ラッキーブルーベアーの休憩室

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本生命社長に筒井氏の就任が決定し攻めの経営に転換 することに!

<<   作成日時 : 2011/01/29 21:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

 1月3日付のSankeiBizにて日本生命保険社長 岡本国衛氏が新春に語るという特集記事において「契約者を守る」で抜きん出た存在になるという事については日本の生命保険市場が縮小するといわれて久しいのですが、「今でも外国の保険会社が参入してきている。国民の保険への理解が深く、豊かな社会だからで、日本は非常にいい市場だ。市場が縮小したとしても会社の業績が悪くなるわけではなく、会社の経営努力が問われる」が、どの分野が有望なのか、 「まず退職者市場が増えている。ほかにもセグメントをしてターゲットを定めれば、いくらでも伸びる分野はある。例えば、公的年金は先行きが不透明だ。そうなると、国民や企業は自助努力するようになるだろう。公と民の役割を考えながら工夫していく」という事について、多角化を進める同業他社もあり、「保険とその周辺分野を中心にした本業が中心だ。契約者を守りきることを優先している」と語っていることをBlogにて紹介を致しました。

 1月29日付の各報道機関より、日本生命保険が経営陣の若返りを決めた背景にあるのは、少子高齢化で国内市場に縮小懸念がある中での営業力の強化で、再び積極攻勢に打って出る姿勢を示す狙いがあり、社長・会長を14年にわたって務めた宇野郁夫会長が相談役に退き、1997年に社長に就任した宇野氏の任期は日本の金融危機にいかに対応するかが課題だったのですが、経営体力のある日生には他の銀行や証券会社から支援要請が相次いぎ、合理的な判断ができなければ決して応じない姿勢を貫き、関連会社の大胆な整理も進めて本業の生保事業に特化し、営業職員が直接訪問する事業スタイルで収益力も高めたとの配信がありました。
この件について配信された記事については、下記に掲載した通りです。



日生、攻めの経営に転換

社長に筒井氏
(日本経済新聞2011/1/29 2:02 )

 日本生命保険が経営陣の若返りを決めた背景にあるのは、少子高齢化で国内市場に縮小懸念がある中、営業力の強化で再び積極攻勢に打って出る姿勢を示す狙いがある。

 社長・会長を14年にわたって務めた宇野郁夫会長が相談役に退く。
1997年に社長に就任した宇野氏の任期は日本の金融危機にいかに対応するかが課題だった。
経営体力のある日生には他の銀行や証券会社から支援要請が相次いだが、合理的な判断ができなければ、決して応じない姿勢を貫いた。

関連会社の大胆な整理も進め、本業の生保事業に特化。
営業職員が直接訪問する事業スタイルで収益力も高めた。

 岡本氏も宇野氏の経営スタイルを踏襲。
第一生命保険が2010年4月に株式会社化して業界再編に意欲をみせるなかで、契約者を社員とする相互会社形態を堅持。
基金をさらに積み増すことで資本の質と量を高めることに尽力した。

 ただ、生命保険業界は資本規制の強化などを控えており、経営環境はさらに変化しそう。
守りの経営から攻めの経営に転換する必要もありそうだ。
日生は2012年春には少子高齢化に対応した商品構成の大幅見直しを検討、筒井次期社長のリーダーシップが試される。




日生社長に筒井氏 岡本氏は会長、宇野氏は相談役に
(日本経済新聞2011/1/29 2:02)

 日本生命保険は筒井義信取締役専務執行役員(56)が4月1日付で社長に昇格する人事を固めた。
岡本圀衛社長(66)は会長となり、宇野郁夫会長(76)は相談役に退く。
金融危機などによる市場環境の悪化が一巡し、経営基盤が安定してきたと判断。
経営陣の若返りを進める。

 2月1日に開く取締役会で決める。
筒井氏は主に企画・調査畑を歩み、業界内や政府との交渉で手腕を発揮してきた。
相談役に就く宇野氏は1997年から14年間にわたって社長・会長を務めた。



筒井 義信氏(つつい・よしのぶ)
77年(昭52年)京大経卒、日本生命保険入社。
04年取締役、07年常務執行役員を経て09年3月に専務執行役員。
兵庫県出身。




日本生命:社長に筒井氏
(毎日新聞 2011年1月29日 東京夕刊)

 日本生命保険は29日、宇野郁夫会長(76)が相談役、岡本国衛(くにえ)社長(66)が会長にそれぞれ退き、新社長に筒井義信専務(56)が昇格するトップ人事を固めた。
4月1日付。
2月1日の取締役会で正式に決める。

 1997年の社長就任以降、宇野氏の社長・会長在任期間が通算約14年と長期化していたことに加え、リーマン・ショック後の金融危機対応も一段落したことから、世代交代を図ることにした。
 筒井氏は主に企画・調査畑を歩み、制度改正など業界内や当局との調整に手腕を発揮してきた。

【和田憲二】



<日本生命>海外展開強化が急務 社長に筒井専務昇格

日本生命:社長に筒井氏内定 海外強化が急務 問われる独自色
(毎日新聞 1月29日(土)22時17分配信)

 日本生命保険は4月1日付で岡本国衛(くにえ)社長(66)が会長に就き、後任に筒井義信専務(56)が昇格するトップ人事を固めた。社長・会長を通算約14年にわたって務めた宇野郁夫会長(76)は相談役に退く。
保険会社特有の会社形態である相互会社の有用性を説いてきた宇野氏が経営の一線から引くことで、新体制のかじ取りに注目が集まりそうだ。

 宇野氏は97年に社長に就任。
05年から会長に在任している。
昨年の第一生命保険など同業他社の株式会社化が相次ぐ中、「契約者への利益還元を最大化し、長期安定経営を行うには相互会社が最適」との理念を社内に徹底させた。
日生は宇野・岡本体制下でグループ再編や海外展開を進め、収益基盤を拡大。
資本に当たる基金調達などで財務基盤も業界トップクラスに強化した。


 筒井氏は企画・調査畑を歩み、業界や当局の調整に手腕を発揮、後任候補と目されてきた。
ただ、国内生保市場は少子高齢化に伴い、死亡保障は減少し、医療や介護保障、貯蓄性商品の需要が高まっている。
新興国をはじめとする海外展開のさらなる強化も急務だ。
11年度以降には資本規制強化を控え、財務基盤の強化も課題で、資本調達やM&A(企業の合併・買収)の自由度が高い株式会社化も含め、筒井新体制が新たな方向性を打ち出すか注目される。

【和田憲二】
最終更新:1月29日(土)23時31分



日本生命社長、57歳筒井氏が昇格へ 若返り図る
(朝日新聞2011年1月30日0時1分)

 日本生命保険は、筒井義信取締役専務執行役員(57)が社長に昇格する人事を固めた。
岡本圀衛社長(66)は会長に、社長・会長職を14年務めた宇野郁夫会長(76)は相談役に退く。
4月1日付。
金融危機の影響が一段落し、経営が安定してきたタイミングで若返りを図る。

 筒井氏は、主に企画や調査部門を歩み、外資系生保などとの提携をまとめた。
現在も経営戦略を練る総合企画部などを担当している。
岡本社長は2005年に就任。

 保険金の不払い問題への対応に力を入れる一方で、営業部門の強化などに取り組んできた。
宇野氏は97年に社長、05年に会長にそれぞれ就いた。
この間、国内の金融危機に対処、体力強化に努めてきた。


                    

 筒井 義信氏(つつい・よしのぶ)
京大経卒、77年日本生命保険に入り、総合企画部長などを経て、10年3月から代表取締役専務執行役員。
57歳。




日本生命社長に筒井氏 岡本社長は会長に
(47NEWS 2011/01/29 11:29 【共同通信】)

 日本生命保険は29日、岡本圀衛社長(66)が4月1日付で会長になり、後任に筒井義信専務執行役員(56)が昇格する人事を固めた。
宇野郁夫会長(76)は相談役に就く。
2月1日に開く取締役会で正式に決める予定。
 岡本氏は自己資本の充実や中国での保険事業の強化などを進めた。
2005年の社長就任から6年になるため、交代で経営陣の若返りを図る。

 筒井氏は企画・調査部門を主に歩み、保険業界内や政府との交渉に取り組んできた。
宇野会長は社長時代も合わせた在任期間が14年もの長期にわたっていた。


筒井 義信氏
京大卒。
77年日本生命。
総合企画部長などを経て09年3月から専務執行役員。
兵庫県出身。




日本生命社長に筒井氏=宇野会長は相談役へ−4月1日付
(時事通信2011/01/29-08:00)

日本生命保険が、宇野郁夫会長(76)が相談役に退き、筒井義信専務(56)が社長に昇格するトップ人事を固めたことが29日、分かった。
岡本国衛社長(66)は会長に就く。
4月1日付。




日本生命社長に筒井氏
(MSN産経ニュース 2011.1.29 09:29 )

 日本生命保険は29日、筒井義信専務(56)が4月1日付で社長に昇格する人事を固めた。
宇野郁夫会長(76)は相談役、岡本国衛社長(66)は会長に就任する。
 2月1日に開かれる取締役会で正式に決定する予定。

 筒井氏は企画・調査部門が長く、金融当局や生保業界内での交渉などに手腕を発揮してきた。
日本生命は、宇野会長の社長、会長を通じた在任期間が約14年となっており、保険金不払い問題やリーマン・ショックの影響も一段落したことを受け、若返りを図る。

少子高齢化の影響で国内生保市場が縮小傾向にあるなか、筒井氏がどういった経営戦略を打ち出すのかに注目が集まりそうだ。
 筒井氏は京大経済学部卒後、昭和52年に日本生命入社。
常務を経て、平成21年3月に専務に就任した。
兵庫県出身。




日本生命、筒井専務が社長に昇格、岡本社長は会長
(サーチナニュース 2011/02/09(水) 11:17)

 日本生命は2月1日、都内で記者会見を行い、4月1日付で社長交代を行い、筒井義信代表取締役専務執行役員が社長に昇格すると発表した。
岡本國衞社長は代表取締役会長に就任する。
また宇野郁夫代表取締役会長は取締役相談役に就任し、総代会終了後に取締役を退任する。
会見の席上、筒井新社長は「真に最大、最優を目指す」と力強く宣言した。

 三期6年というタイミングで社長交代を決断した理由について、岡本社長は「若い役員が育っており、清新な息吹を会社に吹き込むには最良のタイミングだった。
また、来年4月には1500億円を投じた新統合戦略がスタートする。
これからの1年は総仕上げの年となるわけだが、総仕上げと執行の連続性が極めて重要と考えた。
支払い問題を契機とした社内改革も軌道に乗っている。
人の利、時の利、が与えられたため交代を決断した」と語った。

 筒井専務を新社長に選んだ理由については「私の社長就任時から総合企画部長の要職にあり、以来、企画部門の担当役員を続けている。
総合企画は日本生命の大きな判断を行う部門であり、彼が立案したことを私が決定する形で共に歩んできた。
筒井新社長は日本生命の強み、弱み、課題をすべてよく知っている。

 また、人柄はものに動じない、自信に裏打ちされたバランスのある判断をする人だ。
日本生命は、5万人の営業職員を有し、全体の和が大切な会社だ。
自由闊達な企業風土であるが、筒井新社長はカリスマ性もある。
一方、関西出身でユーモア、明るさも持ち合わせている。
この明るさは自由闊達な風土を醸成する一番のベースとなる。
持ち前のコミュニケーション力を駆使して、会社を明るくまとめてくれると期待している」と述べた。

 社長職拝命の時期と心境について尋ねられた筒井新社長は「就任要請を受けたのは1週間前。
大きく逡巡した」としながらも「話を聞くうちに『これは天命かな』とその場で潔く覚悟を決めてお受けした」と語った。
目指す日本生命像は「『真に最大、最優、信頼度抜群の生命保険会社』を目指したい」と力強く宣言。
新契約実績など業績面で優位性を保てていない現状を打破するべく、あえて「最大」を目指しナンバーワンカンパニー復帰を図る。

 自らが手がけてきた「新統合戦略」の狙いについては「最大の狙いは、お客様の利便性・自在性を大きく向上させる点だ。
商品のわかりやすさ、組み合わせの柔軟性が格段に向上し、営業職員が持つ携帯端末も、お客様の目の前で諸手続きが完結できるように、バージョンアップしたものになる」と自信を示した。

その上で「インフラが大きく革新するが、それを動かすのは人だ。
第二の狙いは新たなインフラを活用して、営業現場での活動量・提案力をコアとしたお客様サービス力を倍増させる。
こういった取り組みを通じ、当社最大の課題である、保有契約減少への歯止め、とりわけ新契約の生産性を早急に引き上げていきたい。
そのキーになるのが新統合戦略だ。
インフラと働き方の変革が一体となり、相乗効果を狙うところに最大のターゲットがある」と訴えた。

 筒井イズム、らしさの発現では「新機軸として、(1)真に最大かつ最優を標榜、(2)新統合戦略を具体実行していく、(3)海外ネットワークを強力に拡充していく、の3点を掲げたい。
この取り組みが『攻めの象徴』であると考えている」と述べた。

(情報提供:新日本保険新聞社)



人気ブログランキングへ画像


FC2人気ブログランキングへ画像

拍手する



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
現在、景気の低迷もあってか生命保険の見直しを検討される方が多いようです。
せっかく見直すなら、いろいろ比べてあなたに最適な生命保険にしませんか?
自動車保険だって見直せば、驚くほど保険料が安くなることも!!
大手保険会社の自動車保険を比べて選べるから、安い自動車保険が一目でわかります!!
無料資料請求はカンタンで、右のWebサイトをクリックするだけ!
◆◆◆ 無料資料請求の手順は簡単です! ◆◆◆
(1)生命保険・自動車保険【無料】一括資料請求をご利用 
(2)簡単なあなた(自動車)の情報を入力
(3)あなたにぴったりの生命保険・お得な自動車保険を見つけられる(資料請求)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

















世界最高ランク保険営業マンから夢をかなえたい人へ36通の手紙
楽天ブックス
林正孝コスモトゥーワンこの著者の新着メールを登録する発行年月:2010年04月登録情報サイズ:単行本


楽天市場 by 世界最高ランク保険営業マンから夢をかなえたい人へ36通の手紙 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
契約者を守るのに、抜きに出るとか言っていて
一年もしないで攻めですか?
売りっぱなし訪問は売るときだけで後は見向きもしない・・・離職率が高いが、求人掛ければ
募集人が集まり担当替われど保全対応は、確実でしょうね・・・その辺が心配ないでしょうから・・攻めに転換しても、代理店廃業と違い保全対応やら引継ぎは完璧でしょうね・・・
保険は、まだまだ遅れてますね
がくがくダック
2011/01/30 01:06
がくがくダックさん、こんばんは。
一番コメントをありがとうございます。
会社のトップが代わっても契約者や代理店のことを考えてくれるなら良いのですが・・・・・・・・・
下で働く人のことを考えずに目先のことだけを考えるようなトップだと困りますね!
守りにしろ攻めにしろそれに従って動くのは、募集人や代理店なのですからそれさえ考慮してもらえるのならばね・・・・・・・・・・・!
会社のトップとしての舵取りを誤ることなくやってもらえることを願っております。
ラッキーブルーベアー
2011/01/30 20:42
・・・・これから攻めに転換・・
もしかして嵐の前の静けさでは無いが、少子高齢化での減速経済の流れになっていく日本を、
考えると、消費税・TPPと完全に国際社会で尚且つグローバル化での流れの中で景気が上向きバブル再来と週刊誌にも言われてるが、みんながバブルになる訳では無いが、ここ10年が更に色んな面でスピードが今まで以上に加速すると言われて上で、完全に攻撃が最大の防御ではないが、攻めに回るしかないのでしょうか?
がくがくダック
2011/01/30 23:24
がくがくダックさん、こんばんは。
再度のコメントをありがとうございます。
現在の経済状況は増税論に走り、経済状況を良くすることを考えない政策になっています。
現在の政策で行くと増税政策を取れば経済状況が良くなるように見えるのですが、実は少しも良くならないと云うのが実情だと思います。
このまま増税論に走れば経済状況は悪化するばかりで良くならず、それとともに金融業界も経営状況が良くならず先行き先行き不透明な状況が続くことになるのではないかと危惧しています。 
ラッキーブルーベアー
2011/01/31 22:48
今年も仮に景気は上向きなれど全体的に悪いのですね・・・・週刊ポストはバブルを語ってましたが何だったのしょうか。疑問です
がくがくダック
2011/02/01 00:10
がくがくダックさん、こんばんは。
3度目のコメントをありがとうございます。
今日の報道に、菅直人首相が1日の衆院予算委員会で、民主党の衆院選マニフェスト(政権公約)の見直しに関連し、子ども手当の拡充について「広げるか、もうこの程度しか無理かということも含めて、9月ごろをめどに検証する」と述べ、24年度以降も、子ども手当の満額支給ができない可能性に言及した。と配信されています。
と云うことは、財源の確保が上手くいっていないということの現れですよね。
この経済情勢がいつになったら持ち直すのかが今後の問題となってくるのでしょう!
ラッキーブルーベアー
2011/02/03 01:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
FC2 Blog Ranking 携帯アフィリエイトのアクセストレードモバイル アクセストレードレビュー アクセストレードモバイルの広告主様資料請求はこちら アクセストレード 資料請求はこちら 生命保険のマンガ カービュー自動車保険一括見積     インズウェブの自動車保険一括見積りサービス
日本生命社長に筒井氏の就任が決定し攻めの経営に転換 することに! ラッキーブルーベアーの休憩室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる