テーマ:保険の見直し

生命保険見直しで保険に頼ることをやめた「我が家の選択」

 生命保険契約をされている皆様の多くはその保険内容が分からないまま保険契約をし、払っている保険料の金額も高いのか安いのかが分からないままに何となく払い続けているのではないかと思っています。  そして、中には契約している保険が「本当に必要なのかな? この分、貯蓄に回したほうがいいのでは…」と感じている契約者もいらっしゃるのではないかとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保険業法改正で見直したい「最適な保険の選び方」と若い世代も手軽に選べる「保険ショップ」市場拡大へ

 複数の保険会社の商品を扱う「乗り合い代理店」に対し、必要のない保険に入ってしまわないように加入側の意向把握を求める規制や自分のニーズに合った保険に入りやすくすることを目的とし、顧客目線を徹底することを狙いとした特定の商品を薦める理由の説明などを義務付ける改正保険業法が施行されました。  これまで保険ショップには批判も多く、なかには、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生保見直しで利率3%以上の「お宝」は契約維持

 生命保険契約では出産や子どもの独立、定年などのライフステージの変化に合わせて見直すことが大切だといわれていますが、これは不要な保障を減らすことにより保険料を節約することができ、家計にプラスになりやすいからだとされています。  今回の日銀によるマイナス金利政策の影響により、貯蓄性保険の魅力が低下するなかでどんな点を踏まえて見直すといい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

生保加入者が知っておきたい「生命保険を見直す5つのポイント」

 生命保険は一度加入したらそのままでよいというわけではなく保険も常に進化しているし、生活環境の変更により必要な保障額も変わるためにいつ見直す必要があるのか、あるいは、どこを見直すべきなのかについてわからないという人も多いことからここでは生命保険見直しのポイントについて解説している記事を紹介したいと思います。 生保加入者が知って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「お宝」は手放すな解約は代理店の思うつぼ

 PRESIDENT誌に新入社員のときに生保レディに勧められるがままに加入し、結婚したら代理店の言うとおりに保険を増やし、内容もよく把握していない契約者の皆さんが何気なく保険の見直しをしてしまうと大損するかもしれないという特集記事において、今回は終身保険について採り上げていました。 解約は代理店の思うつぼ。「お宝」は手放すな【…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見直す前に確認、あなたの保険は「お宝保険」かも!?

 ファイナンシャルプランナーの早川幸子氏がPRESIDENT誌に、現在契約をしている保険は「お宝保険」かもしれないので、見直す前に確認が必要であるという記事を掲載していた。  その根拠として内容もよく把握せずに新入社員のときに生保レディに勧められるままに加入し、結婚したら代理店の言うとおりに何気なく保険を増やしたり、保険の見直しをして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ネット生保」でトクする"保険料"の賢い見直し方!

 マイナビニュースから消費税が5%から8%に上がったことによりジワジワと家計への負担を感じている人が多く出てきており、そこで何か家計を圧縮できるものはないかと思ったときにまず候補に挙がるのが生命保険料だという記事の掲載がされていました。  どんな生命保険にいつ入り、いくら位の保険料を払えば良いのかわからないという人が多くおり、そのため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「生命保険の見直しで家計支出削減」のワナ?老後に生活困窮するケース多数

 昨今、生命保険を見直すことが賢い家計管理であるかのごとく訴えかけるテレビCMなどを頻繁に目にするようになったのですが、確かに何ごともなければ保険が活躍する場面はなく、保険料の削減が家計の合理的な支出削減の筆頭として捉えられるのもわかるのですが、保険を見直す目的は保障(補償)の範囲を確認することであり、その結果として保険料が下がりもすれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

火災保険の値上げ前の見直しで負担軽く数十万円の効果も

 近年は災害の多い年でしたが火事や台風、洪水などのリスクに備えて大切なマイホームに掛ける火災保険は保険金額の設定が大きすぎたり、要らない補償が付いていたりすれば保険料が節約できる余地のある保険なのです。  火災保険では台風などの自然災害が増えているために、損害保険各社では2015年に保険料を上げることになっているので、それまでに必要十…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保険料を安く済ませる目のつけどこ「本当に必要な保障額を、過大に見積っていないか」

 倉健太氏が保険会社の社員が自分の家族にしか教えないノウハウをまとめた書籍『本当の保険の選び方』のヒットから4年、満を持して刊行されたのが新刊『保険は今より6割安くできる!』という本で、大増税、物価高騰、年収減で経済的にピンチを迎えるサラリーマンに向けて家計の重荷である保険料を削減するコツを豊富な事例を用いてやさしく解説しているのですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

死亡保険を劇的に安くする方法「年間15万円だって、無理なく節約できる」

 都倉健太氏が保険会社の社員が自分の家族にしか教えないノウハウをまとめた書籍『本当の保険の選び方』のヒットから4年、満を持して刊行されたのが新刊『保険は今より6割安くできる!』という本で、大増税、物価高騰、年収減で経済的にピンチを迎えるサラリーマンに向けて家計の重荷である保険料を削減するコツを豊富な事例を用いてやさしく解説しているのです…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

保険料値上げで、家計がつぶされる「保険は今より6割安くできる!」

 都倉健太氏が保険会社の社員が自分の家族にしか教えないノウハウをまとめた書籍『本当の保険の選び方』のヒットから4年、満を持して刊行する新刊が『保険は今より6割安くできる!』という本で、大増税、物価高騰、年収減で経済的にピンチを迎えるサラリーマンに向けて家計の重荷である保険料を削減するコツを豊富な事例を用いてやさしく解説しているのですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自動車保険保険料値上げでどうする!?

 デフレにより物の値段が下がっている中で、自動車離れなどによる損害保険各社の保険料収入が減る一方で事故被害者への保険金支払いが膨らんだために収支が悪化した背景に、高齢者を中心に任意加入の自動車保険料が2011年4月以降に相次いで値上げされる見通しとなったことをBlogにて紹介をしてきました。  また、強制加入の自動車損害賠償責任(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生命保険加入世帯は8割と10年余りで10ポイント強減少!

 1月7日付の日本経済新聞から生命保険への支出が1世帯当たりの年間保険料が2009年で45万5千円と減り、1988年(47万8千円)以来21年ぶりの低水準となり、家計の収入が伸び悩む中で安い保険に切り替えたり、保険自体を解約したりする世帯が増えているために10年以降も抑制傾向は続く見通しであり、生保各社は収益確保に向けて販売戦略の見直し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2009年の生命保険料切り詰めは21年ぶりの低水準!

 昨年末に、ライフネット生命が配信している生命保険のQ&Aにおいてライフネット生命に寄せられる質問の中でもよく耳にする「保険料を払い過ぎている気がします」というテーマについて、ライフネット生命ではインターネットで保険を販売しているために人件費や店舗費などの運用コストをおさえることが、それらのコストがどうしてもかかってしまう対面販売スタイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「保険料を払い過ぎている気がします」と思うなら

 今月下旬に、かつては一家の大黒柱である男性が亡くなったときに備えて、保障額が大きい死亡保険に入るというのが定番だった生命保険なのですが、未婚率の上昇や女性の社会進出などにより女性が今後のメーンターゲットとなるかもしれないという記事についてBlogにて紹介を致しました。  この時配信された記事では、生命保険文化センターが行った調査…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽天リサーチが生命保険に関する調査結果を発表

6月21日付の日本経済新聞から楽天リサーチが実施した生命保険についての調査結果が掲載されていました。 掲載されていた記事によると、楽天リサーチ株式会社が生命保険に関するインターネット調査を実施したのですが、今回の調査では楽天リサーチ登録モニター(約187万人)の中から全国の20~69歳の男女計1,000人を対象に行ったそうです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最新の医療保険「先進医療技術にも対応」

日本経済新聞では「保険の上手な利用法」という題名で、色々な場合での保険との付き合い方や利用の仕方について書かれています。 第四回目は「最新の医療保険~先進医療技術にも対応」をという題名で、医療保険を選ぶにあたってのポイントを整理し、医療保険の基本構造ともいえる更新型と終身型のメリットとデメリットを確認しておく必要があり、医療保険を選ぶ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療保険の加入と見直し「健保でかなりをカバー」

日本経済新聞では「保険の上手な利用法」という題名で、色々な場合での保険との付き合い方や利用の仕方について書かれています。 第三回目は「医療保険の加入と見直し~健保でかなりをカバー」をという題名で、医療ではどのようにお金がかかるのかを把握することが大事なのですが、医療に関係する部分すべてに健康保険が適用されるわけではなく、入院すると診断…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

必要保障額を知る「生活費は生前の7割で計算」

日本経済新聞では「保険の上手な利用法」という題名で、色々な場合での保険との付き合い方や利用の仕方について書かれています。 第二回目は「必要保障額を知る~生活費は生前の7割で計算」をという題名で、保険が必要であるかどうかは「必要保障額」という概念を使って判断するのですが、必要保障額とは生計を維持している大黒柱が万一、亡くなった場合に残さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保険が必要な人「家庭環境やライフサイクルで見直しを」

日本経済新聞では「保険の上手な利用法」という題名で、色々な場合での保険との付き合い方や利用の仕方について書かれています。 第一回目は「保険が必要な人~家庭環境やライフサイクルで見直しを」をという題名で、株式や債券、投資信託など金融商品の運用力を磨くだけではなく、「保険に賢くなる」ことは家計全体のなかでとても重要なウエイトを占めており、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

終身保険を解約するその前に考えることは?

12月26日付のMSN産経ニュースから「終身保険解約 その前に…」という題材で、子供が独立したので大きな死亡保障が必要なくなり、保険料も高いので解約してしまって終身医療保険などに切り替えてしまったほうがいいのだろうかということについて書かれています。  配信された記事によると、20年前というと予定利率も今よりずっと高く、安い保険料で保…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

持病があっても入れる生命保険はあるの?

12月19日付のMSN産経ニュースから「持病があっても入れる?」という題材で、結婚することになり、万が一の事を考えて生命保険に加入したいと思っているのですが、数年前に持病のぜんそくを理由に生命保険の契約を断られた経緯があり、加入できる保険はないのでしょうかということについて書かれています。  配信された記事によると、質問者が独身の時と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

収入保障保険への変更による共働き妻の死亡保障は死亡保険で!

12月12日付のMSN産経ニュースから「共働き妻の死亡保障は…」という題材で、夫の保険を見直し、ムダが削れたのは良かったのですが、夫の契約に付帯していた自分の保障がなくなってしまい、私にも死亡保障が必要でしょうか?子供が成人するまでは仕事を続ける予定だということについて書かれています。  配信された記事によると、夫婦共働きのケースで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結婚したら、保険契約を見直そう!

12月24日付の読売新聞に『結婚したら、保険を見直そう』という題材で、結婚して所帯を持ったら、一度、保険の見直しを行い、これまで1人で好きに使っていた収入で夫婦2人分の生活費をやりくりしたり、共働きの2人の家計を一つにしたりする中、家計支出の把握は必須で、その新しい家計のあり方に合わせて保険もしっかり衣替えしておくと安心ということで、留…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夫婦そろって自分よりも相手のために保険加入の「おもいやり夫婦」

11月9日付のJ-CASTニュースより保険加入に関するちょっと考えさせられる記事の掲載がありました。 掲載された記事の内容というのが、保険に加入する理由が夫の8割以上が「妻のため」、妻の約7割が「夫のため」であることがインターネット調査会社のマーシュの調べでわかったというものでした。 11月22日の「いい夫婦の日」を前に同社は「健康…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結婚するしないにかかわらず必要な保障を優先して

11月14日付のMSN産経ニュースから「必要な保障を優先して」という題材で、息子がまだ独身なので63歳の母親が保険の管理をしており、結婚をする気もない息子の保険を今のままにしていいのかわからず、結婚をするときに考えればいいものだろうかと云う事について書かれていました。 この件について配信された記事については、下記に掲載した通りです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保険契約の保障見直し時の注意点は?

11月7日付のMSN産経ニュースから「保障見直し時の注意点」という題材で、夫が加入している保険会社から「新しい入院保障」が出たので契約を見直しましょう、と言われており、保障が厚くなるメリットは分かるのですがデメリットが分からないため、注意点はありますか?と云う事について書かれていました。 この件について配信された記事については、下記に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子どもが社会人になったら、保険を見直そう

10月22日付の読売新聞に『子どもが社会人になったら、保険を見直そう』という題材で、ようやく我が子が独立した(社会人になった)というタイミングは、実は保険を棚卸しするのに良い時期で、これまで教育費に振り分けていたお金を老後資金づくりに回すために家計支出だけでなく保険もチェックし、しっかり直視してダブついた保障をカットし、お金を効率的に活…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出産後の保障の見直しのポイントは!?

10月10日付のMSN産経ニュースからよくある保険の悩みとして、 子供が生まれたためにこれから育児にお金がかかってくるので夫の保険の見直しを考え、保険料は安く抑えたいのがどのような見直しをしたらいいのでしょうか? この件について配信された記事については、下記に掲載した通りです。 【保険のクリニック ほけん・Q&A】出産後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more