テーマ:がん保険

日本未承認の抗がん剤まで保障する「がん保険」に問い合わせ殺到

 日本にがん保険が誕生してから40年余りになるのですが、がん保険は1974年に外資系生命保険会社が単品のがん保険を発売したのがその始まりで、実はそれから二十数年にわたってがん保険や医療保険など単品の第三分野の保険商品の販売は外資系生保の独壇場だったのです。  そして、米国との合意があったためにその後96年の日米保険協議を経て、日本の生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アフラックが脱毛対応の業界初特約「生きるためのがん保険」を発売 

 アメリカンファミリー生命保険(アフラック)が、誰もが100歳まで生きることが当たり前となる時代に備えてがん罹患(りかん)後の生活に重点を置いた「生きるためのがん保険Days1」を4月2日に発売することを報道機関から配信されました。  今回、生活に重点を置いた「生きるためのがん保険Days1」は、新設された「外見ケア特約」の「がん治療…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

がん保険に入っていればお金の心配はないの?

 テレビのコマーシャルなどでは「がん保険」の宣伝をよく見かけるのですが、やはりがん保険は入っていた方がいいのでしょうか?という相談が多いようです。  現役の国立病院の内野三菜子医師が出している書籍では、がんの主治医に聞きにくいようなことや知っておいたほうがいいことなどを解説した『身近な人ががんになったときに役立つ知識76』の中では、治…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アフラックが家庭生活保障保険「家族に毎月届く生命保険GIFT」を改定

 アフラックは家庭生活保障保険「家族に毎月届く生命保険GIFT」を2月20日に改定し、契約日が2017年3月2日以降の契約から取扱可能になることを発表しました。  家族に毎月届く生命保険GIFTは、アフラックの主力であるがん保険や医療保険に死亡保障を含めた総合的な保障を提案することでさらなる販売促進を図るべく2009年から提供してきた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

がん保障はがん保険以外の選択肢もネット等の保険ランキングそのまま信用はNG?

 ファイナンシャルプランナーのもっとも多い相談内容は、住宅の購入と保険の見直しで、保険の見直しをする人の中には雑誌の保険特集を持参し「ランキング上位の保険がやはりよいのでしょうか」と尋ねる方もいるのですが、情報サイトに掲載されている保険のランキングをもとに加入する保険の候補を自分で選んでくる人もいるそうです。  そこで、このような保険…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がん再発でも安心な保険は!?

 がんを経験した人にとっては新たにがん保険や医療保険に加入するのが難しくなるのですが、最近では加入できる保険商品が増えてきており再発した場合の治療費負担に備えるための選択肢として知っておきたいポイントについて報道機関に掲載されていましたのでご紹介をしてみたいと思います。 くらしナビ・ライフスタイル がん再発でも安心な保険は …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「がん保険を利用する価値」とは何か確率で考える「がん保険」への正しい入り方

 東洋経済誌では保険相談をした人達の会話の中で、「私のところは『がん家系』なので、がん保険には入っておいたほうがいいのかなと考えています」「そうですか。私の親族も、2人に1人くらい、がんで亡くなっています。 ただ、それ以前に『死亡家系』というべき家系で、大正時代以前に生まれた親族は誰も生きていません」といった声と共に、家族や親族でがんに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニーズ高まる先進医療保障

 現在、医療保険やがん保険では先進医療を受けた場合の費用を保障する特約を付帯するのが一般的になってきました。  ですが、、健康保険では先進医療にかかる費用は適用されておらず、これはがんの粒子線治療などが高額になることが浸透したために誤解されているケースも多いと云われています。  そこで、付帯を検討する場合の制度や保険について正しく知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射線・抗がん剤治療に手厚いがん保険

 がん保険では手術、放射線治療、抗がん剤治療をがんの「三大治療」と呼ぶが、放射線と抗がん剤治療を保障の基本に置く保険が目立ってきましたが、チューリッヒ生命の「終身ガン治療保険プレミアム」では放射線や抗がん剤治療(ホルモン剤投与含む)に給付金を出す仕組みとし、入院・手術給付金を付けるかどうかを加入者が選べる保険と共に放射線治療で自己負担し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がんになっても保険金が下りない!? 「がん保険」の真実

 保険の常識の中には世にまかり通るものが数々あり、それを信じると思わぬ落とし穴に入り込むことになるのですが、そんな実は「非常識」なことを保険のプロたちがつまびらかにする紹介記事がプレジデントオンラインに掲載がされていましたのでご紹介してみたいと思います。 がんになっても保険金が下りない!? 「がん保険」の真実 ( プレジデン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がん保険「通院」カバー…入院せず治療が増加

 ここ最近、TVではガンで亡くなった方のニュース報道が増えています。 現在、がん保険の保障内容は治療法の多様化に対応した動きから多様化しており、これまで主流だった入院・手術費用などの給付のほかに通院しながらの抗がん剤治療などを主契約にすえた商品も登場しています。  読売新聞にそんなガン保険の保障内容の多様化に対し、「がん保険「通院」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京海上日動あんしん生命が生存保障革命を中核にして日本を代表する保険会社へ

 ダイヤモンド・オンライン誌が昨年4月に社長に就任した広瀬伸一氏と今年からスタートした新中期経営計画についての要諦を掲載していましたのでご紹介をしてみたいと思います。  対談では今年4月からスタートした新中期経営計画や生存保障革命とは具体的にどのような内容なのか、7月に発売された二つの新しいがん保険、販売チャネル戦略はどのように考えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生保主流は死亡保険から「医療・がん保険」に女性も増加

 今までの生命保険といえば、一家の大黒柱である夫が万が一に備えて加入するのが一般的でしたが、5年前の統計では新規契約者の割合が男女で逆転し、現在の生命保険の主役は「女性」だといわれています。  この理由の1つとして女性の社会進出が進んだことにより経済力が上がったことで、今や女性が家計を支えることも珍しくなくなったのです。  かつての…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がん保険の選び方は「診断一時金」を重視

 日本人の2人に1人がかかるといわれる、がんは治療費が高額になることがあり保険での備えを考える人は多いのですが、がん保険は診断や治療の際に給付があるもののその条件は様々で分かりづらい面があるために商品の内容を良く理解し、自分に合う保障を選ぶ必要があります。  そんながん保険の選び方について日本経済新聞に掲載がされていたのでご紹介いたし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アフラックががん保険取り扱い郵便局を2倍の2万局に

 日本経済新聞から2013年7月に日本郵政と包括提携した米アメリカンファミリー生命保険(アフラック)が7月から、がん保険を取り扱う郵便局を現行の約1万局から2万局に広げることを配信していました。  配信された記事によると専業代理店や提携する第一生命保険、銀行の窓口販売などとあわせて顧客との接点を増やし、アフラックの主力商品であるがん保…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

20代で生命保険に入るのはやめなさい!

 社会人になると「生命保険に入って一人前」なのよという、間違った考え方を押し付けようとする人が近寄ってくるようになるのですが、このような人には生命保険会社のセールス担当者はもちろんのこと、そのセールス担当者と仲のいい先輩社員などもそんなことを言って生命保険に加入させようとしますが、記事を寄せている筆者は生命保険に入る必要は一切なく、よ~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がん保険に別途入る必要はない!? - 医療保険の入り方

 マイナビニュースの連載コラム『サラリーマンが知っておきたいマネーテクニック』では、会社員が身につけておきたいマネーに関する知識やスキル・テクニック・ノウハウをファイナンシャルプランナーの中村宏氏が独断も交えながら紹介する記事が掲載されています。  今回、がん保険に別途入る必要はない!? 医療保険の入り方について、医療保険に入るときは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がん保険料ランキング あんしん生命が首位

 ダイヤモンドQ編集部から、経済的な負担が大きく治療費以外の費用がかさむがんのために契約されているがん保険について、診断給付金100万円を基にした保険料ランキングを配信したのですが、一生のうちにがんになる確率は「2人に1人」ともいわれる日本人の死因で最も多いとされるがんには数字のトリックがあるとの記事を配信していましたので紹介をしてみた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がん保険料「半額」でも割高 試算でみる負担感

 米アメリカンファミリー生命保険(アフラック)が10月から郵便局専用のがん保険の販売を始めたのですが、がんと診断されたときの給付金を一般代理店向けと同じ100万円としたものの入院・通院給付金などを低く設定し、手術・放射線治療給付金をなくすることで保険料を半額程度にしましたが、それでも割高だと云われています。  そこで、日本経済新聞では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アフラックの郵便局向け半額保険による販路拡大に波紋と代理店からは反発

 米保険大手アメリカンファミリー生命保険(アフラック)が1日に発売した日本郵政グループ専用のがん保険についてアフラックの既存の販売代理店が戦々恐々としていることが 配信されました。  配信されていた記事によると自分たちが売るアフラックの主力商品に対して、郵便局に対しては半額の保険料を設定したからで、激安の値付けと全国に張り巡らされた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

郵便局におけるがん保険販売を1万局に拡大!

 日本郵便が提携先の米アメリカンファミリー生命保険(アフラック)のがん保険を窓口販売する郵便局を10月1日から1万22局に拡大すると発表したのですが、現在の2980局から大幅に増やす。 同月からは、保険料を割安にした郵便局専用のがん保険の発売を予定している。 日本郵便はがん保険の品ぞろえと取り扱い局の拡充によって、収益力を向上させた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

郵便局も拡販するがん保険の目先の保険料と保障に騙されるな!

 人口減少や若者の「保険離れ」などの影響で死亡保障をメインとする保険商品のニーズが薄らぐ中で、第3分野と呼ばれる医療保険の「がん保険」に対する注目度が高く、がんが身近な病気になったことや治療期間や費用に対する不安感が蔓延していることがその背景にあるとされています。  そんな中でがん保険は国内・外資系生保を問わずさまざまな商品が登場して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アフラックが郵便局専用がん保険を開発し10月から販売

 日本郵政は業務提携先のアメリカンファミリー生命保険(アフラック)が日本郵政グループ向けに開発したがん保険の新商品「JPオリジナルプラン」を10月1日から日本郵便の郵便局とかんぽ生命保険の計約3000拠点で取り扱うことを発表しました。  まずは全国2980の郵便局のほかに傘下のかんぽ生命保険79支店に導入し、順次取り扱い店舗を拡大して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“改悪”前の大人気のがん保険がりそなでひそかに販売される訳

 生命保険業界の一部でひそかに話題になっていることがあり、それが6月末で商品改定のために売り止めになったはずのAIG富士生命保険のがん保険「がんベスト・ゴールド」が一部の販売代理店でのみで継続販売されていることが配信されていました。  配信されていた記事によると現在一部の販売代理店でのみで継続販売されているがん保険は、保険商品に詳しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かんぽ生命がアフラックのがん保険の販売を開始

 日本郵政の西室泰三社長が報道関係の記者会見において、かんぽ生命保険の直営店・支店(79支店)で受託販売を始めた米保険大手アメリカンファミリー生命保険(アフラック)のがん保険について、「まず全国的な展開の練習として知名度が高く、売りやすいアフラックのがん保険を選んだ」ことを説明し、その上で株式上場に向けて「これから先はアフラックだけでは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

かんぽ生命がアフラックのがん保険を直営店で7月から販売

日本郵政グループのかんぽ生命保険が同社の79支店で米アメリカンファミリー生命保険(アフラック)のがん保険を販売することを発表しました。  これは金融庁と総務省から認可を得たことを受けて発表されたもので、7月中の販売開始を予定しており、かんぽ生命がアフラックに代わってがん保険を扱う郵便局を指導・教育する業務も行うことになっているそうで、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

金融庁・総務省がかんぽ支店のがん保険認可へ!

 金融庁と総務省は米アメリカンファミリー生命保険(アフラック)のがん保険を、かんぽ生命保険が直営79支店で販売することを23日にも認可する方向で検討に入ったことを発表しました。  発表された内容によるとかんぽ生命は4月中旬に認可を申請しており、この問題を審議する政府の郵政民営化委員会は「すでにかんぽ生命が行っている業務と類似性が高く、…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

日本郵便がアフラックのがん保険販売の郵便局を3千局に倍増!

 日本郵政グループの日本郵便が提携関係にある米保険大手アメリカンファミリー生命保険(アフラック)のがん保険について、販売する郵便局数を3月3日に現在の約2倍の2980局に拡大することを発表したのですが、日本郵政は昨年7月にアフラックとの業務提携を強化し、アフラックのがん保険を販売する郵便局を当時の1000局から2万局に拡大することを決め…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日本郵政が新たに500局でアフラックのがん保険販売

 日本郵政が10月から、米アメリカンファミリー生命保険(アフラック)のがん保険の販売網を500の郵便局で始め、拠点数を1.5倍に増やすこととなり、両社は7月に発表した提携で2万局で売る計画を打ち出しており、具体化の第1弾となる販売ノウハウを蓄積し、アフラックが開発する郵便局専用の商品の取り扱いに備えることが配信されました。  配信され…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大同生命がアフラックと業務提携し、がん保険販売へ

 アメリカンファミリー生命保険(アフラック)は先月日本郵政との提携拡大を発表し、現在約1000の郵便局で販売しているアフラックのがん保険を2万局に及ぶ全国のすべての直営郵便局(運営を委託する約4000局の簡易局を除く)においてもがん保険を販売することとなり、事実上アフラックは国が100%株主である日本郵政傘下のかんぽ生命保険での事業拡大…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more