テーマ:火災保険

大手損保4社が火災保険料を10月から5~9%上げ!

 2018年7月の西日本豪雨など国内で相次いだ風水害で保険金支払いが増えてしまったため、大手損害保険4社は10月から4年ぶり一斉に火災保険料を5~9%引き上げる方針であることを発表しました。  現在、日本各地では西日本豪雨のほか台風21号や台風24号が各地に大きな被害をもたらしており、こうした風水害が続けば20年以降も火災保険料は引き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

損保大手3社が災害相次ぎ保険金支払いが1兆円規模

 損害保険大手3社の自然災害に対する保険金の支払額が今年度、1兆円規模に上ることが分かりましたのですが、これにより損保各社は来年度から火災保険料を4年ぶりに引き上げる見通しであることが報道機関より配信されました。 災害相次ぎ保険金支払いが1兆円規模 損保大手3社 ( テレビ朝日11/14(水) 10:31配信 )  損害保…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風の強風被害は「風災」 自宅の火災保険でカバーできる

 近畿地方を中心に甚大な被害をもたらした台風21号等のように、今回の台風では雨もさることながら車を横転させるほどの猛烈な暴風による被害も相次ぎました。  台風による強風により自宅の屋根や瓦が吹き飛ばされたり、風で飛んできた物がぶつかって窓ガラスや外壁が壊れるなどといった被害を受けてしまった人も多いのですが、こうした被害は火災保険に加入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

火災保険料を来年度にも値上げの見通し

 損害保険各社でつくる損害保険料率算出機構が火災保険の保険料を決める際の目安となる「参考純率」を平均5.5 %引き上げると発表したのですが、台風や大雪といった自然災害により保険金支払いが増えたことが反映されて各社は平成31年度にも住宅向けの火災保険料を値上げとなったことが報道機関より配信されました。  火災保険料の値上げは27年度以来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本生命保険が代理店へ商品を提供する生命保険会社を新設へ

 日本生命保険が保険ショップなどの代理店経由で販売する商品に特化した新たな保険子会社を設立することを発表したのですが、これは近年ライフスタイルや生活環境が変化する中で自分で比較して生命保険に加入したいという意向を持つ人が増加しており、その受け皿として保険ショップをはじめとする代理店マーケットが成長しているためだとしています。  設立す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

火災保険料が自然災害増加で来年度にも値上げの見通し

 最近の自然災害増加で損害保険各社の保険金支払いが増えており、第三者機関が保険料の目安となる「参考純率」を引き上げる方針を固めたようで、これにより火災保険料が来年度にも値上げされる見通しとなり、値上げされれば2015年度以来4年ぶりとなります。 火災保険料、来年にも上げ 5%前後、自然災害で支払い増 ( 日本経済新聞 朝刊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

災害で支払額が増加したため算定基準3~5%程度火災保険料の値上げへ

 損害保険各社でつくる損害保険料率算出機構は、自然災害などで保険金の支払額が増加したため火災保険の保険料を設定する際の目安となる「参考純率」を3~5%程度引き上げることで最終調整に入ったことを配信しました。  損保各社は基準改定を踏まえて平成31年中にも住宅向け火災保険料を上げる見通しで、各社は個別に値上げ幅を決めるそうですが、地震保…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

火災保険が古い契約なら見直しも「自宅の再建困難に」

 昨年の年末に起きた新潟県糸魚川市の大規模火災から1カ月余りたちますが、木造住宅が密集する地域が多い日本では同じような大規模火災による延焼のリスクは小さくない現状にあります。  被災した場合に住宅の再建には火災保険による備えが有効なため、適正な保険金額で加入しているかどうか改めて確認しておく必要があります。  糸魚川市街地で昨年12…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハードル高めの公的支援の水害には保険で備えを

 今年は異常気象の影響により観測史上2位である6つ目の台風が上陸しました。 生命保険や損害保険を契約している契約者の中には、保険契約をしたものの自分が契約した内容を理解していない人が多いのではないかと思っています。  保険契約では契約条項ひとつで受けられる補償が大きく変わる上に新たなサービスも続々と登場しています。 そこで、日本経…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水災被害の公的補償 民間保険も合わせて備え

 今年も台風などによる水害が相次いでいるのですが、被災したときにまず助けになるのが公的な支援制度なのですが、主に地震においては住宅損壊に対して適用されるという印象があるのですが一定規模の浸水被害も対象となるのです。 しかしながら生活再建するためには不十分な面が強いために、民間の保険と合わせて備えを考えることが必要とされます。  自然…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊本地震で家屋倒壊相次ぐ「もしもの備え」で知っておきたい「地震保険」の仕組み

 熊本県で大きな地震が断続的に発生しているために、各地では家屋の倒壊や火災が相次いだことから、こうした状況を受けて損害保険各社では災害対策本部を立ち上げ、熊本地震で被災した契約者からの事故受付体制を強化することが決定されました。  今回の地震ではどこに住んでいても地震のリスクがあることを再認識した人も多く、そんなもしもの時の備えの一つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

増える豪雨で住宅浸水被害でも保険金出ないないケースも

 このところ大型台風や豪雨が増えるに連れて、洪水や土砂災害による住宅や家財への被害を受けるリスクが高まっているのですが、そんな時に心配となってくるのが暮らしに必要なお金や補償はどうなるのだろうかということになりますが、風雨や高潮などで家屋や家財、車などが被害を受ければ火災保険や共済で補償を受けることができます。  しかし、内閣府による…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイホーム守る火災保険のリスク把握し補償内容確認を

 今年は地震や台風などによる風水害が多く発生しています。 火災保険はそんな火事や台風、大雪などに備えてマイホームを守るための保険なのですが、損害保険各社は10月に保険料改定を行いました。  火災保険はマイホーム購入時に内容をきちんと把握しないまま加入してしまう人も少なくなく、自然災害が相次ぐ中で加入している保険の補償内容が本当に必要…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地震保険が福島・埼玉など5県で50%値上げへ

 以前からブログ内にて地震保険の保険料値上げについての記事を紹介してきたのですが、政府と損害保険各社が福島など5県で家庭向けの地震保険料を50%引き上げることが報道機関から配信されました。  最新の研究により5県で地震による損害が起きる確率が高くなったとみなされたために、2017年1月から3段階で引き上げる方向となり、関係者からは今回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

火災保険料改定で 利用者としてどうすればいい?

 私たちが加入している火災保険は火災や落雷、破裂・爆発をはじめ様々な自然災害、さらには盗難、誤って壁を汚損した場合等の損害を補償してくれる頼りになる保険なのですが、2015年10月から火災保険料を改定する報道がされています。  そこで、火災保険料を改定について利用者としてどうすればいいについてマイナビウーマンに掲載がされていましたので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風水害損害保険を15年度1000億円超「火災」引き上げ

 先日の関東・東北の記録的な豪雨や8月の台風15号による被害などにより、損害保険各社が2015年度に支払う保険金が1千億円を超える見通しとなり、風水害への保険金が1千億円を超えるのは11年度(1764億円)以来4年ぶりであり、昨年度の2倍超の規模となることが配信されました。  日本損害保険協会の鈴木久仁会長(あいおいニッセイ同和損保社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セコム損保が火災保険等の商品改定を実施!

 保険市場においてセコム損害保険株式会社が、2015年10月1日(木)以降の保険始期契約から火災保険等の商品改定を行うと発表したことが配信されました。  発表された改定対象となる保険商品は、「家庭総合保険(セコム安心マイホーム保険)」「地震保険」「住宅総合保険」「住宅火災保険」「店舗総合保険」「普通火災保険」「店舗休業保険」「企業費用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大手損保が10月から企業向け火災保険料も値上げ!

 台風や大雪などの被害に伴う保険金の支払いが増えていることに対応して、大手損害保険会社は10月から企業向けの火災保険料を引き上げることが配信されました。  損保関係者によると引き上げ幅は全国平均で1〜2%程度となる見込みで、引き上げ幅は建物の所在地や使用目的、構造などにより異なり、事務所や店舗に比べ工場が大きくなりやすく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大手損保が火災保険料を10月から2~4%の一斉値上げ

 台風や大雪などの自然災害が増え、各社の火災保険の収支が悪化しているため大手損害保険各社は10月から火災保険の保険料を一斉に全国平均で2~4%引き上げることし、同時に新築物件に対する割引措置などを導入することにより値上げによる契約者の負担軽減も図るとの報道配信がありました。 大手損保、火災保険料を一斉値上げへ ( 時事通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保険料安くするコツ火災保険の補償は6種類

 日本経済新聞にピカ、ドカーン! 夕方、鯛吉と新衣紗が「たいきちマネー相談所」で仕事をしていると雷が鳴り、雨も降り始めたためにドアを開けて藤志郎が駆け込んできて、にいさに「火災保険の補償は6種あり、保険料を安くするコツ」について交わしている会話について紹介する記事の掲載がされていました。 火災保険の補償は6種類 保険料安くする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

火災保険改定で住まいの保険はどう変わる?

 損害保険料率算出機構は2014年6月(2014年6月25日に金融庁長官へ届出、7月2日に適合性審査結果通知受領)に火災保険の参考純率を改定し、損害保険各社は2015年10月にも火災保険の改定を実施すると見られていることが配信されました。  2014年7月に実施された地震保険の改定では全国平均で15.5%保険料がアップし、住宅の所在地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政府が損保各社に対して家庭向け4区分に地震保険料19%値上げし、火災保険料も平均2~4%値上げ

 政府と損害保険各社が南海トラフなど巨大地震の最新のリスク評価を織り込み、保険金の支払い余力を高めるため共同で運営する家庭向け地震保険の保険料を全国平均で19%引き上げる方針を固めたことが報道機関より配信されました  配信された記事によると損保各社でつくる損害保険料率算出機構は地震保険の保険料を引き上げる必要があるとの試算を財務省の有…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「首都直下」確率反映して地震保険料を3割上げ業界検討!

 このところ日本だけではなく世界各地で大きな地震が起き、報道機関から被害が届けられています。 住宅向けの地震保険料を決める損害保険業界の団体では、政府による首都直下地震の発生確率予測が大幅に上昇したことを受けて保険料を全国平均で約30%引き上げる必要があるとの試算をまとめたことが配信されました。  これまで上げ幅が最大だったのが、東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

火災保険の値上げ前の見直しで負担軽く数十万円の効果も

 近年は災害の多い年でしたが火事や台風、洪水などのリスクに備えて大切なマイホームに掛ける火災保険は保険金額の設定が大きすぎたり、要らない補償が付いていたりすれば保険料が節約できる余地のある保険なのです。  火災保険では台風などの自然災害が増えているために、損害保険各社では2015年に保険料を上げることになっているので、それまでに必要十…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

損保協会の桜田会長が10年超の火災保険をやめる方針を正式表明

 連休明けに配信された異常気象による建物被害が増加傾向にあり、長期契約での収支予測が難しくなったために損害保険大手が10年を超える期間の火災保険の新規契約引き受けを来年秋にも停止する方針を固めたことをブログでお知らせを致しました。 損保協会の桜田会長の記者会見において10年を超える火災保険の新規契約の引き受けを停止する方針を正式に表明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

異常気象増で収支悪となり損保大手が火災保険「10年超」を来秋にも停止へ

 異常気象による建物被害が増加傾向にあり、長期契約での収支予測が難しくなったために損害保険大手が10年を超える期間の火災保険の新規契約引き受けを来年秋にも停止する方針を固めたことが配信されました。  現在の火災保険は住宅や店舗などの建物が対象で、火災や風災のほかに洪水や土砂崩れによる水災で受けた建物の被害を補償するようになっており、最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「火災保険」は台風や竜巻・豪などの雨自然災害による被害も補償

 台風や竜巻、豪雨、雹(ひょう)などの自然災害で毎年大きな被害が出ていますが、これらの災害に対して金銭的に備えているのが火災保険であり、火災保険は火災だけでなく自然災害による被害も補償されます。  「マイホーム購入などの際に損保代理店に勧められるまま火災保険に加入し、内容を十分把握しないまま契約を更新している人が少なくない」と話してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多発する自然災害に備える火災・地震保険の得する賢い方法

 9月1日は「防災の日」なのですが、これは1923年9月1日に発生し10万人以上の死者・行方不明者を出した関東大震災にちなんだもので、いうまでもなく日本は自然災害の多い国なのです。 8月から9月にかけて台風シーズンとされていますが、今年はすでに台風11号と12号が続けて上陸して死者・行方不明者を出すなど西日本を中心に大きな被害が出てい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

火災保険が自然災害増加により引き上げへ

火事や台風・水漏れなどにより保有する建物や財産が被害に遭った時にその損害を補償してくれるのが「火災保険」で、住宅を購入する際にはほとんどの人がこの保険に加入するのですが、損害保険料率算出機構は毎年会員損保会社の保険収支状況をもとに「参考純率」の見直しを行っており、損害保険料率算出機構が「参考純率」の引き上げを行うのは05年以来9年ぶりと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

損保各社が27年度めどに火災保険3~5%引き上げ検討

 火災保険料が2015年度に3〜5%程度値上がりする見通しとなったのですが、全ての建物について値上げが行われるのは1998年の保険料自由化以来初めてのことで、2013年は9月に4個の台風が日本へ接近し、台風27号と28号の接近で10月の日本に接近した台風は6個と観測史上最高を記録したのですが、2012年も年間で17個の台風…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more