ラッキーブルーベアーの休憩室

アクセスカウンタ

zoom RSS ムダな保険で損をしないための3つの原則!

<<   作成日時 : 2016/02/21 19:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 保険会社では保険を販売すると共にその保険リスクを引き受けているのですが、その引き受けたリスクを上手に管理し、巧みにコントロールすることにより保険事業の採算をとっています。
 しかし、保険会社でも制御しきれないリスクがあり、そのようなリスクに対しては保険会社も自ら「保険」に入ることでヘッジしており、「保険の保険」になることから「再保険」とも呼ばれているのです。
 そして、保険会社は多くの場合再保険会社から保険を買い、保険会社を相手に再保険を専門に取り扱う会社のために一般消費者にはなじみがなく、保険のスペシャリストを多く抱えるいわば保険の世界ではプロ中のプロと呼ばれる会社なのです。
 再保険ビジネスのメインプレーヤーは欧米勢で、ミュンヘン再保険(独)やスイス再保険(スイス)、ロイズ保険組合(英)などがよく知られており、日本にはトーア再保険があります。
 今回、東洋経済オンラインから「ムダな保険で損をしないための3つの原則」という記事が掲載されていましたので、ご紹介してみたいと思います。


ムダな保険で損をしないための3つの原則
( 東洋経済オンライン 2月17日(水)9時0分配信 )
 保険会社は保険を販売し、その保険リスクを引き受けています。
引き受けたリスクを上手に管理し、巧みにコントロールしながら保険事業の採算をとります。
 しかし保険会社でも制御しきれないリスクがあります。
そのようなリスクは、保険会社も自ら「保険」に入ることでヘッジします。
「保険の保険」になりますので「再保険」と呼ばれています。
 保険会社は、多くの場合、再保険会社から保険を買います。
保険会社を相手に再保険を専門に取り扱う会社ですから、一般消費者にはなじみがありません。
保険のスペシャリストを多く抱える、いわば保険の世界ではプロ中のプロと呼ばれる会社です。
再保険ビジネスのメインプレーヤーは欧米勢です。
 ミュンヘン再保険(独)、スイス再保険(スイス)、ロイズ保険組合(英)などがよく知られています。日本にはトーア再保険があります。


保険会社でも管理しきれないリスクがある
 保険会社は再保険取引のための組織を設置し、専門人材を配置しています。
自社の抱える保険リスクを正確に把握し、制御できないリスクをヘッジするために再保険を買います。
コストである再保険料をできるだけ抑えながら、必要な保障をもれなくしっかりと確保することが再保険部署の仕事です。
 保険会社はどのように再保険を利用しているのでしょうか。
それを知ることで、皆さんもご自分の保険の効果的・効率的な入り方を学ぶことができます。

 保険会社のリスク引き受けを裏で支えているのが確率論です。
保険会社が保険数理の専門家(アクチュアリー)を採用しているのはそのためです。
保険リスクを数多く集めることで「大数の法則」が働き、死亡や事故の発生を確率的に予測することができます。
確率どおりに保険事故が発生している限り、安定して利益を出すことのできる仕組みが保険です。
 しかし、「大数の法則」が機能せず、保険会社でも想定できない事故が発生する場合もあります。たとえば、ロケット保険。
いくらロケット打ち上げが世界的に増えつつあっても、まだ確率論が十分に働くほど数多くはありません。同じように、巨大な自然災害も大数の法則で予測しきれないリスクです。

 このように、保険会社が得意とする確率論でもコントロールできないリスクをすべて洗い出し、再保険でヘッジしています。
再保険の手配が漏れると、実際の事故が発生し場合には大変なことになってしまいます。
巨額の損害を被ることになり、最悪の場合には保険会社が破たんしてしまうことになります。
 保険会社が引き受けできるリスクの総量は「キャパシティ(保険引受余力)」と呼ばれています。
キャパシティの小さな会社は、すぐに自社の引受限度を超えてしまいますから、保険販売を抑えて引き受けるリスクを制限せざるをえなくなります。

 キャパシティを決めるのは、主にその保険会社の財務力です。
つまり、お金持ちかどうかということです。
財務力のない保険会社は再保険に依存しながら保険の販売量を調節して、少しずつ財務力を強化しながら大きな保険会社へ成長していきます。
これが保険会社の通常の成長プロセスです。中小企業が銀行から融資を受けながら大きくなっていく過程と同じです。
 このことは裏返せば、大きな金持ちの保険会社にば再保性の必要性が低い、ということです。
日本の大手生保会社はその代表格で、ほとんど再保険していません。「金持ちには保険がいらない」という理屈は、保険会社自体にも当てはまるのです。


保険会社は必要最低限の保障を買っている
 再保険は保険会社間のプロの取引ですから、内容は多種多様で技術的にも複雑です。
ただ基本パターンはどれもシンプルで、そこにはいくつかの共通点があります。

 まず、契約期間は通常1年です。
毎年の更改期に契約内容を見直しながら、取引を長期にわたり継続するのが一般的です。
 また、リスクヘッジのための「保障」を買うことが目的ですから、一般の保険によく見られる貯蓄目的の要素はまったく見られません。
 そして、必要最低限の「再保険」をできりだけ安く買うために、免責額を最大限に取ることも共通しています。
保険会社の抱えるリスク状況は絶えず変化していますから、見直しながら必要最低限の再保険を買っています。

 再保険料は保険会社にとり大きなコストです。
いかに必要最低限の保障額に絞り込むかが再保険担当者の腕の見せ所です。
 たとえば地震の場合、引き受けている地震リスクから、自社がこうむる損害額と、契約者に支払うことのできる保険金総額を計算します。
損害額の予想が1000億円、自社で支払える保険金が200億円と計算されれば、200億円を超えて1000億円までの損害部分の保障を再保険で手当てしておきます。
200億円までが免責になります。

 ところが1000億円はあくまで想定上の数値です。現実には、それ以上の地震損害が発生する可能性もゼロではありません。
 そうした巨大災害が実際に発生してしまうと、保険金を払い切れずに破たんに追い込まれる危険性すらあります。
 それならもっと多くの保障を買っておけばよいのですが、他社との競争上、再保険に余分なコストをかける余裕はありません。
このように、損害想定額の算出は大変に難しいのです。
最近は、コンピュータの中でランダムに無数の地震を発生させ、その結果を何度もシミュレーションしながら計算精度を高めています。
再保険コストを必要最低限に抑えるための技術革新です。
 さて、プロ同士の保険取引である再保険から皆さんが学べることを、あらためて、整理してみましょう。


再保険から学べる、正しい保険の入り方

@ありえないと思われる事故も発生の可能性はゼロではない
 高度な保険数理を駆使してリスク管理を行っていても、想定できない事故は発生するものです。
それは個人の「安心・安全」を管理する場合でも同じです。
そんなことはありえない、と楽観することなく、悲観的に想像してみることも保険の場合は重要です。
そのような万一の事態にこそ、保険は必要なものなのです。


A貯金で対処しきれない場合に限り、保険は有力な手段となる
 保険会社は再保険でリスクヘッジしながら、財務力を高めてキャパシティを強化していきます。このプロセスは個人にも当てはまります。
個人のキャパシティは貯金額などで決まってきますから、貯金で対処できる範囲のリスクは、保険に入る必要がありません。
つまり、保険に入る時は「免責」を大きく取るように考えることです。
 もちろん貯金の少ない人には、保険が必要です。
しかし貯金が増えていけば、その分、保険を減らせます。
むやみに保険に入るのではなく、どこまでを貯金で対処し、何を保険でリスクヘッジするかの見極めが大切です。


B必要以上の保険に入るのはムダにすぎない
 保険会社と比べれば、個人に起こるリスクを想定することは一般的にそれほど難しいことではありません。
保険の本には、人生で起こりうる代表的なリスクが整理されています。
 判断しにくいのは「保障額」の想定です。
保障額が大きいほど安心できる、と感じるかもしれませんが、余分な保障を買うことは単なる無駄遣いです。
保険会社の再保険と同じように、いかに必要最低限に絞り込むかを考えることが大事です。
 「保障期間」の判断も大事です。
よく「生涯保障」という保険会社の宣伝文句を目にしますが、惑わされてはいけません。
必要な期間に絞って保険は入るものです。
 個人が保険に入る場合、企業が保険を利用する場合、そして保険会社が再保険を買う場合。
どれも同じ保険である以上、基本的な保険の入り方は同じです。
再保険を利用するプロの行動から、賢い保険の入り方を参考にしてみてください。

橋爪 健人
最終更新:2月19日(金)7時40分

画像

FC2 Blog Ranking
画像


拍手する


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
現在、景気の低迷もあってか生命保険の見直しを検討される方が多いようです。
せっかく見直すなら、いろいろ比べてあなたに最適な生命保険にしませんか?
自動車保険だって見直せば、驚くほど保険料が安くなることも!!
大手保険会社の自動車保険を比べて選べるから、安い自動車保険が一目でわかります!!
無料資料請求はカンタンで、右のWebサイトをクリックするだけ!
◆◆◆ 無料資料請求の手順は簡単です! ◆◆◆
(1)生命保険・自動車保険【無料】一括資料請求をご利用 
(2)簡単なあなた(自動車)の情報を入力
(3)あなたにぴったりの生命保険・お得な自動車保険を見つけられる(資料請求)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆







★★★★★★ 左側マイリンクに沖縄老舗「中村製菓」の菓子博覧会芸術部門名誉総裁賞及び那覇市長奨励賞受賞お菓子の紹介がしてありますので是非ご覧くださいね! ★★★★★★

とにかく「美味しい」のひとこと…。
お菓子の質が良い(^^) お勧めは創業以来から造り続けていると云う「光餅(クンピン)」創業って…60年だっていうから本物の琉球銘!
第二のカンバンお菓子が「首里まんじゅう」月桃の香りがたまらなく沖縄人(ウチなぁ〜ンチユ)の食欲をそそります…。
全国菓子博覧会で名誉総裁賞も受賞してるらしいからコレまたホンモノ!満足度100%!! By:クーパー (*´∀`*)


画像












冷凍 [訳あり] お試し 厳選 【 黒毛和牛 最高 A5 ランク 牝牛 限定 】 切りおとし 500g
高級黒毛和牛専門店 福寿館 はいばら 本店

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 冷凍 [訳あり] お試し 厳選 【 黒毛和牛 最高 A5 ランク 牝牛 限定 】 切りおとし 500g の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




【送料無料】天然の南マグロの訳あり切り落とし!1kgも入って2,980円はお買い得!【南マグロ】【南まぐろ】【マグロ】【まぐろ】【鮪】(税込)80149
焼津船元 まぐろ家・福坊
内 容 量 天然南まぐろ切り落とし1kg   賞味期限 配送日含め冷凍10日 保存方法 -18℃以下


楽天市場 by 【送料無料】天然の南マグロの訳あり切り落とし!1kgも入って2,980円はお買い得!【南マグロ】【南まぐろ】【マグロ】【まぐろ】【鮪】(税込)80149 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




【スモークサーモン切り落とし500g】業務用:たっぷり500g!訳あり・切り落としだからお買い得♪
ハクダイ食品グルメ村
■商品内容■ ■トラウトサーモンで作りました! ■切り落としだからお買い得♪ ■内容量  500g


楽天市場 by 【スモークサーモン切り落とし500g】業務用:たっぷり500g!訳あり・切り落としだからお買い得♪ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FC2 Blog Ranking 携帯アフィリエイトのアクセストレードモバイル アクセストレードレビュー アクセストレードモバイルの広告主様資料請求はこちら アクセストレード 資料請求はこちら 生命保険のマンガ カービュー自動車保険一括見積     インズウェブの自動車保険一括見積りサービス
ムダな保険で損をしないための3つの原則! ラッキーブルーベアーの休憩室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる