テーマ:金融庁

節税保険とはどんな商品?金融庁vs生保各社のバトルで話題に

 週刊ダイヤモンド誌では、今回外貨建てや医療、がん、収入保障保険などに加えて話題を集めた節税保険や新商品が続々登場している健康増進型保険についても取り上げており、保障内容や比較のポイントを分野別に徹底的に掘り下げ、節税保険の比較のポイントについや医療、がんなどの他分野についても詳しく解説されていますので見直しの際の参考になると考えご紹介…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

身内もあきれる営業攻勢 懲りない生保に金融庁がメス

 今春、ある大手損保の系列生保が「収入保障特約 推進キャンペーン」5~6月の保険契約を対象に、特定の保険特約を売れば代理店に対して通常の販売手数料に加えて「報酬」を支払うチラシを作成し、保険ショップを経営する代理店向けに配ったことが判明したのですが、自社の商品を売りたい生保が、代理店へこのような販売促進策を採ることは「禁じ手」とされてお…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

金融庁が外貨建て保険の販売手法改善に動く

 遠藤俊英長官が4月20日に都内で開いた「つみたてNISAフェスティバル2019」において、金融庁が金融機関が販売する外貨建て保険商品の運用商品としての機能を投資信託などと簡単に比較できる新たな仕組みの構築について検討を始めたことを明らかにしたのですが、遠藤長官は少額投資非課税制度(NISA)についても恒久化を早期に目指す姿勢であること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その外貨保険の元本割れや為替のリスクなどの説明は十分か?

 生命保険会社が銀行などを通じて販売している契約者が払った保険料を外貨に換えて運用する外貨建て保険商品の残高が増えている現在、円建てより利回りは高めなのですが、為替変動のリスクや割高なコストを認識しないまま契約し、後でトラブルになる例が目立つていることから金融庁の主導により情報開示の充実が進み始めていることが報道配信されていました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金融庁が投信や保険併売を規制緩和でベンチャー参入促進

 金融庁は業種ごとに分かれている金融仲介業の登録制度をウェブを使って商品を販売する企業を対象に一度の登録だけで預金や保険、投資信託などを扱えるようにすることで一本化することを発表しました。  これは、銀行などが業種ごとに登録をして複数の金融商品を販売していますが、スタートアップ企業にとっては複数の登録制度が参入障壁になっているために規…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金融庁vs生保で代理店への報酬適正化により抜け駆けが横行する理由

 金融庁が4月から生命保険会社を対象に生命保険会社が乗り合い代理店に支払う報酬を巡って代理店手数料体系とインセンティブ報酬の追加実態調査に乗り出しています。  これは報酬適正化への圧力を一段と強めるのが狙いなのですが、そうした圧力をかわすかのように外資をはじめ一部の生保による抜け駆け行為がいまだ収まる気配がないことが報道機関より配信さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生保業界が代理店の説明態勢を評価対象として販売手数料を見直し

 金融庁は、生保業界において代理店が保険の販売量に応じて受け取る手数料を増やそうとして契約者の意向に沿わない販売をしかねないと問題視をしていました。  この問題を受けて、生命保険各社が保険販売の窓口である保険代理店に支払う手数料について新たに保険契約の継続率などを算定基準に加え、顧客の良呼応に沿った適切な保険販売を促すため、複数の保険…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「貯蓄から投資へ」に水を差す保険トラブル

 顧客に対するリスクの丁寧な説明が欠かせない生命保険営業に置いて安全なイメージが強い生命保険商品への信頼を揺るがす問題が起きているようです。  苦情の多い保険商品にはリスクに関する説明が足りない点があり、円高になれば受け取れる保険金が減る可能性があり中途解約すると元本割れの恐れがあるにも関わらず、顧客から預かった保険料を米ドルなどで運…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金融庁と国税庁が批判すると共に節税保険販売過熱にメス

 企業が保険料全額を途中解約することを前提として契約し、解約後に損金として税務処理していることを背景にしていることで、契約者の需要の高さに加え節税保険に対して金融庁のメスが入ったことにより、2017年春に登場以来節税をあおる売り方が過熱し、業界の販売優先の姿勢もあった中小企業向けの経営者保険は金融庁や国税庁から売り止めを迫られました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

節税保険祭り終了で怒れる国税庁が鳴らした「生保業界再編」の号砲

 販売競争が過熱していた「節税保険」にようやくメスを入れた国税庁ですが、生命保険業界に動揺が広がる中で税務ルールの見直し策が再編の号砲を鳴らす結果となり、生命保険業界で中小企業経営者を主な対象にして販売競争が異常なほど過熱していた「節税保険(法人定期、経営者保険)」が、ついに販売停止することになりました。 節税保険祭り終了、怒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

垣根が低くなった「銀行」や「証券」・「生保」それぞれの得意分野を知って賢く使おう

 金融ビッグバンと呼ばれる金融の大規模規制緩和が行われておよそ20年になりますが、現在では銀行は銀行、保険は保険会社、株は証券会社という垣根が低くなり、さまざまな金融機関でさまざまな金融商品が取り扱われるようになっています。  しかし、利用者としては「どこと取引をするのが一番良いのか?」と考えてしまうため、それぞれの金融機関でできるこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

国税庁・金融庁が問題視で「節税保険」の販売自粛広がる

 主に中小企業経営者向けに節税効果がPRされ販売が過熱した死亡定期保険について、販売停止の動きが生命保険業界全体に広がっているのですが、こうした「節税保険」について国税庁が節税メリットを薄くする方針を各社に示し、日本生命保険など生保大手4社が販売を停止していますが、ただ貴重な収益源とあって今なお対応が未定の会社もあるそうです。  生命…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

生保業界が4月から第一や大同が 経営者向け「節税保険」を見直し

 金融庁が途中解約を前提に法人税の節税効果を過度に高めた内容を問題視していることから、第一生命ホールディングスや大同生命保険など生命保険各社が節税目的での加入が増えている経営者保険を4月から見直すことがわかりました。  各社が見直すのは中小企業の経営者を対象にした生命保険で、中小企業の節税ニーズを取り込み市場が急拡大してきたのですが節…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外貨建て・節税保険めぐる攻防で金融庁の生保への「嫌悪感」高まる

 金融庁は外貨建てと節税保険という生命保険会社の食い扶持にメスを入れ始めたのですが、昨年から続く規制強化に向けた取り組みの裏側で庁内では生保への嫌悪感が否応なく高まっているそうなのです。  経営を監督する金融庁と生命保険会社の攻防が、一時払い(一括払い)の外貨建て貯蓄性保険と中小企業経営者を主なターゲットにした「節税保険」の2つを舞台…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外貨建て保険の監督強化のため誤解招く利回り説明を見直しへ

 金融庁が生命保険会社の外貨建て保険の監督強化に乗り出したのですが、超低金利の中で高利回りの外貨建て保険は高齢者らに人気の反面で金融庁は利回りを高く誤解させる表示が一部にあるなど情報開示に問題があることから同庁はすでに業界に問題点を指摘しており、各社は来春にも販売の際の資料を見直す方向であることを配信しました。 外貨建て保険、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

損保代理店に高齢化や顧客の変化再編促す大廃業の波

 高齢化と後継者不足で廃業が相次ぎ、大型代理店によるM&A(合併・買収)や損保大手への集約が加速し、国内の損害保険販売の中核を担う保険代理店に再編の波が押し寄せていることが配信されました。  高齢化による代理店数の減少は止まらず、2017年度には19万店を下回って平成元年(1989年)以降で過去最低を更新しているために「会社を売りたい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

生保がリスク明示で選びやすくし、外貨建て保険を利回り見える化するため協会はガイドライン改定へ

 長引く低金利で外貨建て保険の人気が高まっているのですが、各社によって定義が異なっており、外貨建て保険の利回りは為替変動リスクがあることなどもあってわかりにくいことから金融庁は商品の「見える化」を促し、顧客が人生設計に応じた保険を選びやすくする指導をしています。  そこで、日本生命保険や第一生命ホールディングスなど生保各社は運用商品に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金融庁が生保に怒りの鉄槌!節税・外貨建て保険に「是正指導」

 生命保険業界の節税・外貨建て保険販売に対してついに金融庁が怒りの鉄槌を振り下ろし、「可及的速やかに見直してほしい」と是正指導を始めたようです。  金融庁が目下、生命保険各社に“是正”を迫っている項目は大きく2つあり、1つ目は中小企業の経営者を主な対象にした節税保険(法人向け定期保険)で、2つ目はドル建ての一時払い終身などの外貨建ての…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

金融庁が発売延期する新商品となる「節税保険」に監督強化

 主に中小企業経営者向けの死亡定期保険を巡っては生命保険の販売現場で「節税」アピールが過熱し、金融庁が監督を強化しているのですが、一部の商品設計は保険の趣旨を逸脱しかねないとみて各社に繰り返し調査して説明を要求し、一部で新商品の発売延期の動きが出ていることが配信されていました。  主に中小企業経営者向けの死亡定期保険を巡っては生命保険…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本生命が過熱する節税保険競争から一抜けした真相

 経営者向け保険を巡っては昨春に最大手の日本生命保険が、「プラチナフェニックス」の愛称で商品を投入したことで市場に一気に火がつき、大手を始め他の生保も相次いで追随したことで販売が過熱し、金融庁が節税目的の経営者向け大人気保険に「待った」をかけました。  各社とも「傷害保障」「生活保障」などとパンフレットでうたい、経営者が倒れたときの事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中堅生保が乗合代理店に「自社推奨なら手数料上乗せ」の波紋

 生命保険会社が乗合代理店に支払う販売手数料をめぐって金融庁が抜本的な規定の見直しを求める中、業界内でまたぞろ暗闘が繰り広げられていることが報道機関より配信されました。  配信された記事によると問題となったのは同社が乗合代理店に対して配布した資料にある「1社推奨加算」という項目で、今年10月以降にオリックス生命だけを推奨するかたちで顧…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

金融庁が問題視する生保過熱の「節税保険」に新商品が次々

 大手生命保険の定期保険を巡り販売現場で「節税」がPRされ、金融庁が一部の商品設計を問題視し、同庁は6月に調査に乗り出したのですが各社はなお同種の商品を拡充しています。  以前も節税目的の加入が目立った商品があり、国税庁は通達で事実上規制してきたのですが最近は通達に触れない商品が売り出され、販売が過熱しているのが現状のようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本生命社長が「節税保険」で税効果以外に保障機能についても説明

 大阪市内で開かれた総代会において日本生命保険の清水博社長が、節税対策として人気を集めている「法人向け定期保険」について「税制は一つの特徴だが、提案のときは企業の事業承継や退職金準備といった本来の保障の意味合いをきちんとお伝えしている」と説明すると共に税効果を売り物にしているわけではないと強調していたことが配信されました。 税…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

節税目的の経営者向け大人気保険に「待った」をかけた金融庁vs生保の戦い

 6月中旬に金融庁から送られてきた1通の書類について、「とうとう来たなという感じですね」と国内生命保険会社の幹部はこうつぶやいたそうなのですが、送られてきた書類というのが中小企業経営者などを対象にしたいわゆる「経営者向け保険」について「付加保険料の設定状況」などを尋ねたもので、調査用紙の回答期限が6月26日だったそうです。  各社とも…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

住生の失策に大手騒然の生保販売手数料「ボーナス自粛バトル」の内幕

 金融当局が見直しを求めている生命保険の代理店向け販売手数料については今までブログ内において紹介をしてきましたが、その取り組みを巡っては大手生保が今、激しいバトルを繰り広げていることが報道機関誌に掲載されました。  掲載された記事によると、折しも生保業界は金融庁の意向を受けて代理店向けの手数料体系を見直している真っ最中だったのですが、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

相互会社の無制限な買収はどこかで説明が難しくなる

 現在の収入保険料の量的拡大を前提とした現在の保険会社のビジネスモデルに懸念を抱いている金融庁に、金融機関としての今後の持続性や中長期的なあるべき姿についての金融庁監督局長 遠藤俊英氏に聞いた内容が掲載されていましたのでご紹介をしてみたいと思います。 相互会社の無制限な買収はどこかで説明が難しくなる (週刊ダイヤモンド 合併…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KPI公表に新手数料規定導入で保険代理店の視界不良

 FD宣言に加えてKPIの公表を迫られ、保険の販売手数料は減る一方の乗り合い代理店なのですが、千天の慈雨ともいえる法人向け保険もある一方でいつ消えるか分からないとも言われている保険業界。 今年3月13日に複数の保険代理店の元に1通のメールが金融庁監督局保険課企画係より届いたそうなのですが、昨年の3月下旬にも金融庁からメールが届いており…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

手数料で金融庁が大ナタ 岐路に立つ保険代理店

 ここ数年、来店型を中心に急拡大を続けてきた乗り合い代理店が、保険会社とのいびつな手数料体系や業務体制に金融庁が大ナタを振るったことで変革に向け大きく動き出しており、適正化の動きが進むかに思われてきた思惑が複雑に絡み合い、販売競争の裏で肥大化してきた乗り合い代理店へのインセンティブ報酬予が想だにしない方向に向かい始めていることが配信され…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

必要な保険と不必要な保険会社

 現在のような社会状況下においては、保険に社会的必要性を感じることは疑いようのないことなのですが、だからといって現に今ある保険会社にも社会的必要性を感じるとは限らないのです。  そこで、これからの日本社会に於いて必要とされる保険機能とは最適な業者が最善の方法で最少の費用のもとで提供することが求められており、それが既存の保険会社である必…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金融庁の次の標的は保険業界で地銀と同列扱いの憂鬱

 銀行をはじめとした金融機関がそう警戒し、身構えていた金融庁の行政方針が11月中旬にようやく公表されたのですが、行政方針は金融庁が金融機関の経営状況をチェックするにあたってどのような問題意識を持ち、1年を通じて何を重点的に調べていくのかを示すものとなっていました。  行政方針は金融庁が金融機関の経営状況をチェックするにあたってどのよう…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more