アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「終身保険」のブログ記事

みんなの「終身保険」ブログ

タイトル 日 時
明治安田と富国生命が個人保険で増配方針
明治安田と富国生命が個人保険で増配方針  明治安田生命保険では2年ぶり、富国生命保険では5年連続で個人保険の契約者配当を増やす方針を固めたことが報道機関より配信されました。  この増配については来年春、死亡率を見直す生命表の改定を控えていることから長寿化の恩恵で新規に加入する人の死亡保険料は下がる見込みであり、既に契約している人向けには1年前倒しで利益を還元することになるようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/16 21:43
生保が外貨建てに活路のなか住友生命も参入し元本保証の商品も
生保が外貨建てに活路のなか住友生命も参入し元本保証の商品も  国債利回りの低迷により魅力的な円建て商品を提供することが難しくなり、より高い利回りが見込める外貨建てに活路を求めて大手生命保険が外貨建て保険の販売に力を入れていることが配信されていました。  住友生命保険では月内に最長10年間払い込んだ保険料の元本を保証する外貨建て保険の取り扱いを始め、契約時に保険料をまとめて支払う「一時払い終身保険」で米ドルと豪ドルの2種類を取り扱うことも配信されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/09 17:02
生保が長寿化受け11年ぶりに来春にも10年定期で5〜10% 死亡保険料下げ
生保が長寿化受け11年ぶりに来春にも10年定期で5〜10% 死亡保険料下げ  生命保険各社が平均寿命の延びを映し、「標準死亡率」を算定団体が2018年4月に11年ぶりに下げるなど死亡保障など主力商品の保険料を全面改定する見通しであることが報道機関より配信されました。  各社では10年定期の死亡保険料を5〜10%程度下がる見込みであり、これを参考に保険料を決め、利益を契約者に還元するようなのですが、逆に長生きがコスト増要因となる医療保険については一部値上げの可能性もあることが配信されていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/02 21:52
金利政策影響により貯蓄型保険4月一斉値上げで駆け込み増加
金利政策影響により貯蓄型保険4月一斉値上げで駆け込み増加  日本銀行のマイナス金利政策により保険会社の運用が悪化したために約束通りの利回りの達成が難しくなり、貯蓄型の終身保険や学資保険などの保険料が4月に一斉に値上げされることになりました。  貯蓄の一環で加入する人が多く、値上げを前に「駆け込み」の申し込みも目立っており、 都内の保険代理店「保険クリニック文京本郷店」では3月の相談予約が例年の2倍に達しているそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/19 21:42
生命保険が終身や個人年金の保険料続々上げ
生命保険が終身や個人年金の保険料続々上げ  低金利下により保険料の運用が難しくなっているために、4月から新たに契約する生命保険の保険料が相次いで上がっていることが報道機関より配信された。  4月から保険料が上がることになっているのが終身保険や個人年金などで、長生きに備える保険の上げ幅が大きくなっており、生保業界全体で年100万〜200万件以上の新規契約がある主力商品であることから負担増を控え、保険ショップなどでは駆け込みで契約する人も増えていることが配信されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/05 14:53
支払い総額が保険金額を上回る例も低金利で保険料が大幅UP
支払い総額が保険金額を上回る例も低金利で保険料が大幅UP  日本銀行によるマイナス金利政策の導入などにより長引く長期金利の低下を反映して、今年4月から標準利率が大幅に引き下げられることにより、貯蓄性の高い終身保険や学資保険、年金保険などを中心に保険料の大幅値上げとなるのですが、そこには各社各様の販売戦略が透けて見えてくるため低金利で保険料が大幅UPし、支払い総額が保険金額を上回る例もある記事が配信されていましたのでご紹介をしてみたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/19 18:04
入りすぎで苦しむ保険貧乏からの脱出法は 養老保険・終身保険・変額保険に要注意
入りすぎで苦しむ保険貧乏からの脱出法は 養老保険・終身保険・変額保険に要注意  最近、保険相談室に来る相談者に「保険貧乏なんです」と保険料負担の重さに悩む複数のお客が多い傾向にあることが東洋経済 ONLINEに掲載されていました。  かつては保険会社の営業担当者と懇意にしている主婦が、世帯主が加入すべき保険を検討することをきっかけに徐々に契約数を増やしているケースが目立っていたのですが、最近では配偶者や子供も含めた家族全員まで保障範囲を拡大し、「掛け捨て」を嫌って満期金などがある保険を多用することでいつのまにか保険料がかさんでしまうパターンが多くなっており、「営業担当者... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/12 18:22
生保が運用難で年金・終身保険料上げにより脱「横並び」転機にも
生保が運用難で年金・終身保険料上げにより脱「横並び」転機にも  生保が運用難で年金・終身保険料上げにより脱「横並び」転機にも 日銀の大規模な金融緩和により低金利環境が続く中で、運用難になっているために日本生命保険では貯蓄性が高く、毎月保険料を支払うタイプの終身保険や個人年金保険、学資保険などの保険料を4月以降の新たな契約から約2〜30%値上げすると発表したことが配信されました。  これにより、他の生保各社も追随して今後値上げに踏み切る方針であることも各報道機関より配信をされていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/05 20:34
市況反転も再開に不安から貯蓄保険の販売停止
市況反転も再開に不安から貯蓄保険の販売停止  日銀によるマイナス金利政策の導入で低金利が加速した日本の金融市場ですが、生命保険会社も保険販売や資産運用でダブルパンチを受けました。  中でも各社の業績に貢献してきた貯蓄型保険については販売抑制に追い込まれる動きが相次ぎ、一部生保は販売を再開したものの本格的な再開となると道はまだ遠くなっており、発端となった2月のマイナス金利政策により貯蓄型保険の販売停止ラッシュ―となったのです。  そして、日銀によるマイナス金利政策の導入以降は、10年の長期金利がマイナス圏に突入するなど低金利が進み、これ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/11 19:53
トランプ氏勝利による金利上昇で保険会社が商品の販売再開
トランプ氏勝利による金利上昇で保険会社が商品の販売再開  アメリカ大統領選挙でトランプ氏が勝利してから長期金利が上昇しているために、大手生命保険会社の第一生命ホールディングスが金利の低下を理由に停止していた一部の保険商品の販売を来月から第一生命ホールディングスの子会社が銀行の窓口などで再開することを報道機関より配信しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/23 17:18
外貨建てで9%超も手数料や保険選びの参考に
外貨建てで9%超も手数料や保険選びの参考に  先日の日本経済新聞から生命保険における保険契約をめぐる手数料やコストについてコストのかさむ保険商品に鋭くメスを入れる記事が掲載されていましたのでご紹介をしてみたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/06 18:12
保険の無料相談所で“いいカモ”になるケース
保険の無料相談所で“いいカモ”になるケース  今までブログ内で保険ショップの色々な問題点について紹介をしてきましたが、今回は無料相談による世にまかり通る保険の常識の数々や無料相談による思わぬ落とし穴について保険のプロたちがPRESIDENT誌の信じてはいけない「保険の常識」に掲載されていた『保険の無料相談所で“いいカモ”になるケース』の記事について紹介をしてみたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/07 16:03
マイナス金利の影響で貯蓄性の高い保険の販売停止相次ぐ
マイナス金利の影響で貯蓄性の高い保険の販売停止相次ぐ  日銀のマイナス金利導入の影響により銀行預金や住宅ローン金利のみならず、生命保険商品にも広がっており、生命保険各社は契約者から預かった保険料を主に国債で運用しているのですがマイナス金利によって国債の利回りが低下し、契約者に約束した運用利回り(予定利率)の確保が難しくなったためにマイナス金利導入直後から契約者が一括で保険料を払い込む一時払いの終身保険や個人年金保険といった貯蓄性の高い保険商品の販売を停止する生保会社が相次でいるのですが、販売停止に踏み切った第一生命の子会社や第一フロンティア生命をは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/18 11:04
太陽生命がマイナス金利で運用難のため貯蓄性商品の販売停止!
太陽生命がマイナス金利で運用難のため貯蓄性商品の販売停止!  日銀のマイナス金利政策の影響により資産運用の中心に据える日本国債の利回りが大幅に低下し、契約者に約束する利回り(予定利率)の確保が困難になっているために各保険会社では貯蓄性保険商品の販売を停止しています。  太陽生命保険においても7月1日から営業職員が販売している貯蓄性の高い保険商品である一時払い終身保険の販売を停止することが配信されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/19 14:07
かんぽ生命が保険料見直しで 終身保険では10%超の値上げも
かんぽ生命が保険料見直しで 終身保険では10%超の値上げも  日本銀行のマイナス金利政策により、市場金利が低下し運用が厳しくなっていることから保険料を上げて対応すると共に掛け捨ての定期保険は値下げし、既存契約の保険料は据え置きとすることが報道機関より配信されていますが、かんぽ生命保険が8月2日より全保険商品の保険料を見直すと発表し、改定により養老保険や終身保険、学資保険の現役世代の保険料が引き上げることを配信しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/12 20:25
明治安田・富国生命がマイナス金利影響により貯蓄性商品で販売停止!
明治安田・富国生命がマイナス金利影響により貯蓄性商品で販売停止!  日銀によるマイナス金利政策の導入により市場金利が大幅に下がったために、契約者に約束した利回り(予定利率)の資産運用確保が難しくなり、生命保険各社の間で保険料の引き上げや一部商品の販売を停止する動きが広がっています。  マイナス金利の影響により市場金利が大幅に下がったため、明治安田生命保険と富国生命保険でも貯蓄性の高い一部商品の販売を7月から停止することが報道機関より配信されましたが、第一生命保険でも一時払い終身保険の保険料を5月に引き上げたことを明らかにしていることも発表されています。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/12 19:59
あんしん生命が5月から一時払い終身保険の販売中止
あんしん生命が5月から一時払い終身保険の販売中止  日銀のマイナス金利政策で国債利回りが低下し、契約者から預かった保険料の運用が難しくなったことから生保各社から一時払い終身の発売が中止となっています。  東京海上日動あんしん生命保険でもついに一時払い終身保険の販売を5月2日からやめると発表したことが配信されました。  あんしん生命の生命保険商品は主に親会社である東京海上日動火災保険の代理店が取り扱っており、契約者に約束する利回り(予定利率)は年0.50%に設定し、昨年4〜12月の販売件数は915件あったそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/10 16:11
日生と明治安田がマイナス金利で運用困難となり終身保険の一部販売停止
日生と明治安田がマイナス金利で運用困難となり終身保険の一部販売停止  日銀のマイナス金利政策で高い利回りでの運用が困難になったため、日本生命保険と明治安田生命保険が4月から貯蓄性の高い一時払い終身保険の一部販売を見合わせることになったとの配信がありました。  日本生命では4月1日から銀行窓口で契約時に一括して保険料を積み立てる円建て一時払い終身保険の販売を休止したのですが、今後市場金利が上昇すれば販売再開を検討することになっており、営業職員による販売や外貨建て商品の販売は続けることとなっています。  そして、明治安田生命でも4月2日から予定利率の高い一時払い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/27 14:36
ホントにお得 気を付けたい「金利がいい保険商品」の落とし
ホントにお得 気を付けたい「金利がいい保険商品」の落とし  生命保険の中で最近人気なのが、「一時払い終身保険」なのですが、この保険の保険料は契約のときに一括で払い、死亡した際に払い込んだ金額を上回る保険金が支払われる「貯蓄型」と呼ばれる生命保険なのです。 そのために退職金の運用先として注目されており、生命保険各社でも多彩な商品を取りそろえているのです。  例えば、「ある商品では60歳の女性が1千万円の保険料を一時払いすると死亡時に受け取れる死亡保険金は1千273万円になります」(経済紙記者調べ)で、普通の預金ではすずめの涙ほどの金利しかつかない今、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/21 16:14
日本生命が“超高齢化社会”対応の新保険を販売
日本生命が“超高齢化社会”対応の新保険を販売  日本生命保険が4月から長寿社会に対応した終身年金保険を発売することを報道機関より配信をしたのですが、新保険では“超高齢化社会”に対応して死亡時に支払っていた死亡保険金の支給額をこれまでより抑える 一方で、生きている間に支払う年金の支給額を手厚くするそうです。  これは、少子高齢化により公的年金の給付水準の低下が見込まれることから国の社会保障制度への不安が広がる中で、長寿社会を支える切り札として顧客のニーズを取り込みたい考えから販売されることになったようです。  そして、今回の新しい商品で加... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/21 15:41
日本生命保険が4月から終身保険料の値上げと「一時払い終身保険」の予定利を率引き下げ
日本生命保険が4月から終身保険料の値上げと「一時払い終身保険」の予定利を率引き下げ  日銀のマイナス金利政策の導入により大幅に金利が低下し、十分な運用益の確保が困難になっているために日本生命保険は昨年7月以来9カ月ぶりに貯蓄性が高い一時払い終身保険の保険料を4月から平均7%値上げすると発表されました。  また、日本生命保険は契約時に保険料を一括で支払う「一時払い終身保険」の利回りを0.75%から0.50%に引き下げることも発表されました。  これは日本銀行が導入したマイナス金利政策の影響により契約者から集めた保険料の運用が難しくなっているために4月1日の契約分から引き下げる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/13 17:38
生保各社がマイナス金利による運用難で相次ぐ一時払い保険を値上げ
生保各社がマイナス金利による運用難で相次ぐ一時払い保険を値上げ  日銀のマイナス金利政策の影響により長期国債の利回りが大幅に低下し、安定した運用が難しくなっているために生命保険各社では貯蓄性の高い「一時払い終身保険」の保険料を相次いで引き上げていることが配信されています。  一時払い終身保険は日本生命保険でも契約時に保険料をまとめて払い、相続対策として人気が高く、契約者に対して約束している予定利率を4月1日の契約分から現行の0.75%から0.50%に引き下げることとしていることも発表されていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/13 16:49
一時払い終身が好調により生保契約額が19年ぶり増加
一時払い終身が好調により生保契約額が19年ぶり増加  日銀がマイナス金利政策の導入を決めてから1カ月が経過し、家計への影響が一段と広がっているのですが、三井住友銀行とりそな銀行では定期預金の金利を3月1日から年0.01%に引き下げることを発表し、大手銀行においても最低水準に下げた三菱東京UFJ銀行に追随する動きを見せています。  そして、金利の大幅低下を背景に大手生命保険会社にも保険料を値上げする動きが相次いでおり、住友生命保険においても資産運用目的で人気の一時払い終身保険について3月から一部商品の保険料値上げに踏み切ったことが配信されました。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/06 14:13
明治安田生命が一時払い終身の予定利率引き下げ
明治安田生命が一時払い終身の予定利率引き下げ  明治安田生命保険が貯蓄性の高い一時払い終身保険の予定利率を3月以降から、0.85%から0.75%に引き下げることを発表しました。  これは、金利低下により運用収益が悪化するために、一時払い終身保険では契約者から預かった保険料を国債などで運用しており、国債の金利が低下し、事前に契約者に約束する利回りを下げざるを得なくなったようです。  今後も保険業界で商品の販売停止や保険料値上げの動きが広がる可能性があり、マイナス金利の影響が企業や家計に幅広く広がっていいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/23 23:30
生保各社が運用難で終身保険の一部販売を停止!
生保各社が運用難で終身保険の一部販売を停止!  日本経済は1990年代のバブル崩壊後、長きにわたって経済が低迷しており、今なお成長の軌道を取り戻すことができずにいます。  そんな中で、日本銀行がマイナス金利政策を導入した影響により生命保険の一部商品が販売停止となっており、これには生命保険会社が契約者から集めた保険料の多くを国債で運用しているために長期金利が過去最低水準となり、十分な運用益を確保しづらくなったためなのです。  そして、「非常に厳しい環境が当面は続くだろう」と生命保険協会の筒井義信会長(日本生命保険社長)が記者会見において厳... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/21 20:25
明治安田生命が金利低下で運用難から一時払い商品の販売抑制強化
明治安田生命が金利低下で運用難から一時払い商品の販売抑制強化  明治安田生命保険が日銀のマイナス金利政策に伴う長期金利の低下により資金運用がより困難になってしまったことを受けて、一時払い保険商品の販売抑制を強化する方針を明らかにしたことが配信されました。 これにより、今後販売する商品については保険料の引き上げも検討しており、同様の動きが生保業界に広がりそうな動きをみせているようです。  明治安田生命は長期金利が低い水準で推移していたことから銀行窓口で販売する一時払い商品の取り扱いを2015年度は抑えてきており、相続対策として人気の高い一時払い終身保険に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/14 20:59
終身保険加入が必要な人と入るべきでない
終身保険加入が必要な人と入るべきでない  現在、インターネット保険など保険料の安い掛け捨てタイプの生命保険商品が沢山あるのですが、その一つに終身タイプの生命保険があり、加入を勧めたり活用を促進したりする前向きな意見もあれば「入らないほうがいいよ」とアドバイスする後ろ向きな意見も見受けられるようです。  そして、結局のところ置かれた環境や目的によって終身保険を活用することを検討したほうがよいケースもあればそうではない場合もあり、今回ZUU onlineでは終身保険の主な特徴をまとめるとともにどういった人が終身保険に向いているのかや逆に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/07 15:59
「保険らしい保険」の定義
「保険らしい保険」の定義  保険コンサルタント後田亨一氏が生涯の死亡保障がある「終身保険」について保険会社で商品設計等に関わっている人とさまざまな保険について意見交換する中で聞いた感想について日本経済新聞より配信されていましたのでご紹介してみたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/11 11:22
三井住友信託銀が投資性強い外貨建て変額終身保険を販売!
三井住友信託銀が投資性強い外貨建て変額終身保険を販売!  三井住友信託銀行が店舗窓口で扱う一時払い保険商品の販売拡大のために、保険会社と共同開発した投資性の強い外貨建て変額終身保険の販売に乗り出すことが報道機関から配信されました。  今回の変額終身保険の販売については、1月からの相続税増税を契機に保険を使った資産の承継に関心が高まっていることや投資人気が高まっていることに対応したもので、販売するのは「ラップギフト」と呼ばれる豪ドル、米ドル建ての変額終身保険で三井住友海上プライマリーと開発され、加入額は200万円からで、資産家や退職金などを活用したい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/18 15:16
一時払い終身保険で節税 利回り次第で解約も手
一時払い終身保険で節税 利回り次第で解約も手  相続税の増税をきっかけに「一時払い終身保険」で節税を図る高齢者が増えているのですが、税制上死亡保険金は法定相続人1人当たり500万円まで課税されないために定期預金などと比べると利回りがやや高い金融商品として契約する人がいるのだといわれています。  しかし、半面で早い時期に解約すると元本割れするリスクもあることから相続節税の仕組みや商品を比較するうえでのポイントを頭に入れておく必要がある保険商品であるともいわれています。  そんな一時払い終身保険について日本経済新聞から解説しする記事が掲載さ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/12 13:55
それでも生命保険を外貨建てにしますか?
それでも生命保険を外貨建てにしますか?  日本人は生命保険好きといわれ、保険に加入している人でもほんとうに生命保険のことをすべて理解して加入している人は少ないともいわれています。  そして、ただでさえ理解できない生命保険なのにさらにややこしい外貨建てに加入する契約者により金融機関は二重三重に儲け、加入者がリスクをかぶる状況になっています。   そこで、経済ジャーナリスト荻原博子氏がプレジデント誌に金融機関にだまされてそんな事態に陥らないようにと常識を180度変えるための記事を掲載していましたのでご紹介してみたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/04 14:29
メットライフ生命「サニーガーデンEX」をコンサルタント社員・代理店を通じて販売開始
メットライフ生命「サニーガーデンEX」をコンサルタント社員・代理店を通じて販売開始  メットライフ生命保険株式会社が8月13日に自社のホームぺージにおいて、9月1日から積立利率変動型一時払終身保険「サニーガーデンEX」をコンサルタント社員および代理店を通じて販売すると発表したことが保険市場に掲載されていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/23 13:01
第一生命系が第1弾として保険ショップに専用の割安保険
第一生命系が第1弾として保険ショップに専用の割安保険  第一生命保険子会社のネオファースト生命保険が、保険ショップなどで販売する専用商品の第1弾としてたばこを吸っていないことを条件に保険料を割り引く保険商品を8月中旬から銀行窓口も含めて全国の1千店舗以上で取り扱い販売を行うのですが、保険料は業界で最も安い水準としており早期の10万件獲得をめざすとの配信がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/12 17:01
生保大手各社が運用難で一時払い終身保険の値上げ相次ぐ
生保大手各社が運用難で一時払い終身保険の値上げ相次ぐ  生命保険の大手各社において一時払い終身保険の保険料を相次いで引き上げているのですが、明治安田生命保険でも7月2日の契約分から約2年ぶりに値上げに踏み切ると発表したことが配信されました。  配信された記事では、日本生命保険は7月1日の契約分から今年3度目の引き上げを行い、第一生命保険では6月1日の契約分から値上げしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/21 16:54
日本生命が今年3回目7月から一時払い終身保険を値上げ
日本生命が今年3回目7月から一時払い終身保険を値上げ  第一生命保険が4月から3カ月連続で保険料の値上げをしており、6月からは運用利回りを0.75%に引き下げています。  この様な動きの中で、7月からの保険料値上げについて保険各社が明らかにしていまでんでしたが、日本生命保険が貯蓄性の高い一時払い終身保険の保険料を7月に1〜5%程度値上げすると発表したことが配信さえました。  日本生命の値上げは2月と4月に続いて今年3回目となり、今回の値上げで50歳の男性が死亡時に500万円受け取れる保険に加入した場合、支払総額は11万9450円アップして437... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/14 18:28
日本生命が豪ドル、ユーロ建ての一時払い終身を7月発売
日本生命が豪ドル、ユーロ建ての一時払い終身を7月発売  日本生命保険が豪ドル、ユーロ建ての一時払い終身保険の販売を7月から始めることを発表したのですが、販売については提携する銀行の窓口経由で米ドルのみの展開だった一時払い終身保険のほかに豪ドル、ユーロ建ての一時払い終身保険を販売するようです。  そして、今回の販売を機に外貨建てを円建てに並ぶ主力商品に位置づけ、豪ドル建ての一時払い保険は利回りを高くし、第一生命保険が昨年販売を大きく伸ばした経緯があることから最大手の日本生命も取り扱いを従来2倍となる約100の金融機関を予定して準備を進めているそうで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/31 20:37
「お宝」は手放すな解約は代理店の思うつぼ
「お宝」は手放すな解約は代理店の思うつぼ  PRESIDENT誌に新入社員のときに生保レディに勧められるがままに加入し、結婚したら代理店の言うとおりに保険を増やし、内容もよく把握していない契約者の皆さんが何気なく保険の見直しをしてしまうと大損するかもしれないという特集記事において、今回は終身保険について採り上げていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/17 22:20
大手生保など低金利により運用難となり一時払い終身保険料4〜7%上げ検討!
大手生保など低金利により運用難となり一時払い終身保険料4〜7%上げ検討!  日本経済新聞から生命保険各社は貯蓄性の保険として人気がある一時払い終身保険の保険料を上げる検討に入ったことが配信されていました。  配信された記事によると日銀が国債を大量に買い入れて国債の利回りが急低下したために、十分な運用利回りを確保するのが難しくなり、今夏にも保険料を4〜7%上げる案が有力となったそうです。 そして、超低金利の副作用が販売停止の相次いだ一時払い年金保険など周辺商品から、主力の終身保険にも及んできたそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/05 18:04
日本生命が低金利の長期化により4月から一時払い終身を再値上げ!
日本生命が低金利の長期化により4月から一時払い終身を再値上げ!  日銀の大規模な金融緩和により低金利が長期化となり、生保各社は運用リターンの確保に頭を悩ませています。  この様な中で2月に値上げをしたばかりの日本生命保険が、一時払い終身保険の保険料を4月1日から引き上げると発表したことが配信されました。  日本生命では今回の再値上げについて「依然として低金利が継続している金利動向を踏まえて予定利率を引き下げることにした」と説明し、営業職員チャネルで販売している一時払い終身保険の予定利率を現行の0.95%から0.85%に引き下げ、その結果50歳男性で保険金... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/08 19:43
長期金利低下で保険料引き上げ 住宅ローンは低下暮らしへの影響も
長期金利低下で保険料引き上げ 住宅ローンは低下暮らしへの影響も  長期金利の低下が進む中で、その影響が住宅ローン金利のみならず保険商品にも及んできており、生命保険会社が主な運用先としてきた20から30年といった超長期の日本国債の利回りが低下しているためで、日本生命保険は2月から一部商品の保険料の引き上げに踏み切るとの配信がありました。  配信された記事では、国債に投資し続けると運用利回りが契約者に約束した利回りを下回る「逆ざや」に陥る懸念があるために各社は運用先の見直しに加えて、値上げ追随の可能性も出てきたため、日本生命が保険料を引き上げるのは一時払い終身... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/18 16:51
日本生命が追加緩和が運用難に拍車となり一時払い終身の利率引き下げ
日本生命が追加緩和が運用難に拍車となり一時払い終身の利率引き下げ  日本生命保が一時払い終身保険の保険料を値上げすることを発表したとのが配信されたことをブログにて紹介をさせて頂いたのですが、日本生命保険より一時払い終身保険の予定利率を2月から引き下げると発表したことも配信されていました。  今回の一時払い終身の利率引き下げは長期金利の低下が続くなかで生保各社の運用はリターンの確保に苦戦することになるのですが、保険の引き受けについても日銀による追加緩和の影響が出てきていることも配信記事の中で原因の一因であることが書かれていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/12 14:42
日本生命が2月から低金利により一時払い終身保険の保険料を値上げ
日本生命が2月から低金利により一時払い終身保険の保険料を値上げ  日本生命保が一時払い終身保険の保険料を値上げすることを発表したとのが配信されたのですが、これは日銀の大規模金融緩和などに伴う超低金利により運用利回りの確保が難しくなったためであり、値上げは2013年4月以来約2年ぶりで、低金利による運用難は生保業界に共通しており他社が追随する可能性もあることが各報道機関より配信がされていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/12 14:27
終身保険や終身医療保険は1歳でも早く加入する 晩婚者の生命保険活用法
終身保険や終身医療保険は1歳でも早く加入する 晩婚者の生命保険活用法  マイナビニュースでは『晩婚者のためのマネー術』で、"晩婚化時代"に応じる形で晩婚の方々を対象にした"マネー術"として終身保険や終身医療保険に加入する際の注意点を紹介しています。  平成25年度簡易生命表によると日本人の平均寿命は男性が80.21歳、女性が86.61歳なのですが、データの結果を長寿の違う視点でみると90歳の生存確率は男性が23.09%、女性は約47.25%となっているそうです。  この結果から男性の4人に1人、女性の2人に1人が90歳を超えて長生きしていることを意味し、長生き... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/18 16:53
定期保険か終身保険かは保険料と保障内容、バランスが重要で負担抑える合わせ技も
定期保険か終身保険かは保険料と保障内容、バランスが重要で負担抑える合わせ技も  9月27日付の日本経済新聞に掲載されていた保険特集の記事では、定期保険か終身保険かは保険料や保障内容などのバランスが重要で負担抑える合わせ技も重要であるとの記事を掲載していましたので、掲載をしてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/13 14:15
定期保険や養老保険などの生命保険を4つの不安で使い分け
定期保険や養老保険などの生命保険を4つの不安で使い分け  定期保険や終身保険、養老保険などの生命保険に入りたいと思っても種類が多くて迷う人も多いのですが、いざとなると営業職員や保険ショップのすすめるままに加入してしまい肝心の商品性はよく分からないという事態は避けたいことから、専門家の話を聞く前に基本的な知識をおさえておこうという記事の掲載がありましたのでご紹介をしたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/11 19:50
東京海上日動あんしん生命が新型終身保険「長生き支援終身」を改定
東京海上日動あんしん生命が新型終身保険「長生き支援終身」を改定  東京海上日動あんしん生命保険が5月20日より「長生き支援終身」(正式名称:低解約返戻金型終身介護保険)の改定を実施することを発表しました。  今回の改定は「長生き支援終身」が顧客に安心して長生きしてもらうことをコンセプトに2010年11月に発売されていたのですが、死亡・高度障害・介護の際の保障に加えて所定の年齢まで保険金を受け取らずに存命の場合に健康祝金を支払う新型終身保険として発売以来多くの顧客から好評を得ていることから、今回の改定では同商品の特長である健康祝金および介護保障のバリエーショ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/03 20:37
アクサダイレクト生命が「カチッと終身保険」を発売!
アクサダイレクト生命が「カチッと終身保険」を発売!  アクサダイレクト生命が10月16日から、低解約返戻金型終身保険「カチッと終身保険」を発売することとなったのですが、低解約返戻金型終身保険はインターネット販売チャネルにおける導入例はまだ少なく、同社では今回の発売によってインターネット上で選択できる保障の幅が広がり顧客利便性の向上に資することを目指そうとしているとの配信がありました。  配信された記事によると低解約返戻金型終身保険「カチッと終身保険」は、シンプルかつ充実した保障内容と手ごろな保険料というアクサダイレクト生命の商品コンセプトはその... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/09/29 17:08
住友生命が金融機関向け一時払い終身を発売
住友生命が金融機関向け一時払い終身を発売  先週17日の保険毎日新聞に住友生命が10月1日から、死亡保障機能と資産形成機能をバランスよく備えた一時払い終身保険「ふるはーとWステップ」(予定利率変動型5年ごと利差配当付逓増終身保険〈一時払い〉)と契約当初から一時払い保険料を上回る死亡保障のある一時払い終身保険「ふるはーとSアドバンス」(予定利率変動型5年ごと利差配当付終身保険〈一時払い〉)を提携金融機関から発売するとの掲載記事をしていましたが、両商品ともに契約日から20年後、以降20年ごとに予定利率を見直す仕組みを導入することで将来の金利... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/23 20:15
住友生命が終身保険「バリューケア」を発売!
住友生命が終身保険「バリューケア」を発売!  住友生命は9月25日から、一生涯の介護保障(ケア)機能とキャッシュバリューを併せ持つ終身保険「バリューケア」を発売したことを配信したのですが、住友生命では高齢化の進展を踏まえて2011年4月から老後の介護保障を提供する商品として「Wステージ(5年ごと利差配当付新終身保険)」を販売しているのですが、今回「バリューケア」の発売により幅広い顧客に老後の介護保障を提供しすると共に「バリューケア」の加入者などを対象に介護の専門家による電話・訪問を無料で受けられる専用付帯サービス「スミセイ ケア・アドバイ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/05 19:12
富国生命が「自由に内容を決められる」保険
富国生命が「自由に内容を決められる」保険  生命保険業界では、必要な保障だけをニーズに合わせて組み合わせる商品が主流になりつつあるのですが、富国生命保険が4月から新たに発売した「未来のとびら」では「ちょうどいい安心を、あなた自身で作れる保険」をキャッチフレーズに必ず加入しなければならない主契約をなくしたうえで、必要な保障を特約の形で自由に組み合わせることができるのが特徴になっていることが配信されていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/05/02 21:12
AIG富士生命が引受基準緩和型・無選択型の終身保険を販売開始
 AIG富士生命保険株式会社が、これまで健康上の理由で保険の加入をあきらめていた人にも死亡保障を提供することを目的とした終身保険2商品を開発し、2013年4月2日より「『告知が少ないE−終身』引受基準緩和型終身保険(低解約返戻金型)(2012)」および「無選択型終身保険(低解約返戻金型)(2012)」の販売を開始したことが配信されました。  配信された記事によるとこれらの商品を発売することで、すでに販売をしている「『E−終身』低解約返戻金型終身保険(無配当)」と合わせて顧客の健康状態にきめ細や... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/03 13:50
終身保険が一斉値上げで「今が最後のチャンス」は本当か?
 「4月から保険料が値上げされるから、終身保険に入るなら今が最後のチャンスですよ」と2012年の夏以降にこんな保険のセールスを受けた人が多いかったのではないかと言われているのですが、実は長期金利の低下によっては13年4月から生命保険の予定利率が引き下げられる可能性があるのです。  保険で云われている予定利率とは保険料を決める要素の1つで、保険会社が積立金の運用利回りをあらかじめ約束するもので、一般的な保険では保険期間中ずっと同じ予定利率が適用されており予定利率が高いほど保険料は安くなるのです。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/31 14:34
定期特約付終身保険が“終身”の名で一生保障続くとの誤解も!
 6日付のNEWS ポストセブンに「定期特約付終身保険 “終身”の名で一生保障続くとの誤解も」という題で、いまでこそ外資系や損保系、通販系、ネット系など新規参入の事業者が増えたのですが、かつての生保業界では日本生命や第一生命など大手国内生保がほぼ独占しており、その主力商品が40〜60代に特に契約者の割合が多い「定期特約つき終身保険」が個人保険契約高の約25%を占めているのですが、実はこの種の保険が曲者で、多くの契約者はその「終身」というネーミングのせいで大事な保障が一生涯続くものと誤解していると... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/09 16:11
生保・銀行 窓販に転機 一時払い終身保険好調も販売抑制!
 2月21日付のSankei Bizに銀行窓口での保険販売が転機を迎えており、欧州危機などに伴う円高や株価下落を受けて投資信託の販売減が続く一方で、銀行の定期預金よりも高い利回りの「一時払い終身保険」に人気が集中し、銀行窓販の“主役”に躍り出たとの記事が掲載されていました。 この件について掲載されていた記事の内容は下記の通りでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/08 22:20
あなたは「自分の保険」を知らない! 生命保険を使い倒す!
 1月5日付の東洋経済オンラインに「あなたは「自分の保険」を知らない! 生命保険を使い倒す」という題材で、かつて生命保険のメイン商品といえば「定期付終身保険」(定期保険特約付終身保険)という終身保険を主契約にして一定期間の死亡保障特約が付いた保険について書かれていました。  書かれていた内容は、終身保険に加えてさらに医療やがん治療などの特約を付けるケースもあるのですが、内容は複雑化してわかりづらく、一定期間(たとえば10年間)後の更新時期に生命保険会社の営業職員から保障内容を知らされて、どんな... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2012/01/09 22:41
一時終身の販売で明暗となり生保3社が4〜6月期増収!
 7月に配信された記事では、大手生命保険会社の総代会で日本生命保険など4社が株式会社の資本金にあたる基金を計2700億円積み増すことを決め、2012年3月期から財務の健全性を示すソルベンシーマージン(支払い余力)比率に新しい基準が導入されることに加え、将来的に導入が予想される時価会計に備えて財務体質改善を行うとのことでしたが、今月になって配信された生保3社の4月〜6月期の決算が一次終身の販売により増収になったとの配信がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/28 01:09
銀行窓販で「一時払い終身」が人気好調!
 昨年11月に、生命保険協会の渡辺光一郎会長(第一生命保険社長)が会見において、銀行窓口での保険商品販売の規制見直しについて「今の段階で、積極的に緩和や廃止などの見直しが必要だという認識はない」と述べ、保険商品の銀行窓販は2007年12月に全面解禁されてから、銀行が圧力をかけて販売することを防止するために融資先の中小企業の従業員には販売できないなどの規制があり、当初「おおむね3年後に見直す」としていた時期が近づいていることについて、渡辺会長が「契約者保護のルールであり、アンケート調査などを十分分... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/27 23:11
第一フロンティア生命がみずほ信託銀行で一般勘定移行型変額終身保険「プレミアライフM」を販売
 第一生命グループの第一フロンティア生命保険が昨年8月に、米ドル建ての積立利率変動型個人年金保険「ねんきんシンフォニー」をみずほ銀行で発売することを発表し、3、5、6、10年の4パターンの運用期間を設定し、運用期間ごとの積立利率によって積立金額が増え、運用期間満了時の年金原資額(米ドル建て)は契約締結時に確定し、一時払保険料相当額を下回らないことをBlogにて紹介を致しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/10 20:22
日本生命がニッセイ予定利率変動型一時払逓増終身保険「夢のかたち」の発売
 日本生命では4月に一時払い終身保険「ロングドリームプラス」の販売を開始し、2005年12月に発売した「ロングドリーム」の加入年齢を業界で初めて90歳まで引き上げ、85歳以上の顧客の相続ニーズに対応、死亡保険金全て現預金よりも生命保険で“遺す”方が、(1)相続財産の性質(2)相続財産のキャッシュ(3)相続税―の三つの観点からメリットが大きいことだということをBlogにて紹介を致しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/25 23:13
第一生命が7年ぶりに1.25%の一時払い終身保険の予定利率下げ!
 第一生命では9月中旬に永久劣後ローンで3000億円程度の資金を調達する方針を固め、大手銀行を中心に来月中にも調達する予定であり、2012年3月期に新しい健全性基準が導入されることを受けた自己資本強化が目的であることをBlogにて紹介を致しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/13 20:58
大和証券がT&Dフィナンシャル生命の終身保険「生涯プレミアム」を販売
 今年の4月中旬にT&Dフィナンシャル生命保険より契約者が毎年一定額のお金を受け取れる終身保険が発売され、契約者が払い込んだ資金の3%前後が毎年、ボーナスとして契約者に配られ、死亡時に支払われる保険金は減少しないとされている「生涯プレミヤム」が三菱UFJ信託銀行の窓口にて販売を始め、順次取扱金融機関を拡大することをBlogにて紹介を致しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/07 22:53
アクサ生命が『アクサの「一生保障」の終身保険 保険料長期割安型』を10月販売
 アクサ生命では、今年の6月に『アクサの「一生保障」の医療保険』シリーズ(3タイプの終身医療保険)の販売を開始したのですが、『アクサの「一生保障」の医療保険』シリーズは、ライフスタイルにあわせて3タイプの商品の中からニーズにあった商品を選択し、自在にプランを組み上げることができる終身医療保険となっており、基本となる主契約は生涯変わらない保険料で、病気・ケガによる入院を日帰り入院から「一生保障」するという主な特徴がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/10/31 21:51
三井住友海上メットライフ生命があおぞら銀行で利率更改型終身保険「アポロ」を販売!
今月末に損害保険大手MS&ADインシュアランスグループホールディングスが、米保険大手メットライフとの合弁会社が三井住友海上メットライフ生命保険について、合弁を解消する方針を固めたことが分かり、メットライフが保有する株式を買い取り、完全子会社化することをBlogにて紹介を致しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/31 17:26
武蔵野銀行が一時払逓増終身保険「3増法師」など保険新商品3商品の取扱いを開始
 「3増法師M」は昨年9月に明治安田生命保険相互会社から、株式会社みずほ銀行において、5年ごと利差配当付利率変動型一時払逓増終身保険「3増法師M」が販売されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/31 16:44
東京海上日動あんしん生命が一生涯の死亡・高度障害保障と介護リスクに対応した商品を発売
東京海上日動あんしん生命ではが4月に保有契約300万件(個人保険と個人年金保険の合計)を達成し、近年の経済環境や顧客ニーズの大きな変化にもかかわらず、1996年10月の開業以来約13年7カ月での300万件達成は生保業界でも1、2を争うスピードであり、岩下智親社長は「当社の原点である『お客様本位』が多くの方の支持をいただいた何よりの証し」と述べ、今後のさらなる業容拡大へ自信を示したことをBlogにて紹介をいたしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/04 00:11
アフラックの終身保険を三井住友銀行より販売開始
今月初旬にアフラックが販売する終身保険「WAYS」(ウェイズ)を取り扱う金融機関が増えおり、今年度に入って取り扱いを要望する声が地方銀行や信用金庫を中心に多数寄せられ、上半期までに昨年末時点の2・5倍の規模になるもようであり、特色ある商品性だけでなく、他社生保が類似商品の販売を停止・制限する動きが同商品の引き合いの背景となっていることをBlogにて紹介をいたしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/22 15:43
マスミューチュアル生命が新商品「積立利率金利連動型終身保険」を販売開始
今年の3月にマスミューチュアル生命保険株式会社では中央三井信託銀行株式会社を通じて、2010年3月2日より円建定額個人年金保険『エンジョイライフ』(正式名称:積立利率金利連動型年金(AII型)前厚期間総額保証付終身年金特約)の販売を開始し、6月には新商品である『一時払変額終身保険』の販売を株式会社三井住友銀行ならびに日興コーディアル証券株式会社を通じて開始したことをBlogにて紹介をしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/15 12:09
アリコジャパンが割安な保険料で終身保障と資産形成を実現する終身保険「つづけトク終身」を発売
8月3日付の日本経済新聞より、 アリコジャパンが割安な保険料で終身保障と効率的な資産形成を実現できる終身保険(低解約返戻金型)(ペットネーム:つづけトク終身)を新たに発売するとの配信がありました。 配信された記事によると、つづけトク終身は保険料払込期間中の解約返戻金の水準を低く設定することにより割安な保険料が実現され、長く契約を継続するほど返戻率が高まり、老後資金等にも活用することができ、積立利率は契約後10年毎に更改されるのですが、保険期間を通じて年1.85%(2010年8月時点)が最低保証... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/08/04 23:38
三井住友海上メットライフ生命がみずほ銀行を通じて利率更改型終身保険「アポロ エム」を販売
7月9日付の日本経済新聞より、三井住友海上メットライフ生命保険株式会社が利率更改型終身保険(通貨選択型)「世界の果実」の販売を中央三井信託銀行株式会社を通じて、7月12日より発売開始したことをBlogにて紹介をいたしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/19 21:07
三井住友海上メットライフ生命が利率更改型終身保険(通貨選択型)「世界の果実」を販売
6月に三井住友海上メットライフ生命保険株式会社が利率更改型終身保険(通貨選択型)「三井住友メットライフ通貨選択型終身保険」の販売を、野村證券株式会社を通じて発売することをBlogにて紹介をいたしました。 7月9日付の日本経済新聞より、三井住友海上メットライフ生命保険株式会社が利率更改型終身保険(通貨選択型)「世界の果実」の販売を中央三井信託銀行株式会社を通じて、7月12日より発売開始したことを配信しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/19 20:36
大手生保5社の総代会で質問相次ぎ、株式会社化に慎重姿勢の対応
4月に相互会社から株式会社に転換した第一生命保険が28日に千葉市の国際展示場「幕張メッセ」で初の株主総会を開いたのですが、同社の株主数は国内最多の約137万人で、1万人超の出席を想定していたのですが、実際に来場したのは3096人で、明治安田生命保険も株式会社の株主総会に当たる総代会を開いたのですが、今年4月に第一生命保険が相互会社から株式会社に転換したことを受けて出席した契約者からは株式会社化に関する質問が相次ぎ、会社側は「現時点では営業職員の改革を優先するが、株式会社化は検討課題」と答えたこと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/05 00:12
アフラックの終身保険「WAYS」が金融機関に浸透
アフラックの終身保険と言えば、現在主力商品となっているのが終身医療保険「新EVER」の新たな商品ラインアップとして発売された「新やさしいEVER」です。 7月2日の保険毎日新聞より、アフラックが販売する終身保険「WAYS」(ウェイズ)を取り扱う金融機関が増えおり、今年度に入って取り扱いを要望する声が地方銀行や信用金庫を中心に多数寄せられ、上半期までに昨年末時点の2・5倍の規模になるもようであり、特色ある商品性だけでなく、他社生保が類似商品の販売を停止・制限する動きが同商品の引き合いの背景となっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/04 23:53
三井住友海上メットライフ生命が野村証券を通じ「三井住友メットライフ通貨選択型終身保険」を販売
三井住友海上メットライフ生命保険株式会社では、昨年7月に通貨選択型個人年金保険「三井住友メットライフ通貨選択型定額年金」の販売を野村證券株式会社を通じて開始しており、「三井住友メットライフ通貨選択型定額年金」は米ドル、豪ドルとユーロの3つの通貨から、契約通貨を選べるとのこと。3年、5年、7年、10年の4つの積立期間から選べるようになっていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/10 23:55
ジブラルタ生命が東京スター銀行で積立利率更改型一時払終身保険「ライフロング・セレクト」を販売
4月中旬に新興国市場に強みを持つ世界有数の金融・銀行グループであるHSBCが、ジブラルタ生命保険株式会社の米国ドル建終身保険(無配当)を2010年4月19日(月)からHSBCプレミアで販売することをBlogにて紹介を致しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/05 00:38
マスミューチュアル生命が「一時払変額終身保険」を三井住友銀行と日興コーディアル証券から販売
今年の3月にマスミューチュアル生命保険株式会社が中央三井信託銀行株式会社を通じて、2010年3月2日より円建定額個人年金保険『エンジョイライフ』(正式名称:積立利率金利連動型年金(AII型)前厚期間総額保証付終身年金特約)の販売を開始することをBlogにて紹介をしました。 5月31日付の日本経済新聞より、マスミューチュアル生命保険株式会社が6月1日より、新商品である『一時払変額終身保険』の販売を株式会社三井住友銀行ならびに日興コーディアル証券株式会社を通じて開始しするとの配信がありました。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/04 22:14
HSBCプレミアがジブラルタ生命の「米国ドル建終身保険」を発売
ジブラルタ生命保険株式会社では、先月の初めに株式会社三菱東京UFJ銀行で積立利率更改型一時払終身保険「フォーライフカレンシー」の販売を開始しましたが、「フォーライフカレンシー」は契約時の積立利率で運用し、10年ごとに積立利率を更改する一時払終身保険で、4種類の通貨(米ドル、豪ドル、ユーロ、円)から希望する通貨を指定して運用できる一時払終身保険としては業界初の商品であり、「フォーライフカレンシー」は顧客のニーズに応じて2種類のタイプが用意されており、着実に資産をふやしながら終身にわたり死亡保障を確... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/02 12:34
T&Dフィナンシャル生命が無配当終身保険(外国為替参照・豪ドルI型)「生涯プレミアム」を開発
昨年、生命保険大手のT&Dホールディングスでは、傘下生保への資金供給のために金融機関から計1127億円の借り入れを受けていることから、増資した資金を返済に充てるために最大約1200億円分の増資を実施することを発表したのですが、同社はこれまで金融危機を受けて金融機関が世界的に資本の質、量を強化する流れを強めているのを受けて増資で財務基盤を改善することにしており、増資は普通株で実施するとしており、株価をもとに計算すると株数は約18.6%増えるとのことでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/30 23:32
マニュライフ生命の「こだわり終身」が滑り出し快調
マニュライフ生命保険株式会社では、1月の末に無配当終身保険『こだわり終身(低解約返戻金型)』を、プランライト・アドバイザー(PA、自社営業職員)チャネル、MGAチャネルの両販売チャネルを通じて全国で販売を開始することとなったことは既にBlogにて紹介を致しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/04/21 00:41
日本生命が一時払い終身保険「ロングドリームプラス」を発売
日本生命保険相互会社と大和証券株式会社が一時払終身保険「ロングドリーム(ニッセイ積立利率変動型一時払終身保険(円建))」の販売を3月1日より開始することを既にBlogにて紹介をしました。 この時配信された記事では、「ロングドリーム(円建)」は『資産を安全かつ有利に運用したい』『大切に築き上げて きた資産を次世代に遺のこしたい』という顧客のニーズに応えるための商品で、簡便な手続きで「遺のこす(=相続)」ニーズに応える商品として多くの顧客より支持をされているとのことでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/13 23:18
みずほ銀行が定額年金や終身保険へシフト
3月23日付の保険毎日新聞より、みずほ銀行の売れ筋商品が一時払いの定額年金や終身保険へシフトしてきており、金融危機の影響は受けているものの一時払い商品の売り上げ(平準払い商品は含まず)は2008年度上期1500億円、下期1300億円、09年度上期1600億円と安定的に推移(すべて、みずほ銀行単体の数字)し、コンサルティング営業開発部では「定額年金や一時払い終身保険の人気の高まりには、従来から安定運用志向のお客さまが多いという背景もある。販売に関する苦情やトラブルが非常に少ないことから顧客ニーズを... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/03/23 23:02
ジブラルタ生命が三菱東京UFJ銀行で積立利率更改型一時払終身保険「フォーライフカレンシー」を販売
ジブラルタ生命保険株式会社では、新たに株式会社イオン銀行と代理店委託販売契約の締結を行い、イオン銀行のインストアブランチにてジブラルタ生命の通貨指定型個人年金保険「アドバンテージ・セレクト」と変額個人年金保険I型(年金受取総額および死亡保険金額保証特則付)「グランド デザイン」での販売や総合保険代理店である株式会社トータル保険サービスと代理店委託販売契約を締結し、終身保険・米国ドル建終身保険(無配当)、円建終身保険(無配当)、定期保険・家族収入保険(無配当)、平準定期保険(無配当)、逓増定期保険... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/14 21:21
日本生命の一時払終身保険「ロングドリーム」を大和証券が販売
第一生命保険では4月から相互会社から株式会社に転換し、国内最多の約150万人の株主を抱える巨大な株式会社として誕生し、契約者の9割に当たる約738万人には約1兆5000億円超とみられる時価総額が株式や現金のかたちで割り当てられることとなり、巨額の資金が一気に市場に出回ることになり市場や景気への波及効果も期待されるといわれていることについては既にBlogにて紹介をしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/02/28 11:40
住友生命が「一時払い終身保険」の売れ過ぎに3月上旬で販売休止することに
生命保険大手が相次いで医療保険の商品拡充に乗り出している中で、住友生命保険も6年ぶりに医療特約を見直しし、複雑な商品が保険金不払いの一因になったとの反省を受けて、入院特約すべてで入院1日目からの保障にしたほかに、保険料も以前より安くして若者が加入しやすくし、昨年9月から新商品の発売を始めていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/20 11:34
住友生命が一生涯の介護と死亡・高度障害を保障する「ライブワン フルケア」を発売
住友生命では窓販の新商品開発に当たって、消費者ニーズを徹底的に調査し、その結果をもとに、さらに金融機関向けに大規模なアンケートを実施し最適な商品作りをしています。 2月15日付の日本経済新聞より、住友生命保険相互会社が「豊かで明るい長寿社会の実現に貢献する」というスミセイ新世紀ビジョンの下、真にお客さまのお役に立ち、一生涯の「安心」をお届けするという保険本来の使命をしっかりと果たすことのできる商品開発が重要な取組みの一つであると考えており、既契約件数約240万件と顧客に幅広く支持されている介護... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/02/16 23:31
マニュライフ生命が無配当終身保険「こだわり終身(低解約返戻金型)」を販売
1月29日付の日本経済新聞より、マニュライフ生命保険株式会社が2月1日より、無配当終身保険『こだわり終身(低解約返戻金型)』を、プランライト・アドバイザー(PA、自社営業職員)チャネル、MGAチャネルの両販売チャネルを通じて全国で販売を開始するとの配信がありました。 配信された記事によると、 『こだわり終身』は、一生涯続く死亡保障、保険料の低廉化、保険料払込期間の選択肢の多様化、将来の資産作りにつながる商品機能等が特長の終身保険で、万一の場合にもしっかり備えながら将来に向けて着実に財産を築いて... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/02 22:06
日本生命が終身保険の加入年齢を引き上げ、90歳でも入れます!
1月29日付の読売新聞より、生命保険最大手の日本生命保険が、4月から一時払い終身保険の加入年齢の上限を現行の85歳から90歳へ引き上げることが明らかになったとの配信がありました。  配信された記事によると女性の平均寿命86・05歳を上回る“超高齢市場”を狙った異例の試みで、長寿化や団塊世代の高齢化などを踏まえ、新たな市場の開拓を図るとのことです。 この件について配信された記事については、下記の通りです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/30 22:52
アリコジャパンが、ユーロ建積立利率変動型終身保険を発売
昨年末に顧客の個人情報漏洩以降、自粛していたアリコジャパンがアリコジャパンとしては初となるユーロ建の終身保険、積立利率変動型終身保険(ユーロ建)を本日より発売するとの配信がありました。  今回発売されるこの保険は、アリコジャパンとしては初となるユーロ建の終身保険で、USドル以外の外貨建保険の選択肢として、通貨分散など資産形成におけるリスク低減の一助として活用がで、割安な保険料で効率的な資産形成機能を持つ商品となっているそうです。 この件について配信された記事については、下記に掲載した通りです... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/06 23:26
ジブラルタ生命がシティバンク銀行で「米国ドル建終身保険」を販売
ジブラルタ生命保険株式会社では昨年、株式会社イオン銀行と代理店委託販売契約の締結を行い、同行のインストアブランチにてジブラルタ生命の通貨指定型個人年金保険「アドバンテージ・セレクト」と変額個人年金保険I型(年金受取総額および死亡保険金額保証特則付)「グランド デザイン」の販売を開始したり、総合保険代理店である株式会社トータル保険サービスと代理店委託販売契約を新たに締結し、弊社の商品6種類の取扱いを開始したことをBlogにて紹介をいたしました。 昨年、12月14日付け日本経済新聞より、ジブラルタ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/01/02 22:11
住友生命が無配当新終身保険「ふるはーとJロード」を発売
生命保険大手が相次いで医療保険の商品拡充に乗り出しており、住友生命保険も6年ぶりに医療特約を見直しし、複雑な商品が保険金不払いの一因になったとの反省を受けて、入院特約すべてで入院1日目からの保障にしたほかに、保険料も以前より安くして若者が加入しやすくし、9月から新商品の発売を始めました。 また、少子高齢化を背景にして主力の死亡保障のニーズは低下しているのですが、医療保障については拡大が見込まれるために、明治安田生命保険でも5月に総合医療保険を投入するなど各社が取り組みを加速しています。 この... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2009/11/27 22:13
ジブラルタ生命がトータル保険サービスで終身保険など6種の保険の取り扱い開始
8月13日付の日本経済新聞よりジブラルタ生命保険株式会社が、新たに株式会社イオン銀行と代理店委託販売契約の締結を行い、同行のインストアブランチにてジブラルタ生命の通貨指定型個人年金保険「アドバンテージ・セレクト」と変額個人年金保険I型(年金受取総額および死亡保険金額保証特則付)「グランド デザイン」の販売を開始したことをBlogにて紹介をいたしましたが、ジブラルタ生命保険株式会社が総合保険代理店である株式会社トータル保険サービスと代理店委託販売契約を新たに締結し、弊社の商品6種類の取扱いを開始す... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/01 22:24
明治安田生命がみずほ銀行で一時払終身保険「3増法師」を販売
8月4日付マイライフ手帳@ニュースから中央三井信託銀行が、平成21年9月1日(火)より全支店・出張所にて明治安田生命保険相互会社の5年ごと利差配当付利率変動型一時払逓増終身保険「3増法師」の取扱いを開始したことをBlogにて紹介をさせていただきましたが、本日付の日本経済新聞より明治安田生命保険相互会社が2009年9月1日から株式会社みずほ銀行において、5年ごと利差配当付利率変動型一時払逓増終身保険「3増法師M」の販売を開始することを配信しました。 この件について配信された記事については、下記に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/01 22:10
中央三井信託銀行が、一時払終身保険「3増法師」の取り扱いを開始
中央三井信託銀行については、8月4日付マイライフ手帳@ニュースから中央三井信託銀行が、8月3日から全支店・出張所で変額個人年金保険新商品「Ensuite plus(アンスウィート プラス(正式名称:変額個人年金保険(09)終身D3型))」(引受保険会社:アクサ フィナンシャル生命保険)の取扱いを開始したことをBlogにて紹介をさせていただきましたが、本日付の日本経済新聞より中央三井信託銀行が、平成21年9月1日(火)より全支店・出張所にて5年ごと利差配当付利率変動型一時払逓増終身保険「3増法師」... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2009/08/31 22:55
高齢化進行で「引受基準緩和型商品」が拡大
本日付の保険毎日新聞から高齢化の進行で「引受基準緩和型生保商品」が徐々に増えていることや誰でも入れる無選択型から引受基準緩和型へシフトしていること、共済団体で引受基準緩和型商品が次々に投入されて、契約も伸展していることが保険毎日新聞の取材で明らかになったことが配信と成りました。 配信された記事によると、直近の動きでは09年6月の全労済「いきいき応援」の発売や09年4月のJA共済「積立型終身共済」の仕組み改訂などがあり、契約も伸びているようです。 また、住友生命が05年に発売した「スミセイの千... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/08/26 21:25
営業のプロが教える保険のカラクリ『中高年からの保険「特約」は無くていい』
朝日新聞に講談社+α新書で、業界を知る立場から生命保険業界が抱える問題点をあげて評判になった「“おすすめ”生命保険には入るな!」の著者である(株)メディカル保険サービス取締役後田亨(うしろだ・とおる)氏の営業のプロが教える保険のカラクリという題材の記事が毎週掲載されています。 今回は『中高年からの保険 「特約」は無くていい』という題名で、「60歳以降、それまで数千万円だった保障が、一気に100万円くらいに下がってしまう保険に入っていませんか?」「大病や入院に備える保障は、年齢とともに重要性が増... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/07/24 21:20
【保険のクリニック ほけん・耳寄り話】甘い言葉の裏を見抜く法
本日付のMSN産経ニュースから、「今の保険を転換すると保険料が安くなって新しい保障が付きますよ」なんてフレーズで保険営業マンが勧誘しますが、何だかチョットいい話のように聞こえるのですが、本当にそうなんでしょうか。  実は、転換とは・要するに、今の保険を解約して、新しい保険に加入し直すのと同じことなんですと云う事について書かれていました。 この件について配信された記事については、下記に掲載した通りでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/18 20:06
営業のプロが教える保険のカラクリ『「払い込みをやめる」と利回りが増える?』
朝日新聞に講談社+α新書で、業界を知る立場から生命保険業界が抱える問題点をあげて評判になった「“おすすめ”生命保険には入るな!」の著者である(株)メディカル保険サービス取締役後田亨(うしろだ・とおる)氏の営業のプロが教える保険のカラクリという題材の記事が毎週掲載されています。 今回は『「払い込みをやめる」と利回りが増える?』という題名で、「保険料の払い込みをやめると利回りが上昇する」そんな保険の見直し法があるということについて書かれています。 記事の内容については下記に転載をしてみましたので... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/18 19:56
日本生命がコスモ証券で積立利率変動型一時払終身保険「ロングドリーム」を販売
7月15日付日本経済新聞より、日本生命保険相互会社がコスモ証券株式会社の本支店で、7月16日より『ロングドリーム(ニッセイ積立利率変動型一時払終身保険(円建))』の販売を開始することが配信されました。 配信された記事によると『ロングドリーム(円建)』は、「資産を安全かつ有利に運用したい」「大切に築き上げてきた資産を次世代に遺(のこ)したい」という顧客のニーズに応えるための商品で、「職業告知によるお申し込み手続き」と「一生涯にわたる死亡保障」という商品特性から、簡便な手続きで「遺(のこ)す(=相... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/15 22:41
三井生命が説明ミス、終身保険の給付額が実は半分でした
今夜、各報道機関より三井生命保険が1995年4月から1年間販売した定期保険特約付き終身保険「大樹ニューTOP」で、契約者が受け取る給付額を本来の2倍とする誤った説明をしていたと発表したことを配信しました。 配信された記事によると、対象となるのは終身保険「大樹ニューTOP」に疾病入院特約か女性疾病入院特約を付けた契約者計4732人で、子宮筋腫により全摘手術を受けた人に支払われる給付金について入院日数の「一律20倍」だったのを「最高で40倍」と誤って説明していたとのことです。  既に給付金を受け... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/06/23 21:02
営業のプロが教える保険のカラクリ『若者に「終身医療保険」は必要ない』
朝日新聞に講談社+α新書で、業界を知る立場から生命保険業界が抱える問題点をあげて評判になった「“おすすめ”生命保険には入るな!」の著者である(株)メディカル保険サービス取締役後田亨(うしろだ・とおる)氏の営業のプロが教える保険のカラクリという題材の記事が毎週掲載されています。 今回は、若者に「終身医療保険」は必要ないという題名で、「健康上の問題を抱えるようになってからでは、保険に入れなくなってしまうので、必要性は感じ辛いかもしれないが、若い人でも『死亡保険』はともかく保険料も安いので『終身医療... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/28 21:49
明治安田の医療費の自己負担額を保障する意気込みとリスク
5月20日のダイヤモンド・オンラインから配信された「医療費の自己負担額を保障 明治安田の意気込みとリスク」という題材で、保険金不払い問題の一因でもあったわかりにくい商品設計。複雑さを極力排除した新商品、終身入院保険を明治安田生命保険が発表し、話題を呼んでいるのですが、この商品の最大のポイントが支払われる給付金が退院時にもらう領収書に記載された自己負担額に連動している点だという内容で書かれていた。 この配信された記事によると、入院中にかかった公的医療保険の対象となる入院や治療費の自己負担額(6〜... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/28 21:36
日本生命が埼玉りそな銀行で賢者の選択(ニッセイ積立利率変動型一時払終身保険(円建))を販売開始
昨夜、日本経済新聞より日本生命保険相互会社が株式会社埼玉りそな銀行、株式会社りそな銀行の本支店で、6月22日より一時払終身保険『賢者の選択(ニッセイ積立利率変動型一時払 終身保険(円建))』の販売を開始することを配信しました。 配信された記事によると、『賢者の選択』は近年、より鮮明となってきた「資産を安全かつ有利に運用したい」「大切に築き上げてきた資産を次世代に遺(のこ)したい」というお客様のニーズにお応えするための商品で、職業告知のみの「シンプルなお申し込み手続き」と「一生涯にわたる死亡保障... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/05/23 12:52
営業のプロが教える保険のカラクリ『勤務先の団体保険 チェックしないと損』
朝日新聞に講談社+α新書で、業界を知る立場から生命保険業界が抱える問題点をあげて評判になった「“おすすめ”生命保険には入るな!」の著者である(株)メディカル保険サービス取締役後田亨(うしろだ・とおる)氏の営業のプロが教える保険のカラクリという題材の記事が毎週掲載されています。 今回は「勤務先の団体保険 チェックしないと損」という題材で、「高利回りの『終身保険』以外、全部解約していいかも知れません。」ということについて書かれています。 記事の内容については下記に転載をしてみましたので、ご覧にな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/28 21:35
アイエヌジー生命がりそな銀行などで一時払変額終身保険「たしかなおくりもの」を販売
昨日の日本経済新聞よりアイエヌジー生命保険株式会社が、5月1日に株式会社りそな銀行や株式会社埼玉りそな銀行、および株式会社近畿大阪銀行から特別勘定の運用成果に応じて死亡保険金額が変動する、「大切な資産をかしこくふやす、家族にのこす」をコンセプトに商品設計され変額終身保険「一時払変額終身保険I型」(同社販売名称:「たしかなおくりもの」)の販売を開始することが配信されました。 配信された報道内容によると、今回発売されるこの商品は変動性商品でありながらも、運用実績により死亡保険金額の最低保証額を見直... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/28 11:30
あなたのお宝保険はどうしましたか?
朝日新聞の「後悔しない生命保険 太鼓判 代理店のおやじ直伝!」欄に毎週、生命保険に関する色々な記事が掲載をされています。 この記事の筆者は三井物産から生命保険会社を経て、今は総合保険代理店ファイナンシャルアソシエイツを経営するCFPであり『あなたの「生命保険」払いすぎ! 』の筆者である藤井泰輔氏です。 毎回、ちょっと的が外れている?一方的なのでは?などと云った偏見的な見方で保険について書かれているのではないかと思っています。 先週は「生命保険はすべて“掛け捨て”」という題名で、掛け捨てと積... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/03/01 16:57
生命保険の基礎知識「終身保険」
11月13日に「終身保険の目的ってなに?」という記事を掲載しましたが、今回は生命保険の基礎知識「終身保険」について掲載をしてみました。 今回の記事の内容は「終身保険のメリット・デメリット」という題名ですが、まず「終身保険とは」から始まり、「終身保険と解約返戻金」、「原則として上がらない終身保険の保険料」、「保険料の払い方」、「どの払い方が得か?」、「終身保険で老後の資金作り」、「終身保険は損?」という内容で書かれています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/11/23 23:42
生保についての疑問あれこれ「終身保険の目的ってなんだろう?」
生命保険会社から発売されている保障が一生涯続き、死亡時に保険金が支払われる終身保険の目的は?について書かれた記事について転載してみました。 この記事は、読売新聞の11月12日 の「マネー経済」欄に掲載された保険商品に関する記事です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/11/13 17:41
明治安田生命から介護保障型一時払終身保険「2つの思いやり 介護と終身」を販売開始!
明治安田生命では、今月の4日から5年ごと利差配当付利率変動型で一時払逓増終身保険(介護保障型)「2つの思いやり 介護と終身」を提携金融機関において販売を開始しました。 今後は、この商品の取扱金融機関の拡大を図って行く予定とされています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/11/10 22:35

トップへ | みんなの「終身保険」ブログ

FC2 Blog Ranking 携帯アフィリエイトのアクセストレードモバイル アクセストレードレビュー アクセストレードモバイルの広告主様資料請求はこちら アクセストレード 資料請求はこちら 生命保険のマンガ カービュー自動車保険一括見積     インズウェブの自動車保険一括見積りサービス
ラッキーブルーベアーの休憩室 終身保険のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる