損保協会長が地震保険の値上げ必要とコメント

 ブログにて地震保険の値上げについて採り上げてきましたが、日本損害保険協会の桜田謙悟会長(損保ジャパン日本興亜ホールディングス社長)が11日に行われた記者会見において、検討中の家庭向け地震保険料の値上げについて「地震保険制度の強靱(きょうじん)性を考えれば必要だ」と述べると共に負担増についての理解を求めたことが配信されました。


地震保険、値上げ必要=損保協会長
( 時事通信 2015/6/11 17:00 )
 日本損害保険協会の桜田謙悟会長(損保ジャパン日本興亜ホールディングス社長)は11日の記者会見で、検討中の家庭向け地震保険料の値上げについて「地震保険制度の強靱(きょうじん)性を考えれば必要だ」と述べ、負担増に理解を求めた。
 地震保険料は昨年7月に全国平均で15.5%引き上げられたが、損保業界などは巨大地震に備え、保険金の支払い能力を高めるため、来秋にも平均19%の再値上げに踏み切る方針。
 ただ、桜田会長は19%の上げ幅に関し、「一度に全て引き上げるのは厳しい」と述べ、段階的な値上げが望ましいとの考えを示した。

最終更新日:2015/6/11 17:06

画像


FC2 Blog Ranking
画像



拍手する