テーマ:就職活動

総合保険代理店の年収相場と総合保険代理店の将来性

 総合保険代理店転職ナビでは、総合保険代理店の年収相場を検証する前に各社が中途採用に際してどのような給与体系での雇用契約を提示するのかを基礎知識として知っておく必要があるということで、一般的に法人企業に正社員として中途採用されるに際しては基本給プラス賞与が提示されるのが一般的であり、こうした固定給制を採用している総合保険代理店も少なくな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

生命保険代理店に転職を考えている人へ

 現在の日本にはとても多くの生命保険会社が存在しており、この保険会社生命に所属する保険代理店がライセンス契約を行使することで様々な特色ある保険会社の商品を取り扱うことができています。  一方で自動車保険や火災保険といった損害保険の商品も取り扱っている場合もあるのですが、様々な保険会社の商品を扱えてもその全ての商品を扱えるわけではなので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総合保険代理店の転職動向について

 総合保険代理店は例年の転職したい業界のランキングで上位に入る人気の業種なのですが、転職の際は資格の有無や経験値などがあまり問われないことも希望者が増えている理由の一つにあるようです。  総合保険代理店転職ナビでは求人数が増えている業界について分析に関する内容が掲載されていましたのでご紹介をしてみたいと思います。 総合保険代…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「女性活躍」の先駆け 生保営業職

 現政権の内閣の政策方針として女性の活躍がうたわれているのですが、最近は「女性の活躍」が流行語のように使われている反面で保険業界は戦後まもなくの早い時期から企業の戦力として女性を起用してきた歴史があります。  現在、就活をしている学生に対して生命保険会社を志望する就活生へのアドバイスをこめて入社5年目の明治安田生命保険相互会社・大阪第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自己分析のコツは損害保険業界に内定した先輩の就活体験談!

 現在、来年の卒業を控えてまだ採用内定を手に出来ず就活をしている学生さんが沢山いらっしゃるのではないかと思います。 損害保険業界を志望する就活生のみなさんはどんな風に業界の情報を収集しているのでしょうか? そんな皆さんにとっては先輩の就活体験談は就活に貴重なヒントを提供してくれるもので、先輩は何に悩みどのような取り組みを行い、どう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生保各社が営業職確保に苦心で初任給上げや評価改定

 保険業界では雇用環境の改善を行っていながらも「ノルマ営業」のイメージが残っていることから、生保業界の採用難が続いているために業績評価の見直しで在籍者の囲い込みを進めたりと職員のつなぎ留めにも力を入れています。  そこで、生命保険会社の間では営業職員の初任給を引き上げる動きが広がっており、既に第一生命保険では今年4月に一律2万円を引き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第一生命28年度の新卒採用は2割増の900人で日生を上回る規模

 経済不況が続く中で少しずつ企業の求人件数も増えてきている中で、第一生命保険が平成29年春を中心とする28年度の新卒採用を前年度比2割増の900人に増やすことが配信されました。  第一生命保険での採用人数は中途も含めて約1千人を計画しているとのことで、22年度に上場を果たして以来最多となっています。  今回の採用には業務の多様化や拡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生保・損保編 業界トレンドNEWS

 生命保険業界ではかんぽ生命保険や第一生命保険、日本生命保険、明治安田生命保険、住友生命保険などが大手として挙げられるのですが、一般社団法人生命保険協会によれば2014年度における同協会加入42社の総保険料収入は37兆2223億円で、前年度(34兆7382億円)に比べ、7.2パーセント増でした。  そして、15年度の保険料収入も前年を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

損害保険ジャパン日本興亜は「お客様視点」を貫けるか?

 前身に安田火災海上保険など複数の保険会社があり、昨年合併発足した損害保険ジャパン日本興亜損害保険の売上高にあたる正味収入保険料(2014年度)は、単体では国内最大となりました。  今までは損害保険の販売が主力だったのですが、最近では保険金を支払うだけではなく交通事故で入院した際の介護や盗難被害に遭った後の警備などのサービスが受けられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

損保会社の面接で聞かれた「なぜ生保じゃなくて損保なのか」

 マイナビと言えばグループ会社にはマイナビ転職等がありますが、マイナビニュースの連載記事に就職活動、転職活動、ときにはアルバイト…無縁でいられないのが「面接」なのですが、面接で投げかけられて驚いた変わった質問の中で、実際に今働いている人たちが遭遇したユニーク質問として損保会社の面接で「なぜ生保じゃなくて損保なのか」という一問一答が掲載さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

損保ジャパンと日本興亜が人材囲い込みに労組に契約社員2000人が加入

 9月に合併する損害保険大手の損害保険ジャパンと日本興亜損害保険が、従来は正社員だけを構成員としていた労働組合にフルタイムで働く約2000人の契約社員が加入することが分かり、6月中に正社員でつくる労組で正式に決めた上で労使が合意することになるようで、非正規の社員を中心に人手不足が強まる中で人材確保につなげる狙いとのことであう。  また…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生保・損保業界の業界トレンドNEWS

 今月9日に就職ジャーナルより業界トレンドNEWSとして、生保・損保業界についての保険業界の採用状況についての情報配信がされていました。 生保・損保編 | 業界トレンドNEWS (就職ジャーナル 6月9日(月)10時0分配信 ) 業界トレンドNEWS 生保・損保編 ■ 国内市場は堅調も、ネット業者との競争激化で先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

損保ジャパン・日本興亜が他業界対象の中途採用制度導入で新領域開拓狙う

 9月に合併する損害保険大手の損害保険ジャパンと日本興亜損害保険が、他業界の人材だけを対象とした中途採用制度を導入することが配信され、毎年20人程度を採用する方針であり、損保業界では自動車保険などの主力市場が頭打ちの状況にあることからメーカーやサービス業などで経験を積んだ「保険業界にない発想ができる人材」(採用担当者)を増やすことにより…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

就職人気「ベスト10」はすべて金融機関でこのままでは日本経済の活力失われる?

 5日付のJ-CASTニュースに日本経済新聞社が2014年春卒業予定の全国の大学生を対象に調査した就職希望企業ランキング記事が掲載されていたのですが、それによると第1位に日本生命保険、2位が東京海上日動火災保険、3位に第一生命保険と保険会社が並び10位までがすべて金融機関が占めており、就職先として人気のある企業のベスト10を大手保険会社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12年度は震災が追い討ちとなり就職「超」氷河期がやって来ると云われている中での入社式!

 就職氷河期を乗り越えて新年度を迎え、社会人として新たな舞台に立つことができた新入社員達がいる一方、2012年度の就職戦線が動き始めているのですが、今回の 東日本大震災の被災地では、企業が被災したために事業の再開のめどが立たず自宅待機になっていたり、採用が取り消されたりと先行きが見えない人が少なくないと云われています。  2011年度…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第一生命が3年程度経過した既卒者も新卒で採用

 現在の経済不況により各大学や高校の就職課には企業からの求人募集情報が少なく、卒業を控え未だに就職先が決まらない学生たちは日々ハローワークでの就職活動や就職をした卒業生OB訪問による就職活動、就職留年して就職活動を続けているのが実情です。  この様な中、国では雇用の場の確保の掛け声を高らかに掲げていますが、なかなか実現されていないとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生保協会長が新卒採用で商社の先延ばし案に理解!

 今年の4月に株式会社リクルートから就職活動中の大学生および大学院生の「働きたい企業」選びの動向を明らかにするために実施された『就職ブランド調査』では、2011年3月卒業予定だった大学生や大学院生を対象にした調査の集計がまとめられた結果、金融関連企業が堅調であり、中でも生命保険の順位が上昇を占め、 三井住友銀行(8位→7位)、みずほフィ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

リクルートが2011年3月卒業予定の大学生の就職志望企業ランキングを発表

3月にBlogにて明治安田生命保険が今年春に入社予定の新入社員を対象としたアンケート結果を発表し、会社選びの視点が2年連続で「会社の安定性」がトップとなり、「一生同じ会社に勤めたい」と考える人が初めて過半数に達した事について、明治安田生命は「不透明な経済環境を反映してか、安定志向で守りのタイプが目立つ」と分析していることを紹介しました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明治安田生命保険の新入社員アンケート結果は、氷河期の会社選びは「安定性」

3月25日付の産経新聞と時事通信より、明治安田生命保険が今年春に入社予定の新入社員を対象としたアンケート結果を発表し、会社選びの視点が2年連続で「会社の安定性」がトップとなり、「一生同じ会社に勤めたい」と考える人が初めて過半数に達した事について、明治安田生命は「不透明な経済環境を反映してか、安定志向で守りのタイプが目立つ」と分析している…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

明治安田生命が企業の訪問制限に対応して既卒者のみの営業部門を新設

3月10日付にて産経新聞、フジサンケイ ビジネスアイより配信された生命保険最大手の日本生命保険が平成23年春の新卒採用計画について、一般事務職に当たる「業務職」の採用を今春入社に比べ約4割減となる160人にすることが分かり、同3位の明治安田生命保険も大幅削減、4位の住友生命保険でも一般職の採用を見送るなど景気低迷の影響で、一般事務職など…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

日本生命が11年春の離職者減り各社見直しにより、一般職採用4割減

厚生労働省と文部科学省の1月の発表によると、2010年3月に卒業する予定の大学生の就職内定率は12月1日現在で73.1%。調査が始まった1996年以降、最低だったと発表されています。  就職情報サービス「ディスコ」が文部科学省の学校基本調査などからまとめた推計によれば、10年卒は進学も就職もできずに卒業する大学生が6年ぶりに10万人…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

就職人気企業ランキングを発表 不況下で大学別ランキングにも大きな変化し、華やかさ」去り「安定志向」へ

今年の1月に就職・転職情報サービスを行う日経HRが、2011年3月卒業予定の都内の大学・大学院生を対象に「就職活動に関するアンケート」を実施し、756人から回答を得た結果、「行きたい業界」の1位は昨年に続き「商社」で、支持率は29.2%(昨年は30.8%)となり、3人に1人が志望業界に挙げていたことをBlogにて紹介をしました。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2011年3月卒業予定の都内の大学・大学院生対象「就職活動に関するアンケート」調査結果を発表

今週の12日に2011年卒業予定の大学生や大学院生の『就職先人気企業ランキング』が発表され、就職情報会社のダイヤモンド・ビッグアンドリードが発表した来春就職する学生の就職先人気企業ランキングによると、文系男子は4年連続で三菱商事が1位となり、2位は三菱東京UFJ銀行で、3位に三井物産が入るなど商社や金融に人気が集まり、文系女子では東京海…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

就職先人気ランキングは業界トップクラスに集中、文系女子では「東京海上日動火災保険」が1位に

本日付にて報道各紙より2011年卒業予定の大学生や大学院生の『就職先人気企業ランキング』が発表されました。 配信された記事によると、就職情報会社のダイヤモンド・ビッグアンドリードが12日発表した来春就職する学生の就職先人気企業ランキングによると、文系男子は4年連続で三菱商事が1位となり、2位は三菱東京UFJ銀行で、3位に三井物産が入る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大手町金融系就職講座の開講で各社人事担当者がアドバイス

1月9日付のMSN産経ニュースによると、現在の不況下で雇用情勢が悪化する中、就職が決まらない大学や短大の卒業生が専門学校に入学するケースが増えており、大手の中にはそのような入学者が3年前の1・5倍に増えた専門学校も出てきたそうです。 報道されている記事によると卒業後、自力で就職活動を続けたり「就職浪人」で大学に残るよりも専門学校できめ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

大学3年生の就職活動が早くも激化し、インターンシップに応募殺到!

今年の就職戦線は内定取り消しという学生にとってはとても最悪な状況でした。 この様な中で本日付のJ-CASTニュースより、2011年に卒業する大学3年生の就職活動が早くも激化しており、就職情報企業が開催したインターンシップ説明会には08年の約2倍の学生が訪れ、景気の悪化で企業が採用を絞り込む中、「とにかく何か動かなくてはいけない」という…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

生損保のアクチュアリーインターンが盛況、製造業採用減で理系学生注目

多くの学生が内定取り消しを受けていから早いもので、もう学生たちが就活を始めています。 そんな中で、フジサンケイビジネスアイから理系大学生をターゲットとする生命保険や損害保険各社のインターンシップ(就職体験)が人気を集めており、その中でも確率論や統計学といった数学理論を駆使した不確定な出来事の発生確率を計算するアクチュアリー(保険数理人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月の完全失業率は経済情勢の悪化により5.4%となり、求人倍率は最悪の0.43倍

7月6日より求職活動のため、キャリア交流事業のセミナーを受講しながら就職活動を行い、再就職先が決まった後もこれから取得する資格の勉強のためにと思い、先生方にお願いをしてセミナーを受講してきました。 そして、今まで就職活動をしてきた私もこの度やっと再就職先が決まったのですが、今日現在もまだ私と一緒に就職活動を行ってきた仲間の方々が再就職…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

景気が足かせとなり進む雇用悪化による失業率が戦後最悪5.5%突破も

今回起きている経済不況は、保険業界を始めとして色々な産業に大きな打撃を与えています。 この経済状況について本日付のフジサンケイビジネスアイより、政府による景気の“底入れ宣言”とは裏腹に雇用の悪化に歯止めがかからず、景気の先行きは不透明感が強くなっていることから企業が雇用に慎重な姿勢を取り続けているとの配信がありました。 配信された記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私のスタイル「朝日生命保険愛知東支社総務部長・田中さゆりさん」

毎日新聞では転職・就職活動を行っている人たちのために、転職・就職・アーカイブという欄で毎回私のスタイルというコーナーで各業界の色々な人たちのその業界についてのコメント記事を掲載しています。 今回は、朝日生命保険愛知東支社総務部長田中さゆりさんについての記事が掲載されていました。 保険業界に興味があり、就職を考えている方のために、この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more