ラッキーブルーベアーの休憩室

アクセスカウンタ

zoom RSS 国内生保会社の決算出そろい首位は第一生命

<<   作成日時 : 2015/02/22 17:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今までもブログ内にて国内の生命保険会社の決算により第一生命が今回の決算にて首位になったことを紹介してきました。
 今回、国内大手生命保険会社の2014年4〜12月期の決算が出そろったのですが、それによれば売上高にあたる保険料収入において第一生命保険が日本生命保険を上回りトップとなったとの配信がありました。
配信された記事によると第一生命保険の保険料は3兆9460億円、日本生命保険の保険料が3兆6830億円という結果が出たことにより、第一生命保険は14年9月中間決算の時に戦後初めて日本生命保険を上回り、今回もそのままトップをキープすることとなったのです。
 そして、国内大手生命保険会社の残り2社については、明治安田生命保険と住友生命保険の保険料が、明治安田生命保険が2兆5666億円、住友生命保険が1兆8955億円という結果だったそうです。


国内生保会社の決算出そろう。首位は第一生命
( エコノミックニュース 2月16日(月)8時21分配信 )
 国内大手生命保険会社の2014年4〜12月期の決算が、13日に出そろう形となった。
それによれば、売上高にあたる保険料収入において、第一生命保険 が日本生命保険を上回りトップとなった。
 第一生命保険の保険料は3兆9460億円で、日本生命保険の保険料が3兆6830億円という結果であり、第一生命保険は14年9月中間決算の時に戦後初めて日本生命保険を上回ったが、今回もそのままトップをキープすることとなった。

 国内大手生命保険会社の残り2社、明治安田生命保険、住友生命保険の保険料は、明治安田生命保険が2兆5666億円、住友生命保険が1兆8955億円という結果であった。
 そして各社の保険料の前年同期比は、第一生命保険が前年同期比25.1%アップ、日本生命保険が4.5%アップ、明治安田生命保険が前年同期比7.2%ダウン、住友生命保険が前年同期比1.6%アップという結果であり、明治安田生命保険以外の3社が前年同期を上回った。
 なかでも、14年9月期中間決算に引き続きトップとなった第一生命保険は、子会社である「第一フロンティア生命」を通じて販売した外貨建ての一時払い年金が好調に推移した結果、保険料を大きく伸ばした。

 こうして国内大手生命保険会社3社が前年同期を上回ることとなった要因は、15年1月より増税された相続税に対応した生命保険の契約が増えたことだ。
 子供や孫への生前贈与資金を使った年金保険や終身保険の契約数が増加しており、税金がかからない基礎控除分(年110万円)を生前贈与し、受け取った子供や孫がそのお金で保険に加入、そして満期後、あるいは生前贈与した祖父母や父母が死亡した時に保険金を受け取ることができる。
 生前贈与資金を使った年金保険や終身保険の契約数は、日本生命保険で前年同期より3割増えて1万4000件で、ほかの3社でも同様の保険の契約数は伸びている。

 明治安田生命保険が前年同期を下回ったものの、しかし各社とも好調な決算であったと言える。
しかし保険契約を通じて契約者から預かった保険料の運用については、それぞれ苦戦を強いられている。
 主な運用先である日本国債は低金利が続いているため、各社は外国国債券の配分を増加させるなどの対応を行っている。

(編集担当:滝川幸平)
Economic News
最終更新:2月16日(月)8時21分


「もはや日本生命は相手ではない」第一生命、日生を大きく引き離し業界首位盤石か
( Business Journal 2015/2/18 06:01 文=黒羽米雄/金融ジャーナリスト )
  2月6日付読売新聞は、日本生命保険とりそなホールディングスの資本業務提携を報じた。
売上高に相当する保険料収入で、戦後初めて第一生命保険に抜かれた日本生命の巻き返し策を解説している。
その差がわずかだけに今後の競り合いが予想される一方、 第一生命関係者からは「もはや日本生命は相手ではない」との声も聞こえてくる。

 アベノミクスによる円安株高でなぎ状態にある金融業界で昨秋、耳目を集めたのが、生命保険業界の首位逆転劇だった。
4〜9月期の保険料収入は第一生命が前年同期比22%増の2兆5869億円、日本生命は4%増の2兆4682億円にとどまった。
第一生命が日本生命を上回り、半期ベースで初めて首位になった。

 逆転の原動力となったのが、金融機関を通じての保険販売(窓販)。
第一生命は外貨建ての個人年金保険を金融機関で売りまくった。メガバンク幹部が語る。
「銀行にとっては、窓販ほどボロい商売はない。高額預貯金者に、眠らせている銀行の預貯金を『保険のほうが利回りが高い』といって提案するだけ。自社ではほとんどリスクを取らずに手数料が入る」

 第一生命が窓販で約1兆円を荒稼ぎしたのに対して、日本生命は2200億円程度と差は歴然だ。
 日本生命は巻き返しのために窓販の強化を掲げており、窓販部門の分社化や他社の事業買収も視野に入れている。
 りそなへの出資もその一環で、公的資金返済後の財務安定化を狙うりそなと、窓販強化につなげたい日本生命の思惑が一致した格好だ。

 だが、読売報道で触れられていないが、実はすでにりそなに出資している第一生命は、日本生命よりも多くの株を追加で取得する可能性が高いのだ。
 第一生命はりそなの筆頭株主に躍り出るとの見方が支配的で、日本生命がりそなを通じて窓販を強化したところで、資本の論理を考えれば第一生命との差が詰まるとは考えづらい。
日本生命は業界他社の事業買収も模索しているが、窓販のテコ入れに必死なために交渉で足元を見られている状態で、追撃態勢を整えるには時間がかかりそうなのが実情だ。


日生との差は決定的になる可能性も
  加えて、第一生命は北米で買収したプロテクティブ生命の保険料収入が、4000億円規模で15年度決算から上乗せされる。
14年度通期では業界首位をめぐって両社の競り合いが予想されるものの、15年度以降は第一生命が首位の座を盤石にする可能性が高まっている。
日本生命も事業買収を検討しているが、リスクの高さから二の足を踏んでいる。

 競合他社の幹部は語る。
「第一生命にとって北米事業は賭けでもある。日本の金融機関が、最大のマーケットである北米市場で成功した事例はない。競争の厳しさに加え、一癖も二癖もある米国人の経営陣をうまく使いこなすのは至難の業。日本生命のほか、明治安田生命も北米での事業買収を検討しているが、踏み出せずにいる。第一にとっては試金石だが、軌道に乗せられれば、日生との差は決定的になる」

 第一生命はアジア、日本、北米の3極体制を打ち出し、世界展開を急拡大しており、「業績のベンチマークを、世界最大級の独アリアンツや仏アクサなどの海外企業に置いている」(アナリスト)。
株式会社形態のために相互会社が大半の日本企業と比較できないというのが名目だが、もはや海外企業へ追いつけ追い越せというのが本音だろう。

 追う立場から追われる立場になった第一生命。業界の新たな盟主を名乗る日が、はたして来るのか。

最終更新日:2015/2/18 06:01


日本生命と第一生命が「りそな」を綱引き 「安定株主化」で得をするのは...
( J-CASTニュース 2月18日(水)12時11分配信 )
  日本生命保険と第一生命保険が、りそなホールディングスを舞台に生命保険業界の首位争いを繰り広げている。
 両生保がそれぞれ、個人向け分野に強いりそなへ出資して関係を強化し、銀行窓口での保険商品販売を強化しようとしているのだ。
2014年度上期の業界首位を日本生命から奪取した第一生命が地歩を固めるのか。
戦いはますますヒートアップしている。
 第一生命は2014年9月中間決算の保険料等収入(売上高に相当)が約2.6兆円となり、日本生命(約2.5兆円)を戦後初めて抜いた。
急激な業績アップの理由は、超低金利の中、銀行窓口で販売する比較的運用利回りの高い保険商品の売り上げが急伸したことだ。


日本生命の保険商品の販売を増やせると判断
  大手生保は従来、営業職員を通じて保険商品を販売してきたが、第一生命は銀行窓口での販売を手がける子会社、第一フロンティア生命を設立し、営業職員以外の販売チャネルを強化している。
 一方、日本生命は今も大半が営業職員を通じた販売だ。この差が弱点となり、日本生命は2014年度の年間を通した保険料等収入でも業界首位の座が危うくなっている。

 そこで日本生命が目をつけたのは、個人向け分野に注力し、保険販売も強いりそなとの関係強化だった。
関係者によると、日本生命は現在、りそな株を運用のためにわずかに保有しているだけだが、りそなが持つ約800億円分の自社株のうち、数百億円分を買い取り、大株主に躍り出るという。
 「メガバンクは系列の保険会社の商品を多く販売する傾向がある」(大手行幹部)が、りそなは特定の系列色がないこともあり、出資によって関係を強化することで、日本生命の保険商品の販売を増やせると判断したとみられる。
出資後は、りそなの窓口だけで販売する貯蓄型商品などを開発し、銀行窓口販売をテコ入れする狙いだ。

第一生命はりそなへの出資比率を引き上げることを決断
 ところが、りそなはもともと第一生命との関係が深く、第一生命は今でも、りそな株2.37%を持つ大株主。
りそなの窓口で第一生命の専用商品を販売するなど、業務提携も締結している。
そこへ割り込んで来る形の日本生命を、第一生命が黙って見ているわけがなかった。
 第一生命はりそなへの出資比率を引き上げることを決断。りそな保有の自社株約800億円の過半を引き受ける方向で調整しており、「日本生命より出資比率は当然、高くなる。
りそなの筆頭株主になる可能性もある」(第一生命幹部)という。
りそなとの関係において、日本生命には一歩も譲らない構えを見せており、日本生命がりそなへの出資で銀行窓口販売を大きく伸ばし、年間首位を守れるかどうかは見通せない。

 りそなにとっては、両生保を「うまく」使うことはメリットが大きい。
今夏にも残る公的資金を完済する方針で、両生保の自社株引き受けにより、国に代わる安定株主を確保できる。
 両生保がりそな向け専用商品の開発を競うことで、顧客に魅力的な商品を提供できるメリットもある。
両生保が舞台をりそなに広げて激突する中、業界では「今回の出資で最も得をするのはりそな」(関係者)との声が出ている。

最終更新:2月18日(水)14時47分

画像

FC2 Blog Ranking
画像


拍手する


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
現在、景気の低迷もあってか生命保険の見直しを検討される方が多いようです。
せっかく見直すなら、いろいろ比べてあなたに最適な生命保険にしませんか?
自動車保険だって見直せば、驚くほど保険料が安くなることも!!
大手保険会社の自動車保険を比べて選べるから、安い自動車保険が一目でわかります!!
無料資料請求はカンタンで、右のWebサイトをクリックするだけ!
◆◆◆ 無料資料請求の手順は簡単です! ◆◆◆
(1)生命保険・自動車保険【無料】一括資料請求をご利用 
(2)簡単なあなた(自動車)の情報を入力
(3)あなたにぴったりの生命保険・お得な自動車保険を見つけられる(資料請求)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆







★★★★★★ 左側マイリンクに沖縄老舗「中村製菓」の菓子博覧会芸術部門名誉総裁賞及び那覇市長奨励賞受賞お菓子の紹介がしてありますので是非ご覧くださいね! ★★★★★★

とにかく「美味しい」のひとこと…。
お菓子の質が良い(^^) お勧めは創業以来から造り続けていると云う「光餅(クンピン)」創業って…60年だっていうから本物の琉球銘!
第二のカンバンお菓子が「首里まんじゅう」月桃の香りがたまらなく沖縄人(ウチなぁ〜ンチユ)の食欲をそそります…。
全国菓子博覧会で名誉総裁賞も受賞してるらしいからコレまたホンモノ!満足度100%!! By:クーパー (*´∀`*)


画像



ロイヤルガストロ お絵かきマカロン「動物っこW」5個入
ロイヤルガストロ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ロイヤルガストロ お絵かきマカロン「動物っこW」5個入 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



カベンディッシュ ミックスグラスジャー 966g
カベンディッシュ&ハーベイ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by カベンディッシュ ミックスグラスジャー 966g の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




ホワイトデー 送料無料お試し!神戸ワッフルセット(ショコラ)スイーツ 冬限定 ヒルナンデス【RCP】10P21Feb15※別途 北海道・沖縄+400円【消費期限:出荷日+2日】
ワッフル・ケーキの店R.L
メッセージカードのご指定方法はこちらをご覧ください ※ギフト対応について 「送料無料 お試し 神戸ワ


楽天市場 by ホワイトデー 送料無料お試し!神戸ワッフルセット(ショコラ)スイーツ 冬限定 ヒルナンデス【RCP】10P21Feb15※別途 北海道・沖縄+400円【消費期限:出荷日+2日】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FC2 Blog Ranking 携帯アフィリエイトのアクセストレードモバイル アクセストレードレビュー アクセストレードモバイルの広告主様資料請求はこちら アクセストレード 資料請求はこちら 生命保険のマンガ カービュー自動車保険一括見積     インズウェブの自動車保険一括見積りサービス
国内生保会社の決算出そろい首位は第一生命 ラッキーブルーベアーの休憩室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる