テーマ:国税庁

「節税保険」で生保にクギ 国税庁の隠された一手

 国税庁が「高額な保険料支払いで利益を圧縮し、保険料は返戻金で取り返せる」そんな営業トークで中小企業経営者に売られ、人気を集めた「節税保険」に対して新たな課税ルールを示したのですが、これにより大幅に課税範囲が広がりますが、すでに同庁の新方針が示されていたこともあり生命保険業界には冷静な受け止めが広がっているようです。  国税庁は生保の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

節税保険に国税庁が示した課税見直し規制案

 国税庁は節税目的の加入が問題になっていた経営者保険について、課税の見直し案を生命保険各社に提示したことが配信されました。  国税庁が提示した見直し規制案では、解約時の「返戻率」が50%以下の契約は保険料の全額損金算入を認めるのですが、50%を超える契約については返戻率に応じて段階的に損金算入できる割合を制限するものとなっているそうで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more