テーマ:医療保険

定年後に健康保険料を低く抑える上手な方法

 病気やケガの際に頼りになるのが健康保険なのですが、「かかった医療費の3割負担で済む」という以外にも実はいろいろな給付があることを皆さんはご存じでしょうか。  私達が会社を退職して国民健康保険に切り替えると保険料が大幅にアップすることがありるのですが、こんな時には民間の医療保険に入っておくべきなのだろうかといった考えをもつ人もおられる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療保険の「通院保障」はどんな時に必要?

 財務省は来年度の予算編成に向けて高齢化により膨らみ続ける医療や介護などの社会保障費を抑える見直し案を明らかにしており、医師の収入などになる「診療報酬」について一般の賃金や物価の伸びを上回る上昇が続いてきたとして引き下げを提案し、今後厚生労働省などと調整を進めることになったとの報道配信がされています。  そして、財務省は来年度の見直し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生保が長寿化受け11年ぶりに来春にも10年定期で5~10% 死亡保険料下げ

 生命保険各社が平均寿命の延びを映し、「標準死亡率」を算定団体が2018年4月に11年ぶりに下げるなど死亡保障など主力商品の保険料を全面改定する見通しであることが報道機関より配信されました。  各社では10年定期の死亡保険料を5~10%程度下がる見込みであり、これを参考に保険料を決め、利益を契約者に還元するようなのですが、逆に長生きが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生命保険と医療保険はどう違う? 生命保険でも入院保障はあるのか

 保険と一言でいっても保険会社によってさまざまな種類があるのですが、生命保険と医療保険に大別されることから、今回はZUU Onlineから両者の違いを紹介する記事が掲載されていましたのでご紹介してみたいと思います。 生命保険と医療保険はどう違う? 生命保険でも入院保障はあるのか ( ZUU Online 2017年3月3日 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保険会社で働く人の多くが「医療保険はバカバカしいので入らない」!? その理由とは

 入院などに備えて医療保険に加入する人は多いのですが、保険コンサルタントの後田亨氏が知る限り保険会社で働く人の多くは『医療保険に入るのはバカバカしい』と考えている記事を掲載していたのでご紹介してみたいと思います。 保険会社で働く人の多くが「医療保険はバカバカしいので入らない」!? その理由とは ( 日刊SPA 2017.01…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アフラックが家庭生活保障保険「家族に毎月届く生命保険GIFT」を改定

 アフラックは家庭生活保障保険「家族に毎月届く生命保険GIFT」を2月20日に改定し、契約日が2017年3月2日以降の契約から取扱可能になることを発表しました。  家族に毎月届く生命保険GIFTは、アフラックの主力であるがん保険や医療保険に死亡保障を含めた総合的な保障を提案することでさらなる販売促進を図るべく2009年から提供してきた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

生命保険に加入するのはなぜ?

 1月31日の「生命保険の日」に向けてアイスタットが、1月17日~18日にアイブリッジのフルーツメールに登録している20歳以上の会員で個人として生命保険に加入している人300人を対象にインターネットで行われた「生命保険に関する実態調査」の結果を発表した記事が報道機関に掲載されていましたのでご紹介をしてみたいと思います。 生命保…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療保険は掛け捨て?貯蓄?徹底比較します

 各保険会社から多くの種類の医療保険が販売されているのですが、保険に入ろうと思ってもどの保険がいいのか迷う人も多いことから保険料という観点から考え、大きく「掛け捨てタイプ」「貯蓄タイプ」の2つに分類したメリットデメリットの比較についての記事の掲載がありましたのでご紹介してみましょう。 医療保険は掛け捨て?貯蓄?徹底比較します …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本生命筒井社長が医療保険や外貨商品に注力することを発表

 生保各社では低金利による運用難のために貯蓄性の高い一時払いの終身保険など一部商品で値上げや販売停止が相次いでいことは昨年ブログ内において紹介をしてきました。  日本生命保険の筒井義信社長が共同通信のインタビューに応じ、日銀のマイナス金利政策による業績への打撃が本格化するとの認識を示し「商品や資産運用などの面で対応策を加速させ、チャン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「若返り」や健康維持でお得になる医療保険

 生活習慣病による入院などに備えて契約されるのが医療保険なのですが、健康増進に取り組むと保険料が割安になったり還付金が受け取れたりする商品も登場しているのです。  健康増進に取り組むと保険料が割安になることにより、加入者は生活習慣を継続的に改善することで病気を予防しようという意識になったりします。  しかし、一方で加入後に健康状態が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「自家製」の医療保険に元本確保の生命保険に注目

 生命保険や損害保険の契約者の中には契約をしたものの、細かな内容はよく知らないという契約者は多いのではないかと思います。  だが、保険は契約条項ひとつで受けられる補償が大きく変わる上、新たなサービスも続々と登場しているため、生命保険と損害保険を交互に取り上げ、保険選びの上で知っておきたい知識を日経マネーでは解説する記事を掲載していまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「健康増進保険 」を生保各社が開発し、保険料割引や買い物など特典も

 生命保険各社が健康志向の高まりを背景にした新しいタイプの保険商品の開発で契約の拡大を狙って、死亡保険や医療保険の加入者の健康状態が良くなると保険料の割引や買い物の利用特典を受けられる「健康増進保険」の開発に力を入れていることが報道機関より配信されていました。  配信された記事によると第一生命ホールディングス傘下のネオファースト生命保…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニーズ高まる先進医療保障

 現在、医療保険やがん保険では先進医療を受けた場合の費用を保障する特約を付帯するのが一般的になってきました。  ですが、、健康保険では先進医療にかかる費用は適用されておらず、これはがんの粒子線治療などが高額になることが浸透したために誤解されているケースも多いと云われています。  そこで、付帯を検討する場合の制度や保険について正しく知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がん治療薬「オプジーボ」利用急増で保険財政悪化し議論

 政府の経済財政諮問会議が14日に開かれたのですが、高額ながん治療薬「オプジーボ」利用患者の急増により保険料や公費の負担などが大きくなったことから、厚生労働省ではすでに薬価改定の議論が始まっていたのですが、「オプジーボ」の薬価について大幅な引き下げが議論されるたのと同時にどうしてこんな事態が起きたのかが議論されたことが配信されていました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクサ生命が8症状対象に入院しなくても保険金を支払い

 アクサ生命保険では通常は入院の日数や手術の回数に応じて保険金を受け取る仕組みが一般的だった医療保険を保険業界で初めて入院の有無を問わずに所定の通院だけで保険金が出る医療保険は保険業界で初めて入院や手術をしなくても保険金を受け取れる取り扱いを始めることにしたのですが、病気の初期段階から治療を促し、重症化を防いでもらうために糖尿病や骨粗し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイナス金利政策で一時払い商品苦境となり生保各社が保障性商品で“本業回帰”

 日銀が2月にマイナス金利政策を導入して以降、生命保険各社では一時払い商品の値上げや販売停止に追い込まれたために競争力の強化に向けて医療や介護保険の拡充、認知症になった場合に保険金が受け取れる商品などの貯蓄性の高い一時払い商品から保険本来の保障性商品の販売に力を入れ、特徴のある商品の販売により顧客の取り込みを図っていることが報道機関から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保険ショップで大損する人が続出 「覆面調査」でわかった悪質な手口にご用心 この「営業トーク」に気を

 将来のことがなんとなく心配になり訪れた保険ショップで「老後の資金はどうするの?」と不安を煽られ、「入るとおカネが増える」と誘われ、結果的に提案されたのはまったく不要な保険だったという保険契約者の相談からわかってきた保険ショップの悪質な「営業トーク」について掲載されていた現代ビジネスの記事について紹介をしてっみたいと思います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「大黒柱が倒れたら……」治療・リハビリ期間のお金の不安をなくすには

 今、TVの生保CMで一家の大黒柱が急病で倒れたら生活費はどうするの?というCMが放映されています。 しかし、多くの人達には一度はそんな想定をしたことがあるのではないでしょうか。  ある生命保険会社が20~49歳の女性(主婦)を対象にして「夫が働けなるリスクに関する意識調査」をしたところ、主婦の3人に2人が「夫が病気やケガで、長期就…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本初「健康な人ほど得する」医療保険の正体

 病気やケガの際の入院・手術などを保障する医療保険は通常、年齢と性別の違いによって保険料が決定されますが、ここに「健康」というファクターが加わると保険料はどうなるのかについて、東洋経済オンラインではこの答えに対して独自開発の「健康年齢」という指標で保険料の算出を可能にし、4月に設立された健康年齢少額短期保険の「健康年齢連動型医療保険」販…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生命保険見直しで保険に頼ることをやめた「我が家の選択」

 生命保険契約をされている皆様の多くはその保険内容が分からないまま保険契約をし、払っている保険料の金額も高いのか安いのかが分からないままに何となく払い続けているのではないかと思っています。  そして、中には契約している保険が「本当に必要なのかな? この分、貯蓄に回したほうがいいのでは…」と感じている契約者もいらっしゃるのではないかとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その保険本当に必要?手厚い公的保険知ってる?治療代返金、休業・入院時の生活費補償

 万一の病気やケガなどに備えて様々な保険に入る人は少なくないのですが、民間の医療保険に加入する殆どの人達は公的医療保険制度の補完を主目的にしており、公的保険でカバーできない部分を民間の医療保険で補うためにはまずは現状の公的保険制度を理解する必要があるのです。  しかしながら現在の日本の公的保険制度が本当はどうなっているかを理解し、補う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FPも首をかしげたくなる「ヤバイ生命保険」

 ZUU onlineに「保険で得をする」というキャッチコピーを目にすることがあるのですが、保険で本当に得になることなどはほとんどなく、一部予定利率が高い時の保険や保険料控除をうまく使って得する方法などがあったとしても基本的に保険で得をすることはないと考えて差し支えないとということを色々な例を挙げて説明が行われていました。  現実問題…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療保険どう選ぶ? 会社員なら入院日額5000円目安

 重い病気やケガの治療にかかるお金を保障する生命保険会社の医療保険を契約する人が増えているのですが、ここ数年は入院日数にかかわらず一時金を支給したりがんなど三大疾病の保障を上乗せしたりした複雑な仕組みの商品が主流になっており、どう選べばいいか戸惑う人も多いそうです。  そこで、公的医療保険とのバランスを頭に入れた保険料で家計の重荷にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DINKSは「◯◯」生命保険に加入しない方が良い!

 DINKSとはDouble Income No Kids(相互収入で子どもを持たない夫婦)の頭文字をとって「ディンクス」と呼んでおり、このDINKSはまさに現在の家族形態のひとつといえる夫婦の「カタチ」であり、独自のライフプランを持つことが特徴となっているそうです  DINKSの相談を受けている筆者自身もFPが他ならぬDINKSであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会社経営者の万一があったら保険の解約返戻金を受け取るか継続するか?

 プレジデントから自分が入っている保険はこれでいいのか、見直すならばどこをどう変えるべきか等といった「あなたが入るべき保険」を判定するための掲載記事があった。 掲載されている記事によると「退職金をもらうか保険を継続するか選択肢がある」や「会社経営者の保険を見直し」について書かれています。 会社経営者の万一があったら……保険の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チューリッヒが品ぞろえ拡大し医療保険を開始 

 電話やインターネットを通じて傷害保険や自動車保険等を提供しているチューリッヒ保険が医療保険の取り扱いを始めるのですが、品ぞろえを増やして既存の契約者に売り込むことにしていることが配信されました。  チューリッヒ保険はクレジットカード会社や銀行の顧客が無料で加入できる独特のビジネスモデルで個人保険の保有契約が300万を超えたのですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

終身型 VS 定期型 医療保険はどちらがお得?

 近年、ガンで亡くなる方のニュース報道を多く目にするようになると共にガンへの関心が高くなり、がん検診が推進されるようになると生命保険よりも割安で加入できる医療保険への関心も高まっています。  しかし、医療保険を選ぶ際に意外と見落としがちなのが終身型と定期型の違いであり、現在の医療保険の主流となっているのが一生涯保険料が変わらない「終身…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第一生命系が第1弾として保険ショップに専用の割安保険

 第一生命保険子会社のネオファースト生命保険が、保険ショップなどで販売する専用商品の第1弾としてたばこを吸っていないことを条件に保険料を割り引く保険商品を8月中旬から銀行窓口も含めて全国の1千店舗以上で取り扱い販売を行うのですが、保険料は業界で最も安い水準としており早期の10万件獲得をめざすとの配信がありました。 保険ショップ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

従来の生損保では対象外の病気やケガを補償「ミニ保険」

 日常生活における「子供が友達にケガをさせた」「飼い犬が人を噛んだ」など、いざというときに役立ち、事態に備えて手軽な掛け金でかゆいところに手が届く「ミニ保険」についての紹介記事がプレジデントに掲載されていました。 従来の生損保では対象外の病気やケガを補償「ミニ保険」 ( プレジデント 2015/4/24 15:15 ファイナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療保険は「入るなら若いうち」に乗せられぬ視点

 日本経済新聞に保険コンサルタントが、息子さんがこの春から社会人になる親御さんから『医療保険に入るなら若くて健康な今がいい』と保険代理店から勧められた相談内容について掲載していました。  保険代理店からは「健康状態が悪くなると入りたくても入れなくなる」「若いうちから加入するほど保険料が安く済む」と説明されたそうなのですが、これはセール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more