テーマ:見直し

保険のプロは「自分の保険」をどう見直したか保険代理店社長が入っている保険の「その後」

 後田氏が2007年に初めて自著を上梓する機会に恵まれた際に、「プロが入っている保険」としてある保険代理店の社長(以下、Aさんとします)が加入している保険を紹介したところこの記事に大きな反響があったそうで、月々6872円の保険料負担で「賢明な選択だ」と納得できる理由が語られていたからだったと云われているそうなんです。  それから早いも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

40代の生命保険で加入や見直しを検討中なら知りたい3つの考え方

 多くの保険では年齢や持病の有無などにより保険金額や加入の可否などが決まりますが、若い世代では問題なく加入できる保険も年齢を重ねるにつれて保険料が高くなったり、加入できなかったりするケースがあり、ライフプランが定まっていない若い年代では真剣に保険の加入を考える人は少なく、特に生命保険は不要と考える人も多いと云われています。  しかし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保険の相談や見直しにFPがお勧めな3つの理由

 保険の加入や見直しをしたいと考えたときに誰に相談するのがよいか悩み、友人や会社の同僚、先輩といった人に相談するケースも多いのですが、相談相手が保険の知識を豊富に持っていればよいが、そうではないときにはFP(ファイナンシャルプランナー)のようなプロに相談すべきといえるでしょう。  保険の相談や見直しをFPをすすめる理由には、大きく3つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保険会社にカモられるな!保険見直しは今最後のチャンス

 『週刊ダイヤモンド』4月23日号第1特集で「保険 見直すなら最後のチャンス! 」という記事を掲載していました。 掲載されている記事の内容はマイナス金利政策の導入によって低金利に拍車がかかり、学資保険や終身保険などの貯蓄性の高い保険商品の売り止めや販売停止が相次いでおり、さらには来年4月には標準利率が引き下げられて、その後も長寿化を反…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生命保険の更新、無料相談に行ってみた(契約した)

 知人に言われるままに入った定期特約付き終身保険の保険料を毎月支払っていた著者が、 30代になって減額したもののしっかりとした見直しは先送りしていたために、アラフォーになってから生命保険の見直しを行った話しが掲載されていた。 生命保険の更新、無料相談に行ってみた(契約した) ( ZUU online 3月19日(土)18時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保険契約、6人に1人が義理で加入保険の内容をよく把握していない人

 私たちの生活に欠かせないものとなっているのが各種の保険なのですが、契約内容の見直しで保険料の削減ができるものの見直す人は少ないようであり、義理で保険の契約する人は6人に1人に達し、その内容をよく理解せずに契約する傾向もあるようです。  そして、株式会社保険見直し本舗が行った保険見直しに関する20代~30代の意識調査の結果が配信されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不要な保険加入が明らかになってもすぐの解約は得策ではない!

 生命保険の契約者の多くの人が営業マンや生保レディのいうがままに、なんとなく入ってしまった生命保険はマイホームに次ぐ人生で大きな買い物になるからこそ保険の見直が必要ではあるものの、見直しの判断にあたり『実名大公開! 入ってはいけない生命保険』(宝島社刊)の著者で国際保険総合研究所所長の三田村京氏が8点のチェックポイントを指摘する記事がN…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more