険商品を比較したり、相談したりできる「来店型保険ショップ」の市場規模と新規契約件数について発表をしたのですが、右肩上がりで増えていることがわかったようです。  2015年度の市場規模(新契約換算保険料ベース)は1692億円だったのですが、2016年度は前年度から11.2%増の1882億円を見込んでお…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

来店型保険ショップ市場規模は16年度が1882億円、17年度は2064億円に

 経済新聞社より矢野経済研究所が調査した2016年度の来店型保険ショップの市場規模が新契約年換算保険料ベースで1,882億円の見込みであったことと、2017年度には2,064億円と2,000 億円超の規模に達すると予測していることが配信されました。  また、配信された記事によると来店型保険ショップの新規契約件数は 2016年度で184…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保険ショップは少子高齢化やマイナス金利など経営環境厳しく異業種襲来で転機

 複数の保険会社の商品を比較・検討しながら販売できる利点を強調してきた乗り合い代理店(保険ショップ)に転機が訪れており、2016年5月に施行され規制が強化された改正保険業法により大手生命保険会社と提携することで新たに保険販売に乗り出してきた異業種の脅威にさらされているためなのです。  また、少子高齢化に伴う若年人口の減少や日銀によるマ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

異業種参入や規制強化で保険ショップが「戦国時代」に突入

 少子高齢化に伴う若年人口の減少や日銀によるマイナス金利政策の影響など厳しい経営環境が続く中で顧客獲得競争は一層激化しそうなのですが、2016年5月に改正保険業法が施行され規制が強化されたほか、大手生命保険会社と提携して新たに保険販売に乗り出した異業種の脅威にもさらされているため、複数の保険会社の商品を比較・検討しながら販売できる利点を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

保険ショップ「販売手数料100%」の怪

 色々な保険会社の商品を取り扱う保険ショップが、商品を売るごとに生命保険会社から受け取る販売手数料が高騰しており、契約者が年間支払う保険料の合計額に対する手数料の比率は60~90%はざらなのですが、なかには100%に達する実例も見つかったそうです。  そこで、一概に比べられないのですが投資信託の場合は2%程度、自動車保険や火災保険でも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

保険ショップの戦国時代 異業種が相次ぎ参入

 現在、保険業界では様々な保険会社の商品を販売する保険ショップの他に、携帯電話業者や家具販売店、結婚情報誌の関連企業など多種多様な業種のように金融以外の異業種が相次いで参入しているのですが、参入の理由を探ってみるとそれぞれ納得のいく事情が透けて見えてくる理由が報道機関より配信されていましたのでご紹介してみたいと思います。 保険…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あなたが「保険の無料相談所」で失敗する理由

 最近ではいろいろなところにおいて展開されている「保険の無料相談所」について、保険に加入する際の注意点についてとりあげた記事が掲載されている。  この掲載記事では無料で相談に乗ってもらい、勧められるままに保険に加入させられていないかが心配され、騙されないための自衛策についてポイントを解説している。 あなたが「保険の無料相談所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保険ショップ「販売手数料100%」の怪

 いろんな保険会社の商品を取り扱う保険ショップでは、商品を売るごとに生命保険会社から受け取る販売手数料が高騰しており、契約者が年間支払う保険料の合計額に対する手数料比率は60~90%はざらであり、なかには100%に達する実例も見つかったことが報道機関より配信されました。  手数料比率については一概に比べられないのですが、投資信託の場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

異業種から参入続々の保険ショップは蜜の味?

 金融の自由化により保険業界においても、様々な保険会社の商品を取り扱う保険ショップに異業種からの参入が相次いでおり、NTTドコモも首都圏のドコモショップでの保険販売を開始し、早くも国内で最大規模の販売代理店をめざすと鼻息を荒くしている記事が日本経済新聞に掲載されていました。  そして、同じ異業種からの新規参入組のニトリホールディングス…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

保険の無料相談所で“いいカモ”典型例は学資保険でのその巧みな手口とは?

 世にまかり通る保険の常識の数々なのですが、それを信じると思わぬ落とし穴に入り込むことになるため「非常識」なことを保険のプロたちがつまびらかにする記事がSankei Bizから掲載されていましたので皆様にご紹介をしてみたいと思います。 保険の無料相談所で“いいカモ” 典型例は学資保険、その巧みな手口とは? ( Sankei …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保険の無料相談所で“いいカモ”になるケース

 今までブログ内で保険ショップの色々な問題点について紹介をしてきましたが、今回は無料相談による世にまかり通る保険の常識の数々や無料相談による思わぬ落とし穴について保険のプロたちがPRESIDENT誌の信じてはいけない「保険の常識」に掲載されていた『保険の無料相談所で“いいカモ”になるケース』の記事について紹介をしてみたいと思います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保険ショップに広がる「重大な問題点」は顧客にとって不適切な生保商品提案も

 有料相談専門のファイナンシャルプランナーとして毎日のように相談を受けているが、もっとも多い相談内容のひとつに、「生命保険を見直そうと保険ショップに相談したが、そこで受けた提案がよいのかどうかアドバイスがほしい」という、セカンドオピニオンの依頼がある。  保険ショップとは、保険の設計や販売を行う保険代理店の一種で、ショッピングセンター…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

子どもが誕生・入学・卒業、就職の時には保険をどうするか?

 結婚して子どもが生まれると子供の成長にかかる費用が心配となり保険の加入を検討すると思います。 しかし、現在日銀のゼロ金利政策により生保・損保共に学資保険や終身保険などの配当が必要となる運用商品の販売を停止しています。  プレジデント誌ではこの様な場合の3つの保障について保険をどうしたらいいのかについての記事を掲載していましたのでご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保険ショップで大損する人が続出 「覆面調査」でわかった悪質な手口にご用心 この「営業トーク」に気を

 将来のことがなんとなく心配になり訪れた保険ショップで「老後の資金はどうするの?」と不安を煽られ、「入るとおカネが増える」と誘われ、結果的に提案されたのはまったく不要な保険だったという保険契約者の相談からわかってきた保険ショップの悪質な「営業トーク」について掲載されていた現代ビジネスの記事について紹介をしてっみたいと思います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賢者の知恵「損する保険」の詳細記事について

 週刊現代に気をつけろ!「保険ショップ」にダマされる中高年が急増中という記事が掲載されました。 雑誌の表題に書かれているのが「ダマされる中高年が急増」というなかなかショッキングな見出しだったので大変ビックリしましたが、記事の中には金融庁長官の写真が掲載されており、「金融庁長官は指導しないのか」とのコメントも掲載されていました。  ま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

市場拡大し若い世代も手軽に選べる「保険ショップ」に 

 複数の保険会社の商品を扱う「保険ショップ」と呼ばれる乗り合い代理店の存在感が増しており、ショッピングセンターや駅前などへの出店が相次ぎ、全国で2千店を超えたといわれています。  今回の施行された改正保険業法にて複数の保険会社の商品を扱う「乗り合い代理店」に対し、顧客目線を徹底する狙いから特定の商品を薦める理由の説明などを義務付け、必…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

来店型保険ショップの無料相談の裏に商談あり!

 日本経済新聞のマネー研究所という保険に関する記事が掲載されている欄に、保険コンサルタント 後田亨氏が来店型の保険ショップの窓口に保険相談に行かれた人達から「アドバイスを受けるつもりで行ってみたら、結局、セールスでした」「想像以上に高額なプランを提示されて困惑しています」という戸惑いの声を聞く機会が増えてきたとの掲載記事があった。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保険業法の改正で保険の販売方法が変わる?

 保険見直し本舗がケ際している連載『保険なう』において、読者への保険知識の提供として保険の世界における旬のトピックスをとりあげているのですが、保険契約を考える皆さんは保険加入を検討する際に、まずはどのような行動をとるのでしょうか?  殆どの方はネットで調べたり、知り合いや家族に保険会社の人がいればその人達に相談したり、または紹介しても…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

15年度の来店型保険ショップの市場規模は1,732億円の見込み

 矢野経済研究所では国内における来店型保険ショップ市場の調査を実施したのですが、調査期間は2015年12月~2016年2月、調査対象は来店型保険ショップ経営の乗合代理店、生命保険会社等についての調査方法を同社専門研究員による直接面談や電話・e-mail 等によるヒアリングを併用して行われました。  それによる、2015年度の来店型保…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライフサロンが保険300店舗体制へ早期全国展開

 5月に日本生命保険の子会社となった大寄昭生ライフサロン社長は、買収を受け入れた狙いについて「自ら商品を選びたいという意識の高まりから、保険ショップの市場は伸びている。情報感度の高い若年層に加え、シニア層も増えてきた。とはいえ、まだ身近に感じてもらえていない。事業拡大を目指すうえで、限界を感じたのも事実だ。今後は、しっかりした企業と組む…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本生命が乗り合い代理店を4億円で買収!

 日本生命保険が親会社である「ほけんの窓口グループ」から68.6%の株式を約4億円で取得し、中堅乗り合い保険代理店である「ライフプラザパートナーズ」を買収したとの発表がありました。  配信された記事によると日本生命では複数の保険会社の商品を比べて選びたいという顧客ニーズに応えて収益拡大を目指すためには、年間売上高が約110億円あるライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015以降の展望「保険代理店の今後は?」

 一昔前までは保険代理店という業種が全国各地に存在し、生命保険や損害保険を一緒に扱い、手広く保険契約や契約の保守を行っていましたが、ここ数年の間にショッピングモールには来店型保険ショップという名の保険代理店が次々と増え、ネット界には保険相談の案内が溢れて、サイトを介してFPという肩書きをもった保険外交員への相談をする人達が増えるようにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保険ショップ選びは継続率がカギ

 一昔前の生命保険営業は職場に保険会社の外務員が来て、その外務員に勧められる保険に加入するというのが一般的でしたが、企業の個人情報管理が厳しくなるに連れてそのような光景を見る機会は大幅に減ることになりました。  そして、1990年代の金融自由化以降保険営業方法に変化が起こり、新しい保険加入の経路の誕生として駅前やショッピングセンターな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more