ラッキーブルーベアーの休憩室

アクセスカウンタ

zoom RSS 安い保険会社見分けるコツはネットで見積もりできるかどうか!

<<   作成日時 : 2012/08/10 16:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 10日付のNEWS ポストセブンに大手生保の商品は営業コストがかさむので高くなり、ネットや通販でしか扱われない商品は安くなる傾向があるのですが、その分保険料の高い会社は対面販売やアフターサービスをウリにするケースも多いく、営業担当者が一生涯面倒を見ると謳う生保でも調べてみると営業職員の平均勤続年数は10年以下で、アフターサービスが行き届く保証はないということで保険においては商品の安さこそ一番のサービスだとの記事が掲載されていました
 掲載されていた記事では、安い会社を見分けるコツのひとつはネットで見積もりができるかどうかで、口頭での説明や資料請求をしないと正確な金額がわからないなら価格競争力に自信がないことの表われといえるというものでした。



安い保険会社見分けるコツ ネットで見積もりできるかどうか
(NEWS ポストセブン 8月10日(金)7時6分配信)

 人生でマイホームに次ぐ高額商品といわれるのが、生命保険。
にもかかわらず、生保の仕組みについて正しく理解している人は少ない。
たとえば、同じ保障内容の商品でも、生保によって保険料が違うのはなぜか。
その秘密は保険料の仕組みにある。

 本来、加入者の性別と年齢と健康状態が同じであれば、保険会社が保障のために準備すべき金額は同じになる。
これを保険料の原価=純保険料という。ベストセラー『生命保険の「罠」』(講談社刊)の著者で、「保険相談室」代表の後田亨(うしろだ・とおる)氏が解説する。

「販売価格が異なる理由は、会社ごとに保険を売るための経費=付加保険料が違うから。
経費とは販売手数料、人件費、CM宣伝費などです」

 大手生保の商品は営業コストがかさむので高くなり、ネットや通販でしか扱われない商品は安くなる傾向がある。
その分、保険料の高い会社は対面販売やアフターサービスをウリにするケースも多い。
後田氏が続ける。

「営業担当者が一生涯面倒を見ると謳う生保でも、調べてみると営業職員の平均勤続年数は10年以下でした。
アフターサービスが行き届く保証はないということで、保険においては商品の安さこそ一番のサービスです」

 安い会社を見分けるコツのひとつは、ネットで見積もりができるかどうかだ。
口頭での説明や資料請求をしないと正確な金額がわからないなら、価格競争力に自信がないことの表われといえる。

週刊ポスト2012年8月17・24日号
最終更新:8月10日(金)10時46分


画像

FC2 Blog Ranking
画像


拍手する


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
現在、景気の低迷もあってか生命保険の見直しを検討される方が多いようです。
せっかく見直すなら、いろいろ比べてあなたに最適な生命保険にしませんか?
自動車保険だって見直せば、驚くほど保険料が安くなることも!!
大手保険会社の自動車保険を比べて選べるから、安い自動車保険が一目でわかります!!
無料資料請求はカンタンで、右のWebサイトをクリックするだけ!
◆◆◆ 無料資料請求の手順は簡単です! ◆◆◆
(1)生命保険・自動車保険【無料】一括資料請求をご利用 
(2)簡単なあなた(自動車)の情報を入力
(3)あなたにぴったりの生命保険・お得な自動車保険を見つけられる(資料請求)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆








アイスバッグ
ブレイン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アイスバッグ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

















クールクールマット 大小 1セット【涼感_2012夏】
いつもショップ
※気になる機能のアイコンをクリックで、対応商品が一覧になります。【ひんやり】【シングル】【和室用】【


楽天市場 by クールクールマット 大小 1セット【涼感_2012夏】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「販売価格が異なる理由は、会社ごとに保険を売るための経費=付加保険料が違うから。
経費とは販売手数料、人件費、CM宣伝費などです」

 大手生保の商品は営業コストがかさむので高くなり、ネットや通販でしか扱われない商品は安くなる傾向がある。
その分、保険料の高い会社は対面販売やアフターサービスをウリにするケースも多い。
後田氏が続ける。

「営業担当者が一生涯面倒を見ると謳う生保でも、調べてみると営業職員の平均勤続年数は10年以下でした。
アフターサービスが行き届く保証はないということで、保険においては商品の安さこそ一番のサービスです」
・・・・消費税増税になり昨今の金融経済初め日本の少子高齢化が進むにつれネットでの購入は増えてくるのでしょうか賛否両論なんですが
従来の人海戦術が主になり来店型店舗は補佐的形でネットでの購入は毛が生えたくらいに思っている人もありどうなんでしょうか疑問ですね
業種的に、どこの保険会社も商品の良し悪しは別として離職率が高くこの辺をどの様に考えてるか代理店にしても廃業すれば通販と変らずで入る時だけ出口はお客様が自己対応簡単に言え数字は欲しいが都合の悪いのは代理店任せで代理店の事情はとか保全がどうであれ数字・・・
全てが数字・・・いつもと同じ少子高齢化でパイの取り合いにもなり会社も多くて商品も金太郎飴になりかねない・・・どうなるのか??


がくがくダック
2012/08/12 00:13
がくがくダックさん、こんばんは。
いつもコメントをありがとうございます。
以前、がくがくダックさんとお約束をした代理店の廃業状況を調べていて、年度末登録代理店数、代理店使用人数の推移がわかりました。
11年の法人代理店が29,003店、個人代理店158,556店、代理店使用人20,4318人だったものが、12年の法人代理店が30,006店、個人代理店152,098店、代理店使用人232,212人だったんです。
比較すると法人代理店は1,003店増えているのに対して、個人代理店数は1年間で6,458店減少をしていました。
これについては近々、なるべく早いうちに上記のデータをまとめてアップをしたいと思っています。
上記のご質問についても、これからブログにてアップをしていきたいと思っていますので少しお待ち下さいね! m(_ _)m
ラッキーブルーベアー
2012/08/18 22:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
FC2 Blog Ranking 携帯アフィリエイトのアクセストレードモバイル アクセストレードレビュー アクセストレードモバイルの広告主様資料請求はこちら アクセストレード 資料請求はこちら 生命保険のマンガ カービュー自動車保険一括見積     インズウェブの自動車保険一括見積りサービス
安い保険会社見分けるコツはネットで見積もりできるかどうか! ラッキーブルーベアーの休憩室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる