テーマ:代理店業

人気を集める少額短期保険は種類も豊富にさらに拡大か

 現在、少額短期保険(ミニ保険)が人気化しており、大手保険会社が手を出しづらい分野を少額保険会社は拡充しようとしています。  そして、大手保険会社がグループ企業・子会社等の形で少額短期保険の世界に足を踏み入れ始めているのも事実なのですが、斯界は大手資本の(間接的)参入により一段と広がりを見せていきそうなのです。 人気を集める…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

生保協会長就任の清水博氏が銀行窓販手数料見直し検討

 今回、生命保険協会の会長に就任した日本生命保険社長の清水博氏が記者会見をし、「業界に対する視線は厳しい。危機意識を持ち顧客本位の業務運営の推進に取り組む」と語ったことが配信されました。  清水氏が産経新聞の取材に応じ、保険販売時に銀行などに支払われる販売手数料体系の見直しを検討していると明らかにすると共に体制の充実した銀行に手数料を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本生命が優秀代理店に五輪観戦ツアー販売奨励策が波紋

 様々な生命保険会社の商品を比べて買うことができるのが「乗り合い代理店」なのですが、生保会社は販路を広げようと関係強化に力を入れているのですが、代理店に対する過剰な販売奨励策をなくすことが業界全体の課題となっています。  これは、行き過ぎた奨励策は顧客の希望や必要性を無視した商品販売の横行につながってしまうためなのであり、金融庁が監視…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

補償対象をよりユニークにして進化し続けるミニ保険

 時代のニーズに応えたユニークな保険商品が続々と登場しているミニ保険ですが、2018年度の保険料収入は初めて1000億円規模に達したようで、手軽な保険料で身の回りのトラブルに備えることができる「ミニ保険(少額短期保険)」市場が拡大しているそうです。  そこで、時代のニーズに応えたユニークな保険商品が続々と登場しているミニ保険のいまを追…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

身内もあきれる営業攻勢 懲りない生保に金融庁がメス

 今春、ある大手損保の系列生保が「収入保障特約 推進キャンペーン」5~6月の保険契約を対象に、特定の保険特約を売れば代理店に対して通常の販売手数料に加えて「報酬」を支払うチラシを作成し、保険ショップを経営する代理店向けに配ったことが判明したのですが、自社の商品を売りたい生保が、代理店へこのような販売促進策を採ることは「禁じ手」とされてお…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

節税保険”販売中止でギラギラした若手保険セールスマンが消える?

 今までブログ内において国税局の「節税」効果がある金融商品の扱いに付いて問題視していることから保険業界に対して保険販売についての指導が入り、生命保険業界大手4社が2月中旬に特定の法人向け定期保険の販売を停止する意向を明らかにしました。  この節税保険販売中止により保険業界では、「節税」効果があるとして中小企業の経営者向けに販売競争が加…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

業界構造やビジネスモデル「保険代理店」は何をしてくれるのか?なぜあるのか?

 保険商品を提供しているのは保険会社ですが、保険加入の際に一般消費者が相談をする窓口の一つに「代理店」があり、なぜ代理店が存在するのか、代理店を利用するメリットはどこにあるのかなどについて保険業界の潮流についても説明しながら説明する記事がZUU onlineに掲載されていましたのでご紹介をしてみたいと思います。 「保険代理店」…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

少額短期保険業と少額短期保険代理店業の動向

 保険業のうち一定の事業規模の範囲内において保険金額が少額で、保険期間1年(第二分野については2年)以内の保険で保障性商品の引受のみを行う事業については「少額短期保険業」が設けられています。 この聞きなれない少額短期保険についての解説記事をご紹介してみたいと思います。 少額短期保険とは何か?既存の保険との違い 執筆者:平野 敦…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

金融庁vs生保で代理店への報酬適正化により抜け駆けが横行する理由

 金融庁が4月から生命保険会社を対象に生命保険会社が乗り合い代理店に支払う報酬を巡って代理店手数料体系とインセンティブ報酬の追加実態調査に乗り出しています。  これは報酬適正化への圧力を一段と強めるのが狙いなのですが、そうした圧力をかわすかのように外資をはじめ一部の生保による抜け駆け行為がいまだ収まる気配がないことが報道機関より配信さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保険業界が生き残りへの転換期で異業種再編や「デジタル革命」でリスク予見

 現在、保険業界が大きな転換期を迎えており、病気や事故などのリスクに備えて支払われる保険料が保険会社の収益の柱となっているのですが、人工知能(AI)で膨大な情報を分析する「デジタル革命」により企業や消費者はリスクをより早く、正確に予見できるようになり、「予知できれば保険はいらない」というそんな時代の到来がにわかに現実味を帯びる中で業界は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生保業界が銀行窓販の外貨建て保険でも検討し、代理店の販売手数料見直し

 生命保険会社が代理店に支払う手数料を目当てにし、乗り合い代理店が顧客意向に沿わない商品を売り込む事を防ぐために生保各社が手数料体系の見直しを進めていることが報道配信がありました。  これについては、銀行窓口などで販売される外貨建て保険でも元本割れリスクを十分説明していないと苦情が相次いでおり、同様の措置を検討する動きが浮上しているこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

節税保険祭り終了で怒れる国税庁が鳴らした「生保業界再編」の号砲

 販売競争が過熱していた「節税保険」にようやくメスを入れた国税庁ですが、生命保険業界に動揺が広がる中で税務ルールの見直し策が再編の号砲を鳴らす結果となり、生命保険業界で中小企業経営者を主な対象にして販売競争が異常なほど過熱していた「節税保険(法人定期、経営者保険)」が、ついに販売停止することになりました。 節税保険祭り終了、怒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本生命の清水博社長が国内で代理店市場の開拓加速と販売チャネル増

 今年年初めに日本生命保険は2019年夏に立ち上げる保険ショップ(来店型販売代理店)向け保険会社の社名を「はなさく生命保険」とする方針であることを発表したのですが、昨春に社長就任した清水博社長が国内事業の今年の課題として最大のテーマは販売力の一段の向上であり、銀行窓販ではメガバンクなどに強い大樹生命保険(4月に三井生命保険から社名変更を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マニュライフ生命が全額出資の乗合代理店の設立と営業開始

 マニュライフ生命保険株式会社では、このたび複数の生命保険および損害保険会社の商品を取り扱う全額出資の乗合代理店、マニュライフ・ファイナンシャル・アドバイザーズ株式会社を設立し、1月4日より営業開始をしました。  今後は新会社において投資信託をはじめとした多様な金融サービスを提供する態勢を整備したうえで、金融庁に対して金融商品仲介業務…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保険代理店が経費天引きで元外交員が全国で相次ぎ提訴

 保険代理店に雇用された元外交員(保険募集人)が、給料から多額の経費が天引きされるなどして不当に低賃金で働かされたと主張して会社側を訴えるケースが相次いでいるとの報道配信がありました。  保険代理店による保険募集人に対する経費天引き事案については以前より騒がれていたのですが、毎日新聞の取材では全国の少なくとも6地裁・支部に11人が提訴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

損保代理店に高齢化や顧客の変化再編促す大廃業の波

 高齢化と後継者不足で廃業が相次ぎ、大型代理店によるM&A(合併・買収)や損保大手への集約が加速し、国内の損害保険販売の中核を担う保険代理店に再編の波が押し寄せていることが配信されました。  高齢化による代理店数の減少は止まらず、2017年度には19万店を下回って平成元年(1989年)以降で過去最低を更新しているために「会社を売りたい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「来店型保険ショップ」の満足度1位は「ほけんの窓口」

 保険といえば保険会社各社の保険外交員が世帯を訪問して営業するスタイルが主流だったのですが、そこにネットをチャネルとする保険サービスが登場してからはすっかりおなじみとなっているのが来店型保険ショップです。  しかし現在、街中には至るところに多数の保険商品をとりそろえた店舗が増えており、来店型保険ショップ(乗合い型のみ)を過去5年以内に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

通販型損保が伸び悩み「安さ」限界でデジタル戦略に活路

 平成29年度のシェアは約8%と伸びは極めて緩やかで、2~4割程度と欧米に比べて出遅れが目立つのが、対面の代理店を介さずにインターネットや電話で自動車保険を販売する通販型保険であり、その通販型損保が現在伸び悩んでいることが配信された。  その要因となっているのが保険料の安さが最大の売りであり、最新のデジタル技術を活用した顧客サービスの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

金融庁が発売延期する新商品となる「節税保険」に監督強化

 主に中小企業経営者向けの死亡定期保険を巡っては生命保険の販売現場で「節税」アピールが過熱し、金融庁が監督を強化しているのですが、一部の商品設計は保険の趣旨を逸脱しかねないとみて各社に繰り返し調査して説明を要求し、一部で新商品の発売延期の動きが出ていることが配信されていました。  主に中小企業経営者向けの死亡定期保険を巡っては生命保険…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保険の相談を「保険代理店」にするといい理由

 40代の契約者は子供がそろそろ大きくなり教育費がかかり始めるため、20代や30代で契約した保険の見直しを一度考える人も多い時期であり、インターネットなどによる保険会社を比較検討する人も少なくなく、保険代理店に相談する人も増えているようです。  そこで、良い保険代理店を選ぶにはどうすればいいのだろうかということについて取り上げた記事が…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

日生が保険代理店仲介サイトの運営VB買収 若年層との接点確保

 日本生命保険は月内にも決議し、買収額が数億円規模になる見込みとされる保険販売代理店仲介サイトを運営するベンチャー企業を買収することが報道機関より配信されました。  今回の保険代理店仲介サイト運営の買収では代理店に関する詳しい情報が得られるほかにインターネット関連の優秀な人材獲得も期待できるという目的のほかに若年層との接点確保を期待し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中堅生保が乗合代理店に「自社推奨なら手数料上乗せ」の波紋

 生命保険会社が乗合代理店に支払う販売手数料をめぐって金融庁が抜本的な規定の見直しを求める中、業界内でまたぞろ暗闘が繰り広げられていることが報道機関より配信されました。  配信された記事によると問題となったのは同社が乗合代理店に対して配布した資料にある「1社推奨加算」という項目で、今年10月以降にオリックス生命だけを推奨するかたちで顧…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アイリックコーポレーションが来店型の保険代理店を展開

アイリックコーポレーションは保険販売とシステム事業を柱にし、保険販売では来店型の代理店「保険クリニック」を全国180店舗で展開しながら今後も段階的に出店を増やす方針でいるそうです。  保険代理店業務では顧客の需要に応じて各社の保険商品を自動で比較・提案するシステムも手掛けており、既に15の金融機関でも同システムを採用し、今後は他社商…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最新保険業界分析と保険代理店業界のM&A動向

 保険業界では生命保険代理店や損害保険代理店の数は減少または横ばい傾向にあり、リーマンショック翌年度の2009年度と2016年度を比較した場合、生命保険協会によれば生命保険の個人代理店の数は70,980から55,805に減少し、法人代理店の数は35,084から35,306となりほぼ横ばい状態となっているようです。  また、日本損害保険…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

節税目的の経営者向け大人気保険に「待った」をかけた金融庁vs生保の戦い

 6月中旬に金融庁から送られてきた1通の書類について、「とうとう来たなという感じですね」と国内生命保険会社の幹部はこうつぶやいたそうなのですが、送られてきた書類というのが中小企業経営者などを対象にしたいわゆる「経営者向け保険」について「付加保険料の設定状況」などを尋ねたもので、調査用紙の回答期限が6月26日だったそうです。  各社とも…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

来店型保険ショップは2600店超に拡大も中堅クラス以下で統廃合が進む

 MONEYzine編集部から国内の来店型保険ショップが2600店超に拡大しているにも関わらず中堅クラス以下の企業において統廃合が進むと矢野経済研究所が予測している記事が掲載されました、  この1~2年の保険業界の動向として、改正保険業法対応に加えて標準利率の引下げや予定死亡率の引下げを背景にした一部保険商品の販売停止や保険料の改定な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住生の失策に大手騒然の生保販売手数料「ボーナス自粛バトル」の内幕

 金融当局が見直しを求めている生命保険の代理店向け販売手数料については今までブログ内において紹介をしてきましたが、その取り組みを巡っては大手生保が今、激しいバトルを繰り広げていることが報道機関誌に掲載されました。  掲載された記事によると、折しも生保業界は金融庁の意向を受けて代理店向けの手数料体系を見直している真っ最中だったのですが、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日本生命保険が代理店へ商品を提供する生命保険会社を新設へ

 日本生命保険が保険ショップなどの代理店経由で販売する商品に特化した新たな保険子会社を設立することを発表したのですが、これは近年ライフスタイルや生活環境が変化する中で自分で比較して生命保険に加入したいという意向を持つ人が増加しており、その受け皿として保険ショップをはじめとする代理店マーケットが成長しているためだとしています。  設立す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相互会社の無制限な買収はどこかで説明が難しくなる

 現在の収入保険料の量的拡大を前提とした現在の保険会社のビジネスモデルに懸念を抱いている金融庁に、金融機関としての今後の持続性や中長期的なあるべき姿についての金融庁監督局長 遠藤俊英氏に聞いた内容が掲載されていましたのでご紹介をしてみたいと思います。 相互会社の無制限な買収はどこかで説明が難しくなる (週刊ダイヤモンド 合併…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KPI公表に新手数料規定導入で保険代理店の視界不良

 FD宣言に加えてKPIの公表を迫られ、保険の販売手数料は減る一方の乗り合い代理店なのですが、千天の慈雨ともいえる法人向け保険もある一方でいつ消えるか分からないとも言われている保険業界。 今年3月13日に複数の保険代理店の元に1通のメールが金融庁監督局保険課企画係より届いたそうなのですが、昨年の3月下旬にも金融庁からメールが届いており…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more